ブンデス9連覇のバイエルン、指揮官フリック「みんな、おめでとう!」

2021.05.09 09:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのハンジ・フリック監督がブンデスリーガ9連覇に喜びの心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

8日のブンデスリーガ第32節でボルシアMGと対戦したバイエルン。先んじて今節を戦った2位ライプツィヒがドルトムントに敗れたため、ボルシアMG戦を待たずして優勝が決まったが、6-0の大勝劇でしっかりと勝ち切ってみせ、前人未到の9連覇に花を添えた。

今季終了後に退任する自らの花道も飾ってみせたフリック監督は試合後、リーグ優勝に対する率直な思いだけでなく、周囲のサポートに対する感謝とともに、クラブでの充実した日々を「非常に貴重な時間だった」と述べた。
「みんな、おめでとう! チームが成し遂げたことは素晴らしいもの。昨季の成功からほぼ休みがなく、3日に1度のペースで試合をすることが多かったが、彼らは非常に良い成績を収めた。リーグ優勝は実直なタイトル。うまくいって良かった。優勝決定の瞬間、誰もが非常に喜んだ。それでも、焦点はボルシアMG戦に向けられ、準備が万全だったのも誰しもがわかったと思う。それこそがこのチームのメンタリティだ」

「今日の試合はチャンピオンらしいものだった。チームとその周りのスタッフに大きな賛辞を送る。クラブ全体が成功するための雰囲気を作ってくれている。バイエルン・ミュンヘンはずっと私のクラブであり、若かれし頃は大ファンだった。ゲルト・ミュラーは私にとって偉大なアイドル。パウル・ブライトナーカール=ハインツ・ルンメニゲもだ。この素晴らしいクラブで素晴らしい2年間を過ごさせてもらった」

「日々、この一体感を味合えるのは素晴らしいこと。この2年間は私にとって、非常に貴重な時間だった」

関連ニュース
thumb

バイエルンがホッフェンハイムから新GKコーチを引き抜きへ! 過去にナーゲルスマンと共闘

バイエルンが、ホッフェンハイムから新GKコーチを引き抜くことになるようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 バイエルンは先日、守護神マヌエル・ノイアーと強い信頼関係を結ぶ一方、ユリアン・ナーゲルスマン監督との確執が伝えられたGKコーチのトニ・タパロビッチ氏(42)を解任。 これを受け、新たなGKコーチを探していたクラブは、ホッフェンハイムのミヒャエル・レヒナー氏(42)の招へいを決断したようだ。 現役時代にヴァルトホーフ・マンハイム、ザクセン・ライプツィヒなどドイツの下部カテゴリーのクラブでプレーしたレヒナー氏は、2004年からハイデルベルグのルプレヒト・カール大学でスポーツ科学を専攻。セミプロとしてプレーを続ける傍ら、指導者としてのキャリアを早期にスタートした。 2008年からはホッフェンハイムでGKコーディネーターやユース年代のGKコーチを歴任し、2015年1月から現職のトップチームのGKコーチに就任。現守護神であるドイツ代表GKオリバー・バウマンをリーグ屈指の守護神に成長させたほか、ドルトムントGKグレゴール・コベル、ヴォルフスブルクGKクーン・カステールス、ケルンGKマルヴィン・シュヴェーベらを指導した実績を持つ。 また、ホッフェンハイムではナーゲルスマン監督と共に仕事し、良好な関係を築いていた。 なお、2026年までホッフェンハイムと契約を残すレヒナー氏の引き抜きに際して、バイエルンは数十万ユーロの違約金を支払うことになるという。 2023.02.08 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「全盛期メッシみたいなゴール」数的不利を超越する19歳ムシアラのヌルヌルドリブル弾が反響「10代で一番上手い」

バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ムシアラが圧巻のゴールを決めた。 5日にブンデスリーガ第19節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨んだバイエルン。3戦連続ドローと足踏みが続いていたが、9分に幸先よく先制に成功すると、14分と19分にも立て続けに追加点を挙げ、早々にスコアを3-0とする。 しかし、前半のうちに1点を返されると後半の54分にはジョシュア・キミッヒが2枚目のイエローカードで退場。バイエルンは10人での戦いを強いられることとなった。 だが、そんな嫌なムードを吹き飛ばしたのが19歳のムシアラ。右サイドでボールを持つと、 ドリブルでするすると持ち上がる、一瞬の隙を突いてボックス内へ侵入すると、DF3人に対応されながらもシュートを決めきった。 ムシアラのファインゴールには、ファンも「完全にメッシのそれ」、「ボールが吸い付いとる」、「エグすぎますって」、「全盛期メッシみたいなゴールだ…」、「十代で一番上手いやろ」と大興奮。前半戦からロベルト・レヴァンドフスキが抜けたバイエルンの攻撃陣を牽引しているムシアラだが、19歳の勢いはとどまることを知らないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】この位置から!?ムシアラがヌルヌルドリブルで相手の大半を翻弄してそのままゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wCMwmYLlt9c";var video_start = 79;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

コロ・ムアニにユナイテッド&バイエルン関心… 母国メディアはドイツ王者行きを危惧?

フランクフルトのフランス代表FWランダル・コロ・ムアニ(24)は、ビッグクラブからの関心が高まっているようだ。 コロ・ムアニはU-24フランス代表として2021年の東京オリンピック、A代表として昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)に出場。昨夏に加入したフランクフルトでは公式戦27試合で12得点13アシストと出色のパフォーマンスを披露している。 そんな年々うなぎ上りの24歳をビッグクラブが放っておくはずもなく、すでにマンチェスター・ユナイテッドとバイエルンが関心を寄せる。今夏に移籍する可能性も考えられるが、フランス『フットメルカート』いわく、容易に獲得できるクラブはないという。 コロ・ムアニの契約は2027年6月まで。フランクフルトは今季手に入れたばかりのエースを手放すつもりは毛頭なく、1億ユーロ(約142億2000万円)という巨額の値札をつける意向とされる。 また、『フットメルカート』はバイエルン移籍ならリスクを孕むと主張。「ユリアン・ナーゲルスマン監督が来季意向も職にとどまるか怪しい」とし、コロ・ムアニのキャリアの歯車が狂う危険性が高いのではないかと危惧している。 最後は「コロ・ムアニを欲しいクラブはXXLの努力をしなければならない」と締めくくった。 <span class="paragraph-title">【動画】コロ・ムアニのバイエルン戦豪快ショットを至近距離から</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Just Kolo Muani things<a href="https://twitter.com/hashtag/SGE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SGE</a> <a href="https://t.co/JsMRlTpfqv">pic.twitter.com/JsMRlTpfqv</a></p>&mdash; Eintracht Frankfurt (@Eintracht) <a href="https://twitter.com/Eintracht/status/1621236275507302404?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 16:27 Mon
twitterfacebook
thumb

「これで前を向ける」 ブンデスでの新年初勝利にナーゲルスマンが心境

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 5日に敵地でブンデスリーガ第19節のヴォルフスブルク戦に臨んだバイエルン。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒの退場に見舞われたりもしたが、4-2で打ち合いを制し、再開後4試合目でようやく白星を手にした。 直近のDFBポカールで新年初勝利を掴んでから、リーグ戦でも3試合連続ドローの流れを止め、首位の座をキープしたナーゲルスマン監督。試合後、率直な心境を語っている。 「最も大きな勝利だ。3ポイントを掴めたから、これで前を向ける。前半は本当に効率的だった。退場者が出たからはまた違った面を露呈したがね。もちろん、プレースタイルも変わったが、粘り強く戦うのが大事で、何とかそれをやり通したよ」 「これで軌道に戻ったが、決して満足できない。我々は常に努力を求めている。ともあれ、試合の性質を考えると、とても重要な勝利だった」 2023.02.06 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

キミッヒ退場のバイエルン、ヴォルフスブルクに苦戦もムシアラのファインゴールなどで4発勝利《ブンデスリーガ》

バイエルンは5日、ブンデスリーガ第19節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、4-2で勝利した。 前節フランクフルトに引き分け、再開後3戦連続ドローと足踏みの首位バイエルン(勝ち点37)は、2位ウニオン・ベルリンに1ポイント差に迫られた中、4日前に行われたDFBポカールでは新戦力カンセロの先制アシストの活躍などでマインツに4発快勝とした。そのバイエルンはチュポ=モティングが体調不良で欠場となった中、ミュラーを最前線で起用した。 ハイプレスをかけてきた7位ヴォルフスブルク(勝ち点29)に対し、バイエルンは9分に先制する。左サイドからコマンが上げたクロスがそのままゴールに吸い込まれた。 幸運な形で先制したバイエルンはさらに14分、ハイプレスをかいくぐった流れから、カンセロの右クロスをコマンがボレーで叩き込みリードを広げた。 カンセロの2戦連続アシストで加点したバイエルンは19分、キミッヒのFKからミュラーのヘディングシュートが決まって3-0としてしまう。 その後、35分のスヴァンベリの枠内シュートをGKゾマーがセーブしたバイエルンだったが、44分に失点。オタビオのスルーパスを受けたボックス左のカミンスキにシュートを決められた。 3-1で迎えた後半、ヴォルフスブルクが引き続き前がかる中、バイエルンは54分に退場者を出す。キミッヒがカウンターを防ぐべくアルノルトを後方から引っ張ると2枚目のイエローカードが提示された。 数的不利となったバイエルンだったが、73分にムシアラが魅せる。ドリブルでするすると持ち上がってボックス内へ。DF3人に対応されながらもシュートを決めきった。 ムシアラのファインゴールで4-1としたバイエルンは、81分にスヴァンベリにゴールを許すも4-2で勝利。再開後、初勝利として首位をキープしている。 2023.02.06 03:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly