CL決勝前哨戦はチェルシーが後半AT弾で劇的逆転勝利! シティはアグエロPK失敗響き今節での自力優勝逃す…《プレミアリーグ》

2021.05.09 03:39 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第35節、マンチェスター・シティvsチェルシーが8日にエティハド・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが1-2で逆転勝利した。

今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝で相まみえることになった両雄による、注目の前哨戦。

前節、クリスタル・パレスに2-0の快勝を収めた首位のシティ(勝ち点80)は、2シーズンぶり7度目のプレミアリーグ制覇に王手をかけた。当初、翌日に開催予定だったマンチェスター・ユナイテッドvsリバプールの結果次第で優勝の可能性があったものの、同試合の延期によって逆にホームで自力優勝を決めるチャンスが舞い込んできた。

4日に開催されたCL準決勝2ndレグでパリ・サンジェルマンを破り、クラブ史上初のファイナル進出を成し遂げて勢いにのるグアルディオラ率いるチームは、FAカップ準決勝で史上初のクアドルプル(シーズン4冠)を阻止された因縁の相手とのリベンジマッチに向け、GKエデルソン、ルベン・ジアスを除く先発9人を変更。2トップにアグエロとガブリエウ・ジェズス、インサイドハーフにスターリング、フェラン・トーレスを置く[3-1-4-2]の布陣を選択した。

対するチェルシー(勝ち点61)は前節、格下フルアム一蹴し、4位死守に成功。また、5日に行われたCLではレアル・マドリーに完勝し、9シーズンぶりのファイナル進出を決めた。FAカップに続き連勝を狙う首位チームとのアウェイゲームでは先発5人を変更。チアゴ・シウバ、マウントに完全休養を与えたほか、ジョルジーニョ、チルウェル、ハヴァーツがベンチスタート。代わってリース・ジェームズ、マルコス・アロンソ、ギルモア、ツィエク、プリシッチが起用された。

CL決勝前哨戦を意識してか、あるいは過密日程を考慮してか、普段と異なる布陣、メンバー構成での上位対決は互いに様子見の入りを見せる。相手の立ち位置やボールの動かし方を窺いつつ、時間の経過と共に中盤の攻防が激しくなっていく。

徐々に主導権を掴んだシティは最終ラインとアンカーのロドリを起点にビルドアップしつつ、スイッチを入れるパスを試みるが、急造のインサイドハーフのところで思うようにボールを引き出すことができず。遅攻の場面ではなかなか良い形で2トップにボールが入らないが、ポジティブトランジションから縦に速い仕掛けを見せてスターリングやロドリがシュートまで持っていく。

一方、粘り強く守りながら背後を狙うヴェルナーを使ったシンプルな攻めで相手の守備を引っくり返そうとするチェルシーは、32分に波状攻撃からリース・ジェームズのラストパスをゴール前のヴェルナーがワンタッチで合わせてゴールネットを揺らすが、これは完全にオフサイド。さらに、43分にはツィエクがボックス手前から得意の左足を振り抜くが、枠の左隅を捉えたシュートはGKエデルソンの好守に遭う。

互いに決定機まであと一歩という膠着状態が続くが、ホームのシティが先にゴールをこじ開ける。44分、自陣右サイドからルベン・ジアスが背後を狙うジェズスに絶妙なフィードを通す。このボールに対してはDFクリステンセンが先に対応するがクリアを誤ると、完全に入れ替わったジェズスがゴール前でドフリーのアグエロにプレゼントパス。アグエロのファーストタッチは左に流れるも、後方からのスプリントでサポートに入ったスターリングがすかさず左足で蹴り込んだ。

ミスから先に失点したチェルシーはさらに一連のプレーで左ハムストリングを痛めたクリステンセンがプレー続行不可能となり、ズマの緊急投入を余儀なくされる。続けざまのアクシデントによって動揺が見える中、直後にはボックス内でギルモアがジェズスを倒してしまい痛恨のPK献上。だが、キッカーのアグエロのパネンカを完全に読み切ったGKメンディの好守によって連続失点を免れ、後半に望みを繋いだ。

スコアが動いたこともあり、後半は立ち上がりからよりオープンな展開に。立ち上がり数分は先制した勢いを生かしてホームチームの攻勢が続くが、チェルシーもキャプテンのアスピリクエタを中心に粘りの守備できっちり撥ね返す。

すると、後半も10分を過ぎた辺りからチェルシーが押し込む時間が増え、サイドの深い位置まで侵入する両ウイングバックの攻撃参加から幾度か惜しい場面を創出。そして、63分には自陣で持ち上がったロドリに対してツィエクとアスピリクエタの挟み込みでボールを奪取。このショートカウンターでプリシッチ、アスピリクエタと繋いだボールがペナルティアーク付近のツィエクに渡ると、鋭い左足のシュートでニア下を破った。

FAカップに続くツィエクのゴールで振り出しに戻った試合。両チームは次のゴールを目指して交代カードを切っていく。追いつかれたシティは71分、アグエロとフェラン・トーレスに代えてフォーデンとギュンドアンを投入。対するチェルシーはカンテ、ツィエクに代えてジョルジーニョ、ハドソン=オドイをピッチに送り出す。

後半半ばから終盤にかけてはチェルシーが優勢に試合を運んでいく。79分にはジョルジーニョのスルーパスに抜け出したヴェルナー、81分にはボックス右でリース・ジェームズが入れた高速クロスに反応したハドソン=オドイが続けてゴールネットを揺らすが、いずれもオフサイドの判定で逆転ゴールとはならず。

試合最終盤にかけてはシティがフォーデン、ギュンドアンのシュートでゴールに迫り、88分にはボックス内で仕掛けたスターリングがDFズマに後方から押し倒される場面もあったが、ここはVARのレビューの結果、ノーファウルの判定に。

すると、1-1のスコアで試合終了かに思われた土壇場でチェルシーが劇的ゴールを奪った。92分、相手陣内右サイドで内に切り込んだハドソン=オドイが斜めのランニングで外に流れたヴェルナーにパスを繋ぐ。そして、ボックス右に持ち込んだヴェルナーからのマイナスの折り返しを、ゴール前に走り込んできたマルコス・アロンソが利き足とは逆の右足でダイレクトシュート。やや当たり損ねたシュートがループシュートのような形でうまくGKエデルソンの頭上を越してゴールネットを揺らした。

そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、CL決勝の前哨戦を劇的な逆転勝利で飾ったチェルシーが、今節でのシティの自力優勝を阻止すると共にレスター・シティを抜いて3位に浮上した。

関連ニュース
thumb

ミランがチェルシーDFトモリの買取OP行使を発表、4年契約

ミランは17日、チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 なお、契約期間は2025年6月30日までの4年間となる。 チェルシーの下部組織出身のトモリは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにファーストチームに定着。しかし、そのシーズンの後半戦から出番を失うと、今シーズンもフランク・ランパード前監督の下で構想外に。冬の移籍市場でミランへ移籍した。 レンタルで加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合、ヨーロッパリーグでも加入からラウンド16までの全4試合にフル出場するなど、半年で多大な貢献を果たした。 シーズン途中から買い取りオプションを行使するという噂が流れていた中、正式に完全移籍が発表された。 2021.06.17 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

代理人がハキミのインテル退団を明言! PSG&チェルシーが関心

モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)のインテル退団は決定事項のようだ。同選手の代理人が『Cómo te va』で明言している。 昨夏、レアル・マドリーから4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたハキミ。アントニオ・コンテ前監督の下、右ウイングバックで絶対的な主力となり、11年ぶりのスクデットを獲得した今季は37試合に出場し7ゴール10アシストの成績を残した。 しかし、インテルは経営規模縮小に向けて今夏の主力売却を考えており、選手本人も退団を希望していると見られるハキミは換金対象の1人と見なされている。 そういった中、ハキミとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏は、『Cómo te va』で両選手の去就に関して言及。ハキミの今夏の退団の可能性を明言している。 「現時点で私が代理人を務めるプレーヤーでインテルを離れるのは、ハキミだけだ。ラウタロに関しては諸々取り組む必要がある」 なお、ハキミの新天地に関しては以前から関心が伝えられるパリ・サンジェルマン(PSG)と、すでに公式にコンタクトを取ったと言われるチェルシーの2クラブが有力な候補に挙がっている。 2021.06.16 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セスクが来季のヴェルナーとハヴァーツについて展望を語る「最高のパフォーマンスを確信している」

チェルシー所属のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとMFカイ・ハヴァーツについて、モナコでプレーする元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが2人の来季の展望を語った。イギリス『メトロ』が『テレグラフ』を引用して伝えている。 チェルシーは昨夏、4750万ポンド(約74億円)でヴェルナーを、7100万ポンド(約100億円)でハヴァーツを獲得。前者は公式戦52試合に出場して12ゴールにとどまり、後者はシーズン終盤には調子を上げてチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・シティ戦で決勝点を挙げたものの、加入当初のパフォーマンスは前評判ほどではなかった。 そんな両選手について、セスクは『テレグラフ』のコラムで来季の展望を執筆。ヴェルナーに関しては、MF視点で貴重な存在だと主張し、自信とアイデア次第でゴールは自ずとついてくるとアドバイスを送った。 「僕はチェルシーの全試合を観戦しているから、ヴェルナーとハヴァーツの加入初年度のプレーをすべて見たよ。来シーズンは、彼らの最高のパフォーマンスを見ることができると確信している」 「アシストをするのが好きなMFとして、僕は以前、調子が悪かったり自信を失ったりしているストライカーの後ろでプレーしたことがあるんだ」 「決定機を逃して悔しい思いをすることもあるけど、いつかはヴェルナーがゴールを決めてくれるだろうと思っていたよ」 「最も重要なのは、彼が走り続けること、タイミングが良いこと、オフサイドにならないこと、そして彼のスピードがあれば必ずチャンスを得ることができるということなんだ」 「最近の選手は足元でボールを受けたがる傾向にあるけど、MFからするとパスに抜け出してほしいんだ。だからヴェルナーのような選手は貴重だよ」 「サッカーでは自信とアイデアがとても重要で、特にストライカーは得点するかしないかに大きく左右される」 また、ハヴァーツについては、かつてレバークーゼンで同選手とチームメイトで、現在はモナコに所属するMFケビン・フォラントに話を聞いたというセスク。シーズン終盤に見せた好調さから来季への期待を高めている。 「彼が言うには、ハヴァーツはシーズンの初めには調子が上がらないことが多いが、一度明確な動きができるようになり、精神的にも良い状態になれば、素晴らしいプレーをするとのことだった」 「チェルシーに加入したばかりのハヴァーツはあまり良くなかったし、ペースを乱すようなこともあった。でも、トーマス・トゥヘルが彼をゼロトップで起用してからはうまく機能するようになったね」 「彼はたくさんボールに触る必要はなかったけど、チームの動きを助けていたね。ボールを失わず、他の選手の安全を確保し、創造性を発揮していた。シーズン終盤の彼はとても良かったと思う」 「直近の親善試合でヴェルナーとハヴァーツの2人がドイツ代表として活躍したのを見たから、彼らにとって良い大会になることを願っている。間違いなく、来シーズンのチェルシーでは違った姿を見ることができると思うよ」 ドイツ代表は15日、ユーロ2020のグループF第1節にて、フランス代表と対戦する。2人は来シーズンに繋がるような活躍を残すことはできるだろうか。 2021.06.15 15:14 Tue
twitterfacebook
thumb

セスクがカンテをこれでもかと褒めちぎる!「僕は彼の少しダークな部分も好き(笑)」

モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、チェルシーでチームメイトだったフランス代表MFエンゴロ・カンテを誉め殺しにしている。フランス『フットメルカート』がコメントを伝えた。 2人は2016年夏から2シーズン半の間、チェルシーで共闘。プレミアリーグやFAカップ優勝を経験し、喜びを分かち合った。セスクは2019年1月にモナコへ移籍することになったが、カンテは現在までチェルシーに在籍し、今季はチャンピオンズリーグ制覇という偉業を成し遂げた。 そのチャンピオンズリーグで、カンテはマンチェスター・シティとの決勝戦を含めて3試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選出されており、まさに立役者としてチームをビッグイヤーに導いた。 その活躍にセスクも舌を巻いており、自身がチェルシーに在籍していた当時を振り返りながら、カンテとの思い出や印象を赤裸々に語った。 「僕とエデン・アザールはチェルシーで一緒にいた時、エンゴロ・カンテにブラジルのニックネーム“エンゴリーニョ”と名付けた。少し笑っちゃうぐらい変な名前かもしれないけど、今でもそう呼んでいる。でもそれは、僕たちがエンゴロをどれだけ尊敬していて、そして試合中の彼にどれほど感謝しているかの表れなんだ」 「彼の凄いところはドリブルにあるんだ。果敢にタックルを仕掛け、何度もボールを奪い取る守備的なMFと見なされているかもしれない。それはもちろん素晴らしいんだけど、彼が決してボールを失うことがないということを忘れてはいけないよ。ドリブルもすごく上手いんだけど、それが評価されることは多くない。おそらく、それがエンゴリーニョと呼び始めた理由だろうね」 「今シーズン、エンゴロはマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ決勝で素晴らしいパフォーマンスをした。彼はビッグマッチであればあるほど、自分のレベルを引き上げることができる。それは偉大な選手であるしるしなんだ」 「(17-18シーズン)FAカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した時のことを覚えているよ。当日はラマダンの時期でとても暑い日だったと思う。みんなが昼食をとっているときにエンゴロに食べたいかどうか尋ねたんだ。彼はそれを断ったんだけど、試合では見事な活躍だった。あの暑い中でどうやってあれほど走れたのかわからない。彼とプレーできて幸せだったよ」 カンテへの称賛は止まらない。 「エンゴロの隣でプレーすることで、絶対の安心感と自信を得ることができる。彼はとても頭が良くて自分の特長の活かし方を知っている。僕の後ろにはみんなのために走れて、自分を犠牲にできるスーパーマンがいた。彼とプレーしなければその重要さを理解することは難しいかもしれないけど、一緒にプレーすれば試合に勝つチャンスが大幅に増えることに気づくだろう」 「だけどね、僕はエンゴロの少しダークな面も好きなんだ。テレビで試合を見ているといつも見かけるよ。彼は決して怒りで我を失うことはないんだけど、よく見るとファウルやイエローカードを受けても相手に謝ることはないんだ。ただその場から立ち去るだけ。僕はそれが好きでね。真のトッププレイヤーになるには必要なことさ。そのダークサイドを見れると僕は嬉しいんだ」 2021.06.14 20:34 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーのCL制覇を語るランパード、監督時代の後悔については「多く話せる」

フランク・ランパード氏がチェルシーの指揮官時代を振り返った。イギリス『ミラー』が伝えている。 チェルシーが誇るレジェンドの1人として知られるランパード氏はダービー・カウンティで監督経験を積んだ後、2019-20シーズンからチェルシーの指揮を執り、プレミアリーグ4位フィニッシュ。今シーズンは2億ポンド(約308億4000万円)を上回る大型補強の援護を受けたが、成績が振るわず、今年1月に解任された。 そんなランパード氏は、イギリスのテレビ番組『BBC One』に出演した際、古巣チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)優勝について言及。元教え子たちの躍進を大きく祝福した。 「私はまず、チェルシーの人間としてこの試合を観た。クラブのファンは喜んでいるし、それに値すると思ったね」 「そして次に、メイソン(・マウント)とリース(・ジェームス)があのレベルで活躍していることや、(エドゥアール・)メンディやチアゴ(・シウバ)、(ベン・)チルウェルのように、私の時代に加わった選手たちを見て、とても誇らしくに思った。しかし、これは彼らの素晴らしい功績だ。よくマネジメントされていると思う」 また、指揮官時代の後悔については「多く話せるだろう」としながらも、「それが監督の仕事というものだ。違った方法で、できることはたくさんあっただろう」と前を向いた。 「1年目の成績はとても誇りに思っている。2年目は期待されていたが、おそらく違った複雑さがあったと思う。今年はどのチームも問題を抱えていた」 「1月に問題が発生し、私は退任したが、過去に戻ってそれらを否定的に振り返ることはできない。前へ進むしかないんだ」 さらに、新天地への就任についても「私は気後れしていない。この仕事が好きだし、挑戦することが好きだ。ダービーとチェルシーで2つの素晴らしい経験をしたし、ぜひまた、適切なタイミングで復帰したいと思っている。まだ話せるようなオファーは無いけどね」とコメント。新たな挑戦に意欲を見せた。 2021.06.14 14:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly