CK時に相手GKのグローブを脱がす…斬新な“嫌がらせ”に海外注目「今まで見たことがない」

2021.05.04 21:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーは1日、プレミアリーグ第34節でフルアムとホームで対戦し、2-0の勝利を収めた。この試合、チェルシーの守護神エドゥアール・メンディは何度も好セーブを見せ、チームのクリーンシートの大きく貢献していたが、試合中には対戦相手からユニークな“妨害”も受けていたようだ。

57分、フルアムが左CKを獲得すると、フルアムのFWボビー・デコルドバ=リードがメンディとの距離を詰め、しれっと左手のキーパーグローブのテープを剥がそうとする。


一度目はメンディに気づかれ、手を引かれてしまい。主審からも注意を受ける。しかし、二度目はさらに大胆に。引っ込めた左手を追うように執拗にテープを剥がそうとしていた場面が、カメラに映っていた。

リードの斬新な努力は実らなかったものの、イギリス『SPORTBIBLE』も「今まで見たことがない」と伝えており、注目を集めている。

1 2
関連ニュース
thumb

1年で降格のフルアム、パーカー監督が嘆く「クオリティが足りていなかった」

1年でのプレミアリーグからの降格が決定したフルアムのスコット・パーカー監督が、試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 フルアムは10日、プレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦した。降格圏のフルアムは、勝ち点差「9」で1つ上の順位にいるバーンリーをホームに迎えた。 ここで勝利すれば勝ち点差は「6」に。残り3試合での逆転残留にわずかな望みをかけたいフルアムだったが、35分にカウンターから先制点を許すと、44分にも自陣でボールを奪われると失点。そのまま0-2で敗れ、1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定してしまった。 試合後、大事な一戦で敗れ、降格が決まったパーカー監督は「私は傷付き、失望している。選手たちもそうだろう」とコメント。降格を残念がると共に、残留に向けて全力を尽くしたと語る一方で、この先どうすべきかを話し合う必要があると語った。 「誰もが可能な限り全てを試みた。クラブの誰もが、今年このリーグに残るために全力を尽くした」 「重要なのことは、我々が何をする必要があるかについて、これから正直に話し合わなければいけないということだ。共にそれを行い、立ち直ろうとしている」 「今年は失望の連続だった。手を挙げ、テーブルを囲み、クラブとしてどこに向かって行きたいのか。何をすべきかを理解する必要がある」 また、この試合でもシーズンを通して露呈した勝ち切れない内容を繰り返してしまったフルアム。選手たちの努力を認めながらも、ゴール前でのクオリティ不足を指摘した。 「おそらく、今夜の試合の公正な評価だと思う。我々のことを見たことがない人は、この試合が我々の1年を表していると思うだろう」 「今夜も同じ感じはした。自分たちが2つの悪い形でゴールを与え、最後の瞬間まで良いプレーをしたにも関わらず、ゴールを決めるためのほんの少しのクオリティが欠けていた」 「選手たちが今年与えてくれたものに心から敬意を払う。日々の努力、改善したい、良くしたいと思っているが、事実は我々が降格したということだ。クオリティが足りていなかった。だから、降格してしまったと思う」 2021.05.11 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

残留争い直接対決でバーンリーに敗れたフルアムが1年で2部降格…プレミア降格3チームが確定《プレミアリーグ》

10日、プレミアリーグ第35節のフルアムvsバーンリーが行われ、0-2でバーンリーが勝利した。この結果、フルアムのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。 降格圏の18位に位置する勝ち点27のフルアムと、1つ上の17位に位置する勝ち点36のバーンリーの一戦。残留を争う力クラブの直接対決となったが、フルアムは勝利を逃すと残留が限りなく難しい状況での一戦となった。 勝利が必要なフルアムは積極的な入りを見せるが、なかなか攻撃が完結せず。すると35分に、バーンリーに一瞬の隙を突かれる。ボビー・デコルドバ=リードがドリブルを仕掛けるも敵陣でカット。ここから前線へロングフィードが送られると、マチェイ・ヴィドラが受ける。 ヴィドラはボックス内左で深さを取りマイナスのクロス。これはGKアルフォンス・アレオラが触るも、最後は後方から走り込んだアシュリー・ウェストウッドが押し込み、バーンリーが先制する。 先制を許してしまったフルアムは、残留に向けて手痛い状況となると、44分にも失点。GKからのビルドアップに失敗すると、パスを繋がれ、最後はボックス手前からクリス・ウッドに豪快に決められてしまい、0-2となる。 前半で2失点を喫してしまったフルアム。後半はより攻勢を強めると70分に決定機。ボックス内左からのアデモラ・ルックマンからのグラウンダーのクロスを、ボックス手前でアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサが右足一閃。しかし、これはクロスバーに嫌われてしまう。 その後も攻め立てるフルアムだったが、結局最後までゴールを奪えずにタイムアップ。0-2で敗れ、1年でのチャンピオンシップ降格が決定してしまった。 なお、これにより2020-21シーズンの2部降格3チームは残り3節を残して確定。フルアム、WBA、シェフィールド・ユナイテッドの3チームが降格し、リーズ・ユナイテッド以外の2チームは昇格1年での降格となってしまった。 2021.05.11 09:31 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、今節で残りの降格2クラブが決まる可能性も

欧州各国のリーグ戦が佳境を迎え、すでに降格クラブが決定しているリーグもある中、プレミアリーグは今節にも全3チームが決まる可能性がある。 今節を入れて残り4試合となったプレミアリーグ。上位ではマンチェスター・シティの優勝が秒読み段階の中、残留争いではすでにシェフィールド・ユナイテッドの降格が決定。残り2枠を避ける戦いが続いているが、絶対的不利な状況に瀕しているのが、WBAとフルアムだ。 勝ち点「26」で19位のWBAは、昨年12月半ばに、それまでわずか1勝にとどまっていたスラヴェン・ビリッチ前監督を解任し、“残留請負人”の異名を持つビッグ・サムことサム・アラダイス監督を招へい。しかし、その後も思うような成果は残せず、1年での降格まであと一歩の崖っぷちまで来てしまった。 負ければその時点で降格が決まる今節の相手はアーセナル。相手はヨーロッパリーグ敗退直後で消沈中だが、アラダイス監督個人としては、プレミアリーグでアーセナルに一度も勝ったことがない(3分け11敗)。一方でクラブとしては、今回の舞台となるエミレーツ・スタジアムでは直近5試合で敗れたのは一度のみとなっている。 勝ち点「27」で18位のフルアムも1年での降格が迫っている。2019年2月に就任したスコット・パーカー監督体制で3シーズン目を迎えたが、WBA同様こちらもここまでわずか5勝と苦しいシーズンに。奇跡の残留を信じて臨む今節は、17位バーンリーとの対戦だ。 バーンリーとの勝ち点差は「9」となっており、勝てば一縷の望みを繋げられるものの、負ければWBAとともに即降格。WBAはたとえアーセナルに勝利したとしても、フルアムが負ければ降格という他力本願の状況だ。 だが、フルアムはホームでのバーンリー戦は過去9試合で8勝。残留は限りなく不可能に近いが、一矢報いることはできるだろうか。 2021.05.09 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ハヴァーツ2発で快勝のチェルシーが連勝で4位キープ! CLマドリー戦に大きな弾み《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、チェルシーvsフルアムが1日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-0で勝利した。 前節、同勝ち点で並んでいた5位のウェストハムとの上位対決を制して4位キープに成功したチェルシー(勝ち点58)。また、先月27日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでは敵地で1-1のドローに持ち込み、決勝進出に向けてまずまずの結果を手にした。 来週にホームでの決勝進出を懸けた重要な2ndレグを控える中、今節は降格圏の18位に沈むフルアム(勝ち点27)とのロンドン・ダービーに臨んだ。マドリー戦を睨んだトゥヘル監督は先発5人を変更。リュディガー、アスピリクエタに代えてズマ、リース・ジェームズを起用したほか、カンテとジョルジーニョのセントラルMFコンビをギルモアとマウントのセットに入れ替え、前線は右からツィエク、ヴェルナー、ハヴァーツが並んだ。 試合は逆転での残留に向けて意気込むアウェイチームが前線から激しく圧力をかけるアグレッシブな入りを見せた。相手のビルドアップに強い制限をかけてショートカウンターの形を作ると、5分にはロビンソンが勢いを持ってボックス付近まで運んで強烈な左足のシュートを枠に飛ばした。 相手の予想外の入りに面食らったチェルシーだったが、効果的に長いボールで相手を引っくり返す形の戦い方で応戦。すると、10分にはGKからのリスタートで最後尾のチアゴ・シウバが入れたロングフィードをマウントが絶妙なトラップで収めてボックス左に走り込むハヴァーツへ完璧なラストパスを供給。これをハヴァーツが冷静に左足のチップキックでゴールへ流し込んだ。 ワンチャンスを生かし切ってリードを手にしたチェルシーは依然として前から圧力を欠けてくるアウェイチームに合わせて、ツィエクを完全に中盤に下げて[3-5-2]の形で中盤に厚みを持たせてボールの逃がしどころを作る。そして、背後を狙うロングボールに加え、ショートパスでのポゼッションの二段構えで主導権を握った。 その後は完全にチェルシーペースで試合が進んだ中、39分にはツィエク、マウント、ヴェルナーの前線3枚の連携から鋭いカウンターアタックを仕掛けて最後はボックス右でヴェルナーが折り返したボールをゴール前のツィエクが左足で合わせるが、これはGKアレオラのビッグセーブに遭う。 逆に前半終了間際にはフルアムのセットプレーの二次攻撃からボックス中央のアイナが古巣のゴールへ胸トラップからの強烈なボレーシュートを放つ。これがゴール前のDFジェームズにディフレクトしてコースが変わるも、GKメンディが驚異的な反射神経ではじき出した。 守護神のビッグプレーによって1点リードで試合を折り返したチェルシーは、後半も早い時間帯にゴールをこじ開ける。49分、右サイドでロングフィードに反応したハヴァーツが中央のヴェルナーに一度ボールを預けて斜めのランニングを見せると、ヴェルナーから絶妙なリターンパスが届く。そして、ゴール前でのGKとの一対一を難なく制した。 この2点目で勝利に大きく近づいたチェルシーはここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。積極的に3点目を狙いに行くよりも、クリーンシートを意識した戦いぶりを見せる。 65分にツィエクを下げてカンテを一枚目のカードとして投入し、後半半ば過ぎには殊勲のマウント、チルウェルに代えてエイブラハム、マルコス・アロンソを送り込んで逃げ切り態勢に入ったホームチームは、ミトロビッチやプレミアデビューのカルヴァーリョを投入して前がかるアウェイチームの反撃にきっちり応対。 前半以上に安定した守備で2点のリードを最後まで守り切ったチェルシーがダービーに2-0で完勝。リーグ連勝で4位をキープすると共に、CLマドリー戦に大きな弾みを付けた。 2021.05.02 03:27 Sun
twitterfacebook
thumb

残留に向け勝ち点2を落としたフルアム、パーカー監督はVARの判定に不満「プレーしようとしなかったかどうかは関係ない」

フルアムのスコット・パーカー監督が、アーセナル戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 チャンピオンシップ(イングランド2部)から昇格したフルアムは、今シーズンのここまで32試合を戦い、勝ち点「26」で降格圏に沈んでいる。 残留ラインを目指す上で勝利が必要な中、アーセナル戦では守備に重点を置いて戦うと、VARの助けもありゴールレスで後半に向かう。 するとPKを獲得して先制すると、そのまま終盤へ。最後はアーセナルに押し込まれることになると粘り続けるも、アディショナルタイム7分にエディ・エンケティアにゴールを許し、1-1の引き分けに終わった。 パーカー監督は試合後のインタビューで、アーセナルの同点ゴールについて言及。VARのチェックが入った中でゴールが認められる展開に。このシーンでは、DFロブ・ホールディングが完全にオフサイドポジションにいたが、プレーに関与されていないと認めれたが、そんなことはないと見解を語った。 「クレイグ(・ポーソン主審)は気付いていなかったと思う」 「ピッチ上の彼にとってはあっという間の出来事だった。ラインズマンがオフサイドポジションにいる選手がいると話したのは知っている」 「私が混乱しているのは、ホールディングが我々のGKから2ヤード、ゴールラインから3ヤード離れたところにおり、その位置関係が我々のGKに影響を与えているということだ」 「我々には、ボックス内をコントロールするという点では、最高のGKがいる。彼はホールディングがオフサイドポジションにいることに気がついていないので、それに反応しなければならなかった」 「今、何が言われるかを知っている。彼はボールにプレーしようとしなかっただろうと。彼がプレーしようとしなかったかどうかは関係ない。彼はゴールから2ヤード離れており、選手はミリ秒単位で反応する。それが私の焦点だ」 「多分ルールによって、出てくる声明によって、それは正しい決定だが、我々全員がサッカーに深く関わってきた。私は長い間サッカーをしてきた。だから、そうではないと思う」 これにより勝ち点1の積み上げに終わったフルアム。残留ラインのバーンリーは1試合消化が少ない中で勝ち点差「6」となっている状況だ。 残り5試合になった中で、残留争いに向けて非常に厳しい状況となっているが、残り試合に向かって準備を進めていくとした。 「チャンスはない。ただ、希望を失ったことは絶対にない。今日の違いは、私が納得できなかった最後のゴールだった。最後のキックだ」 「3ポイントを獲得できたとしたら、ストーリーは違っていた。このチームは、シーズンを通して、試合に勝つこと、ビッグクラブを相手に結果を出せることを示してきた」 「もちろん、信念はある。差は6ポイントだ。なぜ信念がないと言われるか。もちろん、我々は落胆しているし、私も落胆している。この2週間は、本当に辛かった」 「我々は明日の朝、目を覚まし、グローブを付け直し、もう一度戦い続け、勝ち点を稼ぎたいと思う」 2021.04.19 16:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly