1部昇格を目指すハンブルガーSV、残り3節で監督解任しブーストに期待

2021.05.03 20:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
1部復帰を目指すハンブルガーSVは3日、ダニエル・ティウネ監督(46)の解任を発表した。なお、後任には育成部門のディレクターを務めていたホルスト・ルベッシュ氏(70)が就任することも発表されている。

契約期間は今シーズン終了までとなり、残り3試合を指揮することとなる。


ティウネ監督は、今シーズンからハンブルガーSVの監督に就任。開幕当初は調子も良く、3月の第23節までは首位に立っていたものの、そこからなかなか勝ち切れない試合が増え現在は3位に位置している。

しかし、首位のボーフムに勝ち点差「8」、2位のグロイター・フュルトに勝ち点差「5」となっており、4位のホルシュタイン・キールとは勝ち点差「2」となっているが、キールは消化試合が3試合も少ない状況となっており、昇格が苦しい状況となってきていた。

シーズンは残り3試合となっており、ニュルンベルク、オスナブリュック、ブラウンシュヴァイクとの3試合が残っている状況。しっかりと立て直し、自動昇格を掴むことはできるだろうか。
関連ニュース
thumb

シャルケがハンブルガーSVからFWテローデを獲得! 今季は2部で21ゴールをマーク

シャルケは2日、ハンブルガーSVに所属するドイツ人FWシモン・テローデ(33)が来季から加入することを発表した。契約期間は2022年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随しているという。 これまでケルンやウニオン・ベルリン、ボーフム、シュツットガルトを渡り歩いてきたテローデは、過去に2部の得点王を3度受賞。昨夏に加入したハンブルガーSVでもここまでリーグ戦30試合に出場し、リーグトップタイの21ゴールを記録している。 シャルケのスポーツ部門取締役を務めるペーター・クネーベル氏は、「シモン(・テローデ)の獲得に成功したことを非常に嬉しく思う。シモンはゴール前のスペースを狙う感覚と、その決定力によって我々のオフェンスをより豊かなものにしてくれることだろう」とコメントしている。 今季開幕から低迷したシャルケは、先月20日に行われたブンデスリーガ第30節のアルミニア・ビーレフェルト戦に敗れたことで、30年ぶりのブンデス2部降格が決まっていた。 なお、シャルケは3月にドイツ人MFダニー・ラツァの獲得を発表しており、来シーズンに向けた2人目の補強となった。 2021.05.03 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

元シャルケのDFパパドプーロスがクロアチアのロコモティヴァへ完全移籍

クロアチアのNKロコモティヴァは27日、元ギリシャ代表DFキリアコス・パパドプーロス(28)の加入を発表した。 パパドプーロスは、オリンピアコスやシャルケ、レバークーゼン、RBライプツィヒ、ハンブルガーSVでプレー。ブンデスリーガでは136試合に出場し8ゴール3アシストを記録。シャルケでは内田篤人らともチームメイトとしてプレーしていた。 2019-20シーズンはハンブルガーSVでブンデスリーガ2部で2試合の出場に留まっており、今夏退団。フリーの状態が続いていた。 ギリシャ代表としても29試合に出場しているパパドプーロスは、新天地への加入についてコメントしている。 「ザグレブに来たのはこれが初めてですが、まだ街を知るチャンスがなかった。私は多くのクロアチアのクラブを知っており、クロアチアのリーグについても知っている」 「クロアチアのサッカー選手は世界中でリスペクトされており、知られている。彼らは全てプルヴァHNLでプレーしていた」 ロコモティヴァは今シーズンのプルヴァHNLで6試合を戦い、1勝2分け3敗の勝ち点5で10チーム中9位に位置。試合消化数が違うものの、下位に低迷している。 2020.10.28 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン控えGKウルライヒが2部のハンブルガーSVに完全移籍

ブンデスリーガ2部のハンブルガーSVは3日、バイエルンの元ドイツ代表GKスベン・ウルライヒ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの3年間となっている。 ウルライヒは2015年夏にシュツットガルトから加入。第2GKとして役割を全うし、とりわけ守護神のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが左足の中足骨を骨折した2017-18シーズンは公式戦47試合に出場し、ブンデスリーガ優勝やチャンピオンズリーグのベスト4入りに貢献していた。 しかし、今年1月の移籍市場でバイエルンはシャルケのドイツ人GKアレクサンデル・ニューベルを獲得し、ウルライヒは新シーズン、3番手に降格していた。 ハンブルガーSVでは昨季まで正GKを務めていたドイツ人GKユリアン・ポラースベックがリヨンに移籍しており、ウルライヒが正GKを務める可能性が高いと伝えられている。 2020.10.04 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨンがハンブルガーSVの長身GKポラースベックを完全移籍で獲得

リヨンは18日、ハンブルガーSVの元U-21ドイツ代表GKユリアン・ポラースベック(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの4年間。移籍金は25万ユーロ(約3100万円)で、インセンティブにより最大30万ユーロ(約3700万円)にまでなるとのこと。さらに、将来の移籍で得た利益に対して15%のインセンティブも追加される可能性がある。 ポラースベックは、ドイツのヴァッカー・ブルクハウゼン、カイザースラウテルンの下部組織で育ち、2014年7月にファーストチーム昇格。2017年7月からハンブルガーへと移籍。ヴィッセル神戸のDF酒井高徳ともチームメイトとしてプレーした。 ハンブルガーSVでは公式戦51試合に出場。2019-20シーズンはブンデスリーガ2部で6試合の出場に留まっていた。 リヨンにとっては4人目のドイツ人選手となる。 2020.09.19 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

AZ、エールディビジで100試合以上出場のDFレトシャルトを完全移籍で獲得

菅原由勢の所属するAZは3日、ハンブルガーSVから元オランダ代表DFティモ・レトシャルト(27)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 アヤックスの下部組織に在籍していた経歴を持つセンターバックのレトシャルトは、フローニンヘン、ローダJC、ユトレヒト、サッスオーロを経て、2019年の夏にハンブルガーSVに完全移籍。 昨シーズンはシーズン序盤をケガで欠場したが、復帰後は守りの要としてブンデスリーガ2部で24試合に出場し2ゴールを記録していた。 過去にはオランダ代表にも選出され、エールディビジでも100試合以上の出場経験を持つレトシャルトは、ディフェンスリーダーとしての活躍が期待される。 2020.09.04 01:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly