ビラに競り負けたエバートン、来季CL出場遠のく痛恨の勝ち点逸…《プレミアリーグ》

2021.05.02 06:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第34節、エバートンvsアストン・ビラが1日にグディソン・パークで行われ、アウェイのアストン・ビラが1-2で勝利した。前節、アーセナルとの接戦をモノにしてリーグ6戦ぶりの白星を手にした8位のエバートン(勝ち点52)。11位のアストン・ビラ(勝ち点45)を相手に連勝を狙った一戦では、アーセナル戦と全く同じスタメンを採用。ただ、ウォームアップ中にふくらはぎを痛めたハメス・ロドリゲスがプレー不可能となり、直前にイウォビが急遽スタメンに入った。

ハメス不在によってエバートンは最前線にキャルバート=ルーウィン、2列目に右からイウォビ、シグルドソン、リシャルリソンを配した[4-2-3-1]でスタート。試合は立ち上がりからオープンな展開を見せた。

まずは13分、最終ラインでボールを持っていたDFホルゲイトにプレッシャーをかけたワトキンスがボールを奪い切り、慌てて飛び出してシュートコースを消しにきたGKピックフォードのポジションを見極めてゴール左隅へシュートを流し込んだ。

痛恨のミスから先に失点したエバートンだが、すぐさま試合を振り出しに戻す。19分、右CKの場面でディーニュがファーに浮き球で入れたボールを競り勝ったキャルバート=ルーウィンが強烈なヘディングシュートで決め切った。

さらに、畳みかけるホームチームは23分にもディーニュの左サイドからのアーリークロスに反応したキャルバート=ルーウィンがダイビングヘッドでゴールを狙うが、これはGKマルティネスのビッグセーブに阻まれる。

すると、前半半ばから終盤にかけてはアウェイのビラが主導権を握り返す。切り替えの鈍さ、2セントラルMFの脇が空くエバートンの守備に対して古巣対戦のバークリーを起点として攻撃が機能。32分にはゴール前の混戦からエル・ガジがクロスバー直撃のシュートを放てば、37分にも中央で浮いたバークリーが左ポスト直撃のミドルシュートを放つなど、勝ち越しゴールまであと一歩という鋭い攻撃を幾度も見せた。

ビラペースも1-1のイーブンで折り返した試合は、ハーフタイムにきっちり修正を施したエバートンが優勢に試合を運ぶ。前半に比べて守備が改善されたホームチームは左サイドのリシャルリソンに良い形で縦パスが入る回数が増え、ブラジル代表FWの打開力で際どい場面を作り出す。

後半半ばを過ぎると、試合は完全に膠着状態に陥ったが、先にゴールをこじ開けたのは、またしてもアウェイチームだった。80分、ペナルティアーク付近で右サイドのトラオレから斜めのパスを受けたエル・ガジが流れるようなフィニッシュワークから見事な右足のコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺した。

逆転でのトップ4フィニッシュに向けて勝ち点逸は許されないエバートンは、ここから前がかってゴールを目指す。だが、85分にボックス手前でキングが放った右足のミドルシュートはわずかに枠の左に外れ、絶好の同点機を逸した。

結局、エル・ガジのファインゴールが決勝点となった白熱の一戦に敗れたエバートンは、1試合未消化ながらも4位チェルシーとの勝ち点差が9ポイントに広がった。
関連ニュース
thumb

主審が観客にイエローカード掲示? イングランドのPSMで主審と観客がお茶目な掛け合い

先週末にイングランドで行われたプレシーズンマッチで主審がスタンドの観客にイエローカードを掲示する珍しい場面があった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 この珍しい出来事が起こったのは、7月31日にアシュトン・ゲートで行われたブリストル・シティとアストン・ビラの一戦。 このゲームを裁いていた、プレミアリーグではお馴染みのケビン・フレンド氏は後半終盤にアウェイのビラにFKを与える。 だが、アウェイのゴール裏に陣取っていた一部のビラサポーターは、試合を通してブリストル生まれの50歳レフェリーの判定に納得がいかなかったのか、「あんたはクソなマイク・ディーンのようだな」と、イングランドであまり評判が芳しくないレフェリーのマイク・ディーン氏とフレンド氏を比較するチャントでイジりを敢行。 これに対してフレンド氏は大げさに肩をすくめるリアクションで応えると、楽しくなってきたビラサポーターは、さらに「ケビン、こっちに手を振ってくれよ」と、よりフレンドリーなチャントで相手のリアクションを促した。 すると、フレンド氏はバニッシングスプレーでブリストルの選手に壁の位置を示した直後、キッカーのDFアシュリー・ヤングに一旦プレーを止めるように制した後、ゴール裏のビラサポーターに向けてイエローカードを掲示すると共に、「君たちへのカードだぞ」っとばかりに指を差すジェスチャーを見せた。 この思わぬリアクションに大満足のビラサポーターは歓声と共に見事なユーモアを披露したフレンド氏に拍手を送った。 新型コロナウイルスの影響で一昨シーズン終盤から無観客開催が続いたプレミアリーグだが、ワクチン接種が進んだこともあり、新シーズンに向けてスタジアムにサポーターが戻ってきている。 レフェリーにとってサポーターは常に自身の判定にプレッシャーをかけてくるある意味で敵のような存在だが、無観客での開催が続いていたこともあり、フレンド氏は久々のサポーターとの掛け合いを誰よりも楽しんだようだ。 ちなみに、試合はカテゴリーで上位に位置するビラがエースFWオリー・ワトキンスのゴールなどで3-0の勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】フレンド主審がビラサポーターにイエローカード掲示</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/htTLm0CUgt">pic.twitter.com/htTLm0CUgt</a></p>&mdash; Sebastian Bacon (@SebastianBacon8) <a href="https://twitter.com/SebastianBacon8/status/1421532206242189313?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.08.02 14:59 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーリッシュ獲りに迫るシティ、ケインから撤退の可能性

マンチェスター・シティはトッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の獲得から撤退する可能性があるようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 昨季限りで契約満了のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがバルセロナに移籍して、穴埋めに動くシティ。その筆頭候補に目されるのがチームタイトルを欲して、トッテナムからの移籍意思を抱いているといわれるケインだ。 ただ、シティはそれと並行して、アストン・ビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)を狙っており、成立すればイングランド史上最高額の移籍金1億ポンド(約152億4000万円)のオファーを打診したことが判明している。 あとはグリーリッシュの決断次第というところまで迫っているともされるシティだが、ケインとの両獲りは財政面にも非現実的。トッテナムは移籍金として1億ポンド以上を求めているといわれ、まず現有戦力の一部を売る必要があるという。 なお、ケインとトッテナムの現行契約は2024年まで。トッテナムのダニエル・レヴィ会長は非売品であることを強調しており、少なくとも移籍金として1億5000万ポンド(約228億6000万円)を要求しているといわれる。 2021.08.02 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

あとはグリーリッシュ次第…ビラがシティの152.5億円オファーを受け入れか

マンチェスター・シティとアストン・ビラの間でイングランド史上最高額の移籍が成立するかもしれない。 今夏の移籍市場でバルセロナにフリー移籍したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに代わるストライカーの獲得を目指すシティ。その動きと平行して獲得に乗り出しているとされるのがジョゼップ・グアルディオラ監督も長らく称賛するビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)だ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、そのシティは7月30日に移籍金1億ポンド(約152億5000万円)のオファーを打診。要求額を満たす入札を受けたビラはまだ正式な返事をしていないようだが、キャプテンの移籍を認める見込みで、あとは選手本人の決断次第というところまできている模様だ。 上記の額でシティ行きとなれば、イングランド史上最高額の移籍金に。従前の最高額は2016年夏にフランス代表MFポール・ポグバがユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに再加入する際に記録した8900万ポンド(現レートで約135億7000万円)で、実現すれば大幅更新となる。 そんなグリーリッシュとビラの契約は昨年9月に更新されたばかりで、2025年まで。だが、シティの宿敵マンチェスター・ユナイテッド行きが取り沙汰された昨夏に続いて、今夏もシンボルプレーヤーの引き留めを狙うビラは条件面を改善した新契約を提示している状況だったという。 なお、シティは新たなストライカーとして、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)にも着眼。今夏の早い段階で1億ポンドのオファーを打診したが、グリーリッシュとの両獲りとなれば、現有戦力から数名の売却が必要になっているとみられる。 2021.08.01 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、レバークーゼンのジャマイカ代表FWベイリーの獲得で合意

アストン・ビラは7月31日、レバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(23)の獲得で合意に達したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は3000万ユーロ(約39億円)、ボーナスが500万ユーロ(約6億5000万円)とのことだ。 ベイリーは2017年1月にヘンクからレバークーゼンに移籍。以降、公式戦156試合に出場し39ゴール26アシストを記録して、主力として活躍していた。 アストン・ビラでは今夏、クラブ記録の移籍金3300万ポンド(約50億3000万円)でアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアを射止めたが、シンボルプレーヤーのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュにマンチュエスター・シティへの移籍が囁かれている。 2021.08.01 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

グリーリッシュ去就揺れるビラ、移籍希望ベイリーと個人合意か

アストン・ビラがレバークーゼンのジャマイカ代表MFレオン・ベイリー(23)と移籍合意に至ったようだ。 2017年1月にヘンクからレバークーゼンに加わり、2017-18シーズンに公式戦12得点6アシストの数字でブレイクを遂げたベイリー。その後の2シーズンこそケガの影響もあり、やや伸び悩んだものの、昨季は公式戦15得点11アシストの活躍で再び存在感を解き放ってみせた。 そんなスピード溢れるウィンガーを巡っては今夏の去就が注目の的に。ビラの関心が噂されるなか、本人も先日にアメリカのスポーツチャンネル『ESPN』で「次のステップに進む準備万全だ。最高のレベルでプレーがしたい。新たな挑戦が必要」と移籍の意欲を示した。 イギリス『Football Insider』によると、ビラはプレミアリーグ複数クラブからの関心も取り沙汰されるベイリーと個人条件の面で基本合意。レバークーゼンとは先週から交渉に入っており、移籍金3000万ポンド(約45億7000万円)のオファーで関心を表立たせたという。 ただ、レバークーゼンは3500万ポンド(約53億3000万円)以上の移籍金を要求。ビラは今夏にクラブ記録の移籍金3300万ポンド(約50億3000万円)でアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアを射止めたが、ベイリー獲りでもさらに更新する必要もあり得る模様だ。 シンボルプレーヤーのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに今夏の移籍が囁かれるなか、上述のブエンディアに続き、元イングランド代表DFアシュリー・ヤングの復帰を決めるだけでなく、他にも補強の動きが指摘されるビラ。注目株のベイリーも獲得なるか。 2021.07.31 16:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly