モウリーニョ、現場復帰を焦らず? 来季は「時期尚早かも」

2021.05.01 20:06 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先月半ばにトッテナムを解任されたジョゼ・モウリーニョ(58)は、現場復帰を焦っていないようだ。2019年11月にトッテナムの監督に就任したものの、成績不振で17カ月という短期間で解任の憂き目に遭ったモウリーニョ。これまで指揮してきた数々のクラブでタイトルを獲得し、監督としてエリート街道を邁進していたが、その輝かしいキャリアにおいて、ポルト以降では初めてタイトルをひとつも獲得できずに去ることになった。

今後は今夏に行われるユーロの解説を務める予定のモウリーニョだが、今のところ現場復帰は考えていないという。イギリス『タイムズ』のインタビューで「時期尚早だ」と、来シーズンの復帰の可能性は低いと明かした。


「今は何の計画も立てていない。普通の生活を送るつもりだ。新鮮で穏やかさを感じているよ。私は休暇中なのだ。宿題や分析をしている時間が増えたよ」

「いずれフットボールに戻ってくる。正しいクラブだけでなく、正しい文化のためにね。来シーズンは時期尚早かもしれないが、これからわかることだ」
関連ニュース
thumb

スパーズのキットマンが亡き父偲んでチャリティーオークション開催! イングランド全クラブがユニフォーム提供

トッテナムのキット&エキップメント部門の責任者であるスティーブ・デュークス氏が亡き父を偲んでユニークなサッカーユニフォームのオークションをスタートした。クラブ公式サイトが意義ある試みを伝えている。 デュークス氏の父親であるチャーリー・デュークス氏(享年73)は、昨年5月に自転車の事故により急逝。頭部に重傷を負い、トラックの脇で意識を失っているところを通行人に発見された同氏は、病院に搬送されたものの、5日後に逝去した。 これを受けて、息子のデュークス氏は父への追悼の意味を込めて、自転車用ヘルメット着用の重要性を啓発する活動と、地元のエセックス&ハーツ航空救急サービスの慈善団体を支援するためにチャリティーオークションを行うことを決意。そしてサッカー業界の友人や同僚に呼びかけてイングランドのサッカーリーグに所属する全92クラブのユニフォームを集めて出品することになった。 また、今回のチャリティーに賛同したセルティックやレンジャーズなどイングランド以外のクラブや、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、アイルランドの代表チームからもユニフォームが提供されることになった。さらに、サッカー以外にもスコットランド代表、ウェールズ代表、サラセンズのサイン入りのラグビーシャツも提供され、出品されるユニフォームの総数は106枚という驚異的な数字となった。 デュークス氏は今回のチャリティーオークションの開催の意義について以下のように説明している。 「私には何かに従事する必要性、父のために何かをしたいと思っていたので、これは良い機会だと思いました」 「もしかしたら父は自分のために何を騒いでいるのかと聞くかもしれないですが、誇りに思ってくれると思います。父が私たちを見守ってくれていることを願っています。父は熱心なサイクリストで、ロンドンからブライトン、ロンドンからケンブリッジなど、さまざまなルートを走ってチャリティを行っていました」 「去年5月のあの日、もし父が自転車用のヘルメットをかぶっていたら、生き延びるチャンスがあったかもしれません。そのこと自体はわからないですが、ヘルメットをかぶることの大切さを伝えることができれば、父のおかげで将来的に命が救われるかもしれないと思うと、私も安心できます」 「また、エセックス&ハーツ・エア・アンビュランスが世間の人たちに知ってもらえることも重要なことだと考えています。彼らは慈善団体であり、資金を必要としていることを多くの人たちに理解してもらいたいと思っています。これは彼らにとっても素晴らしいことであり、さらに多くの命を救うことができると期待しています」 1987年からかつての本拠地ホワイト・ハート・レーンでスチュワードとして働き始めたデュークス氏は、2005-06シーズンからアシスタント・キットマネージャー、その数カ月後にはメイン・キットマネージャーに就任。大規模なランドリー作業、クラブのすべてのキットや用具の配布、メンテナンス、保管を長年にわたって管理してきたプロフェッショナルは、その献身的な人柄も含めて多くの選手や監督から厚い信頼を集めているという。 なお、今回のオンライン・オークションは、チャーリー氏の一周忌となる5月23日に終了する予定だ。 <span class="paragraph-title">【画像】106枚のユニフォームが並ぶ圧巻の光景</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Today marks the start of a unique football shirt auction launched by our Head of Kit and Equipment Steve Dukes in memory of his late father. <br><br>Full story <a href="https://twitter.com/hashtag/THFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#THFC</a> :white_circle:️ <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1393206148707328001?ref_src=twsrc%5Etfw">May 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.05.15 00:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ESL参戦同意で不興買ったスパーズが信頼回復に動く! ファン代表をクラブ理事会に迎え入れ

トッテナムはヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)参戦同意の失態を受け、ファンによるクラブ諮問委員会の設置および、同委員会の代表をクラブ理事会の常勤非執行役員に選出することを決断した。 トッテナムは先月、世界中のフットボール界を騒がせたESL設立にプレミアリーグの5クラブと共に参戦を表明。しかし、選手を含む関係各所、ファンによる大反発を受け、参戦表明からわずか2日後に同リーグからの撤退を発表した。 しかし、今回の失態の余波は想像以上に大きく、世界中のファンからはダニエル・レヴィ会長を含む現経営陣の退陣を求める声も挙がっていた。 そして、ファンからのこういった反響を重く見たクラブは11日、前述の騒動を改めて謝罪すると共に、今後ファンの意向をより深く理解する目的でファンによるクラブ諮問委員会の設置および、同委員会の代表をクラブ理事会の常勤非執行役員に選出することを決断した。 「世界中のフットボールファンが一丸となって、私たちが情熱を持って取り組んでいるフットボールの未来について、強い気持ちを示す姿を見ました。同時にヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)の新設案に対する強い意見が寄せられたことを深く受け止めています」 「私たちはプレミアリーグ、FA、UEFA、FIFA、そして何よりもファンの皆様との対話を通じて、フォーマット、ルール、構造が進化していくことを期待してESLに参加しました。しかし、実際には今後の協議のための枠組み合意であるにもかかわらず、あのような形で確信を持って伝えるべきではありませんでした」 「私たちは年間アクセスシステムについて検証し、再考すべきでした。そして、今回の一件にクラブを巻き込んでしまったこと、そして法的手続きそのものによって、早い段階でファンの皆様にご相談できなかったことを心から反省すると共に深くお詫び申し上げます」 「私たちは最近の出来事から教訓を得て、ファンエンゲージメントを優先的に見直しました。その結果、私たちは主要なステークホルダーと連絡を取り合い、ファンの多様性を反映し、ファンベースのさまざまな構成要素から選出された代表者で構成されるクラブ諮問委員会を設置することになりました」 「この委員会の議長は毎年、クラブ理事会の常勤非執行役員に任命されます。これにより、本物の真の代表者が確保され、クラブの意思決定の中心にファンがいることが保証されると信じており、これは大変喜ばしいことです」 「選考基準、職務権限、定款はファングループと協議の上、独立したアドバイザーが作成し、サポーターを真に代表するものとなるようにします。詳細は追って発表いたします。今後、私たちはこれらの新しい協議内容を常に見直し、改善していきます。また、私たちは、サッカーのガバナンスに関する政府のレビューを全面的に支持します」 さらに、トッテナムは今回の一件によって関係が悪化しているトッテナム・ホットスパー・サポーターズ・トラスト(THST)との早期関係修復を望んでいることを併せて伝えている。 「トッテナム・ホットスパー・サポーターズ・トラスト(THST)の理事会がまだクラブと面会していないことを残念に思っています。THSTは私たちが20年間に渡って協力し、実際にプロモーションを行ってきた団体であり、20年以上に渡ってこのクラブを支えてきたESLのエグゼクティブ・ボードの辞任を要求しています。私たちは何度か理事会同士の会合を持ち、クラブの所有権変更と理事会の辞任を除いたオープンな議題について話し合うことを申し出ました。これに基づき、私たちのドアは開かれています」 最後に、19日に控える有観客での今季リーグホーム最終戦のアストン・ビラ戦に向けて、改めてファンに対するメッセージを届けた。 「来週、1万人のファンの皆様をお迎えできることを嬉しく思います。私たちのスタジアムが間もなくフル稼働し、フットボール以外のイベントも再開されることを期待しています。多くのクラブがそうであるように、私たちも多額の収入を失ったことから立ち直らなければなりません。まだ新しいスタジアムは、私たちの進歩のためのゲームチェンジャーであり、トップチームへの投資のための収入をもたらしてくれます」 「私たちクラブの鼓動はピッチでの成功とファンであることを明確にしています。今は、ライアン(・メイソン)とチームを応援することが重要です。今シーズンを可能な限り力強く終え、欧州での地位を維持するために努力します」 2021.05.12 00:45 Wed
twitterfacebook
thumb

トップ4絶望も…スパーズ暫定指揮官は来季の成功信じる 「オプションは間違いなくある」

トッテナムのライアン・メイソン暫定監督が来シーズンに向けての展望を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは9日に行われたプレミアリーグ第35節のリーズ・ユナイテッド戦で敗戦。残り3試合で4位レスター・シティを7ポイント差で追いかける状況であり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得が絶望的だ。 リーズ戦での敗戦を受けて、ますますCL出場圏獲得が厳しくなったメイソン暫定監督はその試合後、巻き返しが求められる来シーズンについて言及。今夏のメンバー刷新が囁かれる中で、「素晴らしい選手たちがいる」とチームには成功する力があると主張した。 「現状でとても良いチームだ。来シーズンに向けて使えるオプションは間違いなくあるだろうし、会長とクラブは、進みたい方向性についてじっくりと懸命に考えてくれるだろう」 その一方で、「我々は来週に行われる次の試合にフォーカスしなければならない。そういった話し合いは夏の間に行われると思う」ともコメント。シーズンオフまでは目の前の試合に集中しなくてはならないと強調した。 2021.05.10 18:42 Mon
twitterfacebook
thumb

難所エランド・ロードで散ったスパーズがトップ4絶望のメイソン体制リーグ初黒星…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、リーズvsトッテナムが8日にエランド・ロードで行われ、ホームのリーズが3-1で勝利した。   前節、最下位のシェフィールド・ユナイテッドを相手にベイルの見事なハットトリックの活躍で4-0の快勝を収めた6位のトッテナム(勝ち点56)。逆転でのトップ4フィニッシュに向けて3連勝を狙う今節は11位のリーズ(勝ち点47)のホームに乗り込んだ。   今季ビッグ6が勝利できていない難所での勝利に向けてメイソン暫定監督はブレイズ戦と全く同じスタメンを採用した。   立ち上がりから人にしっかりと付くリーズの強度の高い守備に手を焼くトッテナムは、開始7分にボックス左に抜け出したバンフォードに際どいシュートを打たれるが、これはGKロリスの好守で凌ぐ。   だが、以降も押し込まれる展開が続くと、13分には左サイド深くに侵攻したハリソンの高速クロスに対してファーで対応にあたったDFレギロンが自軍ゴールに向かう。これはGKロリスが何とかき出すも、こぼれ球をダラスに豪快に蹴り込まれた。   先に失点を喫したトッテナムはここから攻勢を強めていく。すると、25分にはロ・チェルソ、ソン・フンミン、デレ・アリの3選手で中央を突破し、DF2枚を引き付けたデレ・アリからボックス右に走り込むソン・フンミンへ絶妙なスルーパスが通る。これを韓国代表が冷静にゴールへ流し込み、リーグ戦3試合連続ゴールとした。   前半半ば過ぎに1-1のイーブンに戻った試合はここからオープンな展開に。28分にはボックス左で仕掛けたハリソンがファーポストを狙ったコントロールシュートを放つが、これはGKロリスのビッグセーブに遭う。直後の30分にはデレ・アリのスルーパスに抜け出したケインが冷静にゴールネットを揺らすが、逆転ゴールかに思われたこの場面はVARのレビューの結果、微妙なオフサイド判定で認められず。   その後はボールを保持して押し込むリーズ、ロングカウンターでうまく相手を引っくり返すトッテナムと互いの狙う形から惜しい場面を作り合ったが、42分にはより優勢に試合を運んでいたホームチームが一歩前に出た。ハリソンを追い越してボックス左に抜け出したアリオスキの正確なグラウンダークロスを中央からニアに飛び込んだバンフォードが左足ワンタッチで流し込んだ。   1点ビハインドで試合を折り返したトッテナムは、早い時間帯の同点ゴールを目指して攻勢を仕掛けていく。後半開始直後にデレ・アリのラストパスに反応したケインがゴールネットを揺らすが、ここは完全にオフサイド。さらに、カウンターの形からケイン、ソン・フンミンと積極的に足を振っていくが、枠を捉えることができない。   流れを変えたいトッテナムベンチは67分、デレ・アリとベイルを下げてラメラとルーカス・モウラを同時投入。この交代で徐々に動きを見せ始めると、71分にはクロスを匂わせたオーリエの意表を突くミドルシュートが枠を捉えるが、これはGKメリエのビッグセーブに遭う。続く72分にはボックス手前左の好位置で得たFKをキッカーのケインが直接狙うが、今度はクロスバーに阻まれた。   その後、ロ・チェルソに代えてエンドンベレを最後のカードとして切ったトッテナムだが、なかなか相手の守備を脅かす攻撃を見せることができずにいると、84分には相手のカウンターを受けてボックス左に抜け出したハフィーニャからのプレゼントパスをゴール前のロドリゴに難なく決められて痛恨の3失点目を喫した。   そして、試合はこのままタイムアップを迎え、難所エランド・ロードで完敗のトッテナムはメイソン体制のリーグ戦初黒星を喫すると共に、来季CL出場権獲得が絶望的となった。 2021.05.08 22:26 Sat
twitterfacebook
thumb

リーズ戦控えるスパーズ、4位以内目指すも指揮官は「目の前の試合に集中」

トッテナムのライアン・メイソン監督が、リーズ戦に臨むチームのあるべき姿勢を示した。クラブ公式サイトが試合前のコメントを伝えている。 8日に、プレミアリーグ第35節リーズ戦を控えるトッテナム。EFLカップ決勝ではマンチェスター・シティ相手に辛酸をなめたものの、前節のシェフィールド・ユナイテッド戦は、FWガレス・ベイルのハットトリックなどで2カ月ぶりの4ゴールを奪い快勝を収めた。 ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位とは2ポイント差、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏の4位とは5ポイント差の6位に位置する中で、今度の相手は大物食いで定評のある智将マルセロ・ビエルサ監督率いるリーズ。この一戦に向けて「良い準備ができた」と語るメイソン監督は、初対戦となるエル・ロコの印象に触れた一方で、相手にとらわれない戦いを貫くと力強く話した。 「ビエルサはチーム作りに関してかなりユニークな手法を用いる監督だ。彼は2シーズンかけて、リーズを肉体的にも精神的にも自分の望む状態にしてきた」 「我々は自分たち自身にフォーカスしなければならない。相手が一定の問題を引き起こすことは間違いないだろうが、そこに頭を悩ませ過ぎてもよくない。我々は我々の強さに集中する。それで充分であることを願っているよ」 また、この時期になると、CLやELの出場権に関する話題が増えてくるが、指揮官は目の前の試合のみに集中する姿勢を強調した。 「そうでなければならない。我々は長くサッカーに関わってきたが先を見通すことなどできないし、『次の4試合に勝つ』なんて考える余裕はない」 「ここは世界で最も難しく、最も競争の激しいリーグで、次の試合は常に最重要なのだ。これはちょっとした決まり文句のように思われるかもしれないが、全くの真実だ。リーズは激しく、難しい試合になるだろうが、我々は勝つことを決意して試合に臨む」 2021.05.08 16:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly