フォルツァ、ローマ! 千人以上のロマニスタがマンチェスターに向かうチームを熱狂的に鼓舞

2021.04.29 22:48 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
千人以上のロマニスタがローマの練習施設があるトリゴリアに集結し、マンチェスター・ユナイテッド戦に向かうチームを熱狂的に後押しした。今シーズンのセリエAで7位に甘んじているローマは、逆転でのトップ4フィニッシュが絶望的な状況だ。そのため、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にはヨーロッパリーグ(EL)を制覇する必要がある。

そして、29日には敵地で行われるEL準決勝1stレグで優勝候補筆頭のユナイテッドとの大一番に臨む。
その重要な一戦に向けて熱狂的なロマニスタはマンチェスターへの移動日となった28日にトリゴリアに集結すると、花火や発煙筒の使用に加えて、フラッグや盛大なチャントを行い、敵地に向かうチームを鼓舞した。

新型コロナウイルス感染防止の観点でみれば、マスクの不着用やソーシャルディスタンス無視という行為は決して褒められたものではなかったが、多くの選手たちはロマニスタからの熱いメッセージを力に変えている。

オールド・トラフォードで公式会見に出席した元イングランド代表DFクリス・スモーリングも、ロマニスタからの後押しに感謝している選手の一人だ。

「ああいったことができるファンベースを持っているクラブは、世界でもほとんどないはずさ。僕らはローマに良い結果を持ち帰ることの重要性を理解しているし、ファンが誇りに思うようなものを提供したい。もちろん、ローマでの2ndレグでも良い結果を残したい。180分を通しての戦いだからね」

下馬評では圧倒的不利と見られるローマだが、ロマニスタの熱狂的な後押しを力に難敵ユナイテッド撃破なるか。

1 2

関連ニュース
thumb

ザニオーロ獲得失敗のミラン、代替案のチリ代表FWも交渉難航か

ミランのチリ代表FWダリオ・オソリオ(19)獲得に向けた交渉は難航しているようだ。 セリエA王者として迎えた今シーズン、序盤から安定した戦いで上位につけていたミラン。しかし、年明けからの公式戦7試合わずか1勝と急激に失速しており、セリエAでは5位まで順位を落としている。 巻き返しを図りたいクラブは、今冬の移籍市場でローマのイタリア代表FWニコロ・ザニオーロ獲得を模索。選手側も移籍を熱望し練習ボイコットなどの強硬手段をとったが、ローマの求める移籍金を提示できなかったことから破談となった。 そこで、ミランは次なるターゲットとしてウニベルシダ・チレに所属するオソリオをリストアップ。ウニベルシダ・チレに対して移籍金500万ユーロ(約7億円)のオファーを提示し、交渉を開始していた。 しかし、イタリア『スカイ』によると、こちらの交渉も難航している模様だ。ウニベルシダ・チレはアストン・ビラも関心を寄せるオソリオに1000万ユーロ(約14億円)以上の移籍金を求めており、交渉の時間が残されていないことから破談に終わる可能性が高いという。 オソリオはウニベルシダ・チレの下部組織出身であり、昨シーズンにプロデビュー。19歳ながらチームの主力に定着すると、国内リーグ27試合で7得点を記録する活躍を見せた。 2023.01.31 15:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ザニオーロの態度にローマは激怒、移籍金を妥協せず飼い殺しも辞さない方針か

ローマがイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の売却について、一切妥協しない方針を決定したようだ。 チームの主軸でありながら今冬の退団を希望し、練習参加をボイコットしたザニオーロ。しかし、本人が移籍を熱望したミランはクラブ間交渉で折り合わず、ボーンマスからのオファーはクラブ間合意こそしたものの、今度は国内移籍を望む選手側が拒否した。 イタリア『スカイ』によると、ローマは身勝手な振る舞いを続けるザニオーロに激怒。チームとしての規範を徹底するため、たとえ今冬に残留したとしても今後構想からは外す構えだという。 また、クラブ上層部は2024年6月まで契約を残すザニオーロの売却について、一切妥協しない決定も下したとのことだ。たとえ契約が残り1年になったとしても、今回ボーンマスから届いた移籍金3000万ユーロ(約42億3000万円)のオファーを下回る内容は受けつけず、飼い殺しを続けるプランだという。 実際、ローマはリーズ・ユナイテッドから届いた3000万ユーロの買い取りオプションが付随した半年レンタルのオファーを拒否。あくまで完全移籍を要求する姿勢を貫く模様だ。 ザニオーロ側も選手の母親がクラブへの不満を漏らし、本人も自身のSNSのプロフィールからローマ関連の記載を削除。両者の関係は修復不可能になっているが、今後双方の要求を満たすオファーは届くのだろうか。 2023.01.31 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、ローマのウルグアイ代表DFビーニャを買取OP付きレンタルで獲得!

ボーンマスは30日、ローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)の買い取りオプション付きレンタル移籍を発表した。レンタル期間は2023年6月30日までとなる。 母国クラブのナシオナルでプロデビューを飾ったビーニャはパウメイラスを経て、2021年8月にローマへ加入。長期離脱中のMFレオナルド・スピナッツォーラの穴を埋める存在として公式戦37試合に出場したが、シーズン後半は出場機会が激減した。 今シーズンもジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得ることはできず、セリエAでの出場は3試合のみ。昨年10月の第11節ナポリ戦を最後に出場はなかった。 また、ウルグアイ代表では昨年11月から開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーに選出。グループステージ2試合でピッチに立ったが、いずれも試合終盤の出場だった。 なお、買い取りオプション金額については公表されていないが、イギリス『The Athletic』によると、1500 万ユーロ(約21億円)に設定されているとのことだ。 2023.01.31 10:57 Tue
twitterfacebook
thumb

スペツィア、ローマからウズベキスタンのエースFWショムロドフをレンタルで獲得

スペツィアは30日、ローマからウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「14」を着用する。 ウズベキスタン代表の主将ショムロドフは、190cmの大型のアタッカー。母国のブニョドコルでキャリアをスタートし、ロシアのロストフを経て2020年の夏ジェノアに完全移籍で加入。 加入当初はセリエAへの適応に苦戦を強いられたが、ようやくイタリアの水になれたシーズン最終盤の6試合では5ゴールを挙げる爆発力をみせ、デビューシーズンで31試合8ゴールと上々の数字を残すと、この活躍が認められ、2021年夏に名門ローマ移籍を果たした。 ローマではジョゼ・モウリーニョ監督の下で貴重なオプションとなるも、途中出場がメインということもあり、ゴール数は伸び悩み。昨季は公式戦40試合で5得点と6アシスト、今季は8試合151分間の出場で1得点のみとなっていた。 恵まれた体格を持つものの、そのプレースタイルはターゲットマンタイプではなく、いわゆるモビリティタイプのアタッカー。爆発的なスプリント能力を武器に相手の背後やサイドに流れて局面を打開し、とりわけカウンターアタックの局面で力を発揮する。 2023.01.31 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

四面楚歌のザニオーロ… 母親がローマに恨み節「これほどまで憎しみを生み出すなんて」

去就問題に揺れるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)だが、母親はSNSでローマへの恨み節を綴っている。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ザニオーロは今冬のローマ退団を希望し、ミランかボーンマスへの移籍が濃厚に。だが、個人合意済みのミランはローマの要求額を満たせず断念し、反対に要求額を満たしたボーンマス行きは本人が拒否と、どちらへの移籍も実現せずに終幕した。 その矢先、ジョゼ・モウリーニョ監督が記者会見で「残念ながら残るようだ」と発言し、練習から除外されていたことが明るみに。ローマでの居場所もなくなりつつあり、ゼネラル・マネージャー(GM)のチアゴ・ピント氏がインタビューで「解決策を模索中」と話したように難しい状況に陥っている。 ローマとしては移籍市場閉幕までになんとか売却したいところだが、ザニオーロのお騒がせ家族として度々話題にあがる母フランチェスカ・コスタさんが自身のSNSを更新。モウリーニョ監督の発言も念頭にあったのか、「これほどまでに憎しみを生み出すなんて、度が過ぎているわ」と、息子を四面楚歌に追い込んだとしてローマを非難している。 また、29日にローマがナポリに1-2で敗戦した際は、ザニオーロはメンバー外だったにもかかわらず、試合後に一部のローマサポーターが自宅まで押しかけ、「敗戦の責任はザニオーロ」と叫ぶなどし、警察が出動する事態となっている。 退団を望むザニオーロ、その意向を受けて高値での売却を模索するクラブ、敗戦に苛立つサポーター、息子を庇いたい母親…ローマは残りわずかな移籍期間中にザニオーロの売却先を見つけられるだろうか。 2023.01.30 20:42 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly