シュツットガルト、主力CBのケンプフと契約延長へ

2021.04.27 22:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトが、DFマルク=オリヴァー・ケンプフ(26)との契約を延長したいと考えているようだ。地元紙『シュツットガルター・ツァイトゥング』が報じた。2018年7月にフライブルクからシュツットガルトへ加入したケンプフ。今季はここまでリーグ戦29試合に出場し2得点を挙げている。

センターバックとして守備陣の中心としてはもちろんのこと、局面を打開する鋭いフィードを見せるなど、攻守において存在感を示している。


現状は2022年6月30日までの契約となっているが、スポーツ・ディレクター(SD)のスヴェン・ミスリンタート氏はケンプフの代理人と早期の契約延長について交渉していると明かした。

「我々はケンプフとの契約を延長したいと思っている。そして、良い議論の後に書面で彼に具体的なオファーを提出した。お互いのために迅速な決定を望む」

現在4連敗中とはいえ、昇格組としては大健闘しているシュツットガルト。主力の引き抜きもささやかれるが、来季以降に向けて既存の主力は極力確保したいところだろう。
関連ニュース
thumb

シュツットガルト躍進のキーマンにドルトムントが関心か

シュツットガルトのスイス代表GKグレゴール・コベル(23)が、ドルトムントへ移籍する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 昇格組ながら現在ブンデスリーガで10位につけているシュツットガルト。その立役者の1人がコベルだ。第32節のアウグスブルク戦こそ背中の違和感で欠場したものの、それまではリーグ戦全試合でフル出場を果たしており、絶対的な守護神として君臨している。 至近距離でのシュートストップはもちろんのこと、足元の技術にも長けたコベルはすでに上位クラブのレーダーに入っており、国内では先日DFBポカールを制したドルトムント、そのほかではプレミアリーグからも具体的な関心が伝えられている。移籍金はおよそ1500万ユーロ(約20億円)と見積もられている。 これを受けてシュツットガルトは、すでに代役の調査を開始。ウニオン・ベルリンのドイツ人GKロリス・カリウス(27)と、フライブルクのドイツ人GKフロリアン・ミュラー(23)がリストアップされているとのことだ。 リバプールからウニオンにレンタル中のカリウスは、ドイツ人GKアンドレアス・ルセ(34)の壁を越えられずにリーグ戦わずか4試合の出場にとどまっている。一方で、マインツからフライブルクに期限付き移籍中のミュラーは31試合に出場し、存在感を示している。 果たしてシュツットガルトの守護神は、どのような去就を決断するのだろうか。 2021.05.14 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「甘かった」規則抵触でドイツ代表頓挫のソサ、クロアチアに対して謝罪「近道でゴールに到達したいという欲に駆られた」

シュツットガルトのDFボルナ・ソサ(23)が、クロアチアサッカー連盟(HNS)を通じて声明を発表。自身の選択を謝罪した。 ソサはクロアチア出身のDF。世代別の代表チームはクロアチアでプレーしていたが、7日にドイツの国籍を取得。これにより、ドイツ代表が選択できるようになった。 2018年のロシア・ワールドカップでは予備登録メンバーとなっており、現在はシュツットガルトでも主力を務めているソサだが、ズラトコ・ダリッチ監督から招集されたことはなく、A代表歴はない状況だった。 しかし、ダリッチ監督はA代表に招集したい意向があったものの、U-21クロアチア代表との兼ね合いで招集を見送っていたが、ソサはプレー機会がないことに不満を持ち、ドイツ代表への切り替えを明言していた。 そんな中、国際サッカー連盟(FIFA)が2020年9月から適用している規則により、ソサはドイツ代表を選択できないことが発覚。新規則では21歳を超えて世代別のチームでプレーした場合は、A代表の選択を変えることができないというものであり、ソサは22歳9カ月22日でU-21クロアチア代表としてプレーしていた。 これによりドイツ代表の選択が不可能となったソサ。自らクロアチアを捨てるような行動に出たことで、代表選手としての道が完全に閉ざされることとなってしまった。 そのソサは、HNSを通じて謝罪の声明を発表。自身の軽率な判断でクロアチアを裏切ったことを謝罪。チャンスをもらえるならば、クロアチア代表のために貢献したいと意思を表明した。 「過去数日、僕の人生において多くのことが起こり、特にスポーツのキャリアにおいて傷を残しました」 「自分が直面している状況に対し、自分の決定を躊躇したことはありませんが、代表のキャリアについて決断した時は、自分は正しいことを信じていると信じていました」 「しかし、僕は間違った決断を下したこと、そして甘かったことが分かりました」 「他のアスリートと同様に、子供の頃、僕は大きな大会に出場することを夢見ていました。お金やその他の価値を考えず、僕はまだ夢見ています。もちろん、ユーロやワールドカップに出場することも夢見ています」 「しかし、その夢の中であっても、多くの人が僕を理解してくれないという幻想は抱いておらず、そのことでみんなを責めることはしません。この状況になった責任は、僕だけにあります」 「クロアチアサッカー連盟から僕に伝えられたことを誤解したことから、別の、そしておそらく近道でゴールに到達したいという欲に駆られて、決断をしてしまいました」 「僕は2012年に世代別のクロアチア代表でデビューを果たし56試合に出場しました。パフォーマンスは良い時も悪い時もありましたが、クロアチアのユニフォームを着てプレーした全ての試合を誇りに思っています」 「僕が下した決断は間違っていたので、その責任を負わなければなりません。クロアチアサッカー連盟と選考委員の方々が、まだ代表チームの成功に僕が貢献できると信じてくれるのであれば、僕はその招集に応え、貢献したいと考えています」 「最後になりますが、クロアチののスポーツに関わる皆様、クロアチアサッカー代表チームのファンの皆様、そしてクロアチアサッカー連盟の皆様に、心からお詫び申し上げます。このような状況で、僕に忍耐、理解、正しさを示してくださったことに感謝します」 2021.05.14 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

遠藤航同僚DFソサ、ドイツ代表入りを希望も不可能? FIFA規約に抵触の可能性

新たに国籍を取得し、代表チームの選択が注目されていたシュツットガルトに所属するDFボルナ・ソサ(23)だが、思わぬ壁にぶち当たることとなってしまったようだ。 ソサはクロアチア出身のDF。世代別の代表チームはクロアチアでプレーしていたが、7日にドイツの国籍を取得。これにより、ドイツ代表が選択できるようになった。 そのソサは、7日に行われたアウグスブルク戦後に「僕はオリバー・ビアホフと連絡を取った」とコメント。ドイツ代表入りを希望することを明かしていた。 ソサには、予てからドイツサッカー連盟(DFB)が働きかけを行っていることは知られており、クロアチア国籍のソサとしては国籍取得が重要だった。 一方で、クロアチアサッカー連盟(HNS)はソサを招集せず。U-21クロアチア代表には招集されていたが、A代表のズラトコ・ダリッチ監督はソサを招集していなかった。 ソサはロシア・ワールドカップ(W杯)の予備登録メンバーにはなったものの、本大会では選ばれず。しかし、その後も招集歴はないため、ドイツ代表を選択することは可能。DFB側の働きかけもあり、本人もドイツ代表選択を望むこととなった。 しかし、ドイツ『キッカー』によれば、ソサは乗り越えることができない壁にぶち当たったとのこと。FIFAが2020年9月から適用している規則により、クロアチア代表以外を選択できないという状況になってしまったのだ。 ソサが抵触したのはFIFA規約の第9条。その規約の中に、」変更したい代表チームの国籍を持っていない場合、いかなるカテゴリーであっても、最後に出場した公式戦が21歳未満であれば変更が可能」というものがある。 しかし、ソサはU-21クロアチア代表として最後にプレーしたのは2020年11月12日のU-21欧州選手権予選のU-21スコットランド代表戦。当時、22歳9カ月22日での出場を果たしており、この規約に抵触。つまり、ドイツ代表を選択することは不可能ということになってしまうのだ。 もちろん、DFB側がこの辺りのことを全く把握していなかっとは思えず、何らかの算段がある可能性はある。ソサの母はベルリン出身、祖父もベルリンで建設業を営んでいたこともある。 左サイドバックとしてシュツットガルトで主軸を担っているソサ。中盤の左サイドでもプレーし、今季はブンデスリーガで24試合に出場し10アシストを記録。ドイツ代表としても欲しい存在だろうが、果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 2021.05.10 20:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出のシュツットガルト、4連敗ストップも新たに3選手負傷交代

悪い流れを止めたシュツットガルトだが、新たに3選手が負傷してしまった。 7日に行われたブンデスリーガ第32節でアウグスブルクをホームに迎え撃ったシュツットガルト。チームのアシスト王であるDFボルナ・ソサが戦線に復帰した一戦で2-1の勝利を収め、連敗を「4」でストップした。 しかし、この試合に先発したMFロベルト・マッシモがクリアボールを追いかけた際に左もも裏を痛め、22分に負傷交代。DFコンスタンティノス・マヴロパノスも前半のみのプレーでベンチに退いた。 さらに、マッシモとの交代で出場したMFタンギ・クリバリもクロスに合わせようと左足を振った際、アウグスブルクDFイアゴの足と痛烈にコンタクト。64分にスタッフの手を借りながらピッチを後にした。 ドイツ『キッカー』によると、マッシモとマヴロパノスについては比較的、軽傷で済む可能性があるとみられるが、クリバリについてはペッレグリノ・マタラッツォ監督が明かした初期診断によれば、内側側副じん帯を部分断裂した恐れがあり、残りのリーグ戦全休を強いられる可能性があるようだ。 9位につけるシュツットガルトだが、現在はこれまで全試合フルタイム出場が続いたGKグレゴール・コベルやキャプテンのMFゴンサロ・カストロのほか、FWサリス・ワマンギトゥカも長期離脱中。すでに苦しいやりくりを強いられている。 すでに残留が確定したことで残りのシーズンをナーバスに過ごす必要こそなくなったとはいえ、指揮官はまたしても頭を悩ませることになりそうだ。 2021.05.08 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルト、アウグスブルクに劣勢も競り勝って連敗を4でストップ《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは7日、ブンデスリーガ第32節でアウグスブルクをホームに迎え、2-1で競り勝った。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 4連敗中の10位シュツットガルト(勝ち点39)は、遠藤が[3-4-2-1]のダブルボランチの一角で32試合連続スタメンとなった。 13位アウグスブルク(勝ち点33)に対し、守勢の入りとなったシュツットガルトだったが、11分に最初のチャンスを生かして先制する。マッシモの浮き球パスをボックス中央のカライジッチがダイレクトで落とすと、ゴール前に入り込んだフェルスターが蹴り込んだ。 先制したシュツットガルトが徐々に主導権を握る展開としていたが、26分にピンチ。リヒターにボックス中央からシュートを許したが、GKブレドロウがセーブした。 ここからハーフタイムにかけてやや劣勢となったシュツットガルトは45分にもピンチ。しかし、リヒターにミドルシュートでゴールを脅かされるも、ここもGKブレドロウの好守で凌ぎ、前半を1点リードしたまま終えた。 迎えた後半も守勢の展開を強いられたシュツットガルトは、54分にニーダーレヒナーにミドルシュートでオンターゲットを記録されると、59分に追いつかれる。サイド攻撃で揺さぶられ、リヒターのヘディングシュートのルーズボールをニーダーレヒナーに頭で押し込まれた。 その後も劣勢が続いたシュツットガルトだったが、74分に勝ち越す。カライジッチのヘディングでのパスを受けたチュルリノフがボックス右ゴールライン際から折り返すと、カライジッチが頭で押し込んだ。 カライジッチの今季16ゴール目でリードしたシュツットガルトは終盤にかけてもアウグスブルクの攻勢を許したものの、2-1で逃げ切り。連敗を4で止めている。 2021.05.08 05:27 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly