1年でプレミア昇格を決めたワトフォード、ムニョス監督はサポーターに感謝し、選手にビール5本の大盤振る舞い!?

2021.04.25 20:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
1年でのプレミアリーグ復帰を決めたワトフォード。シスコ・ムニョス監督が、昇格の喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えた。

ワトフォードは24日、チャンピオンシップ(イングランド2部)第44節のミルウォール戦を戦い、イスマイラ・サールのゴールで1-0と勝利。3位のブレントフォードは消化が1試合少ないものの、残り2試合で勝ち点差を「10」に広げ2位以内が確定し、1年でのプレミアリーグ復帰を決めた。

現在首位に立つノリッジに続き、自動昇格枠が決定したチャンピオンシップ。チームを率いるムニョス監督は、昇格をファンに捧げ、感謝の気持ちを述べた。

「まず、皆さんのサポートにいつも感謝している。誰もがクラブとファンのために最善を尽くしてきた。今日は、ファンにとっての1日だと思う。ファンのみんなには、ソーシャルメディアでのサポートに感謝したい」

「ワトフォードのトレーニンググラウンドで私の後ろで働いている全ての人にも感謝する。彼らは我々のためにたくさんのことをしてくれ、毎日とても一生懸命に働いているからだ。今がそれを楽しむ瞬間だ。ここに来るまで、一生懸命に努力した」

この試合も簡単な試合ではなかったが、サールのPKで先制。その1点を守りきり、今季22度目のクリーンシートを達成。ムニョス監督は、経験のある選手たちを称えた。

「我々にはあらゆる状況に対応できる選手が揃っている。全員が同じ方向を向き、同じ野心を持つことが重要だ。これは特別な瞬間であり、まず第一に、我々には優秀な選手が揃っている」

「我々はチャンピオンシップで最高のチームを持っており、全ての試合で最大限の力を発揮した」

しかし、この昇格決定が無観客で行われたことを悲しみ、サポーターも遠くで祝ってくれているだろうと語った。

「ファンがいないのは寂しい。COVID-19のこともあるから、気をつけないといけないが、楽しむことも大切だ。今日は素晴らしい瞬間であり、ファンがいなくて悲しかったが、ホームで大きなサポートをしてくれたことは知っている。プレミアリーグにいるのだから、今は楽しまないといけない」

ムニョス監督はこれまでにも、大きな勝利を収めた後には自分と選手にはビール1本と20分間の祝杯をあげることが許されているということをよく行ってきたが、昇格決定ではもう少し緩めようと考えているようだ。

「今日、彼らはビールを5本以上欲しがっているはずだ。このような状況を迎えるためにハードワークしてきたのだから、今日は重要だ。クラブでも家でも、みんながネクタイを緩めてビールを飲むことができる」

「どうやってお祝いするかはわからないが、この状況をとても嬉しく思っている。第一にファンのため、第二に選手のため、第三に私の家族と子供たちのためにだ。監督をしていると、この状況に到るまでにどれだけの努力をしてきたかがわかる」

「試合終了後のホイッスルが鳴った時、私の頭の中にはたくさんの家族がいた。我々は長い間、家族に会っていない。簡単なことではなかったので感情的になったが、この仕事をした全員をとても誇りに思う」



1 2
関連ニュース
thumb

フルアムがN・チャロバー獲得! かつて指導を受けた指揮官の下で再びプレー

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するフルアムは8月31日、ワトフォードから元イングランド代表MFナサニエル・チャロバー(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっており、移籍金は公開されていない。 N・チャロバーは弟のイングランド人DFトレヴォ・チャロバ―と同じくチェルシーのアカデミー出身。しかし、ファーストチームでの出場機会はなく、2012年夏に当時チャンピオンシップに所属していたワトフォードへレンタルで加入し、プロデビューを果たした。 その後はノッティンガム・フォレスト、ミドルズブラ、バーンリー、レディング、ナポリへのレンタル移籍を繰り返した後、2017年7月にプロデビューを飾ったワトフォードへ完全移籍を果たした。 ワトフォードでは公式戦127試合に出場し9ゴール3アシストを記録。主将としてプレーする試合もあったが、昨シーズン終盤は出場機会が減少していた。 再び西ロンドンに戻ってくることになったチャロバーは、移籍後のインタビューにおいてクラブのプロジェクトを称賛。ワトフォード時代に指導を受けた経験もあるマルコ・シウバ監督と共に、プレミアリーグ昇格を目指したいと語った。 「ここには素晴らしいプロジェクトがあり、それは僕を興奮させるものだった。ワトフォードでの1年目に監督と一緒に仕事をした経験があったが、彼からはいつも良い雰囲気を感じていたよ」 「このチームを見て、来年にはプレミアリーグに復帰できる可能性があると思ったんだ。そしてそれが、僕の目標でもある」 2021.09.01 11:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ワトフォードを支えたエースFWディーニーが憧れのバーミンガムへ完全移籍

チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティは30日、ワトフォードのFWトロイ・ディーニー(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 契約期間は2023年6月30日までの2年間となる。 ディーニーはウォルソールでキャリアをスタート。ヘールズオーエンへのレンタル移籍を経験し、2010年8月にワトフォードに加入した。 ディーニーはワトフォードで11年を過ごし、公式戦419試合に出場し140ゴール62アシストを記録。チームを支える活躍を見せ続けていた。 今シーズンも開幕から2試合に途中出場していたが、29日に行われたトッテナム戦はメンバー外に。チームとは退団に向けた話し合いがされており、30日に退団が発表されていた。 バーミンガム出身のディーニーは、幼少期に憧れていたクラブへの加入となることを喜んだ。 「ここが僕のクラブであることは誰もが知っている。過去にそのことを明確にもしたけど、ブルーズに加入する場合は、全ての関係者にとって正しいものでなければならなかった」 「僕はここにあるプロジェクトを信じており、ガファーとクレイグ(・ガードナー)と話をしたことで、チームでの役割を明確に可視化できると思う」 2021.08.31 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

退団したシソコのキックがヌーノ監督を直撃…偶然のアクシデントに「わざとだ」と主張するファンも

29日に行われたプレミアリーグ第3節でワトフォードとホームで対戦したトッテナム。ワトフォードのスターティングイレブンには27日にトッテナムからの移籍が発表されたばかりのフランス代表MFムサ・シソコが名を連ねた。 前半からトッテナムが試合を支配する中、38分にアクシデントが起きる。タッチライン際でトッテナムのMFデレ・アリとシソコがマイボールにしようと競り合いに。ボールはラインを割ったが、ピッチ内にボールをとどめようとしたシソコはキックのモーションに入っており、そのまま右足で捉えた。 しかし、そのボールは目の前にいたトッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督の胸当たりを直撃した。シソコはその直後にヌーノ監督に謝罪し、握手をかわしてすぐにピッチに戻っていたが、偶然にも自身を構想外とした相手にボールが直撃したことには、一部のファンが面白がってわざとだと主張しているようだ。 イギリス『GIVE ME SPORT』は「ファンはシソコが故意にヌーノにボールをスマッシュしたと確信している」と伝え、イギリス『デイリー・スター』も「ファンは、ムサ・シソコがワトフォードのデビュー戦で故意にトッテナムのヌーノ監督にボールを飛ばしたと考えている」とし、「シソコは間違いなくわざとやった」といったSNSの反応を伝えている。 当事者のヌーノ監督は、試合後のインタビューでシソコについてもコメント。特にこの件には触れず、大きな敬意を払っていると明かした。 「彼は今日ワトフォードに加わった。私たちは数週間一緒に働いた。私はムサに大きな敬意を払っている。彼がワトフォードで最高の状態でいられることを願っているし、それは喜びでもある。私はムサに大きな称賛を抱いている。彼は本当に紳士だ」 「(シソコは元々今日のプランに)入っていなかったが、今週はミッドウィークにヨーロッパカンファレンスリーグの試合があったので、いつもとは異なる」 「しかし、問題は全くない。彼がワトフォードに加入した瞬間、彼はワトフォードの選手になった。だから彼をプレーさせるのかどうかの決定権はワトフォードの監督にあった。私たちは干渉できないし、しなかった。すべてが明確だ。大きな尊敬と称賛を抱いている」 <span class="paragraph-title">【写真】シソコが目の前のヌーノ監督にボールを蹴り込んだ瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Fans think Moussa Sissoko blasted ball at Tottenham boss Nuno on purpose on Watford debut<a href="https://t.co/uAgX5s5m6A">https://t.co/uAgX5s5m6A</a> <a href="https://t.co/ZXOBTHHWSa">pic.twitter.com/ZXOBTHHWSa</a></p>&mdash; Daily Star Sport (@DailyStar_Sport) <a href="https://twitter.com/DailyStar_Sport/status/1432115596276142086?ref_src=twsrc%5Etfw">August 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.30 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズが3戦連続1-0で唯一の開幕3連勝! PL200戦目のソン・フンミンが殊勲の決勝弾!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、トッテナムvsワトフォードが29日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。 前節、ヌーノ監督の古巣ウォルバーハンプトン相手に競り勝って2試合連続クリーンシートで開幕連勝を飾ったトッテナム。さらに、ヨーロッパ・カンファレンスリーグのプレーオフでは残留を決断したケインの2ゴールによって3-0で快勝し、逆転での本戦行きを決定した。 開幕3連勝を目指す今節では今夏にローズ、ムサ・シソコが移籍した昇格組のワトフォードと対戦。ウルブス戦からはルーカス・モウラに替えてケインを今季リーグ戦初スタメンで起用した以外、同じメンバーを継続した。 ソン・フンミンを右、ケインを中央、ベルフワインを左に配置したトッテナムは、立ち上がりからアグレッシブにプレーするアウェイチームの勢いを受け止める形に。 それでも、10分を過ぎた辺りから完全にボールの主導権を握ると、70%を超えるボール支配率で相手を自陣深くに押し込んでいく。中央を徹底的に締めてボックス付近に分厚い壁を構築する相手に対して、中央でのコンビネーション、完全に浮く両サイドバックが高い位置を取ってクロスを入れるなど、ジャブを打ち続ける。 幾度かサールやキングに背後を取られかけたが、ネガティブトランジションもスムーズで相手に攻撃機会を与えない。20分には右CKの流れからゴール前で混戦を作り、最後はタンガンガがシュートを枠に飛ばすが、これはGKバッハマンの好守に遭う。さらに、33分にはデレ・アリの高い位置でのカウンタープレスからボックス左のソン・フンミンにシュートチャンスも、ニア下を狙ったシュートは枠の左に外れる。 以降も積極的にゴールを目指して攻勢を続けるトッテナムは、前半終了間際にプレミアリーグ通算200試合出場達成の韓国代表FWが待望の先制ゴールをもたらした。 42分、ベルフワインの仕掛けで得た相手陣内左サイドでのFKの場面でキッカーのソン・フンミンがGKとディフェンスラインの間のスペースに右足インスウィングの鋭いボールを入れると、ゴール前で誰も触れずにワンバウンドしたボールがそのままゴール右隅に決まった。 意外な形からのゴールによって1点リードで試合を折り返したトッテナムは、後半も集中した入りを見せる。相手が戦い方を大きく変えることがなかった影響もあり、決定機を作るまでには至らないが、左CKからダビンソン・サンチェスがアクロバティックなフィニッシュを見せるなど、追加点を狙っていく。 66分にはソン・フンミンの相手陣内でのボール奪取からショートカウンターを発動。ボックス右でスルーパスを受けたケインからの絶妙なグラウンダーの折り返しを、中央に飛び込んだデレ・アリがワンタッチで合わすが、これはわずかに枠の左へ外れる。 この直後にはベルフワインを下げてルーカスを投入し、ソン・フンミンが左ウイングにポジションを移した。すると、直後の72分にはボックス右でホイビュルクからのスルーパスに抜け出したルーカスが早速シュートまで持ち込んでGKバッハマンを脅かす場面を作り出した。 試合は1点差のまま終盤に突入。2点目を奪って試合を殺したいトッテナムは、84分に続けて決定機を創出。ボックス右で仕掛けたルーカスがDFマジーナを振り切ってファーのケインを狙った決定的なクロスを供給するが、これは相手DFの決死のクリアに遭う。さらに、このプレーで得たCKの二次攻撃からボックス中央のケインが枠を捉えた右足のシュートを放つが、今度はGKのビッグセーブに阻まれた。 その後、殊勲のソン・フンミンを下げてブライアン・ヒルをプレミアデビューさせたホームチームは、このまま試合をクローズ。3試合連続1-0の勝利で、クラブ史上初の開幕3戦連続クリーンシートを達成すると共にリーグ唯一の開幕3連勝を飾った。 2021.08.29 23:55 Sun
twitterfacebook
thumb

C・パレスがワトフォードMFウィル・ヒューズを完全移籍で獲得!

クリスタル・パレスは28日、ワトフォードからイングランド人MFウィル・ヒューズ(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 ダービー・カウンティのアカデミー出身のヒューズは、2011年11月に若干16歳でトップチームデビュー。イングランドの世代別常連だったテクニカルな左利きの司令塔は、2017年夏にワトフォードに完全移籍した。 そのワトフォードでは公式戦118試合に出場し、8ゴール10アシストを記録。昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では30試合に出場し、1年でのプレミアリーグ復帰に大きく貢献していた。 今夏、パトリック・ヴィエラ監督を新指揮官に迎えたパレスは、開幕3試合で1敗2分けと厳しい序盤戦となっている。その中でチームは中盤の構成力に問題を抱えており、ヒューズにはチェルシーからレンタル加入のU-21イングランド代表MFコナー・ギャラガーと共にゲームメイクの部分で存在感を発揮することが期待される。 2021.08.29 07:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly