柏が今季初3連勝! ホーム徳島戦で呉屋2発、江坂、椎橋、仲間のゴールショー【明治安田J1第11節】

2021.04.24 18:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第11節の1試合が24日に三協フロンテア柏スタジアムで催され、ホームの柏レイソルが5-1で徳島ヴォルティスを撃破した。2試合連続完封で今季初連勝中の15位柏は前節から1選手が入れ替わり、三丸の代わりに高橋峻希が先発。一方、先のルヴァンカップでヴィッセル神戸を下した勢いを持ち込みたい9位徳島は2選手を変更して、藤田譲瑠チマ、垣田がスタートからピッチに立った。

連敗阻止を狙い、敵地に乗り込んだ徳島だが、今季初の連勝で波に乗る柏が先にスコアを動かす。徳島のビルドアップに前線からプレスをかけた9分、江坂がボックス右深くでボールを奪取。呉屋がラストパスを左足ダイレクトで叩き込み、先取した。

幸先よくリードした柏は右CKのチャンスを獲得した27分、キッカーの神谷が右足アウトスウィングのクロスを上げると、中央で競り勝った江坂がヘディングシュートを決めて追加点。先制点の勢いそのままに徳島の突き放しに成功してみせる。

さらに、その3分後に左サイドの仲間がサイドチェンジを試みると、ボックス右の北爪が頭で折り返して、最後は中央に猛進した椎橋がヘディングシュート。攻撃の手を緩めずの柏が3連勝に向け、前半だけで3点のリードを手にして、試合を折り返す。

巻き返そうとハーフタイム明けからバトッキオ、浜下を投入した徳島だが、48分に右サイドの江坂が右足で低い弾道のクロスを出すと、ボックス右のスペースで反応した仲間がワントラップから浮いたボールを右足ボレー。柏が決定的な4得点目を奪う。

出鼻を挫かれた徳島は58分に田向、小西の交代カードを切るが、次のゴールも柏。64分、自陣右サイドからボールを持ち上がった北爪が最終ラインの間に陣取る呉屋にパス。そのまま抜け出した呉屋が右足シュートを決めて、大量リードを奪った。

一矢報いたい徳島は74分に細かなパスワークでの中央突破から宮代が椎橋のクリアしようとしたボールに詰め、1点を返すが、反撃もここまで。柏がベンチ入りのペドロ・ハウル、アンジェロッティの新戦力をデビューさせながら試合を終わらせた。

今季最多5発のゴールラッシュで徳島戦を快勝で飾った柏はこれで3連勝。今季最多5失点の大敗を喫した徳島は今季2度目の連敗となっている。

柏レイソル 5-1 徳島ヴォルティス
【柏】
呉屋大翔(前9、後19)
江坂任(前27)
椎橋慧也(前30)
仲間隼斗(後3)
【徳島】
宮代大聖(後29)
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:柏vs浦和】課題山積の柏、浦和は前節の悔しい敗戦を払拭なるか

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年6月23日(水) 19:00キックオフ 柏レイソル(18位/14pt) vs 浦和レッズ(9位/28pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆圧倒的に攻められ完敗、課題山積【柏レイソル】 引き分けを挟んで6連敗。前節は天皇杯で屈辱の大敗を喫したサンフレッチェ広島のホームに乗り込んだが、0-1で敗戦となった。 躍起になった相手の前に、圧倒されてしまった試合。スコアこそ0-1だったが、21本という数多くのシュートを浴びせられ、内容では完敗。無力で敗れた。 光明はデビュー戦となったGK佐々木雅士が好セーブを連発したこと。多くのシュートを1失点で終えた背景には若き守護神の活躍があってこそだ。 しかし、チームとしては課題山積。降格圏にいてしかるべきパフォーマンスだっただけに、なんとか改善していきたいところだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:佐々木雅士 DF:高橋峻希、高橋祐治、大南拓磨、古賀太陽 MF:ドッジ、椎橋慧也、仲間隼斗 MF:神谷優太 FW:クリスティアーノ、アンジェロッティ 監督:ネルシーニョ ◆恩返し弾で敗戦、仕切り直したい一戦【浦和レッズ】 前節はホームに湘南ベルマーレを迎えた一戦。キャスパー・ユンカーが2ゴールの活躍を見せたものの、チームは古巣対決となった岡本拓也に土壇場で被弾し2-3で敗れた。 エースの活躍が勝利に繋がらず、つまづいてしまった浦和。積極補強を繰り返しているチームとしては、彼らが合流するまでの残り試合でしっかりと上位に食らいついておきたいところだ。 とはいえ、やっている内容は変える必要はないだろう。前節はメンバーも入れ替えて臨んでいただけに、今節はしっかりと反省をして勝利を目指して戦う。 ユンカーも二桁得点まで早くも3点に迫っており、今節もゴールが期待される。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:鈴木彩艶 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、明本考浩 MF:柴戸海、伊藤敦樹 MF:田中達也、小泉佳穂、大久保智明 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス 2021.06.23 16:47 Wed
twitterfacebook
thumb

代表帰りの佐々木翔が値千金の決勝弾! J1デビューGK佐々木躍動の柏を下した広島が3カ月ぶりのホーム白星【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、サンフレッチェ広島vs柏レイソルが19日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利した。 シーズンを通じて低調の広島だが、ここまで最もショッキングな試合は先日の天皇杯2回戦のおこしやす京都AC戦だった。相手は関西リーグ1部の格下だが、攻めあぐねる中で先に失点を許すと、そこからせきを切ったように失点を重ね、まさかの1-5の大敗。ジャイアントキリングは数あれど、どちらがジャイアントか疑うような試合内容だった。 一方の柏は天皇杯では栃木シティを3-0で一蹴。公式戦9試合未勝利と苦しい時期が続いていたものの、ひとまず負の流れを断ち切った形だ。 結果は違えど天皇杯の一戦が今一度気合を入れるきっかけとなった両チーム。GK大迫や川辺、佐々木ら代表帰りの選手がスタメンに名を連ねた広島は1分、ジュニオール・サントスがボックス手前でボールを持つと、そこから迷わず右足一閃。GK佐々木が不意を突かれながらも何とか弾いたボールはクロスバーに激突し、ホームチームがいきなり見せ場を作る。 8分には、敵陣中央で縦パスを受けた浅野がドリブルで持ち上がり、ボックス手前左から左足を振り抜く。代表で結果を出した兄・拓磨に負けじと得点への意欲を見せる。 対して、アウェイチームはアンジェロッティやドッジの助っ人外国人の力で何度かゴール前まで攻め込むが、シュートまでには至らず流れを引き寄せられない。 序盤から主導権を握る広島は15分、敵陣でボールを奪ったジュニオール・サントスがボックス中央に侵入。GKと一対一となり、森島へのパスという選択肢もあったなか、シュートは力なくGKの正面に。この上ない決定的なシーンをフイにしてしまった。 飲水タイムを挟んでも広島の攻勢は続く。32分に森島のシュートがGK佐々木を強襲すると、35分にはジュニオール・サントスのポストプレーから柏にビッグチャンス。しかし、ボックス左から放ったシュートは、この日がJ1デビューのGK佐々木に再び止められた。 さらに38分にも幅を使った攻撃からボックス中央の柏にボールが繋がるが、今度のシュートはDFにブロックされて枠の外へ飛んでいった。続けて43分、ボックス手前左の柏からの横パスを森島がダイレクトシュート。ボールの芯を捉えた強烈なシュートも、GK佐々木の守備範囲だった。 0-0で迎えた後半も主導権を握るのは広島。シュート数こそ思うように伸びないものの、スムーズなパス回しで何度もゴール前に侵攻するシーンを演出していく。 だが、やられてばかりではいられない柏も60分、ドッジのパスからボックス左に侵入したアンジェロッティがシュートへ。ここまでで最大のチャンスだったが、左足のシュートは、U-24日本代表入りを目指すGK大迫の正面に。 その後は柏に攻められる場面が少し増える広島だが、66分に右サイドの深い位置まで攻め込んだ浅野のマイナスの折り返しから川辺が際どいシュートを放つなど、流れを渡さない。 すると迎えた78分、相手を攻め込む中で佐々木が左サイドから上げたクロスが相手に当たってゴールイン。攻めに攻めた広島に得点が生まれたのは予想外の形からだった。 その後も攻撃の姿勢を崩さない広島。守備ではGK大迫が集中を切らさず無失点に抑える。終盤の88分には、奮闘目立つ藤井がボックス右に侵入しチャンスを迎えるが、クロスに合わせた途中出場のドウグラス・ヴィエイラのシュートは惜しくも枠の外。 だが、虎の子の1点を守り切った広島がリーグ戦3試合ぶりの勝利。天皇杯で情けない姿を晒してしまったホームのサポーターの前で3カ月ぶりの白星を捧げた。 サンフレッチェ広島 1-0 柏レイソル 【広島】 佐々木翔(後33) 2021.06.19 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:広島vs柏】惨敗からのバウンスバックを見せられるか? 柏は7戦ぶり勝利へ

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2021年6月19日(土) 19:00キックオフ サンフレッチェ広島(9位/26pt) vs 柏レイソル(17位/14pt) [エディオンスタジアム広島] 天皇杯で衝撃の惨敗を喫した広島は代表から戻ってきたメンバーが違いを見せられるか。 対する柏はリーグ戦の未勝利をこのあたりで止めておきたい。 ◆失態を取り戻せるか【サンフレッチェ広島】 一時の不調を脱出し、中断期間で精度を高めていきたいはずの広島だが、ショッキングなニュースが舞い込んだのは3日前だった。 地域リーグに所属するおこしやす京都ACと天皇杯2回戦で戦った広島。ジャイアントキリングがこれまでも起きていた大会だが、まさかの1-5で大敗。しかもホームでだ。 この敗戦はショックを与えたが、とにかくエディオンスタジアム広島では勝てない。開幕からの4試合は2勝2分けと結果が出ていたが、第9節で湘南ベルマーレに敗れてからは、リーグ戦で1分け3敗と勝てていない。 ここからの3試合はホーム連戦。次節まで2週間空くこともあり、しっかりと結果を残してまた中断に入りたいところだ。 日本代表の活動から戻ってきたGK大迫敬介、DF佐々木翔、MF川辺駿が得たものを注入できるか。再出発という点でも、是が非でも勝利が欲しい試合となる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、川辺駿、青山敏弘、柏好文 MF:浅野雄也、森島司 FW:ジュニオール・サントス 監督:城福浩 ◆トンネルは抜けられるか【柏レイソル】 中断前はホームで北海道コンサドーレ札幌相手に1-2で敗戦。リーグ戦は6戦未勝利と結果が出ていない。 中断期間中の天皇杯では栃木シティFC相手に3-0で勝利。ここからの反撃に向けて良い勝利を収めた。 シーズンも折り返し地点が近づいている中、勝ち点14で並ぶ降格圏に位置する柏。そろそろエンジンをかけていきたいところだけに、しっかりと勝利を収めたい。 互いに課題は攻撃陣。天皇杯ではカウンターで仕留めていたが、しっかりと広島相手に勝利を収めることができるのか。まずはリーグ戦のトンネルから抜け出したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:佐々木雅士 DF:高橋峻希、上島拓巳、大南拓磨、古賀太陽 MF:椎橋慧也、ドッジ MF:クリスティアーノ、江坂任、仲間隼斗 FW:細谷真大 監督:ネルシーニョ 2021.06.19 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

柏、筑波大MF加藤匠人の来季加入内定を発表 「レイソルに帰ってくることができました」

柏レイソルは17日、筑波大学に在学するMF加藤匠人(22)の来季加入内定を発表した。 加藤は埼玉県出身で、柏の下部組織育ち。身長172cm、体重68kg、右利きのボランチで、今季の筑波大学で副主将を務める。 大学を経由しての古巣復帰となる加藤はクラブを通じて、喜びの思いとともに決意を語った。 「来季から柏レイソルに加入することになりました加藤匠人です。小学5年生から高校3年生までの8年間を過ごした愛着のあるレイソルで、幼い頃からの夢であり目標であったプロサッカー選手として、新たなスタート地点に立てたことを嬉しく思います。これまでお世話になった指導者の方々、共に闘ってきた仲間、友人、そしてどんな時も味方でいて応援し、支えてきてくれた両親、家族に本当に感謝しています」 「筑波大学を経由し、様々な経験や学び、壁を乗り越えて一人の人間として大きな成長を実感して、レイソルに帰ってくることができました。これまで培ってきたものを活かして、日立台のピッチに立ち、皆さんの期待に結果で応えられるように常に全力で取り組み、努力を続けていきます。応援よろしくお願いします」 2021.06.17 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

岡村のJ1初ゴールが決勝点! 不調の柏を振り切った札幌が2試合ぶり白星【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌が26日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、アウェイの札幌が2-1で柏を下した。 前節はヴィッセル神戸と対戦し、後半立ち上がりの連続失点が響いて1-2で敗れた柏。これで5戦勝ちなしとなり、その間わずか2得点にとどまっている。2戦連続のホームゲームとなる今節は、高橋峻希が5試合ぶりに、三原が今季初めてスタメンに名を連ねた。 対する札幌は、前節は札幌ドームでサガン鳥栖と対戦。ゴールレスドローに終わったものの、2試合連続でのクリーンシートを達成し、守備には安定感が生まれている。今節は右のウイングバックにルーカス・フェルナンデスを9試合ぶりに、左のウイングバックには青木を今季初めて先発で起用した。 最初のビッグチャンスは札幌に訪れる。14分、半身で縦パスを引き出したルーカス・フェルナンデスが左足でダイレクトクロスを送る。ジェイと大南が競り合ってボックス内にボールがこぼれると、反応した小柏がすべり込みながら右足で合わせるも、大きく浮かせてしまった。 さらに札幌がチャンスを作る。荒野がボールを奪って素早く前線の小柏へ当て、折り返しはクリアされるも左からのCKに。これはクリアされるが、こぼれ球を拾った高嶺が縦につけると、ボックスの左へ抜け出した青木がワントラップからグラウンダーのクロス。GKとDFの間を抜けたボールに小柏が今度はしっかりと合わせ、先制点を奪取した。 一方、前線に収まらずなかなか札幌ゴールに近づけない柏だったが、30分に右サイドの裏へボールが出ると、反応した高橋峻希が青木との走り合いになってボックス内で交錯。オンフィールドレビューが行われ、上田主審は柏にPKを与える。キッカーのクリスティアーノは元チームメイトのGK菅野の逆を突き、左隅に豪快に蹴り込んで今季初ゴール。35分に柏が同点に追い付いた。 しかしアウェイチームがすぐに再び突き放す。40分、右CKのこぼれ球をつないで田中駿汰が頭で落とすと、ボックスの左から岡村が左足でシュート。これがDFに当たってコースが変わり、ニア側へと吸い込まれた。ここで副審は旗を上げてオフサイドを示すと、VARとの長い交信の末にまたしてもオンフィールドレビューに。結果として、オフサイドポジションにいたジェイは相手DFに影響を与えたとは見なされず、岡村のJ1初ゴールが認められた。 2度にわたるVARの介入でゲームが止まり、前半のアディショナルタイムとしては異例の10分が提示された。 ビハインドで折り返した柏は、後半の頭からアンジェロッティ、三原に代えて細谷、江坂を投入して流れを変えようと試みる。しかし、後半最初のチャンスは札幌に訪れた。52分、ジェイがドッジのファウルを受けてボックス正面やや左よりの位置でFKを得ると、福森が自慢の左足で狙うも、左上を狙ったシュートはわずかにそれた。 柏の反撃は57分、古賀が持ち運んでカットインから横パスを入れると、仲間のスルーからボックス手前で細谷が受け、反転して右足を振り抜くもGK菅野の正面を突いた。 札幌は63分に得意のセットプレーから柏ゴールに迫る。右CKを福森が入れると、ジェイが頭で合わせるも枠の左へそれてしまう。さらには、左サイドから中央へ切り込んだ駒井がジェイに預け、3人目の動きで青木が抜け出してボックス内左から巻いたシュートを狙うが、曲がり切らずに枠の右へ外れた。 柏は66分に仲間を下げて神谷を送り出し、直後には札幌も連戦を考慮してか3枚替えを決行。ルーカス フェルナンデス、荒野、宮澤に代えて金子、深井、宮澤を投入。さらに、柏はドッジからヒシャルジソンへスイッチと、両チームのベンチワークもあわただしさを増す。 札幌は74分に敵陣中央やや右でFKを獲得すると、高嶺のキックをファーで岡村が競り合い、セカンドボールを金子がダイレクトでたたくも、クロスバーの上へと飛んで行った。 球際の争いが激しさを増し、次第にファウルの数も積み上がっていくなか、柏は87分のFKの2次攻撃からヒシャルジソンが狙う。DFに当たってCKとなり、神谷のボールを江坂が落とすと、ゴール前で上島が倒れ込みながらボレーを放つが、わずかに枠の右へそれた。 さらに柏は90分、ボックス手前の右でFKを獲得。ボールの前には江坂と神谷が立ち、GK菅野をけん制しながら神谷が直接狙うが、壁に当たってしまった。 両チームともにテクノロジーの恩恵を受けた一戦は、札幌が逃げ切って2試合ぶりの白星を手にした。一方の柏は、セットプレー崩れからの2失点で今季11敗目を喫し、6戦未勝利となった。 柏レイソル 1-2 北海道コンサドーレ札幌 【柏】 クリスティアーノ(前35) 【札幌】 小柏剛(前19) 岡村大八(前40) 2021.05.29 21:24 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly