まさか公式ポーズに? 渾身ガッツポーズの名古屋サポーターが話題! クラブはレジェンドとのコラボ動画を公開

2021.04.23 14:37 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスの1人のサポーターが大きな話題となっている。名古屋は22日、延期されていた明治安田生命J1リーグ第11節でガンバ大阪をホームに迎えた。

前節シーズン初黒星を喫していた名古屋は、連敗を避けた一戦で、FW山﨑凌吾とFW相馬勇紀のゴールで2-0と快勝していた。


その試合だが、山﨑のゴールシーン後に試合中継に映し出されたサポーターが大きな話題となっている。

29分、ランゲラックのスローから組み立てる名古屋。吉田豊からのパスを受けた相馬がドリブルを仕掛けると、ボックス左まで持ち込みクロス。これをボックス中央で山﨑が胸トラップから右足を振り抜き、先制ゴールを決めた。

それまでもチャンスがあった中で、待望の先制点を奪った名古屋。すると、そのゴールを喜ぶ1人の女性が映し出される。

すると、その女性は、クロスから山﨑の胸トラップ、そしてゴールを見届けると、右手を突き上げて渾身のガッツポーズ。声を出して応援できない中でも、先制ゴールをしっかりと噛みしめる姿が捉えられていた。

勝利から一夜明け、名古屋の公式ツイッターが山﨑のゴールシーンをアップ。「いつもは「勝利の翌朝はハイライト」ですが...今朝は番外編 何と言っても #あのポーズ ではないでしょうか」とコメントし、その女性が喜ぶ姿を共有。さらに、そのポーズが、かつて名古屋でプレーしたドラガン・ストイコビッチ氏のゴールパフォーマンスに似ていることから、コラボ動画を作ったのだ。

名古屋は、「私たちファミリーの全てを代弁してくれた #ガッツポーズ‍ で今日も一日がんばりましょう」と、力をもらえる反応を紹介した。

これには「現地で応援できないおれの代わりに素敵なガッツポーズありがとう!」や「次節からみんながこのガッツポーズをスタジアム中でやることになるでしょう。」、「これからみんながゴール後にやるでしょう 公式のポーズになりそうな…」といったコメントが寄せられ、この動画をキッカケに名古屋のゴールシーンでは声を出せないサポーターが一斉にガッツポーズする姿ら見られるかも?しれない。

1 2
関連ニュース
thumb

指揮官復帰の名古屋、マテウスの全ゴールに絡む活躍で清水に3発完勝!【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が15日にIAIスタジアム日本平で催され、アウェイの名古屋グランパスが3-0で清水エスパルスを下した。 清水は第13節にホームで横浜FCと1-1に終わり、4月から7戦勝利なしという状況が続いている。8試合ぶりの勝利を目指す今節はここまでフル出場を続けていた鈴木義宜が先発から外れてヴァウドが入り、前線にはカルリーニョス・ジュニオが8試合ぶりにスタメン復帰した。 対する名古屋も12日にアウェイで鹿島アントラーズに敗れ、ここ4試合では1勝3敗と苦しんでいる。中2日という不利はあるものの、今節は5試合ぶりにマッシモ・フィッカデンティ監督がベンチに戻り、ガブリエル・シャビエルを10試合ぶりにスタートから起用した。 名古屋のポゼッションに対し、リトリートして機を窺う清水は14分、敵陣中央でFKを獲得すると、鈴木唯人がファーへ送ったクロスに、チアゴ・サンタナが左足で合わせるも枠の外へ。名古屋のチャンスは17分。ガブリエル・シャビエルがボックス手前の右から左足を振り抜くも、クロスバーに阻まれてゴールとはならず。 その後も押し込み続けた名古屋が24分に試合を動かす。相馬がファウルを受けて敵陣左サイドからのFKとなり、マテウスが低く速いクロスを送ると、ファーへ抜けてきたボールをエウシーニョと立田がクリアミス。こぼれ球にいち早く反応した柿谷が体を倒しながら右ボレーを沈めて先制点を奪った。 ウイークポイントであるセットプレーから失点を喫した清水は、前半アディショナルタイムに反撃に出る。鈴木唯人が敵陣中央からミドルシュートを狙い、直後にはカルリーニョス・ジュニオのタメからボールを引き出した鈴木唯人がスルーパス。反応した中山がボックス内左から左足を強振するも、枠を外れて左のサイドネットを叩いた。 1点リードで折り返した名古屋は後半早々に追加点を挙げる。右サイドの高い位置でスローインを受けたマテウスは、巧みなドリブルで相手をかわして左足を振り抜く。すると、シュートともクロスともとれるような低く鋭い弾道のボールは、誰にも触れられることなく左のネットを揺らした。 点差を広げた名古屋だったが、55分にアクシデント。フル出場を続けていた丸山が足を痛め、木本との交代を余儀なくされる。それでも動じることなく畳みかけると、59分に相馬のクロスからチャンス。柿谷が頭で飛び込むも、ここは上手く合わせられず右へと流れた。 1点を返したい清水は奥井が左サイドの高い位置からクロスを送り、ゴール前でフリーのチアゴ・サンタナがヘディング。しかし、タイミングが合わなかったのか、強いシュートにはならずGKランゲラックに易々と処理されてしまう。 さらに清水は68分に奥井、中山に代えてディサロ、指宿を送り出し、前線に高さと強さを加えると、直後のCKからファーで鈴木義宜が折り返し、相手に触れられて流れたところを最後はディサロが狙うも枠を捉えられず。 名古屋は清水の圧力をしのいで攻勢に転じると、終盤にはカウンターからフリーで抜け出したマテウスが沈めて、終わってみれば3-0の圧勝で指揮官の復帰初戦を白星で飾った。 清水エスパルス 0-3 名古屋グランパス 【名古屋】 柿谷曜一朗(前24) マテウス(後5) マテウス(後44) 2021.05.15 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:清水vs名古屋】攻撃陣が課題の両者、清水はホーム初勝利を目指す

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月15日(土) 14:00キックオフ 清水エスパルス(16位/12pt) vs 名古屋グランパス(2位/32pt) [IAIスタジアム日本平] 今シーズンはホームゲームで勝利がない清水と、ミッドウィークに惨敗を喫した名古屋。 互いに攻撃陣が課題を抱える中、試合を制するのは。 ◆ホームで初勝利なるか【清水エスパルス】 前節は最下位の横浜FCを相手に1-1のドロー。またしてもセットプレーからの失点を喫し、勝ち点2を失った形となった。 今シーズンはわずかに2勝。順位もギリギリ残留圏の16位に位置しており、そろそろ浮上しなければこのまま残留争いに巻き込まれてしまう状況だ。 決して内容が悪いわけではないものの、結果がついてこない今シーズンの清水。攻守がかみ合わない部分が、苦しむ要因と考えられるだろう。 まずはセットプレーからの失点を減らすこと。そして何より、得点力を上げていく必要がある。数多くのチャンスを試合を通して作れていないだけに、確実に仕留めていく必要がある。 堅守の名古屋相手にゴールを奪うことは容易ではないが、失点を我慢してしっかりと勝ち点を奪えるか。今季勝利がないホームゲームで、初白星を掴みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:エウシーニョ、鈴木義宜、立田悠悟、奥井諒 MF:中山克広、河井陽介、宮本航汰、西澤健太 FW:鈴木唯人、チアゴ・サンタナ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆攻撃陣の課題をどう解決するのか【名古屋グランパス】 前節はホームに鹿島アントラーズを迎えての一戦。川崎フロンターレ相手の連敗をセレッソ大阪戦で払拭したかに思われたが、好調の鹿島に飲み込まれ惨敗となった。 堅守ばかりが注目されていた名古屋だが、長きに渡って課題である攻撃面の問題が完全に露呈した試合。シュート「0」と機能しなかった攻撃陣のクオリティが勝敗を分けた。 2位に位置している状況だが、課題の攻撃が改善されなければ上位に残ることはできないだろう。稲垣祥のミドルやマテウスの個人技で上手く隠れていた課題は、連携の低さという形で明るみとなり、今一度見つめ直す必要があるのは明白だ。 上位争いをし続けるためには、中2日という厳しい日程でも切り替えて勝利することしかない。今一度、ゴールを奪うという形を取り戻すことができるのか。今節からマッシモ・フィッカデンティ監督が復帰するが、バウンスバックが求められる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:森下龍矢、木本恭生、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 MF:マテウス、ガブリエル・シャビエル、相馬勇紀 FW:柿谷 曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.05.15 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

理由は「家族」、名古屋GKランゲラックが代表引退を発表「家族を最優先する」

名古屋グランパスに所属するオーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラック(32)が、オーストラリア代表からの引退を発表した。 ランゲラックはメルボルン・ビクトリーやドルトムント、シュツットガルト、レバンテでプレー。2018年1月に名古屋へと加入した。 名古屋では正守護神として君臨し、ここまで124試合に出場。チームの堅守を最後尾で支える活躍を見せ続けている。 一方で、2011年3月にオーストラリア代表に初招集されたランゲラックは、2013年10月のフランス代表とのフレンドリーマッチでデビュー。その後も招集され続けられる中、マット・ライアンの控えGKの役割を務め、8試合の出場に終わっていた。 そのランゲラックは、14日に自身のインスタグラムで代表引退を発表。また、オーストラリアサッカー連盟(FFA)もこの申し出を受理したことを発表した。 「よく考えて検討した結果、サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)としての国際サッカーの舞台を去ることにした。僕は自分の国を代表することをいつでも愛していたので、決断するのは非常に困難だった」 「サッカルーズで過ごした時間と思い出は、僕がこれまでに築いてきた多くの友情と同様に、永遠に残るものだ」 「オーストラリア代表になることは、僕が子供の頃から夢見ていた全てであり、それ以上のものだった。オーストラリアの国歌を仲間と一緒に歌うのは、言葉では言い表せない感情だ」 「僕はそれを毎回大切にし、決して当たり前のことだとは思っていなかった。愛する国のために、愛する試合をすることは、スポーツの頂点の1つだ」 「これからも、ワールドカップに向けてとても挑戦的な道を歩む選手とスタッフのみんなの活躍を願っている」 また、FFAを通じては代表引退の理由を語っており、家族と過ごす時間を設けたいと明かしている。 「この決断は、サッカーの世界では最も難しい決断の1つだったが、僕と子供のいる家庭にとっては正しい決断だった」 「来年のワールドカップまでのカレンダーを見て、キャンプだけでなく、その後の隔離期間など、家族と離れて過ごす時間が必要になる」 「家族、そして親しい人と話した結果、家族を最優先することにした。なぜなら、パンデミックの中、家族のサポートがない日本に1人で残すことは、僕にとって心地よいことではないからだ」 「サッカルーズでのキャリアを振り返れば、チームとして作られた素晴らしい瞬間に彩られた思い出がある。ホルガー(・オジェック)、アンジェ(・ポステコグルー)、グラハム(・アーノルド)の下でプレーするのは楽しかった」 「トニー・フランケン(もとGKコーチ)とは長い付き合いで、素晴らしいコーチであり、僕をチームに入れてくれたことを感謝する」 <span class="paragraph-title">【SNS】ランゲラックがSNSで代表引退を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/COztSUgA_ED/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/COztSUgA_ED/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/COztSUgA_ED/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mitch Langerak(@mitchlangerak)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.05.15 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、陽性判定を受けたフィッカデンティ監督がチームに合流…今週末の指揮は手続き中

名古屋グランパスは13日、マッシモ・フィッカデンティ監督がチームの全体練習に合流したことを発表した。 フィッカデンティ監督は、4月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節で川崎フロンターレをホームに迎えて首位攻防戦に臨んだ。 しかし、試合前にフィッカデンティ監督が喉の痛みを訴えると、試合前のオンサイト検査で判定保留に。その後のPCR検査で陽性判定が下され、隔離されていた。 川崎F戦はブルーノ・コンカ コーチが指揮をするも敗戦。その後、川崎Fとのアウェイゲームでも敗れるが、ホームでのセレッソ大阪戦では勝利。しかし、12日の鹿島アントラーズ戦では0-2と敗戦を喫していた。 13日からチームに合流したフィッカデンティ監督。15日に予定されている明治安田J1第14節の清水エスパルス戦に関しては、Jリーグエントリー資格認定委員会に手続き中とのことだ。 2021.05.13 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

犬飼と杉岡のゴールで鹿島が名古屋を破って3連勝!相馬体制無敗継続【明治安田J1第21節】

明治安田生命J1リーグ第21節の1試合が12日に豊田スタジアムで行われ、アウェイの鹿島アントラーズが2-0で名古屋グランパスを下した。 8日のリーグ戦でセレッソ大阪に勝利し、連敗をストップした名古屋。今節も引き続いてブルーノ・コンカ氏が指揮を執る中、先発はC大阪戦から3人変更。森下、柿谷、相馬が外れ、成瀬、前田、齋藤が名を連ねた。 対する鹿島は9日のFC東京戦で2試合連続となる3-0の快勝を収め2連勝。相馬監督が就任徳島ヴォルティス戦以降は3勝1分けと常勝軍団の立ち居振る舞いを取り戻しつつある中で、今節のスタメンは6人と大幅に変更され、ディエゴ・ピトゥカがリーグ戦初先発となった。 序盤は両チームともに中盤でのプレッシャーが激しく、ボールホルダーが自由に前を向けず、相手ゴールを脅かすシーンを作り出すことができない。 18分には珍しいシーンが。こぼれ球を回収しようと走り込んだ小泉がピッチの中央付近で福島主審と接触。お腹のあたりを抑えて倒れ込んだものの大事には至らず、主審も小泉に謝罪の言葉をかけてわだかまりなく試合は続行された。 22分には名古屋がチャンスを迎える。右サイドでマテウスからボールを受けた成瀬がスルーパスを送り、前田が抜け出してGK沖と一対一に。左足でゴール左隅に流し込み、先制したかに思えたが、オフサイドディレイによって得点は認められず。 セカンドボール争いで徐々に鹿島が主導権握り始め、32分に左からのCKを得ると、永木はインスイングのクロスをゴール前へ供給する。緩やかなボールはランゲラックが難なくキャッチしたかに思えたがまさかのファンブルをしてしまい、すぐ近くにポジションを取っていた犬飼に当たってゴールイン。意外な形で犬飼のバースデーゴールが生まれ、鹿島がリードを奪う。 攻撃の糸口を見いだせない名古屋は前半のうちに選手交代。山崎を下げて柿谷を送り出し、状況の打開を図るも、ビハインドのまま前半を折り返す。 追い付きたい名古屋は、後半の頭から積極的な姿勢を見せ、51分に町田に仕掛けた前田がファウルを誘い、右サイドの敵陣深い位置でFKを獲得。ここでキッカーのマテウスが短く出して成瀬が狙う奇襲に出たが、相手に読まれて至近距離でブロックされた。56分には3枚替えを決行し、前線をさらに活性化させる。 対する鹿島は57分に松村が米本のクリアミスを拾ってゴール正面やや右からミドルを狙うも、アウトにかかって枠の右へ。62分にはこぼれ球を荒木が拾ってペナルティエリア左角付近から右足で狙うもクロスバーの上に外れる。 さらに70分にファン・アラーノに代わって上田を投入すると、直後から立て続けにヘディングシュートで相手のゴールを脅かす。81分にはワンタッチでDFを外して一対一となるも、GKランゲラックに阻まれた。 鹿島に追加点が生まれたのは86分。ペナルティエリア手前の右で松村は横パスを送り、永木が縦パスを入れて荒木がゴールエリアの左角付近で優しく落とすと、タイミング良く走り込んだ杉岡が蹴り込んでリードを広げる。 そして、最後まで運動量を落とさずにタイトな守備を続け、終盤に名古屋を突き放した鹿島が3連勝を達成した。 名古屋グランパス 0-2 鹿島アントラーズ 【鹿島】 犬飼智也(前32) 杉岡大暉(後41) 2021.05.12 21:03 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly