ライプツィヒ、ヘクターのドッペルパック許し降格圏のケルンに痛恨敗戦《ブンデスリーガ》

2021.04.21 03:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ライプツィヒは20日、ブンデスリーガ第30節でケルンとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。前節ホッフェンハイム戦を引き分け、首位バイエルンとの勝ち点差が再び7に広がった2位ライプツィヒ(勝ち点61)は[4-3-3]で臨み、3トップには最前線にセルロート、2シャドーにエンクンクとフォルスベリが構えた。

降格圏に位置する17位ケルン(勝ち点23)に対し、立ち上がりから攻勢に出たライプツィヒはハイダラが決定的なシュートを浴びせていくも、決めきることはできない。


徐々に攻めあぐねる展開に持ち込まれたライプツィヒは、35分にボックス左で仕掛けたエンクンクが際どいシュートを浴びせたが、枠を捉えきることができなかった。

41分、ようやくセルロートのヘディングシュートでオンターゲットを記録したライプツィヒだったが、GKホルンにセーブされ前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半開始1分、ライプツィヒは先制を許してしまう。左サイドからJ・ホルンにクロスを上げられると、ファーサイドのヘクターにダイビングヘッドで押し込まれた。

追う展開となったライプツィヒは59分、ハイダラのミドルシュートで同点とするも、1分後に勝ち越されてしまう。

ドゥダとのパス交換からヘクターにドリブルでボックス中央まで侵入され、そのままシュートを蹴り込まれた。

再び追う展開となったライプツィヒはアンヘリーニョ、ダニ・オルモ、クライファートと投入していく。

しかし終盤にかけても攻めあぐね、終了間際の90分に訪れた決定機もクライファートのヘディングシュートは枠を外れてタイムアップ。痛恨の敗戦で逆転優勝の芽が潰えている。

一方、勝利したケルンは暫定ながら残留プレーオフに回れる16位ヘルタ・ベルリンに勝ち点で並んでいる。
関連ニュース
thumb

アヤックス、ライプツィヒ移籍決定の逸材FWブロビーと一転して再契約?

アヤックスは来シーズンにRBライプツィヒへの移籍が決定しているU-21オランダ代表FWブライアン・ブロビー(19)との再契約を検討しているようだ。『ESPN』が報じている。 アヤックスとの再三に渡る契約延長オファーを固辞していたブロビーは、今年3月にフリートランスファーで来シーズンからのライプツィヒに加わることが決定。同選手は2021年7月1日付けで、2025年までの4年契約を結ぶことになった。 しかし、ここに来てブロビーはライプツィヒ行きに難色を示し始めているという。 『ESPN』によると、ブロビーは幾つかの移籍先の候補があった中でライプツィ行きを選択したのは、ヨーロッパ屈指の若手戦術家として知られるユリアン・ナーゲルスマン監督の指導を受けることを熱望していたことにあるという。 だが、移籍決定の翌月にナーゲルスマン監督の来シーズンからのバイエルン行きが急遽決定したことで、最大の目的を失った同選手はライプツィヒ行きを再考しているようだ。 現時点でブロービーとライプツィヒの間の契約の詳細は不明も、選手側には契約を解消できる権利があるようだ。 そういった中、以前からブロビーの残留を希望していたエリク・テン・ハグ監督は、13日に行われたVVVフェンロ戦後に同選手について言及。フットボール・ディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏と共に再契約に向けて取り組んでいることを明かした。 「(ブロビーとの再契約について)私はそうしたい。それをマルクに伝え、彼もそれに取り組んでいる」 「可能性があるかどうかはわからない。私は彼(ブロビー)とそのことについて話をしているが、彼はここに残りたいとハッキリとは言っていないし、彼はライプツィヒと契約したばかりであるため、それは理解できる」 「彼はまだそこに行っていないが、ライプツィヒがその提案を受け入れるかどうかはわからない」 ブロビーはアヤックスのアカデミー出身。順調にキャリアを積むと、2018–19シーズンに飛び級でエールステディビジ(オランダ2部)に所属するリザーブチームのヨング・アヤックスでプロデビュー。 その後もヨング・アヤックスでゴールを量産すると、昨年10月のフォルトゥナ・シッタート戦でトップチームデビュー。今シーズンここまでは公式戦17試合に出場し、6ゴール2アシストの数字を残している。 アヤックス、ライプツィヒの両クラブはいずれも逸材ストライカーを手元に置きたいと考えているが、ブロビーの去就はいかに…。 2021.05.15 00:16 Sat
twitterfacebook
thumb

初タイトル逃したライプツィヒ、ザビッツァーは悔しさ露わ「もう一度やり直したい」

RBライプツィヒのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーがDFBポカール決勝での敗戦を悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒは13日、DFBポカール決勝でドルトムントと対戦。前半終了までに大量3点のリードを奪われると、71分にMFダニ・オルモが1点を返すも、87分にダメ押しゴールを奪われ、1-4で敗れた。 試合後、チームの司令塔を務めるザビッツァーは悔しさとともに、大敗に終わった一戦を振り返っている。 「もちろん、試合後の気分は最悪だけど、本当に3点差がつくほどの悪い内容だったのかどうかはわからない」 「相手にあれだけ頻繁にカウンターを許していたら、苦しくなるのは当然だ。ポゼッションは僕たちのほうが高かったけど、ファイナルサードでの決定力が足りず、それが敗因となったね」 「ドルトムントは僕たちにポゼッションを許していたけど、彼らにはトランジションの早い選手が3、4人いて、それを利用していた。彼らにスペースを与えすぎてしまったよ」 また、「今は悔しさでいっぱいだ。もし叶うのならば、もう一度90分をやり直したい。それは間違いないね」ともコメント。クラブ史上初となるタイトル獲得を逃した失望は計り知れないほどのようだ。 2021.05.14 13:29 Fri
twitterfacebook
thumb

「なんとも言えない気持ち」5度目のDFBポカール制覇のドルトムント、テルジッチ監督が歓喜「表彰台に立つことは素晴らしかった」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督がDFBポカール優勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは13日、DFBポカールの決勝でRBライプツィヒと対戦した。 リーグ戦でも上位を争う両クラブの対戦。ドルトムントは開始5分でジェイドン・サンチョがゴールを奪い先制すると、28分にはアーリング・ハーランドが追加点。前半アディショナルタイムの46分にもサンチョがゴールを奪い、0-3と前半でリードする。 71分にダニ・オルモにゴールを許したが、87分にハーランドが2点目を記録し勝負あり。1-4で勝利した。 クラブ史上5度目のDFBポカール優勝を果たしたドルトムント。テルジッチ監督は2016-17シーズン以来のカップ制覇を喜んだ。 「2020年からドルトムントのスタッフの一員だった。ここベルリンでは、カップ戦の決勝を見るために、このスタジアムのほぼ全ての場所に行ったことがある。授賞式を後ろから見たこともあるし、反対側から見たこともある」 「今日、自分で表彰台に立つことは素晴らしかった。なんとも言えない気持ちだ」 「ここ数週間、数カ月はとても良い道を歩んできた。だから、私はとても誇りに思っている。2月の時点では予見できなかった」 「5月になり、カップ戦の勝者としてチャンピオンズリーグの出場権を得られるようになるのは、私の誇りだ。我々はチームとして成し遂げた」 2021.05.14 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ハーランド&サンチョが2発、ライプツィヒに快勝のドルトムントが4季ぶり5度目の優勝《DFBポカール》

DFBポカール決勝、ライプツィヒvsドルトムントが13日に行われ、1-4でドルトムントが快勝し、4季ぶり5度目の優勝を飾っている。 準決勝でブレーメンを下したライプツィヒと、2部のキールを下したドルトムントの決勝。 ライプツィヒは[3-5-2]で臨み、2トップはファン・ヒチャンとセルロートが形成した。 一方のドルトムントは負傷明けのハーランドが先発。[4-3-3]で臨み、3トップは右からサンチョ、ハーランド、ロイスと並べた。 試合は開始5分に動く。ロイスがボールを奪った流れからショートカウンターに転じ、ハーランド、ダフードと繫いで最後はボックス左のサンチョがゴール右へコントロールシュートを決めきった。 先制したドルトムントが主導権を握る中、28分にリードを広げる。ハーランドがウパメカノとの競り合いを制してボックス内に進入。ウパメカノを弾き飛ばして最後はコントロールシュートを流し込んだ。 ハーランドの圧巻のゴールで加点したドルトムントが引き続きペースを掴む中、ライプツィヒは39分にようやくボックス右からセルロートがゴールの可能性を感じさせる際どいシュートを浴びせたが、前半終了間際に3失点目。 カウンターに転じた流れからロイスが抜け出し、最後はサンチョが決めた。ゴール直後はロイスのポジションがオフサイドと判定されたものの、VARの末にオンサイドと判定され、ドルトムントに3点目が生まれて前半を終えた。 迎えた後半、セルロートとファン・ヒチャンに代えてY・ポウルセンとエンクンクを投入したライプツィヒは開始20秒、エンクンクがバー直撃のシュートを浴びせる。 しかし、ライプツィヒの攻勢をドルトムントが集中した守備で対応していくと、66分にはT・アザールが4点目に迫った。 71分、ダニ・オルモのミドルシュートで1点を返されたドルトムントだったが、終盤にかけては危なげなく時間を消化。 88分にハーランドがこの試合2点目を決めて4-1としたドルトムントが4シーズンぶり5度目のDFBポカール優勝を飾っている。 2021.05.14 05:43 Fri
twitterfacebook
thumb

悲願の初タイトルへ!ナーゲルスマン監督「ポカール優勝で別れを告げることができれば」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、13日に控えるDFBポカール決勝に向けてコメントした。公式サイトが伝えている。 決勝戦でドルトムントと対戦するライプツィヒは、8日にブンデスリーガ第32節でそのドルトムントと激突。2点を先行される苦しい展開の中、ドイツ代表DFルーカス・クロステルマンとスペイン代表MFダニ・オルモのゴールで同点に。だが、終盤に追加点を許し、前哨戦ともいえる一戦を2-3で落としていた。 ライプツィヒにとっては2年ぶり2度目となる決勝の舞台。前回はバイエルンに0-3で敗れており、初優勝に向けての機運は高い。また、今季限りでの退任が発表されている指揮官にとっても、同クラブでタイトルを獲得する最後のチャンスとあって気持ちが入っているようだ。 「明らかにこのゲームはハイライトであり、私にとっては感動的な送別会になるだろう。リーグ戦もまだ2試合残ってはいるが、明日の試合には大きな意味がある。リーグ戦の2勝とカップ戦優勝でライプツィヒに別れを告げることができれば本当に嬉しいよ」 「明日はできる限りのことをしよう。カップ優勝は私の個人的なキャリアには影響しない。(大切なことは)クラブや選手たちと一緒に祝うことだ」 また、8日ドルトムントに敗れた影響や決勝でのプランについて尋ねられると、「戦術には影響を与えるだろう」と述べ、攻守での改善を求めた。 「監督として、数日後に同じ対戦相手と再び対戦するとき、試合の見方や分析が変わってくる。敗戦後、チームは落胆していたが、内なる原動力は研ぎ澄まされている。でも、土曜日(8日)に勝てなかったからといって穴に落ちたわけではない」 「我々はそこから教訓を学び、何がうまくいったか、何がうまくいかなかったかを理解する。カップ戦に勝つためには、安定した守備と少しの運が必要だ」 「基本的には、再び良い守備ができることを望んでいる。土曜日にも部分的にできてはいたが、ゲーム全体ではそうではなかった。明日はもう少し良くしたい。守備だけなく、もっとチャンスを作りたい。ブンデスリーガで2番目に得点を取っている(ドルトムントの)攻撃陣のようにね」 2021.05.13 22:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly