元トッテナムのヤンセン、メキシコでの“QBK”にファンは「外す方が難しそう」

2021.04.20 20:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてトッテナムにも所属した元オランダ代表FWフィンセント・ヤンセンが痛恨のミスを犯した。

2016年夏にエールディビジ得点王の栄誉を引っ提げてAZからトッテナムに1700万ポンド(約23億2000万円)で加入したヤンセンだったが、加入初年度はリーグ戦27試合の出場でわずかに2ゴールと期待外れの結果に終わった。

その後チームの構想から外れ、フェネルバフチェへのレンタル移籍もあり、2019年夏にメキシコのモンテレイに加入。現在は日本代表監督のハビエル・アギーレ監督が指揮を執っている。

メキシコではここまで公式戦57試合に出場して18ゴール3アシストとまずまずの成績を残しているヤンセンだが、16日に行われたCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)チャンピオンズリーグ・ラウンド16のパントハ戦では痛恨のミスを犯してしまった。

自身のゴールもあり、2-1とリードで迎えた74分、味方が左サイドを完全に攻略し、ボックス左の位置からゴール前のヤンセンへ折り返しのクロス。これに反応した相手GKは触れず、後はヤンセンが無人のゴールへ流し込むだけのはずだった。

しかし、ヤンセンは逆足の右足で慎重になりすぎてしまったのか、当たり損ねのシュートはゴールを外れ、ラインを割っていってしまった。このシーンは『FOXスポーツ』の公式ツイッターで公開されると、「外す方が難しいだろう」「やっちまった」という声が集まったほか、日本人ファンからは「QBKだ」と揶揄する声もあった。

思わず肩を落としたヤンセンだったが、チームはその後追加点を奪い、3-1で勝利すると、2戦合計5-1で準々決勝へと駒を進めた。

1 2

関連ニュース
thumb

アントワープ、モンテレイからオランダ代表に返り咲いたFWヤンセンを獲得!

三好康児の所属するアントワープは18日、オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までの4年間となる。 アルメレ・シティでプロデビューしたヤンセンは、2015年の夏に加入したAZでエールディビジ得点王に輝くなど飛躍を遂げると、2016年の夏に1700万ポンド(約23億2000万円)の移籍金でトッテナムに加入。 しかし、加入初年度はリーグ戦27試合の出場でわずかに2ゴールと期待外れの結果に終わると、2017年にはフェネルバフチェに1年間のレンタル移籍で加入。2018-19シーズンはトッテナムに復帰したものの、チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外されるなど構想外の状態が続き、2019年の夏にメキシコのモンテレイに完全移籍。 モンテレイでは加入直後から主力としてプレーすると、在籍3年間で公式戦94試合に出場し24ゴールを5アシストを記録。2019–20シーズンにはリーグ制覇と国内カップ戦の2冠を達成し、2021年にはCONCACAFチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。 なお、モンテレイでの活躍が認められたヤンセンは、先日行われたUEFAネーションズリーグ2022-23に臨むオランダ代表として2017年10月以来の招集を受けていた。 2022.06.19 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

モンテレイを下したアフリカ王者・アル・アハリが2大会連続の準決勝進出!《クラブ・ワールドカップ》

FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2021準々決勝、アル・アハリ(エジプト)vsモンテレイ(メキシコ)が5日に行われ、1-0でアル・アハリが勝利した。 今回のCWCは昨年12月に日本での開催が予定されていたが、 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって日本が開催を辞退したため、昨年同様にカタールでの開催となった。 準々決勝の第1戦では、CAFチャンピオンズリーグを制したアフリカ王者のアル・アハリと、かつて日本代表を率いたハビエル・アギーレ氏が指揮官を務める北中米カリブ海王者のモンテレイが対峙した。 試合は開始早々にアル・アハリが最初の決定機を創出する。4分、自陣からロングカウンターを仕掛けると、バイタルエリアで粘ったエル・シャハトのラストパスからアブデルカデルがシュートを放ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。 対するモンテレイは14分、ボックス手前で獲得したFKからメサがゴールを狙ったが、これは右サイドネット。さらに20分には、ボックス右でパスを受けたロモの折り返しからペナルティーアーク内のフネス・モリがダイレクトシュートを放ったが、これはわずかに枠の右に外れた。 一進一退の時間が続く中、アル・アハリは28分にタヘルのサイドチェンジをボックス左でボールを拾ったアリ・マールルが折り返すと、ゴール前に走りこんだタヘルが左足で合わせたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。アル・アハリは53分、アブデルカデルとのワンツーでボックス左深くまで駆け上がったマールルのクロスが相手GKに弾かれると、こぼれ球に反応したハニがボックス手前からダイレクトシュートをゴールに突き刺した。 その後は1点を追うモンテレイが押し込む展開で試合は推移。しかし、自陣でしっかりとブロックを形成するアル・アハリを崩しきれない状況が続く。 すると、アル・アハリは88分にチャンス。ロングパスで右サイドを突破したタヘルの折り返しをニアに走りこんだソリマンが合わせたが、シュートは枠の右に外れた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。モンテレイを下したアル・アハリが、南米王者パウメイラスの待つ準決勝へ駒を進めた。 2022.02.06 03:41 Sun
twitterfacebook
thumb

メキシコ勢対決はモンテレイがクラブ・アメリカを下し5度目の優勝《CONCACAFチャンピオンズリーグ》

29日、北中米カリブ海王者を決めるCONCACAFチャンピオンズリーグの決勝がエスタディオBBVAバンコメルで行われ、モンテレイvsクラブ・アメリカのメキシコ勢対決は1-0でモンテレイが勝利。5度目の優勝を手にした。 試合はかつて日本代表の指揮官を務めたハビエル・アギーレ監督率いるモンテレイが序盤からゲームを支配し、サンティアゴ・ソラーリ監督が指揮を執るクラブ・アメリカゴールに襲い掛かる。 4分から5分にかけてカルロス・ロドリゲスのヘディングやロヘリオ・フネス・モリのミドルが枠を捉えるも、ギジェルモ・オチョアの好セーブが見せてゴールを割らせない。 それでも9分、対角線のフィードを受けたヘスス・ガジャルドがワンツーからボックス内に侵入し、グラウンダーのクロスを送ると、セバスティアン・カセレスがクリアミス。フネス・モリが流し込んでゲームを動かした。 フネス・モリはオフサイドポジションにいたように見えたが、カセレスのプレーが意図的と判断され、ゴールは認められた。 フィニッシュシーンを作り出せないクラブ・アメリカは32分、右サイドからショートパスを駆使して逆サイドまで展開し、ロヘル・マルティネスがボックス左から右足で狙う。だが、ファーを狙った巻いたシュートは枠の右へ外れる。5分後にはリチャルド・サンチェスがボックス手前左から直接FKで狙うが、左のポストに嫌われた。 モンテレイのリードで試合を折り返すと、後半の立ち上がりは互いにシュートシーンを作り出す。次第に流れはモンテレイへと傾き、60分にはセットプレーの流れからマクシミリアーノ・メサがヘディング。81分にはフィンセント・ヤンセンがGKをかわして流し込むも、カバーに入ったカセレスに阻まれた。 アディショナルタイムは9分が示され、それも過ぎてのラストプレー。クラブ・アメリカはFKの混戦から途中出場のフェデリコ・ビニャスがシュート。だが、無常にもクロスバーに阻まれて試合終了。 序盤の1点を守り切ったモンテレイが2大会ぶり5度目の優勝を果たし、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2021への出場権を手にした。 モンテレイ 1-0 クラブ・アメリカ 【モンテレイ】 ロヘリオ・フネス・モリ(前9) <span class="paragraph-title">【動画】決勝点となったフネス・モリのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> ¡GOL de <a href="https://twitter.com/Rayados?ref_src=twsrc%5Etfw">@Rayados</a>! <br>¡Rogelio Funes Mori anota el primer gol del partido! ¡1-0 favor Monterrey! | <a href="https://twitter.com/hashtag/SCCL21?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCCL21</a> <a href="https://t.co/6r5Ccy5qAT">pic.twitter.com/6r5Ccy5qAT</a></p>&mdash; Scotiabank Concacaf Champions League (@TheChampions) <a href="https://twitter.com/TheChampions/status/1453909012869701634?ref_src=twsrc%5Etfw">October 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】北中米王者を決める決勝戦ロングハイライト!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="tn-f8erBctk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.10.29 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

元アーセナルのジョエル・キャンベルがモンテレイへレンタル移籍! 昨季はリーガMX前期の優勝に貢献

メキシコのモンテレイは7日、クラブ・レオンからコスタリカ代表FWジョエル・キャンベル(29)をレンタル移籍で獲得した。 キャンベルは、母国のサプリサでキャリアをスタート。若くしてアーセナルへと移籍するも出場機会は得られず、ロリアンやレアル・ベティス、オリンピアコス、ビジャレアル、スポルティング・リスボンへのレンタル移籍を経験。 2018年の夏にはフロジノーネへ完全移籍を果たしたが、セリエA17試合でノーゴールとここでも実力を発揮できず。そして、わずか半年のプレーを経て母国に近いメキシコのレオンへとレンタル移籍。 レオンでは在籍1年半で公式戦83試合に出場し7ゴール5アシストを記録。昨季はセンターフォワードに加え、複数の攻撃的なポジションでプレーし公式戦39試合に出場。6年ぶり8度目となるリーガMX前期の優勝に貢献した。 また、コスタリカ代表として98試合に出場し19ゴールを記録。2度のワールドカップ(2014,2018)や4度のゴールドカップに(2011,2015,2017,2019)に出場している。 2021.07.08 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アギーレ監督がJクラブ監督就任間近だったと明かす「契約締結に近づいていた」、断った理由は“妻”

メキシコのモンテレイの監督に就任したハビエル・アギーレ監督が、就任までの経緯を明かした。スペイン『マルカ』が伝えた。 アギーレ監督は、昨シーズン限りでレガネスの監督を退任し、その後は無所属となっていた。多くのオファーが舞い込み、その中にはJリーグのクラブやメジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブがあった中、母国のクラブを選択した。 これまでオサスナ、アトレティコ・マドリー、レアル・サラゴサ、エスパニョールなどスペインクラブで指揮を執った他、メキシコ代表や日本代表、エジプト代表など代表チームを率いていたアギーレ監督は、母国クラブの指揮を執るのは20年ぶりとなる。 そのアギーレ監督は『マルカ』のインタビューに応じ、モンテレイの監督就任に至った経緯を説明。Jリーグクラブで指揮を執る可能性が高かったことを明かしながらも、最後は妻の意向に従ったと明かした。 「私は旅を続けたいと思っていた。私は優れたビジョンを求めた旅がしたかった。ただ、(妻の)シルビアが私を止めた」 「日本では契約締結に近づいていたし、2つのMLSクラブと話し合いを持ったが、彼女が旅をするのに飽きてしまい、母国から20年も離れていることは理解できないと私に言ったんだ」 「そこにモンテレイがきて、このプロジェクトには興奮した。2日間で決断したんだ。彼らは1カ月前には私に連絡してこなかった。私は、スープのように熱心なオファーを受け入れることを決断したよ」 また、これまで率いてきたチームとは違い、メキシコ国内ではタイトル獲得が大きく期待されているモンテレイを指揮することについては「アトレティコ・マドリーを除いて、チャンピオンにならなければならないチームを指揮するのはキャリアで初めてだ」とコメント。今までと違う感覚であるとした。 2020.12.13 19:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly