今季で契約満了のレアンドロ・ダミアン、古巣が興味も本人は川崎F残留を希望と代理人が語る

2021.04.20 15:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
今シーズンも明治安田生命J1リーグで首位を快走し、連覇に向けて好スタートを切っている川崎フロンターレ。そのチームを牽引する元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(31)だが、川崎Fでのプレーを続けたいと考えているようだ。レアンドロ・ダミアンは、2019年2月にサントスから川崎Fへと加入。1年目はチームにあまりフィットできずに居たが、2020シーズンは明治安田J1で34試合に出場し13ゴール6アシストを記録。チームのリーグ優勝に大きく貢献した。

そして迎えた3年目の今シーズン、チームの副キャプテンに就任したレアンドロ・ダミアンは、最前線からのプレスなど守備面でもチームに貢献。ここまで11試合に出場し7ゴール6アシストと、攻撃面でも素晴らしい数字を残している。


そのレアンドロ・ダミアンは、川崎Fとの契約が今シーズン終了までとなっている中、古巣でもあるインテルナシオナウがJリーグでの活躍を見て、チームの補強候補に挙げていた。

しかし、ブラジル『Revista Colorada』によると、レアンドロ・ダミアンは、ブラジルに戻る気がなく、川崎Fでのプレーを続けたいと考えているようだ。

レアンドロ・ダミアンの代理人であるヴィニシウス・プラテス氏は「いいえ」とブラジルに戻ることを否定し、「優先事項はここで契約を延長することだ」と語っている。

レアンドロ・ダミアンには中東からのオファーもあるようだが、日本でのプレーに充実感を感じている様子。プレー振りを見ても、その意欲は感じられるだけに、契約延長は既定路線といえるだろう。

1 2
関連ニュース
thumb

「完全に逆取った」三笘薫のドリブル突破にまたも注目「あっさりかわすな」

明治安田生命J1リーグ第14節、川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が16日に等々力陸上競技場で行われた。 川崎Fにとっては、昨シーズンから続く無敗記録を「21」に伸ばし、今節は新記録が懸かった一戦だったが、なかなか色を出せずに我慢の時間が続く。 前半半ばあたりからエンジンがかかってきた川崎Fは、23分に高い位置でのインターセプトから三笘薫にボールが渡ると、ボックス左外で札幌の宮澤裕樹と対峙。スペースを得た三笘は相手のタックルが来るタイミングを見計らうと、あっさりと突破。相手を引き付け、中央の家長昭博へとラストパスを出した。 惜しくもこの場面では札幌の福森晃斗の体を張ったシュートブロックに遭い、先制とはならなかったが、J屈指のドリブラーの技術には、ファンから「あっさりかわすな」「完全に逆取った」「恐ろしい」と驚きの声が挙がっていた。 その後、PK獲得に迫るシーンなども作り出した三笘は49分、右サイドからのクロスをゴール前で旗手怜央がトラップし損ねたところを押し込み、殊勲の先制点を記録した。 78分にお役御免となった三笘だが、早くも今シーズン7ゴール目。試合を追うごとに存在感を示している。チームも試合終了間際に小林悠が追加点を奪い2-0で勝利すると、J1無敗記録を22試合に伸ばし、2012年から2013年にかけて大宮アルディージャが達成していた記録を更新した。 <span class="paragraph-title">【動画】あまりにあっさり抜いてしまう…三笘薫の見事なドリブル突破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">三笘 vs 宮澤 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> がドリブルで宮澤裕樹をかわして <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%B6%E9%95%B7%E6%98%AD%E5%8D%9A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#家長昭博</a> へパス。しかし、シュートは福森晃斗がナイスブロック。<a href="https://twitter.com/hashtag/GoalJ1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GoalJ1リーグ</a><br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E5%AE%89%E7%94%B0J1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#明治安田J1</a> 第14節<br> 川崎フロンターレ×北海道コンサドーレ札幌<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> で配信中 <a href="https://t.co/NfkqYlx05r">pic.twitter.com/NfkqYlx05r</a></p>&mdash; Goal Japan (@GoalJP_Official) <a href="https://twitter.com/GoalJP_Official/status/1393817027589050374?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

J1通算300試合出場の小林悠が自ら祝砲!札幌を下した川崎F、J1新記録の連続22試合無敗を達成【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が16日に等々力陸上競技場で行われ、2-0で川崎Fが勝利した。 月を跨いだ名古屋グランパスとの連戦で連勝し、早くも独走態勢を築く川崎F。だが、12日に行われた直近のベガルタ仙台戦は、後半アディショナルタイムの失点で同点に追いつかれる結果となった。それでも昨シーズンから続く無敗記録を「21」に伸ばし、今節は新記録が懸かった一戦となる。 一方の札幌は、1週間前に行われた前節の徳島ヴォルティス戦をアンデルソン・ロペスの2ゴールで逆転勝利。ここ3試合は2勝1分けと調子を上げており、昨季の等々力での試合の再現を狙っている。 そんな両チームの一戦は、川崎Fがパスを繋いで組み立てを狙うものの、札幌がアグレッシブな守備で不自由を与えながらペースに持ち込もうという構図に。ホームチームはなかなか色を出せずに我慢の時間が続く。 それでも16分、機を見て攻撃に出た山根がボックス手前からシュートへ。相手に当たってゴールへ向かったが、GK菅野に上手くキャッチされた。対する札幌もその直後、菅のシュートがGKチョン・ソンリョンを強襲。このCKではグラウンダーのクロスでサインプレーを試みるが、ボックス中央で反応したアンデルソン・ロペスのシュートは枠を越えた。 この辺りからエンジンがかかってきたA・ロペスは、19分に味方のパスからゴール前に飛び出すも、谷口のプレッシャーを受けて倒れてしまう。PKを主張したが、ここはファウル無しという判定に。37分には、左に流れた菅のクロスを左足で合わせて決定機を迎えたが、これも枠に収められず。 一方、川崎FもPK獲得に迫るシーンが訪れる。ボックス左でボールを持っていた宮澤に三笘がプレスをかけてボールを奪うと、入れ替わった際に宮澤の手が腰に引っかかるような形で転倒。主審に詰め寄り必死にアピールするも、そのままゴールキックで再開された。 ゴールレスで迎えた後半、川崎Fは小塚を下げて田中を投入しテコ入れ。すると49分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪い、田中を起点に速攻を開始。ボックス手前のダミアンから右へ展開し、家長が右足でクロスを上げると、ゴール前で旗手がトラップし損ねたところを三笘が押し込んで先制に成功した。 前半のスタッツでは上回りながらも先手を許してしまった札幌。こちらも54分に深井に代えて荒野を投入した中で、60分にボックス手前中央でFKを獲得。キッカーはもちろん福森。シュートは壁の左上を越えてゴールへ向かったが、GKチョン・ソンリョンがビッグセーブ。間一髪のところで右手で弾き出した。 なかなかネットを揺らせない札幌は、さらに青木とジェイを投入し、前線を強化。そのジェイのポストプレーから何度か良い形の攻撃を見せるものの、シュートまでは運べない。 徐々に勝利に近づく川崎Fは、殊勲の三笘を下げて長谷川を投入。その4分後の82分、長谷川は左サイドのクロスからダミアンのヘディングシュートをお膳立て。続く83分には、再び長谷川のパスからボックス左に侵入した旗手のシュートがクロスバーに直撃するなど、この交代でホームチームが攻勢を強める。 さらに、87分には小林を投入。小林はこれがJ1通算300試合目に。すると94分、センターサークル内の田中のパスから胸トラップで抜け出した小林がGKとの一対一を制しネットを揺らす。ここで副審の旗が上がっていたため即時ゴールとはならなかったが、VARでの確認後にゴールが認められた。 自ら祝砲を上げた小林のJ1通算126ゴール目で勝利した川崎F。これでJ1無敗記録を22試合に伸ばし、2012年から2013年にかけて大宮アルディージャが達成していた記録を更新した。 川崎フロンターレ 2-0 北海道コンサドーレ札幌 【川崎F】 三笘薫(後4) 小林悠(後49) 2021.05.16 17:04 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:川崎Fvs札幌】リベンジor再現、新記録まで「1」の川崎Fか昨季完勝の札幌か

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月16日(日) 15:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/42pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/15pt) [等々力陸上競技場] 昨季から続くリーグ戦の無敗を「21」に伸ばした川崎F。新記録達成に挑む相手は札幌だ。 昨季12連勝中の川崎Fを止めた札幌は、無敗記録中の川崎Fを止められるか。 ◆昨季のリベンジ果たしJ1新記録へ【川崎フロンターレ】 前節はミッドウィークにベガルタ仙台を迎えた一戦。降格圏の相手に連勝を伸ばすと思われた中、後半アディショナルタイムに失点。勝ち点2を失うドローとなった。 不覚をとった川崎Fだったが、これで昨シーズンから続くリーグ戦の無敗記録を「21」とし、大宮アルディージャが持つ記録に並ぶことに。そして今節、新記録が懸かる中迎える相手は札幌だ。 昨シーズン終盤の第26節、優勝へひた走る川崎Fは12連勝中に札幌をホームへ迎えた。優勝へのカウントダウンが始まっていた中、結果は0-2で敗戦。シーズンで初めて完敗を喫した試合だった。 川崎F対策として札幌が準備したマンツーマンのディフェンスに苦しみ、パスサッカーを封じられた川崎Fは、為す術がないまま敗れることに。このリベンジを今回は連続無敗記録をかけて果たすことができるのか。 コンディション面では中3日での試合で不利な部分はあるが、ターンオーバーもしていただけに、全力で勝利を目指す。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:丹野研太 DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆調子は上向き、昨季の再現なるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はアウェイで徳島ヴォルティスと対戦し、1-2で勝利。今シーズンの4焼目を記録した。 なかなか結果が伴わなかった札幌だが、直近3試合は2勝1分け。順位が近い相手からしっかりと勝ち点を奪っており、徐々に調子を上げている状況だ。 アウェイ3連戦の3試合目を迎える札幌。その相手は王者の川崎Fだが、臆することはないだろう。今の札幌のスタイルが最もハマったとも言える試合は、昨シーズンのアウェイ川崎F戦。絶対的な強さを誇る相手に、完璧な勝利を収めた唯一のチームと言っても良い内容だった。 マンツーマンのディフェンスを現在も継続する札幌だが、そのスタートとも言って良い試合。観るものの記憶はもちろん、川崎Fの関係者、そして札幌の関係者も思い出す試合だ。 あれから半年。同じく圧倒的強さを見せている川崎Fとの対戦に。リベンジに燃える相手と同じ舞台で戦う札幌は何を用意するのか。今年も首位チームを食うのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:金子拓郎、荒野拓馬、深井一希、菅大輝 MF:小柏剛、駒井善成 FW:アンデルソン・ロペス 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.05.16 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

三笘神話は「15」でストップ、マルティノスの起死回生弾で仙台が土壇場ドロー! 川崎FはJ1記録の21戦無敗【明治安田J1第20節】

12日、明治安田生命J1リーグ第20節の川崎フロンターレvsベガルタ仙台が等々力陸上競技場で行われ、2-2の引き分けに終わった。 ここまで開幕から15試合連続無敗の川崎F。首位を快走している状況だ。対する仙台はここまでわずかに1勝。19位と降格圏で苦しんでいる。 第2節で両者はすでに対戦しており、仙台での試合は1-5で川崎Fが圧勝していた。 川崎Fは前節のガンバ大阪戦から6名を変更。GKチョン・ソンリョン、ジェジエウ、ジョアン・シミッチ、家長昭博、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也が外れ、丹野研太、谷口彰悟、登里享平、小林悠、知念慶、三笘薫が入った。負傷明けの小林が先発に復帰、知念は今季2試合目の先発となった。 対する仙台は前節の浦和レッズ戦から8名を変更。GKヤクブ・スウォビィク、蜂須賀孝治、加藤千尋のみが続けて起用。フォギーニョ、照山颯人、中原彰吾、佐々木匠が初先発となった。 先手を奪われたくない仙台だったが、川崎Fがあっさりとゴールを奪ってしまう。3分、左サイドを登里がドリブルで突破。深さを取るとボックス内左からクロス。これを小林がヘディングで合わせ、川崎Fが早々に試合を動かすこととなる。 あっという間に先制した川崎Fは、その後も攻め立てる。三笘、小林、知念と前線3人がゴールに迫る。7分には車屋が遠目から引くシュート。これを知念が触ってコースが変わったが、GKヤクブ・スウォビィクがなんとか書き出す。8分には左サイドで三笘がドリブルを仕掛けて突破。ボックス内左からグラウンダーのクロスを送ると知念に合わず。それでも右サイドを上がった山根がシュートを放つがブロックされる。 仙台はなかなかチャンスを作れず。それでもCKからシュート。15分には中原が左CKからクロスを送ると、サインプレー。フリーの照山がヘディングで合わせるが、これは枠を越えていく。 川崎Fは16分にビッグチャンス。田中が鋭いパスを送ると、小林がスルー。裏で受けた山根がダイレクトでクロスを送るが、これはDFにクリアされ知念に合わない。 30分にも川崎Fがチャンス。谷口が一本のパスで右サイドの山根へ通すと、山根は素早くクロス。これに対して知念がヘディングで合わせにいくが、わずかに届かず。こぼれ球を三笘が拾いシュートを放つも、ブロックされた。 開始早々に先制を許した仙台だが、その後も押し込まれる中でしっかりと守る展開に。前半は1失点で抑えて後半に入る。 仙台はハーフタイムでこの試合が初先発だったフォギーニョ、前半終盤に足を痛めた蜂須賀を下げ、氣田亮真、シマオ・マテ投入する。 後半も川崎Fがボールを握る展開が続く中、61分に川崎Fがチャンス。ボックス右から小林がクロスを上げると、滞空時間の長いジャンプから知念がヘッド。しかし、これはシュートに力なくGKがセーブする。 なかなか追加点を奪えない川崎Fは知念と脇坂を下げて、家長昭博と塚川孝輝を投入。塚川が 72分、三笘からのパスを旗手がスルーすると小林がダイレクトでパス。これを旗手がボックス内で受けると、角度のないところからシュート。一瞬のプレーでシュートまで持って行ったが、枠を外れる。 なかなか得点が奪えなかった川崎Fだが、仙台が一瞬の隙を突く。GKからのロングボールを皆川が競り合うと落としたボールを氣田が広いドリブル開始。4人に囲まれながらもそのまま前進しボックス内からシュート。これはGK丹野がセーブするも、こぼれ球を中原が落ち着いて蹴り込み、仙台が同点に追いつく。 追いつかれた川崎Fは小林と田中を下げて、レアンドロ・ダミアンと遠野大弥を投入。勝利を目指して攻撃のカードを切る。 すると83分、登里が中に入りボールを持つとスルーパス。これに対して遠野が反応して受けようとするが、わずかに届かず。しかし、左から走り込んだ三笘がこれを受けると、GKとの一対一を冷静に沈め、川崎Fが勝ち越しに成功する。 勝ち越された仙台だったが88分にビッグチャンス。右CKからアピアタウィア久が競り勝つと混戦に。家長とGK丹野が接触しこぼれたボールを赤﨑がプッシュ。しかし、GK丹野が右足でなんとか反応し、ゴールを許さない。 アディショナルタイム3分には、川崎Fのカウンターから遠野が右に展開。ここで待っていたレアンドロ・ダミアンが早いタイミングでクロス。これに三笘が飛び込むが、わずかに合わない。 このまま川崎Fが勝利するかと思われたが、後半アディショナルタイム5分にドラマが。照山のパスを受けたマルティノスが、遠目から左足一閃。ブロックが間に合わないと、そのままネットに突き刺さり、仙台が再び同点に追いつく。 その後、川崎Fはパワープレーに出るがゴールは奪えず。仙台が追いつき、2-2の引き分けに終わった。なお、三笘がゴールを決めた試合は15連勝だった川崎Fだが、連勝がストップ。それでも大宮アルディージャが持つJ1の連続無敗記録の「21」に並んだ。 川崎フロンターレ 2-2 ベガルタ仙台 【川崎F】 小林悠(前3) 三笘薫(後38) 【仙台】 中原彰吾(後29) マルティノス(後50) 2021.05.12 21:03 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第20節:川崎Fvs仙台】首位の川崎FはJ1記録の21戦無敗にあと「1」、仙台はどう立ち向かう

【明治安田生命J1リーグ第20節】 2021年5月12日(水) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/41pt) vs ベガルタ仙台(19位/6pt) [等々力陸上競技場] 開幕から15戦無敗の川崎Fが降格圏の19位に沈む仙台を迎えての一戦。 第2節での対戦では1-5でアウェイの川崎Fが圧勝。その川崎FはJ1記録の21戦無敗にあと1つで並ぶ。 ◆J1記録まであと1つ、おごりなく勝利を【川崎フロンターレ】 前節はアウェイでのガンバ大阪戦。試合はG大阪の集中した守備に苦しむ中、レアンドロ・ダミアン、三笘薫のゴールで0-2と勝利を収めた。 盤石の状態でシーズンの折り返しが近づいている川崎F。今節はホームに仙台を迎えての対戦となる。 両者の順位、チーム状況を見れば川崎Fが勝利することは想像に難くない。一方で、仙台は攻撃力が自慢の横浜F・マリノスをホームで完封するなど、守備の硬さを見せる試合もあるだけに、油断は禁物だ。 見かけ上は独走状態に見える川崎Fだが、3試合消化が少ない横浜FMが勝ち点差14の3位にいるため、横浜FMが未消化の3試合を3勝したと仮定すれば勝ち点差は「5」。直接対決が最終節に組まれおり、まだまだ分からない状況だ。 川崎Fの鬼木達監督や選手たちもおごりはなく、一戦一戦を勝利していく姿勢を崩さない。そこが川崎Fの強さであり、しっかりとミッションをこなしている状況だ。 現在連勝は「3」。開幕からの無敗は「15」となった。昨シーズンからの連続無敗試合は「20」となり、今節の結果次第で大宮アルディージャが記録した「21」の無敗記録並ぶこととなる。下位相手にどのような結果を残すのか。首位の攻撃力にも注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:遠野大弥、田中碧、脇坂泰斗 FW:小林悠、知念慶、三笘薫 監督:鬼木達 ◆徐々に整理された守備、王者に挑む【ベガルタ仙台】 前節はアウェイで浦和レッズと対戦。0-2で敗れることとなった。 結果だけを見れば前進していない仙台だが、内容は大きく異なる。前々節の柏レイソル戦は1-0で今季初勝利、浦和戦も前半は激しいプレスをかけてチャンスを作ったが、後半に力の差を見せつけられてしまった。 今の仙台にとって川崎Fとの試合は非常に結果を残すのが難しいことは明らか。第2節で5失点を喫した相手であり、良いイメージもないだろう。しかし、ここにきて兆しが見えている守備陣がどこまで奮闘できるのか。中2日での連戦となるが、力を示したいところだ。 まずは相手の力の押されることなく、しっかりとアクションを起こして守備ができるかどうか。受けに身になってしまうといずれゴールは生まれる展開は想像できるだけに、しっかりと中盤の攻防で勝利し、効率的にゴールを奪って勝ち点を積み上げたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、平岡康裕、石原崇兆 MF:マルティノス、上原力也、フォギーニョ、関口訓充 FW:赤崎秀平、西村拓真 監督:手倉森誠 2021.05.12 12:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly