パルチザン浅野拓磨、欧州1部日本人最多ゴール記録更新の18ゴール目! チームも連勝《セルビア・スーペルリーガ》

2021.04.17 08:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
パルチザン・ベオグラードの日本代表FW浅野拓磨がゴールをマークした。パルチザンは16日に行われたセルビア・スーペルリーガ第32節でマチュヴァ・シャバツと対戦。アウェイで2-0の勝利を収め、2連勝を達成した。

パルチザンは開始2分に右サイドからのクロスを巧みにコントロールしたクネジェビッチにゴールネットを揺らされ、先制を許してしまう。


それでも、43分にミリュコビッチのドリブルで生まれたこぼれ球をボックス左の浅野が右足ダイレクトで蹴り込み、前半のうちに追いついた。

1-1で試合を折り返したパルチザンは前半のみのプレーで浅野をベンチに下げたが、55分にマルコビッチが勝ち越し弾。敵地で逆転勝ちした。

これで2連勝のパルチザンは来季のヨーロッパリーグ(EL)予選出場権を手にできる2位の座を堅持している。

なお、浅野は今季のリーグ得点数を「18」に。シント=トロイデンのFW鈴木優磨が記録した欧州1部リーグの日本人最多得点記録を更新した。

マチュヴァ・シャバツ 1-2 パルチザン・ベオグラード
【マチュヴァ・シャバツ】
クネジェビッチ(前2)
【パルチザン・ベオグラード】
浅野拓磨(前43)
マルコビッチ(後10)
関連ニュース
thumb

トルコ行き濃厚のFW浅野拓磨にスペイン行きの可能性? 昇格目指すアルメリアが興味と報道

パルチザン・ベオグラードから退団し、トルコへの移籍が決定的と報じられた日本代表FW浅野拓磨(26)だが、スペインへ移籍する可能性があるようだ。 セルビア『Informer』によると、浅野の獲得に興味を示しているのは、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のアルメリアとのことだ。 アルメリアは現在3位につけている状況。自動昇格圏の2位マジョルカとは勝ち点差「6」、首位のエスパニョールとは「12」となっている。 シーズンは残り3試合となっており、まだ自動昇格の可能性もあるが、プレーオフ圏内の6位を守れば昇格の可能性は残ることとなる。 浅野はトルコのトラブゾンスポルと2年契約に合意したと報じられていたが、ここに来てスペイン行きも浮上している。 アルメリアには、昨シーズンまでパルチザンに所属していたナイジェリア人FWウマル・サディクが所属。両者は2019-20シーズンに合わせて70ゴールを記録した仲。再びコンビを組むこととなれば、浅野にとっても良く知る仲間を手にすることができる。 <span class="paragraph-title">【動画】得点力が開花!浅野拓磨、パルチザンでのゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">TRANSFER<br>Trabzonspor , Partizan ile yollarını ayıran Japonyalı sol kanat oyuncusu Takuma Asano için ilk resmi girişimde bulundu.<br><br>Asano&#39;nun bu sezon ki grafiği ;<br>40 maç<br> 21 gol<br> 10 asist <a href="https://t.co/V0VxwgEnNG">pic.twitter.com/V0VxwgEnNG</a></p>&mdash; Salt Football (@saltfootballtr) <a href="https://twitter.com/saltfootballtr/status/1390308886477869060?ref_src=twsrc%5Etfw">May 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.14 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨がトラブゾンスポルと2年契約で合意、代理人は訴訟が起きないと見解

給料の遅延とクラブの不義理を理由にブログで退団を発表したFW浅野拓磨(26)だが、トルコのトラブゾンスポルと2年契約で合意に至ったようだ。トルコ『Fotospor』が伝えた。 浅野は2日、自身のブログで「給与の未払いやクラブの不誠実な対応」を理由に、パルチザン・ベオグラードからの退団を発表した。 突然の発表は大きな話題となり、パルチザンも追って声明を発表。浅野の退団を発表した一方で、契約違反だとして国際サッカー連盟(FIFA)に浅野を訴えると反論。泥沼の展開となっている。 そんな中、浅野とトラブゾンスポルは予備契約にサイン。したとのこと。一方で、パルチザンは移籍金600万ユーロ(約7億9200万円)を求めるとしており、トラブゾンスポルへ書面を送ったとされている。 しかし、浅野の代理人は、パルチザンが起こそうとしている訴訟について、訴訟に発展する可能性が低いとトラブゾンスポルに保証したとのことだ。 FIFAの規則では、2カ月以上給与を支払われなかった場合、最短15日以内に解決する必要があるとのこと。この期間を超えても対応されなかった場合は、選手は契約を終えることができるというもの。フリーとなり、新たな契約にサインできるという規則がある。 FIFAの判断に委ねられる部分はあるが、問題が生じなければトルコが新天地になることは間違いなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】得点力が開花!浅野拓磨、パルチザンでのゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">TRANSFER<br>Trabzonspor , Partizan ile yollarını ayıran Japonyalı sol kanat oyuncusu Takuma Asano için ilk resmi girişimde bulundu.<br><br>Asano&#39;nun bu sezon ki grafiği ;<br>40 maç<br> 21 gol<br> 10 asist <a href="https://t.co/V0VxwgEnNG">pic.twitter.com/V0VxwgEnNG</a></p>&mdash; Salt Football (@saltfootballtr) <a href="https://twitter.com/saltfootballtr/status/1390308886477869060?ref_src=twsrc%5Etfw">May 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.12 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

パルチザン電撃退団のFW浅野拓磨の新天地はトルコ? 獲得に興味と現地報道

給料の遅延とクラブの不義理を理由にブログで退団を発表したFW浅野拓磨(26)だが、新天地はトルコになるかもしれない。トルコ『Haber Mat』が報じた。 浅野は2日、自身のブログで「給与の未払いやクラブの不誠実な対応」を理由に、パルチザン・ベオグラードからの退団を発表した。 突然の発表は大きな話題となり、パルチザンも追って声明を発表。浅野の退団を発表した一方で、契約違反だとして国際サッカー連盟(FIFA)に浅野を訴えると反論。泥沼の展開となっている。 日本やセルビア以外でも大きな話題となっている浅野の退団劇。どのように落ち着くのかは未だ見えてこないが、浅野はすでに新天地入りが近づいていると報じられている。 浅野は欧州5大リーグでのプレーを望んでいるとされたが、トルコのスュペル・リグであればセルビアよりはヨーロッパの舞台に近い状況。さらに、ストライカーを補強したいトラブゾンスポルが浅野に興味を持ち、獲得に動き出しているようだ。 2013年にサンフレッチェ広島でプロデビューした浅野は、2016年夏にアーセナルへ一気にステップアップ。直後からシュツットガルトやハノーファーへのローンで武者修行に励むも、アーセナルでのデビューは果たせないまま、2019年夏にセルビア1部のパルチザンへ完全移籍した。 2年目を迎えていた今シーズンは、リーグ戦33試合の出場で18ゴール8アシストと大活躍。欧州1部リーグでは日本人最多得点で、8月に行われた第5節のインジヤ戦ではハットトリックを達成していた。 <span class="paragraph-title">【動画】得点力が開花!浅野拓磨、パルチザンでのゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">TRANSFER<br>Trabzonspor , Partizan ile yollarını ayıran Japonyalı sol kanat oyuncusu Takuma Asano için ilk resmi girişimde bulundu.<br><br>Asano&#39;nun bu sezon ki grafiği ;<br>40 maç<br> 21 gol<br> 10 asist <a href="https://t.co/V0VxwgEnNG">pic.twitter.com/V0VxwgEnNG</a></p>&mdash; Salt Football (@saltfootballtr) <a href="https://twitter.com/saltfootballtr/status/1390308886477869060?ref_src=twsrc%5Etfw">May 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.07 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

パルチザンと横山ジャパン/六川亨の日本サッカーの歩み

日本代表の俊足FW浅野拓磨が5月2日、自身のブログでパルチザン・ベオグラード(セルビアリーグ1部)との契約を解除したことを発表した。その理由として、たび重なる給料の未払いと、それに対する不誠実な対応を挙げた。 浅野は16年に広島からアーセナルへ完全移籍し、16-18年はシュツットガルト、18-19年はハノーファーに期限付き移籍。そして19年8月にパルチザンに完全移籍した。 今シーズンはここまで33試合に出場して18ゴールと、ヨーロッパ1部リーグで日本人最多となる得点を決めていて、記録更新が期待されていただけに残念でもある。それでも今シーズンの活躍で注目度が上がったのは確かだろう。このため契約解除がスムーズに進めば5大リーグへの移籍も可能かもしれない。 そのパルチザンだが、旧ユーゴではレッドスター・ベオグラードと並ぶ名門チームである。国内のタイトルではユーゴスラビアリーグ優勝11回、ユーゴスラビア/セルビア・モンテネグロリーグ優勝8回、セルビアリーグ優勝8回を誇っている(リーグ名の変遷からも複雑な国家であることが分かる)。 そんなパルチザンが91年7月に来日して、大宮サッカー場(現NACK5スタジアム大宮)では1-1、三ツ沢球技場(現ニッパツ三ツ沢)では1-0で日本を下している。 当時のパンフレットによると、オーディオ・ビジュアル機器メーカーのアイワ(aiwa)がパルチザンの胸スポンサーだったことから「日本 ユーゴスラビア親善サッカー」として開催されたことが紹介されている。 前年に開催されたイタリアW杯で、ユーゴは準々決勝でマラドーナ率いるアルゼンチンにPK戦で負けたものの、“ピクシー(妖精)”ストイコビッチが注目を集めただけに、タイミングとしてはマッチしていたのかもしれない(残念ながらストイコビッチはレッドスター所属)。 イタリアW杯でユーゴを率い、パルチザンでも監督として来日したのがイビチャ・オシム氏だったことを知ったのは、彼が日本代表の監督に就任してからだった。それよりも驚いたのは、ユーゴ大使館で開催されたパーティーだった。 ホールでの駐日ユーゴスラビア大使の挨拶が終わると、選手は急いで別室に用意されていたバイキング形式の食堂に駆け込み、タバコを吸いながらビールやワインを飲んでいる。紫煙で食堂がかすむほど、選手は一斉にタバコを吸っていた。 「プロなのに(厳密に言うと社会主義連邦共和国である旧ユーゴにプロは存在しないが、似たようなものだと思っていた)昼間からアルコールを飲んでタバコを吸っていいのか」と訝しんだものだ。 当時の記録によると、大宮での観衆は9500人、三ツ沢が1万人となっているが、正式にカウントしたのではなく、目分量で「だいたい、こんなところだろう」と記録係が決めた可能性が高い。それだけ注目度も低かったということだ。 当時の日本代表は横山ジャパンの時代で、日本国籍を取得したラモス瑠偉とブラジルから帰国した三浦知良が加わり、さらに大学生だった森山泰行(順天堂大)、礒貝洋光(東海大)らを抜擢するなど若返りを図っていた。 しかしこの2試合後、7月27日に長崎県諫早市で開催された日韓定期戦で0-1と敗退。その後のバルセロナ五輪アジア最終予選でもU-23日本代表は6チーム中5位に終わり、横山監督は更迭された。 93年に始まるJリーグを控え、続々と選手がプロ契約を結んでいくなかで、監督だけがアマチュアのボランティアでは限界があると、当時の川淵三郎技術委員長は考えていたのも当然である。 そして翌年の3月にハンス・オフト監督と契約するまで、9カ月近くも日本代表の活動は一切ないという異常事態(92年5月のキリンカップがオフト監督の初陣)だったが、当時はそれを誰もおかしいとは思わなかったこと自体、異常だったと言える。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.05.03 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「見捨てるのか?」契約解除でチームを去ったFW浅野拓磨に同僚FWが憤慨「これは前代未聞」

一方的な退団を通告したことが大きな問題となっている日本代表FW浅野拓磨だが、チームメイトが怒りをあらわにしている。セルビア『Mondo』が報じた。 2日、パルチザン・ベオグラードからの退団を自身のブログで発表した日本代表FW浅野拓磨(26)。その理由には給与の未払いやクラブの不誠実な対応を挙げており、非常にショッキングな出来事となった。 一方で、クラブもこの件について声明を発表。浅野の退団を発表するとともに、契約違反だとして国際サッカー連盟(FIFA)に浅野を訴えると反論。泥沼の展開となっている。 浅野の主張ではクラブ側の不義理もある中で、一方的な契約解除が問題となれば、FIFAからの出場停止処分も下される可能性がある浅野。そんな中、チームメイトである元セルビア代表FWラザール・マルコビッチが憤慨している。 マルコビッチはパルチザンの下部組織出身で、2011年7月にファーストチーム昇格。その後は、ベンフィカやリバプールへと移籍したが、リバプール行きが大失敗に。フェネルバフチェ、スポルティング・リスボン、ハル・シティ、アンデルレヒト、フルアムなどへのレンタル移籍を繰り返すと、2019年9月にパルチザンへと復帰していた。 マルコビッチは主に右ウイングでプレーし、3トップで浅野とプレーすることも多かった存在。しかし、今回の浅野がとった行動に怒りを露わにし、浅野の不満を理解しながらも、シーズン終盤であり、カップ戦決勝を控える中での一方的な退団はあり得ないと糾弾した。 「正直なところ、この聖なる日(メーデー)にとても失望しているし、言葉がない。自分のために、そして全てのチームメイトのためにこれを言う」 「今日は休日だ。僕たちには休日がある。誰とも話す時間はなかったけど、明日このトピックがチームとして僕たちを待っているのに、トレーニングを行う」 「これはお金や給料ではなく、クラブとその中にいる僕たちとの関係についてだ。誰もが誤解しないように言えば、お金のために誰もが働いているし、それは支払われるべきだ。でも、何かを起こす方法とタイミングはある」 「僕はそれについて言っている。パルチザンで育った人間として、そしてチームメイトと一緒に何カ月も、何年もの間、チームのクレストのために戦ってきた」 「パルチザンに来た全ての外国人は、常に僕たち全員からリスペクトされていた。そして、僕たちは彼らが最高のパフォーマンスを出せるように、試合でも彼らを助けた。それはアサノの場合も当てはまる」 「彼はキャリアでも良いシーズンをプレーし、チームのために20ゴールを決めている。彼がピッチに1人でいたからではない。それなのに、これが感謝の気持ちなのか?」 「シーズンの終わりと、カップ戦決勝の3週間前に、チーム全体、監督、チームメイト、クラブを見捨てるのか? 全ての電話をオフにし、日本に行き、誰にも別れを告げないのか? その日の夜、僕たちはアウェイからバスで戻ってきた。彼が何をしているかわからなかったが、笑顔で幸せそうだった。これは前代未聞だ」 「パルチザンに居たくない人間には、居場所はない。僕たちは団結し、さらに強くなって戦い続ける」 2021.05.03 18:22 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly