シュツットガルト、オーストラリアの19歳FWクオルを獲得

2021.04.17 00:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは16日、セントラル・コースト・マリナーズのオーストラリア人FWアルー・クオル(19)の獲得を発表した。フリートランスファーのため、移籍金は発生していない。

スーダン出身のストライカー兼ウインガーのクオルは、内戦の影響により3歳で家族共々生まれ故郷を離れ、4歳からシドニーに在住。

2014年にアマチュアクラブのゴールバーン・バレー・サンズに加入し、2019年からセントラル・コースト・マリナーズでプレーしていた。そして昨年3月にトップチームデビューを果たし、今季ここまでオーストラリア・リーグ16試合の出場で7ゴール2アシストの活躍を見せていた。

シュツットガルトでは先日、U-21トルコ代表MFエメル・ベヤズ(17)の獲得に成功しており、将来有望な若手の獲得に立て続けに成功した形だ。


関連ニュース
thumb

夢の海外移籍に「迷わず行くことを決めた」、シュツットガルト移籍の磐田MF伊藤洋輝が求めるものは「結果」

ジュビロ磐田からシュツットガルトへ期限付き移籍が決定したMF伊藤洋輝が、オンラインでの取材に応じ、心境などを語った。 磐田は23日、伊藤がブンデスリーガのシュツットガルトへ期限付き移籍することを発表。期間は2022年6月30日までの1年間となることが発表された。 伊藤は磐田の下部組織出身で、2017年に2種登録されると、2018年にトップチームに正式昇格。2019年には名古屋グランパスへと期限付き移籍するも、2020シーズンは復帰。明治安田生命J2リーグで37試合に出場し2得点を記録すると、今シーズンもJ2で18試合に出場し2得点を記録していた。 チームは現在自動昇格圏の2位に位置しており、J1復帰に向けて大事な時期を迎える中、3バックの一角としてレギュラーを張る伊藤が退団することとなる。 発表から一夜明け、伊藤は改めてコメント。オファーを受けた時の心境については「自分がずっと目指してきたというか、ヨーロッパは子供の頃から目指してきた場所だったので、迷わず行くことを決めました」と語り、移籍は迷わなかったと語った。 ブンデスリーガへの挑戦となるが「僕は多分セカンドチームスタートになるので、その話があった時も迷わなかったです。行かなきゃ始まらないです」と語り、U-21チームでプレーすることも気にせずに海外に行くことがまずは大事だったと語った。 ボランチやセンターバックでプレーできる伊藤。「今回は今までと違って遠征ではないので、経験値ということよりも、とにかく自分が結果を残すことだけを考えて行きたいと思います」と結果にこだわりたいとコメントした。 移籍のタイミングについては「少し遅いぐらいかなと思っています」と語り、「22歳でやっとチャンスが来たので、そのチャンスを自分自身で掴まないといけないです。行くだけで満足するのではなく、なんとか結果を残してより高いレベルに自分自身が行ければと思います」と、やはり結果にこだわると語った。 ブンデスリーガのイメージについては「レベルが高いというのはわかります。小さい頃から見ていましたし、出来上がった選手が1部には多いです」とコメント。「セカンドチームからのスタートでもチャンスを掴めばすぐにファーストチームに上がれると思うので、まずはそこだけを意識して頑張っていきたいと思います」と、当面はファーストチーム昇格を掴むことが最優先だと意気込んだ。 同世代の選手には海外でプレーする選手が増えている中で、自身が描いていた成長曲線からは遅れていると感じている伊藤。「正直なところ少し遅れていると感じています。ただ、このタイミングでチャンスが来たので、あとはどれだけ自分が向こうで結果を残せるかだけです」と、このチャンスを生かしたいとし「もう1つ、2つ高い所に行くために、まずはシュツットガルトにチャンスを頂いたので、チームのためにもそうですし、自分自身のためにも結果を残すだけです。そこだけを考えています」とこだわるのは結果だと強調した。 チームには日本代表の主軸でもあるMF遠藤航が所属している。今シーズンのブンデスリーガではデュエル勝利数で1位になった遠藤は良いお手本になるが「あまりシュツットガルトの試合は観たことはないんですが、昨日遠藤選手に連絡をさせてもらいました」とコメント。「結果を残している日本人選手が1人いることは僕にとってもチームに馴染みやすいと思いますし、私生活の部分でも頼りにしていきたいと思っています」と先輩を頼りにして吸収したいと語った。 その遠藤も2018年のロシア・ワールドカップではメンバーに選ばれながらも試合出場がなかった状況。そこから3年で大きく飛躍した。 その遠藤から参考になる点については「試合に出て結果を残すことが一番大事だなと。当たり前ですが。デュエルの数字がブンデスで1番になったり、数字が残る世界なので、結果を残すということだけです」とやはり結果が大事だとし「結果を残せば、自分の立ち位置もより高いところを向けるというリアルな世界だと思います」と目に見える結果がステップアップに繋がると語った。 また「ライバルになるかもしれないです。まずはやっぱり日本人選手がいることは心強いので、僕自身楽できるところはしっかりと頼って楽をして、守備の練習に専念できるようにサポートしてくれると思うので、頼りに頼りまくって頑張ります」と、力を借りつつ結果を残していきたいと語った。 下部組織時代から応援してくれた磐田のサポーターには「J1昇格を目指す中でのこのタイミングで抜けることはチームやサポーターに申し訳なく思う気持ちはありますが、自分の夢を優先させてもらえました」とコメント。「残り2試合ですが、勝ち点を積み上げてチームに貢献できればと思います」と退団までの残り2試合でしっかりとパフォーマンスを出したいと意気込んだ。 2021.06.24 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「非常に痛かった」MF伊藤洋輝のシュツットガルト移籍に磐田の鈴木秀人強化部長「応援してあげよう」

ジュビロ磐田の鈴木秀人強化部長が、シュツットガルトへの期限付き移籍が決定したMF伊藤洋輝についてコメントした。 磐田は23日、伊藤がブンデスリーガのシュツットガルトへ期限付き移籍することを発表。期間は2022年6月30日までの1年間となる。 伊藤は磐田の下部組織出身で、2017年に2種登録されると、2018年にトップチームに正式昇格。2019年には名古屋グランパスへと期限付き移籍するも、2020シーズンは復帰。明治安田生命J2リーグで37試合に出場し2得点を記録すると、今シーズンもJ2で18試合に出場し2得点を記録していた。 チームは現在自動昇格圏の2位に位置しており、J1復帰に向けて大事な時期を迎える中、3バックの一角としてレギュラーを張る伊藤が退団することとなる。 発表から一夜明け、鈴木強化部長はメディアのオンライン取材に応対。伊藤の移籍については「戦力としては非常に痛かったです」と率直な意見を語りながらも、「本人にとって海外移籍が夢だったということはずっと理解していて、それに見合う活躍もずっとしていたので、その夢を叶わせてあげたいという思いもずっとありました」と語り、予てから海外移籍を希望していた伊藤の夢を実現させたい方が勝ったと語った。 また「こういうタイミングではありますが、ポジティブなオファーが来たので、承認したというのが1つあります」と、シュツットガルトからのオファー内容も良かったと明かした。 さらにこの移籍はクラブのためにもプラスになるとし「洋輝の夢もそうですが、クラブ的に見ても育成出身の選手が海外に移籍することによって、チーム、クラブにとっても非常にメリットがある話なので、昇格争いをしている難しい時期で、難しい決断だったんですが、今回は洋輝のことを応援してあげようということで送り出すことにしました」と、育成出身の選手が海外に羽ばたくということをプラスに考えたと明かした。 戦力ダウンの中でも、大卒ルーキーのDF森岡陸などが成長。その点も大きいと語り、「森岡が思っていたよりも早く戦力になってくれたので、そういった意味でも彼の成長があったからこそ伊藤を送り出すことに前向きになれた部分も大きいです」とコメント。補強については「必要があれば」と、すぐに動くことはないと語った。 2021.06.24 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴィオラがシュツットガルトの主力FWニコラス・ゴンサレスを獲得

フィオレンティーナは23日、シュツットガルトに所属するアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンサレス(23)の獲得を発表した。契約期間は2026年6月までの5年間となっている。移籍金は2300万ユーロ(約30億5000万円)で、ボーナスで最大400万ユーロ(約5億3000万円)が加算されるとのことだ。 なお、シュツットガルトは今回の移籍金の12%を前所属先のアルヘンティノス・ジュニアーズに支払うことになるという。 アルヘンティノスでプロデビューを飾ったゴンサレスは、高い身体能力とテクニックを併せ持った左利きのアタッカー。2018年に加入したシュツットガルトでは加入2年目となった昨シーズンにブンデスリーガ2部で27試合14ゴールを挙げる活躍をみせ、1部昇格の立役者となった。 今シーズンは度重なる負傷によってシーズン後半戦をほぼ棒に振るも、リーグ戦15試合6ゴール2アシストを記録。負傷が癒えた現在はアルゼンチン代表としてコパ・アメリカに参戦中だ。 爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、強靭なフィジカルを武器にセンターフォワードでもプレー可能な23歳FWは、利き足は異なるもののセビージャの同胞FWルーカス・オカンポスを彷彿とさせるところがあり、今夏の移籍市場ではトッテナムやブライトンなどヨーロッパの複数クラブが関心を示していた。 2021.06.23 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田MF伊藤洋輝が日本代表MF遠藤航のシュツットガルトにレンタル移籍、クラブ幹部も期待「すぐに成功する」

シュツットガルトは23日、ジュビロ磐田のMF伊藤洋輝(22)をレンタル移籍で獲得することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年6月30日までとなり、当面はU-21チームで活動するとのことだ。 伊藤は磐田の下部組織出身で、2017年に2種登録されると、2018年にトップチームに正式昇格を果たす。 2019年には名古屋グランパスへと期限付き移籍。2020シーズンは復帰すると明治安田生命J2リーグで37試合に出場し2得点。今シーズンもJ2で18試合に出場し2得点を記録していた。 磐田の発表によると、7月3日のアルビレックス新潟戦後にチームを離れるとのことだ。 伊藤はクラブを通じてコメント。同時に入籍も発表している。 「この度、VfBシュトゥットガルトへと移籍することになりました。J1昇格を目指す中、自分の夢、目標を優先し、このタイミングでチームを離れることを了承してくれたクラブの方々に感謝申し上げます。その責任を自分自身の大きなモチベーションにし、クラブ関係者、サポーターの方々の期待に応えられるよう、必ず結果を残します」 「また、今月入籍したことをこの場を借りて報告させていただきます。今シーズン、自分自身苦しい時間を過ごす中、いつもそばで支えてくれた奥さんには本当に感謝しています。これからも愛溢れる幸せな家庭を共に築いていきます」 また、シュツットガルトのスポーツ・ディレクターを務めるスヴェン・ミスリンタート氏は伊藤の獲得について「ヒロキには中期的にプロチームに昇格するサッカーフィジカルとスキルを持っている」とコメント。「最初はU-21チームを経由し、段階的にヨーロッパのサッカーに慣れていくことになるだろう。彼のメンタリティならすぐに成功すると確信し、一緒に仕事ができることを楽しみにしている」と期待を寄せている。 2021.06.23 17:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴィオラがシュツットガルトの主力FWニコラス・ゴンサレス獲得へ

フィオレンティーナがシュツットガルトに所属するアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンサレス(23)の獲得を決定的なモノとしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が主張している。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、フィレオンティーナは2024年までシュツットガルトと契約を残すゴンサレスの獲得に向け、2300万ユーロ+ボーナス400万ユーロの総額2700万ユーロ(約35億3000万円)の公式オファーを掲示。これをシュツットガルトが受け入れたようだ。 なお、シュツットガルトは今回の移籍金の12%を前所属先のアルヘンティノス・ジュニアーズに支払うことになるという。 アルヘンティノスでプロデビューを飾ったゴンサレスは、高い身体能力とテクニックを併せ持った左利きのアタッカー。2018年に加入したシュツットガルトでは加入2年目となった昨シーズンにブンデスリーガ2部で27試合14ゴールを挙げる活躍をみせ、1部昇格の立役者となった。 今シーズンは度重なる負傷によってシーズン後半戦をほぼ棒に振るも、リーグ戦15試合6ゴール2アシストを記録。負傷が癒えた現在はアルゼンチン代表としてコパ・アメリカに参戦中だ。 爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、強靭なフィジカルを武器にセンターフォワードでもプレー可能な23歳FWは、利き足は異なるもののセビージャの同胞FWルーカス・オカンポスを彷彿とさせるところがあり、今夏の移籍市場ではトッテナムやブライトンなどヨーロッパの複数クラブが関心を示していた。 2021.06.19 08:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly