イブラヒモビッチに人種差別的な侮辱発言、ツルヴェナ・ズヴェズダに罰金と無観客試合の処分

2021.04.15 18:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ツルヴェナ・ズヴェズダが、人種差別的な侮辱行為と新型コロナウイルス(COVID-19)のプロトコル違反により欧州サッカー連盟(UEFA)から処分を受けることとなった。イタリア『スカイ』が報じた。

事件が起こったのは2月にベオグラードで行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのツルヴェナ・ズヴェズダvsミランの一戦。この試合で、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに対し、人種差別的な侮辱があったとされている。

この試合ではベンチスタートとなったイブラヒモビッチは、スタンドで試合を観戦。この試合は無観客で行われていたが、試合中に何者かがイブラヒモビッチに対して侮辱的な発言をすることが確認されたとのことだ。

イブラヒモビッチの両親は、ボスニア・ヘルツェゴビナとクロアチアの出身であり、セルビアと同じバルカン半島出身の両親のルーツをめぐる差別発言があったとのことだ。

UEFAの懲戒委員会は、この件に関して人種差別的な侮辱と、挑発的で攻撃的な詠唱があったことを確認したとのことだ。

なお、これによりUEFA主催の次のホームゲームが無観客試合になるほか、1年間の執行猶予付きでもう1試合が密室になる可能性が残るとのこと.。罰金も2万5000ユーロ(約325万円)を科す事に決定した。

さらに、一部のファンを受け入れ、ソーシャル・ディスタンスを徹底しなかったこともあり、新型コロナウイルスのプロトコル違反として5000ユーロ(約65万円)の罰金が科されることとなる。

関連ニュース
thumb

「若い!」34歳バイエルン指揮官の“スケボー姿”に反響「最もクールな監督だ」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督の若さ溢れる1枚の写真が反響を呼んでいる。 ナーゲルスマン督は当時28歳の2016年2月にブンデスリーガ史上最年少監督としてホッフェンハイム指揮官に就任すると、2016-17シーズンのリーグ戦で4位フィニッシュに先導。翌季も3位に導き、2019年夏からライプツィヒ監督の座に就いた。 ライプツィヒでの初年度はリーグ戦3位フィニッシュを果たして、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4入りを達成。昨季も一時期までリーグ戦で首位に立ってみせるなど、バイエルンを苦しめる存在として立ちはだかり、今季から絶対王者バイエルンを率いている。 現在34歳。選手としてプレーしていてもおかしくない年齢のナーゲルスマン監督だが、23日に自身のツイッターを更新。練習場をスケートボードに乗って颯爽と移動する自身の姿を投稿した。 細身の体でロングボードを乗りこなす様は大きな反響を呼び、ドイツ『スカイ・スポーツ』も「最もクールな監督」「熟練している」と伝えたほか、ファンからも「若い!」「かっこいい」「ファンキーだ」といったコメントが寄せられた。 ナーゲルスマン監督率いるバイエルンは18日に行われたブンデスリーガ第5節でボーフムに7-0と大勝し、ここまで4勝1分けでリーグ首位。24日に第6節でグロイター・フュルトとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】ナーゲルスマン監督のスケボー姿がかっこいい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/uAmj5iT5Wj">pic.twitter.com/uAmj5iT5Wj</a></p>&mdash; Julian Nagelsmann (@J__Nagelsmann) <a href="https://twitter.com/J__Nagelsmann/status/1441096952335065099?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「レオメッシはどこ?」カディスサポーターが攻撃陣不振のバルセロナをチャントで煽る

カディスのサポーターがバルセロナを煽るチャントを歌い上げた。 23日に行われたラ・リーガ第6節でカディスはホーム、エスタディオ・ラモン・デ・カランサにバルセロナを迎えた。昨季は15シーズンぶりに1部を戦い残留を決めたカディスにとって、バルセロナは圧倒的な格上だったはずだ。 だが、今季のバルセロナは絶不調と言っても過言ではない。カディスのサポーターもそれを承知しているのだろう。キックオフ前のスタジアム近辺に集まった人々は次のようなチャントを歌った。 「レオメッシはどこだい?」 5季連続で得点王に輝くなど、バルセロナの顔でもあったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは今季からパリ・サンジェルマン(PSG)へ加入。彼の不在がバルセロナの調子に影を落としていることは否めず、それを揶揄した恰好だ。 試合でもバルセロナの攻撃陣を相手にクリーンシートを達成したカディス。辛抱強く戦い、ゴールレスドローで格上相手から勝ち点1をもぎ取っている。 <span class="paragraph-title">【動画】ノリノリで「レオメッシはどこだい?」とバルサを煽るカディスサポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">“¿Dónde está Leo Messi” le canta la afición del Cádiz a la plantilla del Barça a su llegada al estadio <a href="https://twitter.com/sport?ref_src=twsrc%5Etfw">@sport</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fcblive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcblive</a> <a href="https://t.co/AM7jGLeVHD">pic.twitter.com/AM7jGLeVHD</a></p>&mdash; Albert Rogé (@albert_roge) <a href="https://twitter.com/albert_roge/status/1441108791580262400?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

急にボールが来たわけじゃないのに…バルセロナFWデパイがまさかの決定機逸「タップインは簡単なんじゃなかったの?」

不振にあえぐバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイがビッグチャンスを逸した。 23日に行われたラ・リーガ第6節、アウェイでのカディス戦に先発出場したデパイ。開幕からフル出場が続く中、8月は3試合で2得点を奪っていたが、今月はまだゴールがない。 前節のグラナダ戦もチャンスで決め切れないなど、フィニッシュに難を抱える状態が続いている。そのようなもどかしい現状を象徴するかようなシーンが今節でも見られてしまった。 互いにゴールレスで迎えた後半の立ち上がりにデパイに絶好機が訪れる。右サイドに流れたオランダ代表FWルーク・デ・ヨングが絶妙なグラウンダーのクロスをゴール前へ。相手の背後を取ったデパイは、ゴール前フリーの状態で合わせるだけだったが、当て損ねてボールはマイナス方向へ弱々しく転がっていった。 動き出しは完璧だっただけに、あまりにも残念な結果。チームの成績も相まってファンからは「我慢できない」、「眼鏡が必要」、「タップインは簡単なんじゃなかったの?」、「ラヒーム・スターリングとゴンサロ・イグアインでさえ笑ってる」などの辛辣な声が相次いだ。 バルセロナはその後、フレンキー・デ・ヨングの退場もあり、格下相手にゴールレスドローでタイムアップ。FW陣の不振がチームの不調と完全にリンクしてしまっている。 <span class="paragraph-title">【動画】急にボールが来たわけじゃないのに…デパイがフリーの絶好機で空振り…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">How has Depay missed this <a href="https://t.co/b5PTzR2jFa">pic.twitter.com/b5PTzR2jFa</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1441148148575916033?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 17:50 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの高級車コレクションに新たな仲間!2台目の“ベントレー”で練習に登場

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの高級車コレクションに新たな1台が加わったようだ。イギリス『サン』が伝えている。 すでにフェラーリ「モンツァ」やロールス・ロイス、ブガッティ「チェントディエチ」など錚々たるコレクションを持つC・ロナウドが新たに迎え入れたのは、ベントレー「フライングスパー」だ。 これは25万ポンド(約3800万円)の高級車で、C・ロナウドは23日のトレーニングに参加する際に早速そのハンドルを握っていた。ちなみに、C・ロナウドはベントレー「コンチネンタル GT」をすでに所持しており、これが2台目のベントレー車ということになる。 『サン』によると、C・ロナウドの高級車コレクションの総額は1700万ポンド(約25億7500万円)相当になるという。アメリカ『フォーブス』が発表した最も稼いだサッカー選手ランキング2021では、堂々の1位に輝き、1年で1億2500万ドル(約137億円)を稼ぐと見られているが、私生活でもスーパースターぶりを遺憾なく発揮している。 <span class="paragraph-title">【写真】これが3800万円のベントレー「フライングスパー」!ハンドルを握るC・ロナウドも様になっている</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristiano Ronaldo arrives at Man Utd training in Bentley followed by bodyguards <a href="https://t.co/YpevOT1Zpx">https://t.co/YpevOT1Zpx</a></p>&mdash; Sun Sport (@SunSport) <a href="https://twitter.com/SunSport/status/1441042370418683909?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristiano Ronaldo in his new beautiful luxury car Bentley Flying Spur. The new car cost £250,000. <a href="https://t.co/fBjIPbtJ79">pic.twitter.com/fBjIPbtJ79</a></p>&mdash; CristianoXtra (@CristianoXtra_) <a href="https://twitter.com/CristianoXtra_/status/1441037337643810833?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリア人指揮官ペロッティ氏の妻が4階ベランダから転落し他界

イタリア人監督アッティリオ・ペロッティ氏の妻が、不慮の事故で命を落とした.。イタリア『Il Secolo XIX』が報じた。 報道によると、ペロッティ氏の妻のアンジェラ・マリアさんは、ジェノヴァにあるアパートの4階のバルコニーに寄りかかり、壊れていたブラインドを開けようとしたところ、バランスを崩して転落したという。73歳だった。 ペロッティ氏は、ジェノアやピアチェンツァ、チェゼーナ、エラス・ヴェローナ、ペルージャ、エンポリ、リヴォルノなどイタリア国内のクラブで指揮。2014年1月を最後に、指導者人生を終えていた。 古巣であるエラス・ヴェローナは、哀悼の意を表す声明を発表している。 「エラス・ヴェローナは元監督のアッティリオ・ペロッティ氏とその家族に、彼の妻アンジェラ・マリアさんの悲劇的な死に対する哀悼の意を表します」 2021.09.24 09:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly