清水MFヘナト・アウグストが一時帰国、左ヒザ関節軟骨損傷と診断され母国で治療

2021.04.14 13:33 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは14日、ブラジル人MFヘナト・アウグストが一時帰国することを発表した。クラブの発表によると、ヘナト・アウグストは左ヒザ関節軟骨損傷と診断。全治は未定となっている。

左ヒザに関してはこれまで治療を行ってきたが、ブラジルに帰国して治療することとなったようだ。なお、全治や再来日については確定次第発表するとのことだ。


2019シーズンにパイサンドゥ加入したヘナト・アウグストは、2シーズンで明治安田生命J1リーグで47試合に出場し5得点。今シーズンはケガで開幕を出遅れたが、3試合に出場していた。
関連ニュース
thumb

指揮官復帰の名古屋、マテウスの全ゴールに絡む活躍で清水に3発完勝!【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が15日にIAIスタジアム日本平で催され、アウェイの名古屋グランパスが3-0で清水エスパルスを下した。 清水は第13節にホームで横浜FCと1-1に終わり、4月から7戦勝利なしという状況が続いている。8試合ぶりの勝利を目指す今節はここまでフル出場を続けていた鈴木義宜が先発から外れてヴァウドが入り、前線にはカルリーニョス・ジュニオが8試合ぶりにスタメン復帰した。 対する名古屋も12日にアウェイで鹿島アントラーズに敗れ、ここ4試合では1勝3敗と苦しんでいる。中2日という不利はあるものの、今節は5試合ぶりにマッシモ・フィッカデンティ監督がベンチに戻り、ガブリエル・シャビエルを10試合ぶりにスタートから起用した。 名古屋のポゼッションに対し、リトリートして機を窺う清水は14分、敵陣中央でFKを獲得すると、鈴木唯人がファーへ送ったクロスに、チアゴ・サンタナが左足で合わせるも枠の外へ。名古屋のチャンスは17分。ガブリエル・シャビエルがボックス手前の右から左足を振り抜くも、クロスバーに阻まれてゴールとはならず。 その後も押し込み続けた名古屋が24分に試合を動かす。相馬がファウルを受けて敵陣左サイドからのFKとなり、マテウスが低く速いクロスを送ると、ファーへ抜けてきたボールをエウシーニョと立田がクリアミス。こぼれ球にいち早く反応した柿谷が体を倒しながら右ボレーを沈めて先制点を奪った。 ウイークポイントであるセットプレーから失点を喫した清水は、前半アディショナルタイムに反撃に出る。鈴木唯人が敵陣中央からミドルシュートを狙い、直後にはカルリーニョス・ジュニオのタメからボールを引き出した鈴木唯人がスルーパス。反応した中山がボックス内左から左足を強振するも、枠を外れて左のサイドネットを叩いた。 1点リードで折り返した名古屋は後半早々に追加点を挙げる。右サイドの高い位置でスローインを受けたマテウスは、巧みなドリブルで相手をかわして左足を振り抜く。すると、シュートともクロスともとれるような低く鋭い弾道のボールは、誰にも触れられることなく左のネットを揺らした。 点差を広げた名古屋だったが、55分にアクシデント。フル出場を続けていた丸山が足を痛め、木本との交代を余儀なくされる。それでも動じることなく畳みかけると、59分に相馬のクロスからチャンス。柿谷が頭で飛び込むも、ここは上手く合わせられず右へと流れた。 1点を返したい清水は奥井が左サイドの高い位置からクロスを送り、ゴール前でフリーのチアゴ・サンタナがヘディング。しかし、タイミングが合わなかったのか、強いシュートにはならずGKランゲラックに易々と処理されてしまう。 さらに清水は68分に奥井、中山に代えてディサロ、指宿を送り出し、前線に高さと強さを加えると、直後のCKからファーで鈴木義宜が折り返し、相手に触れられて流れたところを最後はディサロが狙うも枠を捉えられず。 名古屋は清水の圧力をしのいで攻勢に転じると、終盤にはカウンターからフリーで抜け出したマテウスが沈めて、終わってみれば3-0の圧勝で指揮官の復帰初戦を白星で飾った。 清水エスパルス 0-3 名古屋グランパス 【名古屋】 柿谷曜一朗(前24) マテウス(後5) マテウス(後44) 2021.05.15 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:清水vs名古屋】攻撃陣が課題の両者、清水はホーム初勝利を目指す

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月15日(土) 14:00キックオフ 清水エスパルス(16位/12pt) vs 名古屋グランパス(2位/32pt) [IAIスタジアム日本平] 今シーズンはホームゲームで勝利がない清水と、ミッドウィークに惨敗を喫した名古屋。 互いに攻撃陣が課題を抱える中、試合を制するのは。 ◆ホームで初勝利なるか【清水エスパルス】 前節は最下位の横浜FCを相手に1-1のドロー。またしてもセットプレーからの失点を喫し、勝ち点2を失った形となった。 今シーズンはわずかに2勝。順位もギリギリ残留圏の16位に位置しており、そろそろ浮上しなければこのまま残留争いに巻き込まれてしまう状況だ。 決して内容が悪いわけではないものの、結果がついてこない今シーズンの清水。攻守がかみ合わない部分が、苦しむ要因と考えられるだろう。 まずはセットプレーからの失点を減らすこと。そして何より、得点力を上げていく必要がある。数多くのチャンスを試合を通して作れていないだけに、確実に仕留めていく必要がある。 堅守の名古屋相手にゴールを奪うことは容易ではないが、失点を我慢してしっかりと勝ち点を奪えるか。今季勝利がないホームゲームで、初白星を掴みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:エウシーニョ、鈴木義宜、立田悠悟、奥井諒 MF:中山克広、河井陽介、宮本航汰、西澤健太 FW:鈴木唯人、チアゴ・サンタナ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆攻撃陣の課題をどう解決するのか【名古屋グランパス】 前節はホームに鹿島アントラーズを迎えての一戦。川崎フロンターレ相手の連敗をセレッソ大阪戦で払拭したかに思われたが、好調の鹿島に飲み込まれ惨敗となった。 堅守ばかりが注目されていた名古屋だが、長きに渡って課題である攻撃面の問題が完全に露呈した試合。シュート「0」と機能しなかった攻撃陣のクオリティが勝敗を分けた。 2位に位置している状況だが、課題の攻撃が改善されなければ上位に残ることはできないだろう。稲垣祥のミドルやマテウスの個人技で上手く隠れていた課題は、連携の低さという形で明るみとなり、今一度見つめ直す必要があるのは明白だ。 上位争いをし続けるためには、中2日という厳しい日程でも切り替えて勝利することしかない。今一度、ゴールを奪うという形を取り戻すことができるのか。今節からマッシモ・フィッカデンティ監督が復帰するが、バウンスバックが求められる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:森下龍矢、木本恭生、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 MF:マテウス、ガブリエル・シャビエル、相馬勇紀 FW:柿谷 曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.05.15 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

東京五輪代表の清水MF原輝綺が右足リスフランじん帯損傷で全治8週間

清水エスパルスは6日、U-24日本代表MF原輝綺の負傷を発表した。 クラブの発表によると、原は4月11日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節のヴィッセル神戸戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、右足リスフランじん帯損傷と診断。全治までは8週間を要するとされている。 サガン鳥栖から今シーズン加入した原は、ここまで明治安田生命J1リーグで9試合に出場していた。 東京オリンピック出場を目指す原だが、痛い離脱となってしまった。 2021.05.06 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

一時帰国の清水MFヘナト・アウグスト、手術の成功を報告「これまで以上に強く戻ってきます!」

清水エスパルスのブラジル人MFヘナト・アウグストが、手術の成功を報告した。 ヘナト・アウグストは、14日に左ヒザ関節軟骨損傷と診断。全治は未定だが、治療のためにブラジルに一時帰国することがクラブから発表されていた。 2019シーズンにパイサンドゥ加入したヘナト・アウグストは、2シーズンで明治安田生命J1リーグで47試合に出場し5得点。今シーズンはケガで開幕を出遅れたが、3試合に出場していた。 そのヘナト・アウグストは、27日に自身のツイッターを更新。無事に手術が成功したことを報告。強くなって戻ってくると呼びかけた。 「2021年は、日本に来てから最高の年になることを期待して始めました」 「膝の軟骨の問題を抱え、いくつかの医師に相談し、それぞれの意見を聞きました。2020年は痛みがある中、沢山の補強しながら治療しました」 「エスパルスは、私が常に必要とするすべてサポートをしてくれました!スタッフ、メディカルチーム、必要なサポートしてくれました」 「私はすべての可能な治療をしましたがうまくいきませんでした。そこで、唯一の選択肢は手術であることが決定されました。私は手術をするためにブラジルに戻り、無事手術が終わり回復しています!」 「必要なサポートをしてくれた清水エスパルスと、帰ってくるのを待っている前向きなメッセージをいつも送ってくれるすべてのファンに感謝します。いつものようにありがとうございます」 「私はこれまで以上に強く戻ってきます!またね」 <span class="paragraph-title">【SNS】ヘナト・アウグストが手術の無事成功を報告!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/COLUSeWrgH0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/COLUSeWrgH0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/COLUSeWrgH0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Renato Augusto Santos Junior(@renato_augusto92)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.04.28 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

降格ライン手前の清水、終盤に追いつかれ6戦勝ち無しに【明治安田J1第11節】

明治安田生命J1リーグ第11節、清水エスパルスvs湘南ベルマーレが25日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-1の引き分けに終わった。 両チーム10試合消化時点で勝ち点を「10」とし、得失点の差で清水エスパルスが16位、湘南べルマーレが15位に位置。今季は降格が4チームとなっており、互いに残留ライン付近から早々に抜けるための重要な一戦となる。 清水は公式戦5試合勝ち無しで得点もわずか1ゴールのみ。だが、前節までと同様[4-4-2]のシステムを採用し、スタメンも前節から変更は無し。唯一の得点を挙げたエウシーニョは今節も先発出場となった。対する湘南は前節からスタメンを2枚入れ替え、前節までと同じく[3-3-2-2]のシステムを採用。左ウイングバックに古林、2トップに大橋と石原直樹を起用した。 立ち上がりは清水が主導権を握る。1分に相手陣地で奪ったボールを、ボックスの外からチアゴ・サンタナがオープニングシュートを放つ。さらに16分、エウシーニョのパスから西澤がボックス内に運びシュートを放つも、相手のブロックに阻まれる。 攻め込まれる湘南は最終ラインに5人並べてカウンターを狙っていく。だが、運動量でカウンターに厚みをつけるが、清水の素早い帰陣に阻まれフィニッシュまでは持っていけない。 そんな中、16分に湘南にアクシデントが起こる。石原直が突如ピッチ上で座り込んでしまい、足を痛めて続行が不可能に。一時はピッチ外で治療を受けるが、結局、町野との交代を余儀なくされてしまった。 そんな湘南を尻目に清水は35分、チアゴ・サンタナが敵陣でボールを奪って奇襲を仕掛ける。相手に囲まれボールをロストするが、こぼれ球を拾った鈴木唯人が相手をかわしてフィニッシュへ。しかし、爪先で狙ったシュートは枠を捉えることはできなかった。 前半は繋ぐ清水、速攻の湘南という構図。加えて両チームとも多くの運動量でハイプレスをかけ、相手陣地でボールを奪ってチャンスを生み出すが、ゴールレスで前半が終了する。 後半立ち上がりの49分、清水に決定機が訪れる。自陣からエウシーニョがチアゴ・サンタナにスルーパスを送ると、チアゴ・サンタナがこれを後ろから走ってきた中山に落とす。ボックス手前から中山がボールを運びシュートを放つが、ここは湘南のGK谷が右手1本で守って見せた。 攻め込む清水にようやくその瞬間が訪れる。60分、入ったばかりの中村が左サイドから仕掛け、ボックス手前右のエウシーニョへパス。エウシーニョがそこから左足でクロスを送ると、ボックス中央で待ち構えていたチアゴ・サンタナがヘディングシュートを突き刺して、均衡を破った。 ここから清水の攻勢はさらに強まり、74分には右サイドでフリーになっていた中山がボックス内まで運びグラウンダーのクロス。チアゴ・サンタナがしっかり合わせるが、湘南DFの身体を張ったブロックに阻まれてしまう。 このまま清水の流れで試合が終わるかと思われた87分、同点弾が生まれる。途中交代の茨田が右から左へサイドチェンジを起点に、同じく途中出場の毛利が左足でアーリークロス。最後はウェリントンが強烈なヘディングシュートを叩き込み、交代3選手の力で同点追い付いた。 このゴールで俄然熱量を増した両チームは、素早いカウンターを次々に展開し、何度もゴールに迫っていく。しかし、結局試合は1-1で終了。両チームとも下位争いからは抜け出せずにいる。 清水エスパルス 1-1 湘南ベルマーレ 【清水】 チアゴ・サンタナ(後15) 【湘南】 ウェリントン(後43) 2021.04.25 16:07 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly