香港初のJリーガー、MFアオヨン・ユーチョンがYS横浜に加入

2021.04.13 20:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
Y.S.C.C.横浜は13日、香港レンジャーズFCから香港人MFアオヨン・ユーチョン(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。アオヨン・ユーチョンは、香港代表としても17試合に出場し4ゴールを記録。香港プレミアリーグのクラブのほか、ポルトガルのクラブや中国の貴州恒豊でもプレー経験がある。

香港出身選手としては初めてのJリーガーとなるアオヨン・ユーチョンは、クラブを通じてコメントしている。


「子供の頃から日本でサッカーをするという夢。遂にJリーガーになることができました。長年の夢が実現できました。Y.S.C.C.の皆様や協力していただいた関係者の皆様に心から感謝致します」

「香港初のJリーガーとして、Y.S.C.C.の一員として、全身全霊をかけてJリーグの舞台で活躍し、チーム に貢献します。応援して頂ける皆様に恩返しをしたいと思います。これからも応援宜しくお願い致します」

「Effort is always rewarded!天道酬勤!」
関連ニュース
thumb

Jリーグで初の女性審判! YS横浜vs宮崎を山下良美主審が担当「この状況が当たり前になるよう」

Jリーグでついに女性審判が公式戦を担当した。 16日に行われた明治安田生命J3リーグ第8節のY.S.C.C.横浜vsテゲバジャーロ宮崎の一戦。この試合で主審を務めたのは女性審判員の山下良美さんだ。 山下主審は、2015年から国際審判員となり、2016年と2018年のU-17女子ワールドカップや2017年のアルガルベカップ、2018年の女子アジアカップ、2019年の女子ワールドカップで主審を務めた経歴があり、今夏開催される東京オリンピックにも主審として参加することが発表されていた。 この試合では副審は鶴岡泰樹氏、眞鍋久大氏、第4の審判は本多文哉氏と普段組むことがない男性審判員だった。 10分には宮崎のGK植田峻佑に初のイエローカードを提示。最終ラインの裏へ出たロングボールに対し、植田が飛び出してカットしたものの、ンドカ・チャールスと接触。イエローカードが提示された。 無事に初の主審を終えた山下主審は、日本サッカー協会(JFA)を通じでコメントしている。 「審判員4人で協力していつも通りのレフェリングができるように、一つ一つ丁寧に誠実に対応することだけを考えて試合に臨みました」 「これからもこの機会が続いていき、この状況が当たり前になるよう、目の前の試合に全力で臨みたいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】歴史的瞬間!初の女性審判がコイントス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>Jリーグ史上初女性審判が主審を担当<br>\<br><br>明治安田生命J3リーグ 第8節<a href="https://twitter.com/hashtag/YSCC%E6%A8%AA%E6%B5%9C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YSCC横浜</a> vs <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%86%E3%82%B2%E3%83%90%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E5%AE%AE%E5%B4%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#テゲバジャーロ宮崎</a> 戦にて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E8%89%AF%E7%BE%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#山下良美</a> さんが主審を担当<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> にとって歴史的な日となります<br><br>試合はDAZNで<a href="https://t.co/Qhmma1Lv3K">https://t.co/Qhmma1Lv3K</a> <a href="https://t.co/ppLEtj2vym">pic.twitter.com/ppLEtj2vym</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1393781253946548229?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】開幕戦でレッドカードのYS横浜MF柳雄太郎に1試合停止処分

Jリーグは15日、出場停止選手を発表した。 今回の出場停止者はY.S.C.C.横浜のMF柳雄太郎のみ。柳は14日に本拠地で行われた明治安田生命J3リーグ開幕節のカターレ富山戦に先発したが、88分にレッドカードを受けて退場した。 この一発退場で1試合停止処分が決まり、次戦の欠場が決定。開幕戦黒星のYS横浜は20日に行われる次節、福島ユナイテッドFCのホームに乗り込む。 【明治安田生命J3リーグ】 MF柳雄太郎(Y.S.C.C.横浜) 第2節vs福島ユナイテッドFC(3/20) 今回の停止:1試合停止 2021.03.16 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

YS横浜、高卒ルーキーFWオニエ・オゴチュクウ・プロミスと契約更新「今シーズンは10点決めます!」

Y.S.C.C.横浜は20日、ナイジェリア人FWオニエ・オゴチュクウ・プロミス(18)と2021シーズンの契約を更新したことを発表した。 ナイジェリアから来日して高知中央高校で活躍したオニエ・オゴチュクウ・プロミスは、2020年にYS横浜へ加入。昨季は明治安田生命J3リーグ23試合に出場して2得点を挙げた。 今季もYS横浜で戦うことが決まったオニエ・オゴチュクウ・プロミスは、クラブの公式サイトで「今シーズンは10点決めます! 応援よろしくお願い致します!!」と意気込みを語っている。 2021.01.20 18:36 Wed
twitterfacebook
thumb

YS横浜、ドイツクラブからMF菊谷篤資を完全移籍で獲得 大型FWベベニョン日高アレクサンドルのトップ昇格も発表

Y.S.C.C.横浜は19日、ドイツ4部リーグのFC Bayern AlzenauからMF菊谷篤資(23)を完全移籍で獲得したことと、FWベベニョン日高アレクサンドル(20)のトップチーム昇格を発表した。 菊谷は江戸川大学を経て渡独。7部のTSGブレッツェンハイムにはじまり、5部のTSGプフェッダースハイム、4部のバイエルン・アルツェナウと着実に実績を積んでステップアップしてきた。 2019年に加入したバイエルン・アルツェナウでは、19-20シーズンにリーグ戦14試合に出場。攻撃的MFとして1アシストも記録した。 鹿児島県出身のベベニョン日高アレクサンドルは身長194cm、88kgの大型FW。橘学苑高校を経てYS横浜のセカンドチームに所属していた。 今シーズンからYS横浜でプレーする両選手はクラブの公式サイトで意気込みを語っている。 ◆菊谷篤資 「はじめまして、今季よりY.S.C.C.に加入することになりました、菊谷篤資です。小さい頃からの夢であるJリーガーになることができてとても嬉しいです。家族やこれまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずにプレーしていきたいと思います。ここで満足せず、チームの勝利に貢献できるように日々努力していきますので、応援よろしくお願い致します!」 ◆ベベニョン日高アレクサンドル 「2021年シーズンよりY.S.C.C.に加入することになりましたベベニョン日高アレクサンドルです。このクラブでJリーグを戦っていけることを光栄に思います。チームの勝利に貢献できるよう、日々努力していきます。応援よろしくお願いします」 2021.01.19 19:34 Tue
twitterfacebook
thumb

YS横浜、主力のFW大泉和也ら3選手と契約更新!

Y.S.C.C.横浜は18日、MF吉田明生(34)、FW大泉和也(29)、GK佐川亮介(27)との契約更新を発表した。 2011年からYS横浜でプレーし、JFL昇格やJ3参入に貢献してきた吉田。在籍10年目の昨季は明治安田生命J3リーグ22試合に出場していた。 大泉は2014年に桐蔭横浜大学から入団。在籍7年目の昨季はJ3リーグ31試合に出場して2ゴールを記録した。 佐川は2016年に拓殖大学からYS横浜入り。2019シーズンはJ3リーグ16試合に出場したものの、昨季は6試合の出場にとどまった。 2021シーズンもYS横浜でプレーする3選手はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆吉田明生 「2021年シーズンも契約の更新をさせていただきました。いまは只々、新型コロナウイルスの一日も早い終息を願うばかりです。サッカーができる喜びを噛みしめながら、感謝の意を込めて日々精進してまいります。よろしくお願いいたします」 ◆大泉和也 「Y.S.C.C.ファミリーの皆さん明けましておめでとうございます。2021シーズンもプレーさせて頂ける事になりました。昨シーズンはみんなが非常に厳しい状況の中、クラブ関係者、スポンサー様、Y.S.C.C.をいつも支えてくださっている皆様方のおかげでまたフットボールを楽しむ環境を整えて頂き感謝しています。そしてこのような状況下で色々な規制がある中でも、常に1番近くで共に闘いサポートしてくださっているサポーターの皆様、本当にいつもありがとうございます」 「昨シーズンは自分達の目標や皆様方の期待を裏切るような結果や内容になってしまい本当に申し訳ないです。今シーズンは感謝を忘れずY.S.C.C.ファミリーが沢山笑えるように日々仲間達と努力し、最高のフットボールをスタジアムで見せられるように頑張ります!2021シーズンも宜しくお願いします!!」 ◆GK佐川亮介 「昨シーズンは出場機会が少なく結果もなかなか出せなかったシーズンでしたが、今シーズンこそ、全試合フル出場しチームを勝たせられるGKになれるように魂込めて戦っていきますので今年もたくさんの応援宜しくお願いします!!」 2021.01.18 19:08 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly