南野欠場のセインツが19位WBAにまさかの完敗…《プレミアリーグ》

2021.04.13 04:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
南野拓実が所属するサウサンプトンは12日、プレミアリーグ第31節でWBAと対戦し0-3で敗戦した。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。前節3試合ぶりの白星を飾った14位セインツ(勝ち点36)は、直近のバーンリー戦と同じ先発メンバーを採用。南野は2試合連続のベンチスタートとなった。

降格圏の19位に沈むWBA(勝ち点21)に対し、セインツは開始早々にピンチを迎える。4分、ボックス左でパスを受けたM・フィリップスのシュートをGKフォースターの弾くと、セカンドボールをマテウス・ペレイラがボレーシュート。これをゴール前のディアニェが頭でコースを変えてゴールネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドの判定となった。


VARに救われたセインツは25分、ロングパスで相手DFの裏に抜け出したレドモンドがボックス右から折り返すと、DFにディフレクトしたボールをアームストロングがシュート。これがゴール左へ逸れると、ゴールエリア左に駆け上がったイングスがダイレクトで狙ったが、このシュートもゴール右に外れた。

先制のチャンスを逃したセインツは、30分にミスから失点する。ボックス右から侵入したメイトランド=ナイルズの折り返しに反応したマテウス・ペレイラを飛び出したGKフォースターが倒してPKを献上。このPKをマテウス・ペレイラがど真ん中に蹴り込んだ。

さらにセインツは35分にも、イングスのバックパスを奪われカウンターを受けると、ボックス左まで持ち上がったディアニェのグラウンダーのクロスをM・フィリップスが流し込まれ、立て続けに2ゴールを奪われた。

ハーフタイムにかけてもWBAの猛攻を受けたセインツだが、粘りの守りでこれを凌ぎ、0-2で前半を終えた。

2点のビハインドで後半に入ったセインツは58分、バイタルエリア左でイングスが倒れてFKを獲得。バートランドのクロスからイングスが頭で合わせたが、これは逆サイドに流れる。さらに61分には、アームストロングが強烈なミドルシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。

後半は攻勢に出ていたセインツだったが、69分に再び失点を喫する。ヨクシュルのロングスルーパスでボックス内に侵入したカラム・ロビンソンがゴールエリア左手前からシュートを流し込んだ。

その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、セインツは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。92分、ドリブルでボックス右深くまで侵入したジェネポがC・タウンゼントに倒されPKを獲得。しかし、ウォード=プラウズのPKは、GKジョンストンの完璧なセーブに防がれた。

結局、試合はそのまま0-3でセインツが下位相手にまさかの完敗。快勝したWBAは今季初のリーグ戦連勝を飾った。
関連ニュース
thumb

「今より幸せになることはできない」劇的決勝弾のGKアリソンが喜びを語る

リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーが、チームを勝利に導くゴールを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは16日、プレミアリーグ第36節でWBAと対戦。すでに降格が決まっているWBAとの試合だったが、15分にハル・ロブソン=カヌに先制ゴールを許してします。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するトップ4フィニッシュに向けては全勝したいリバプール。33分にはモハメド・サラーのゴールで追いつき、1-1で試合を折り返す。 しかし、後半も攻め込むもののゴールが遠いリバプール。このまま1-1で引き分けに終わるかと思われたが、ラストプレーで奇跡が。後半アディショナルタイム、左CKの場面でGKアリソンが攻撃参加を見せると、キッカーのトレント・アレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘッド。これがゴール右隅に決まり、1-2でリバプールが勝利を収めた。 決勝ゴールを決めたアリソンは試合後に喜びのコメント。2月に他界した父への思い、そして家族への思いを語り、チームの勝利に貢献できたことを喜んだ。 「ここ数カ月、僕と僕の家族に対して起きた全てのことが感情的すぎるよ」 「でも、サッカーは僕の人生の一部だ。父と一緒に物心ついた時からプレーしていた。彼がここで見てくれていたら良いけど、きっと神様を味方につけて、お祝いしながら見てくれてるだろう」 「僕の家族のためでもあり、子供たちのためでもある。時々、戦っても戦っても、今日の午後ように物事がうまく進まないことだってある」 「このゴールを決められただけでも、とてもとても嬉しいんだ。よく戦っているチームを助けられたんだからね。僕たちは一緒に戦っているし、チャンピオンズリーグに出場するという強い目標があるからだ」 「僕たちはチャンピオンズリーグで優勝しているし、全ては予選から始まったことを知っているからね」 「今より幸せになることはできないよ」 <span class="paragraph-title">【動画】守護神アリソンの奇跡のドンピシャヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Football eh.<br><br>Experience 5 minutes 33 seconds of unbridled joy with every angle of <a href="https://twitter.com/Alissonbecker?ref_src=twsrc%5Etfw">@Alissonbecker</a>&#39;s goal... <a href="https://t.co/QlgWJQ9QcA">pic.twitter.com/QlgWJQ9QcA</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1394034928044621825?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 10:05 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神アリソンがドンピシャヘッドで劇的ラストプレー弾! リバプールが驚異の粘りでトップ4に望み繋ぐ逆転勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、WBAvsリバプールが16日にザ・ホーソンズで行われ、アウェイのリバプールが1-2で逆転勝利した。 現在、5位のリバプール(勝ち点60)は3日前に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの重要なアウェイゲームを4-2の逆転勝利で飾り、リーグ戦2連勝を達成。この重要な勝利によって1試合消化が多い4位のチェルシー(勝ち点64)とのポイント差を4位に縮めた。さらに、次節は3位のレスター・シティ(勝ち点66)とチェルシーが潰し合いとなるため、残り3試合で全勝できれば逆転でのトップ4フィニッシュが見えてきた。 前節、降格が決定した19位のWBA(勝ち点26)を相手に勝ち点3奪取必須の中2日の一戦では、ユナイテッド戦から先発2人を変更。足のケガで今季終了が明かされたジョタに代わってマネが復帰し、ベンチスタートのワイナルドゥムに代わってカーティス・ジョーンズが起用された。 ユナイテッド戦の激闘の疲労、勝ち点3必須の重圧か、ボールの主導権こそ握るものの、全体的に重さが見受けられるリバプール。すると、なかなか決定機まで持ち込めない展開の中でまさかの先制点まで奪われる。 15分、自陣でのルーズボールの競り合いをマテウス・ペレイラに回収されてリース・ウィリアムズとロバートソンの間のスペースに走り込んだロブソン=カヌにスルーパスを通されると、ボックス右からゴール左隅へ左足の丁寧なシュートを流し込まれた。 痛恨の失点を受けてすぐさま反撃に出たアウェイチームは24分、ボックス中央でチアゴの折り返しに反応したマネに絶好機も右足のダイレクトシュートは枠の右に外れる。続く28分には後方からのフィードに抜け出したサラーがゴール右角度のないところからシュートを放つが、これはGKジョンストンに難なく対応された。 1-1のドローに終わった前回対戦同様に相手の堅守に手を焼くリバプールだったが、相手のミスからエースにゴールが生まれる。33分、ボックス手前の混戦からディアンガナが不用意に後ろに戻したパスをマネが引っかけると、これをサラーが見事な左足のダイレクトシュートで左隅に決め切った。 サラーのリーグ得点ランクトップタイの22点目で試合を振り出しに戻したリバプールは、直後の34分にも前からの守備で相手を嵌めてボックス中央のフィルミノに絶好機も、このシュートは惜しくも左ポストを叩いた。 その後、前半終盤にかけては36分にロブソン=カヌにあわや勝ち越しゴールを許しかけるが、ここはアレクサンダー=アーノルドの見事な絞りで応対。その後は再び攻勢を強めてマネらに決定機が訪れるが、相手の好守に阻まれて前半のうちに試合を引っくり返すことはできなかった。 迎えた後半、早い時間帯の逆転を目指して攻勢を仕掛ける。49分にはボックス右角でサラーが入れたクロスをマネがワンタッチで押し込むが、ここはオフサイドの判定となる。 以降もリスクを冒して前に出る中で相手のシンプルなロングカウンターから時折引っくり返される場面はあるものの、サラーを起点に鋭い仕掛けを見せる。57分には相手CKを撥ね返してのロングカウンターからアレクサンダー=アーノルドのスルーパスに抜け出したサラーに2点目のチャンスも、ここはシュートコースを消されてGKジョンストンの好守に遭う。 1-1のイーブンが続く中、クロップ監督は59分にC・ジョーンズを下げてシャキリを最初のカードとして投入。だが、この交代策も攻撃を活性化させるまでには至らず。 逆に71分には相手の右CKからアジャイに競り負けてゴール前のバートリーにワンタッチでゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドポジションでGKアリソンの視界を遮ったマット・フィリップスのオフサイドによって辛くも失点を免れる。続く78分にもロブソン・カヌに背後を取られてピンチを招くが、GKアリソンの好守で事なきを得た。 相手を押し込みながらも崩し切れない苦境が続くリバプールは83分にボックス右で仕掛けたアレクサンダー=アーノルドが深い切り返しでDFを外して左足を振り抜くが、これは枠を捉え切れず。直後にはリース・ウィリアムズを下げてワイナルドゥムを投入。これでファビーニョを最終ラインに下げる。 試合終盤にかけては逆転ゴールを目指して決死の猛攻を仕掛けたが、チアゴの枠を捉えたシュートが相手GKの好守に阻まれるなど、ゴールが遠い。 このままゴールを割ることができず、逆転でのトップ4フィニッシュの夢が潰えるかに思われたが、最後の最後に昨季王者が驚異的な底力を見せた。後半ラストプレーとなった95分、左CKの場面でGKアリソンが攻撃参加を見せると、キッカーのアレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘディングで合わせると、これがゴール右隅に決まった。 そして、守護神アリソンによる劇的過ぎるゴールでWBAに競り勝ったリバプールが、トップ4フィニッシュを大きく引き寄せる圧巻の逆転勝利を飾った。 2021.05.17 02:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッグ・サムは初降格に…WBAは2番目に多い11度目の降格、あの強豪は過去10回も降格

アーセナルに敗れたことでチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決定したWBA。これが11度目の降格となり、史上2番目の多さとなってしまった。 WBAは2017-18シーズンのプレミアリーグを最下位で終えて降格。2シーズンをチャンピオンシップで過ごすと、2019-20シーズンは2位で自動昇格を掴んだ。 今シーズンはスラヴェン・ビリッチ監督の下でシーズンをスタートさせたが、成績不振で昨年12月に解任。その後に、サム・アラダイス監督が引き継いでいたが、残り3試合で降格が決定してしまった。 これが11度目の降格となり、歴代2番目の多さに。一番多いのはバーミンガム・シティの「12」回となっており、WBAと並んでレスター・シティが「11」回。ボルトンと今シーズンのプレミアリーグ制覇に近づいているマンチェスター・シティが「10」回と続いている。 また、アラダイス監督はボルトンやニューカッスル、ブラックバーン、ウェストハム、サンダーランド、クリスタル・パレス、エバートンなど17シーズンにわたってプレミアリーグで指揮を執ってきたが、今回が自身の監督キャリアで初のプレミアリーグからの降格を味わうこととなった。 ◆プレミアリーグからの降格回数 12回:バーミンガム・シティ 11回:WBA 11回:レスター・シティ 10回:ボルトン 10回:マンチェスター・シティ 2021.05.10 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

1シーズンで降格決定のWBA…指揮官は「本当に辛く、酷い気分だ」と結果に落胆

WBAのサム・アラダイス監督は、クラブの降格が決定したことを嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 WBAは9日に行われたプレミアリーグ第35節で、アーセナルと対戦。現在勝ち点26で19位に沈むチームは、この試合に敗れるとプレミアリーグからの降格が決定する状況だったが、前半だけで2点を先取される厳しい展開に。後半は1点を返すのがやっとであり、1-3で敗れた。 この結果、WBAは1年でのプレミアリーグ降格が決定。来シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)に所属することになる。 試合後のインタビューに応じたアラダイス監督は、自身にとって初の体験となる降格に落胆。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、無観客試合が続いたことも大きく響いたと嘆いている。 「本当にガッカリだ。多くの人が我々の降格を予想していたのは明らかだが、それでも本当に辛く、酷い気分だよ。悲しいのは、クラブがここにいるべきではなかったという事実だ。残り3試合となった時点で、こうした状況にならないようにする多くのチャンスがあった」 「選手たちは一貫して良いパフォーマンスを見せていた。しかし、これらのパフォーマンスを勝利に結びつける必要があったことは、誰もが知っていたと思う」 「2月と3月にはフルアム、シェフィールド・ユナイテッド、バーンリー、ニューカッスルといったチームと対戦して、必要なポイントを獲得するチャンスがあった。しかし、いずれにも勝てなかった。勝つべき試合だったんだ。先日のウォルバーハンプトン戦もだ」 「もし、ホームでファンが応援してくれていたら、どうなっていただろう。フルアム戦やマンチェスター・ユナイテッド戦では勝てていたかもしれない。ファンの皆が、我々を勝利に導いてくれたかもしれない。しかし、残念ながらパンデミックの影響で、ファンが我々を助けることはできなかった」 また、アラダイス監督は残り3試合への向き合い方にも言及。プロとして、残り試合を全力でこなす必要があると語った。 「我々は最善を尽くしたが、残留できなかったことを非常に残念に思う。それでも残り3試合でできるだけ多く勝ち取り、プロとしての意識を維持しなければならない。週末には軌道に戻らなければならないと、選手には伝えたよ。残り3試合だが、パフォーマンスを維持する必要がある」 2021.05.10 12:06 Mon
twitterfacebook
thumb

「最高の薬になる」失意のEL敗退からのバウンスバックを見せたアーセナル、アルテタ監督も勝利を評価

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、WBA戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは、6日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでビジャレアルと対戦。1-0の勝利でも決勝へするめるという状況の中、積極的にゴールを奪いに行った。 しかし、ポストに嫌われるシーンが続くなど不運も重なり、結局0-0のゴールレスドロー。2戦合計1-2で敗れていた。 リーグ戦経由での来シーズンのヨーロッパの大会出場がほぼ絶望的な状況で、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場に向けた唯一と言っていチャンスを逃してしまったアーセナル。 そんな中迎えたWBAだったが、この試合ではエミール・スミス・ロウのプレミアリーグ初ゴールを含む3ゴールを奪い、3-1で勝利を収めていた。 失望からバウンスバックを見せたアーセナル。アルテタ監督は、この勝利が非常に重要だったとし、自信を取り戻すには必要だったと語った。 「必要な勝利だった。木曜日からの失望を乗り越えるのに2日かかったが、今日は本物の態度と残りの数試合で勝ちたいという願望を示す必要があった」 「我々はそれを実行し、攻撃では本当にアグレッシブに戦えた時間帯があったと思う。多くのチャンスを生み出し、3つの素晴らしいゴールを決めた」 「しかし、ゴールを与えた時はナーバスに見えた。もっと上手くやるべきだったと思う」 「負けたあとは、常に正して勝つ必要がある。そうすれば、自信が高まり、チームを取り巻いている多くの否定的なものがなくなるからだ。それは、サッカーの試合で勝っていくための最高の薬になる」 2021.05.10 09:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly