足がもつれても…執念の“ダイビングヘッドクリア”に海外注目

2021.04.13 06:17 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
自陣ボックス内でのミスは、相手のゴールに直結する致命的なミスになることも多いが、アンデルレヒトのベルギー代表DFエリアス・コボーは寸前のところで防いだ。リーグ3位のアンデルレヒトは11日、ジュピラー・プロ・リーグ第33節でリーグ首位のクラブ・ブルージュとホームで対戦した。

53分にアウェイチームに先制を許して迎えた63分、これ以上の失点は許されない場面でアンデルレヒトはピンチを迎える。
自陣ボックス近くで不用意に相手FWチャールズ・デ・ケテラエルにボールを奪われると、ペナルティーアーク手前から強烈なミドルシュート。これはGKシモン・ヴェレンロイターが弾くと、それをボックス内で拾ったコボーがトラップしようとする。

しかし、コボーのトラップが大きくなるとともに、足がもつれてしまい完全にバランスを崩す。

プレッシャーにきていた相手MFルート・フォルメルにボールを奪われたら一気に大ピンチを迎える場面だったが、コボーはピッチに倒れ込みながらも気合いのヘディングで何とかクリア。寸前のところで左サイドバックのDFボーダン・マイカリチェンコに繋ぎ、何とか難を逃れた。

現地の実況もシュールな光景に笑いをこぼしたこの場面は、『Eleven Sports』フランス語版のツイッターで公開されると、「(サッカーゲーム)FIFAのバグだ」「鼻が痛そう」「笑っちゃう」と様々の反応が寄せられている。

なお、コボーの執念でピンチを脱したアンデルレヒトは、そこから一気に2ゴールを奪取。2-1の逆転勝利を収めている。

1 2

関連ニュース
thumb

インテル、U-21伊代表FWエスポージトがアンデルレヒトからレンタル先変更! 後半戦から2部バーリへ

セリエBのバーリは31日、インテルからU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(20)のローン加入を発表した。 エスポージトはインテルのアカデミー出身で、2019年3月に16歳の若さにしてヨーロッパリーグ(EL)でプロデビューしたストライカー。2020年9月のSPAL行きから修行が続いており、ヴェネツィア、スイスのバーゼルときて、昨夏からベルギーのアンデルレヒトに活躍の場を移した。 バーゼルで公式戦34試合7得点9アシストとそれなりの結果を残してのベルギー行きだったが、ここまで公式戦21試合に出場して2ゴールと振るわず、アンデルレヒトとは1年のレンタル契約を前倒しで解消に。この後半戦から自国に戻り、バーリでプレーする運びとなった。 2023.01.31 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが16歳新星FW獲得へ! 今季ベルギー1部で最年少ゴール記録樹立

ドルトムントが、ベルギーの新星アタッカーの獲得に迫っているようだ。 近年多くの若手逸材を獲得し、ワールドクラスへ育成する好循環が続くドルトムント。そのドイツの名門が新たに獲得に動いているのが、アンデルレヒトに所属するU-19ベルギー代表FWジュリアン・デュランヴィル(16)だ。 ドイツ『シュポルト1』など複数メディアの報道によると、ドルトムントとアンデルレヒトは、移籍金850万ユーロ(約12億円)+アドオン300万ユーロ(約4億2000万円)の条件でクラブ間合意。また、すでに個人間合意の16歳FWは、26日にメディカルチェックを受診した後、2027年までの4年半契約にサインする見込みだという。 アンデルレヒトのアカデミー出身のデュランヴィルは、昨年5月に行われたクラブ・ブルージュ戦でトップチームデビュー。今シーズンはここまで公式戦10試合に出場し、昨年9月4日に行われたOHルーヴェン戦では16歳3カ月30日でのジュピラー・プロ・リーグ最年少ゴール記録を樹立している。 170cmの右利きのアタッカーは左右のウイングが主戦場。爆発的なスピードと足元のテクニックを生かした緩急自在のドリブル突破が最大の特長で、正確なクロスを含めてアタッキングサードで違いを埋めるチャンスメーカーだ。 今後はプレースタイルが近いイングランド代表FWジェイドン・サンチョのような成長曲線が期待されるところだ。 2023.01.27 00:22 Fri
twitterfacebook
thumb

14カ国のクラブが出場するプレーオフ、ラツィオはクルージュ、フィオレンティーナはブラガと対戦《ECL》

7日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のノックアウトラウンドのプレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのECL。グループ首位がラウンド16に、2位はヨーロッパリーグ(EL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 ELからはラツィオやトラブゾンスポルなどがプレーオフに回ってきた。一方で、フィオレンティーナ、アンデルレヒトなどがECLからプレーオフに回っている。 なお、ウェストハムやビジャレアル、DF菅原由勢のAZなどは首位でラウンド16に進出している。 ELから回ってきたラツィオは、ルーマニアのクルージュと対戦。一方ECLで勝ち上がったフィオレンティーナは、ポルトガルのブラガとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ECLプレーオフ組み合わせ カラバフ(ELグループG・3位) vs ヘント(ECLグループF・3位) トラブゾンスポル(ELグループH・3位) vs バーゼル(ECLグループH・3位) ラツィオ(ELグループF・3位) vs クルージュ(ECLグループG・3位) ボデ/グリムト(ELグループA・3位) vs レフ・ポズナン(ECLグループC・3位) ブラガ(ELグループD・3位) vs フィオレンティーナ(ECLグループA・3位) AEKラルナカ(ELグループB・3位) vs ドニプロ-1(ECLグループE・3位) シェリフ・ティラスポリ(ELグループE・3位) vs パルチザン・ベオグラード(ECLグループD・3位) ルドゴレツ(ELグループC・3位) vs アンデルレヒト(ECLグループB・3位) 2022.11.07 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

菅原所属のAZが決勝トーナメント進出!フィオレンティーナがEL敗退組とのPOへ《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループステージが3日に全日程を終了。この結果、決勝トーナメントに進出する8チームとプレーオフに進出する8チームが決定した。 今シーズンのグループステージでは、唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZや昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を果たしたビジャレアル、ウェストハム、ニースといった強豪が順当に決勝トーナメントに進出。 また、イタリアのフィオレンティーナや、ベルギーのアンデルレヒトらがグループステージを2位で通過し、ヨーロッパリーグ(EL)をグループ3位で敗退したクラブとのプレーオフに臨むこととなった。 なお、プレーオフの組み合わせ抽選会は7日にスイスのニヨンで開催され、今ラウンドでは同じ国のサッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、プレーオフは2023年2月中旬以降の開催となる。 ▽ECLグループステージ最終順位 ◆グループA 1. バシャクシェヒル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. フィオレンティーナ(勝ち点13) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハーツ(勝ち点6) 4. FK RFS(勝ち点2) ◆グループB 1. ウェストハム(勝ち点18) ――ECL決勝T進出―― 2. アンデルレヒト(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. シルケボー(勝ち点6) 4. FCSB(勝ち点2) ◆グループC 1. ビジャレアル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. レフ・ポズナン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハポエル・ベエルシェバ(勝ち点7) 4. オーストリア・ウィーン(勝ち点2) ◆グループD 1. ニース(勝ち点9) ――ECL決勝T進出―― 2. パルチザン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ケルン(勝ち点8) 4. スロヴァコ(勝ち点5) ◆グループE 1. AZ(勝ち点15) ――ECL決勝T進出―― 2. ドニプロ-1(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. アポロン(勝ち点7) 4. ファドゥーツ(勝ち点2) ◆グループF 1. ユールゴーデン(勝ち点16) ――ECL決勝T進出―― 2. ヘント(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. モルデ(勝ち点7) 4. シャムロック・ローバーズ(勝ち点2) ◆グループG 1. スィヴァススポル(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. クルージュ(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. スラビア・プラハ(勝ち点8) 4. バルカニ(勝ち点4) ◆グループH 1. スロバン・ブラチスラヴァ(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. バーゼル(勝ち点11) ―ECLプレーオフ進出― 3. ピュニク(勝ち点6) 4. ジャルギリス(勝ち点5) ◆ELグループ3位 ボデ/グリムト(ノルウェー) ラルナカ(キプロス) ルドゴレツ(ブルガリア) ブラガ(ポルトガル) シェリフ(モルドバ) ラツィオ(イタリア) カラバフ(アゼルバイジャン) トラブゾンスポル(トルコ) 2022.11.04 07:40 Fri
twitterfacebook
thumb

直近3連敗と低迷するアンデルレヒトがフェリス・マッズ監督の解任を発表…

アンデルレヒトは24日、ベルギー人指揮官フェリス・マッズ監督(56)の解任を発表した。 マッズ監督は昨シーズン躍進をしたユニオン・サン=ジロワーズでの手腕が認められ、退任したヴァンサン・コンパニ前監督の後任として今夏にアンデルレヒトの指揮官に就任。 その新体制では、リーグ開幕4試合で3勝1敗とまずまずのスタートを切ったが、第6節の古巣ユニオン・サン=ジロワーズ戦での敗戦から完全にリズムを崩すと、直近の9試合で6敗を喫しており、12位に低迷。 また、直近の3試合では王者クラブ・ブルージュ、ズルテ・ワレヘム、スタンダール・リエージュに3連敗を喫していた。 なお、クラブは新監督が決定するまではU-21チームを率いるロビン・ベルドマン監督が暫定監督を務めると発表している。 2022.10.24 23:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly