リカルド・ロドリゲス監督初の古巣戦、関根のヘディング弾で徳島下した浦和が3連勝!【明治安田J1第9節】

2021.04.11 18:18 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第9節、浦和レッズvs徳島ヴォルティスが11日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で浦和が勝利した。開幕から調子が一向に上がらず、わずか1勝しかできていなかった浦和だが、ここ2試合は複数得点を奪い連勝。前節は岩波と杉本のゴールで清水エスパルスに勝利した。3連勝を目指す今節のスタメン変更は前節から1人。柴戸が外れ、伊藤敦樹が入った。

対する徳島も好調だ。7シーズンぶりのJ1となった今季は開幕から5試合未勝利が続いたが、第6節の横浜FC戦で初勝利を挙げると、そこから前節のベガルタ仙台戦まで3連勝。クラブとしてはJ1初の快挙で、2014年の勝利数に早くも並ぶことになった。こちらのスタメン変更は2人。田向、岩尾の代わりに鈴木大誠と藤田譲瑠チマが起用された。


浦和のリカルド・ロドリゲス監督としては4シーズン率いた古巣との初対決。まずはその浦和が開始1分に、武田がクロスのこぼれ球をボックス手前からダイレクトシュート。枠には飛ばなかったがゴールに迫った。

しかし、9分に武田が相手との競り合いの際に左足を捻り負傷。担架に乗って運ばれ、代わりに杉本がスクランブル投入された。

一方の徳島は11分、ボックス手前の渡井のシュートがGK西川を強襲。ゴール左隅の際どいコースに飛んだが、西川もさすがのセービングを見せた。

34分には決定機。渡井のチェイシングから高い位置でボールを奪った徳島は、垣田がボックス中央へラストパスを供給。走り込んだ宮代がフィニッシュに持ち込んだが、至近距離のシュートをGK西川に止められてしまった。

勢いに乗る西川はさらに、39分の藤原がボックス左からコースを狙ったシュートも左手一本でセーブ。獅子奮迅の活躍を見せる。

一方で攻撃では43分、西のクロスに頭で合わせた武藤のシュートがクロスバーを直撃。45分の明本のヘディングシュートは相手に当たって枠の外へ。そのCKの流れから明本に再びゴールチャンスが訪れるが、徳島GK上福元も西川に負けじとファインセーブを見せた。

後半から徳島は垣田と鈴木大誠を下げて、河田と岩尾を投入。その立ち上がりは静かな内容となった中で、試合は60分に動いた。

浦和の左CKのシーン。キッカーの小泉のショートコーナーを山中がダイレクトでクロス。これをマークを外した関根が頭で叩き込み、先制に成功した。

その後は中盤での攻防が目立つ展開となるが、アウェイの徳島がやや優勢。84分に左サイドからジエゴが上げたクロスのセカンドボールを宮代が押し込みにかかるが、シュートは相手DFにブロックされた。

続く86分の浜下のシュートも決まらない徳島。後半アディショナルタイムに、左サイドから藤田譲瑠チマが右足で上げたクロスをジエゴが合わせるが、枠を捉えらずタイムアップ。関根のゴールを守り切った浦和が3連勝を上げた。徳島は3連勝がストップした。

浦和レッズ 1-0 徳島ヴォルティス
【浦和】
関根貴大(後15)
関連ニュース
thumb

東京五輪代表の清水MF原輝綺が右足リスフランじん帯損傷で全治8週間

清水エスパルスは6日、U-24日本代表MF原輝綺の負傷を発表した。 クラブの発表によると、原は4月11日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節のヴィッセル神戸戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、右足リスフランじん帯損傷と診断。全治までは8週間を要するとされている。 サガン鳥栖から今シーズン加入した原は、ここまで明治安田生命J1リーグで9試合に出場していた。 東京オリンピック出場を目指す原だが、痛い離脱となってしまった。 2021.05.06 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜が延期分の沼津戦を制し、3位浮上!【明治安田J3第5節】

明治安田生命J3リーグ第5節、FC岐阜vsアスルクラロ沼津が5日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、岐阜が3-1で勝利を収めた。 岐阜のチーム内で発生したクラスターにより延期となっていた一戦。大雨による劣悪なピッチコンディションに互いに苦しめられる中、3試合ぶりの勝利を目指す岐阜が序盤から攻勢に出ると、10分の左CKの場面で中島が右足で上げたクロスを三ッ田が頭で合わせて先制に成功する。 35分には、左サイドの深い位置まで攻め上がった橋本のクロスを川西が頭で叩き込んで追加点。ここまで環境に適した効果的な攻撃で優位に立っていたが、前半終了間際に沼津もアジャスト。FKから鈴木に今季初ゴールが生まれた。 後半も雨は一向に止まず、ピッチ状況もどんどん悪化。自然とロングボールが増えてくる中、やはり次のゴールもセットプレーからだった。62分、岐阜がロングボールを起点とした攻撃で右CKを得ると、吉濱の左足クロスをキャプテンの甲斐が頭で合わせて3点目。 これで勝利をモノにした岐阜は、3試合ぶりの勝利で3位浮上。いわてグルージャ盛岡やカターレ富山との勝ち点差を「1」とした。 2021.05.05 19:12 Wed
twitterfacebook
thumb

「次節もマルと共に」川崎F戦でOGの丸山祐市にクラブがツイート、名古屋サポーターも反応「最高のキャプテン」

名古屋グランパスの1つのツイートがファン・サポーターの間で話題になっている。 名古屋は4日、明治安田生命J1リーグ第12節で川崎フロンターレと対戦。首位攻防戦が連続で行われるという異例の日程となってしまった中、ホームで0-4と大敗を喫していた名古屋は、優勝の可能性を残すためにも必勝で臨んだ。 アウェイゲームに臨んだ名古屋だったが、この試合でもジェジエウ、山根視来とゴールを奪われ2点のビハインドに。さらに後半には思いもよらぬシーンが待っていた。 59分、最終ラインでボールを持ったキャプテンの丸山祐市が川崎Fのプレスを回避しようとバックパス。GKランゲラックが待っていると思われたが、いつものポジションを取っていなかったこともありパスがゴール方向へ。ランゲラックが必死に戻るも、ボールはラインを超え、まさかのオウンゴールで川崎Fに3点目を与えてしまった。 その後、名古屋は稲垣祥とマテウスのゴールで1点差に詰め寄るも、そのまま3-2で敗戦。オウンゴールが決勝点になってしまうという悲劇が起きていた。 その名古屋は試合後に丸山の写真をツイート。「次節もマルと共に」と綴り、ここまで14試合に全て出場しチームを支え続けた丸山を支えるメッセージを送った。 すると、この対応にファン・サポーターが反応。名古屋の対応を称賛する声が集まり、丸山と共に戦っていくというコメントに加え、ここまでフル出場を続けている丸山をねぎらう声も集まった。 「少し頑張りすぎちゃった感があるよね。やはり、少し疲れが見える。次は休ませてあげたい」 「このタイミングで、このtweetできるクラブが好きだ」 「気にするな。最高のキャプテン」 「苦しい時期に丸さんが来てくれたときから、ずっとついていくと決めてるんよ!!!!!」 「こんな事で負けるようなキャプテンじゃないし今までだって逆境を支えてくれたんだから、これからも応援します」 「キャプテンだってたまには休んでもええんやで」 「監督不在の中、マルちゃんはかなりの重責を担っていると思われます。スタッフのみなさんもマルちゃんのフォローをお願いしますね!」 「応援する気持ちに、寸分の変わりもありません」 川崎Fに連敗を喫した名古屋は8日には難敵であるセレッソ大阪と対戦。ホームでしっかりと勝利できるか、期待が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【SNS】クラブが粋な計らいを見せる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">次節もマルと共に<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E7%A5%90%E5%B8%82?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#丸山祐市</a><a href="https://twitter.com/hashtag/AllforNAGOYA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AllforNAGOYA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> <a href="https://t.co/fP6ogRU8jG">pic.twitter.com/fP6ogRU8jG</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1389549226535882754?ref_src=twsrc%5Etfw">May 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.05 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京がSNSの“なりすまし”行為に注意喚起…実在のファン・サポーターになりすまし攻撃的な投稿

FC東京は4日、SNSにおける“なりすまし”行為についての注意喚起を行った。 クラブの発表によると、実在するファン・サポーターになりすまし、他クラブや他クラブの所属選手に対し、攻撃的な発言、差別的な表現や偏見・誹謗中傷を伴う看過できない投稿が、SNS上に散見されているとのことだ。 FC東京は「なりすましの被害を受けた方、その投稿を見た他クラブの選手、関係者、ファン・サポーターのみなさまが受けた心の傷は計り知れず、実在するファン・サポーターの方が発言したように見せかける卑劣な行為は、断じて許されるものではありません」とし、糾弾している。 選手になりすます行為は他クラブでもみられたが、ファン・サポーターを偽る行為もここ数年散見。誹謗中傷や人種差別行為などを行っているものが見られていた。 FC東京は「Jリーグ統一禁止事項にある「人種、肌の色、性別、言語、宗教、政治または出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為をすること」を踏まえ、当クラブとしましては、2014年9月に『FAIR SUPPORT FOR ALL BY ALL』のメッセージを発信し、差別や挑発・迷惑行為の根絶に取り組んでおります」とし、「どのような発言や行為が侮辱にあたり差別的であるかということに関しては、さまざまな受け止め方がありますが、大切なことは、受け手がどのように感じたかということが重要であり、今回のなりすまし行為にかかわらず、FC東京は攻撃的、侮辱的、差別的(と受け止められる)発言や行為を絶対に認めません」と今回の件について声明を発表している。 2021.05.04 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

天王山第2Rも川崎F勝利! 名古屋は反撃及ばずで9pt差に【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節の1試合が4日に等々力陸上競技場で催され、ホームの川崎フロンターレが3-2で名古屋グランパスを下した。 先の第1ラウンドを王者の貫禄を見せつける形で4-0の快勝で飾り、首位固めに成功した川崎Fは前回対戦から変更なし。前回対戦で2ゴールのレアンドロ・ダミアンら11選手をスタートから起用した。 一方、前節の川崎F戦までわずか3失点の堅守が大きく崩され、完敗を喫した2位の名古屋はリベンジを期す今節に向け、4選手を変更。ボランチが本職の米本、長澤、稲垣を今季初めて同時に先発起用した。 大型連休に組まれた異例の首位攻防2連戦。第2ラウンドもマッシモ・フィッカデンティ監督に代わり、コーチのブルーノ・コンカ氏が指揮を執る名古屋だが、ミラーゲームに持ち込むなどの策を打ち、締まった展開に持ち込んでみせる。 前半の半ば過ぎまで狙い通りの戦いを披露した名古屋だが、川崎Fがセットプレーからその流れを打ち崩す。左CKのチャンスを獲得した31分、キッカーの田中が右足インスウィングのクロス。ファーサイドのジェジエウが頭で合わせ、先制した。 川崎Fにリズムを作らせず、良い形で試合を進めたものの、奪われたくなかった先制を許した名古屋は追いつこうと、44分にカウンター。最後は稲垣が得意のミドルレンジから右足を振り抜くが、GKチョン・ソンリョンの正面を突く。 前半と同じく後半も入りのペースを握った名古屋だが、川崎Fがしたたかに追加点。50分、敵陣左サイドの三笘が成瀬を縦に振り切り、左足でラストパスを出すと、ゴール前に詰めた山根が体勢を崩しながら右足でプッシュ。名古屋を突き放す。 出鼻をくじかれた名古屋はここから巻き返しを図りたいところだったが、59分に谷口のフィードを処理しようとした丸山とGKランゲラックの間で連携ミス。三笘のプレスを嫌った丸山のバックパスがゴールに吸い込まれ、リードがさらに広がった。 前回対戦に続いて大量リードに成功した川崎Fが63分に家長とレアンドロ・ダミアンに代えて遠野と知念の交代に動くなか、2試合連続無得点で終わるわけにいかない名古屋も森下、齋藤、ガブリエル・シャビエル、柿谷を立て続けに送り込む。 すると、73分にボックス右外角で味方の攻め上がりを待ったマテウスが自身を追い越す動きで深くを突いた森下にパス。右足での折り返しに反応したボックス中央の稲垣が右足ダイレクトで合わせると、これがゴール右に決まり、1点を返した。 さらに攻撃に注力した名古屋は83分、敵陣右サイド深くでFKのチャンスを獲得すると、キッカーの名手マテウスが左足で直接。縦回転のシュートが相手GKの頭上をうまく通過して左ポスト内側にあたり、そのままゴールに吸い込まれ、1点差に詰め寄った。 マテウスの芸術的な直接FKによる一発でわずか1点差になってしまった川崎Fだが、残る交代カードも使いながら逃げ切り、天王山2連戦を2連勝。開幕14戦負けなしとなり、名古屋との勝ち点差を「9」に広げ、さらなる首位固めに成功している。 川崎フロンターレ 3-2 名古屋グランパス 【川崎F】 ジェジエウ(前31) 山根視来(後5) OG(後14) 【名古屋】 稲垣祥(後28) マテウス(後38) 2021.05.04 17:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly