ロビー・サヴェージ氏の息子がユナイテッドとプロ契約締結! 先日にU-18ウェールズ代表デビュー

2021.04.08 22:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてはバーミンガム、ブラックバーンなどで活躍した元ウェールズ代表MFのロビー・サヴェージ氏(46)の息子がマンチェスター・ユナイテッドとプロ契約を締結した。かつてデイビッド・ベッカム氏らと同じ黄金世代の一員としてユナイテッドの下部組織で育った父を持つU-18ウェールズ代表MFチャーリー・サヴェージ(17)。


父と同様にセントラルMFを主戦場とするチャーリーだが、豊富な運動量を生かしたハードワークと、激しいタックルを最大の特長としていた父とは異なり、よりエレガントなプレースタイルを持つレフティー。

今シーズンここまではU-18チームで17試合に出場し2ゴール5アシストをマークし、U-23チームの試合でもベンチメンバーに入る将来性豊かなタレントだ。

そのチャーリーは7日、自身の公式『ツイッター』を通じてユナイテッドと自身初となるプロ契約にサインしたことを明かした。

「マンチェスター・ユナイテッドとの初めてのプロ契約にサインできたことを嬉しく思うよ」

「友人や家族、そして(エージェンシーの)『ニューエラ・グローバルスポーツ』のすべての人たちに感謝を伝えたい。これからもハードワークを続けていくよ」

尊敬する父はユナイテッドのトップチームでプレーすることなくチームを旅立ったが、チャーリーは赤い悪魔の一員としてデビューすることはできるか。

1 2
関連ニュース
thumb

ケディラ弟、今季終了後にアウグスブルクを退団

アウグスブルクは13日、ドイツ人MFラニ・ケディラ(27)が今季終了後に退団することを発表した。 ヘルタ・ベルリンの元ドイツ代表MFサミ・ケディラの弟として知られるラニは、2017年夏にライプツィヒからアウグスブルクに加入。アウグスブルクでは公式戦124試合に出場して5ゴール4アシシトを記録。今季もブンデスリーガ24試合に出場して主力として活躍していた。 なお、移籍先としてはウニオン・ベルリンが候補に挙がっているとのことだ。 2021.04.14 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベッカムオーナーのインテル・マイアミ、フェイエGKマルスマンを獲得

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミは12日、フェイエノールトからオランダ人GKニック・マルスマン(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 マルスマンは今シーズン限りとなっているフェイエノールトとの契約終了後、MLSクラブと2023年までの1年半契約にサインする。 トゥヴェンテでプロキャリアをスタートしたマルスマンは、ユトレヒトを経て2019年にフェイエノールトに加入。ここまでエールディビジ通算130試合以上に出場し、今シーズンも正GKユスティン・バイロウの長期離脱を受けて公式戦25試合に出場するなど正GKとして活躍している。 デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミでは、今シーズン限りでWBAとの契約が終了する元イングランド代表DFキーラン・ギブス(31)をすでに確保している。 2021.04.14 00:46 Wed
twitterfacebook
thumb

C・パレス、若手SBミッチェルと契約延長!

クリスタル・パレスは13日、イングランド人DFタイリック・ミッチェル(21)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 ブレントフォードのアカデミー出身のミッチェルは、2016年にパレスのユースに加入。U-18チーム、U-23チームでの活躍を経て2019年からトップチーム昇格を果たすと、昨年7月に行われたプレミアリーグのレスター・シティ戦で待望のプレミアリーグデビューを飾った。 高い身体能力を特長とする左サイドバックは今シーズンここまで公式戦16試合に出場している。 2021.04.14 00:26 Wed
twitterfacebook
thumb

ジブリル・シセがアメリカ4部で現役復帰! 過去に在籍したパナシナイコス所縁のクラブ

元フランス代表FWのジブリル・シセ(39)がアメリカ4部のクラブで現役復帰を果たすことになった。 これまでオセールやマルセイユ、リバプール、QPRなどで活躍したシセは、2015年に現役を引退した。 その後、2017年にスイス3部リーグのイヴェルドン・スポールで現役復帰を果たすと、2018年夏には当時新設されたばかりのイタリアクラブ、ACヴィンチェンツィア1902へ加入。そして、2019年夏には2度目の引退を決断。以降は、コンサートDJとしてアメリカの大物歌手マライア・キャリーとも共演を果たすなどセカンドキャリアを謳歌していた。 その後、シセは昨年に「俺のリーグ・アンでの記録は96ゴールでストップしている。あと4ゴールだっただけに本当に歯痒いよ。だから、リーグ・アンに戻ってこの記録を達成したい」と、リーグ・アンでの現役復帰を希望。だが、加入先の候補に挙がっていたディジョンとの交渉は早々に破談に終わっていた。 そのため、現役復帰の道は完全に断たれたかに思われたが、元フランス代表FWに救いの手を差し伸べたのは、ナショナルプレミアサッカーリーグ(NPSL)のパナシナイコス・シカゴ。 同クラブはそのクラブ名からもわかるように、ギリシャの名門と強い繋がりを持つクラブで過去にシセがパナシナイコスに在籍していた縁もあって、今回の加入が決定した。 なお、同リーグの新シーズンは7月末に開幕する。 2021.04.14 00:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGの新指揮官はフランクフルトのヒュッター監督に決定、3年契約を締結

ボルシアMGは13日、今シーズン限りでフランクフルトを退団するアディ・ヒュッター監督(51/写真右)が来シーズンから指揮官に就任することを発表した。 なお、契約期間は2021-22シーズンから3年間となる。 ボルシアMGのマックス・エーベル氏は「アディ・ヒュッターを迎えられてとても満足している」とコメント。「我々のチーム、クラブにとて、彼は夏から我々の目の前にある課題と目標にとって、最高の監督だ」と歓迎した。 ボルシアMGは今シーズンのチャンピオンズリーグに出場したものの、リーグ戦では振るわずに現在8位に位置。さらに、マルコ・ローゼ監督(写真左)が来シーズンからドルトムントの監督に就任することがすでに発表されており、後任を探している状況となっていた。 ヒュッター監督が最有力候補として浮上していた中、予想通りの結果に。来シーズンはどんなチームを作るのか注目を集めることとなる。 オーストリア人指揮官のヒュッター氏は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任。2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも、今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはCLに出場する可能性残している状況だ。 2021.04.13 18:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly