福島から福井へ、2年目のFW賀澤陽友が育成型期限付き移籍

2021.04.07 11:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
福島ユナイテッドFCは7日、FW賀澤陽友(19)が北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2022年1月31日までとなる。


賀澤は横浜F・マリノスのジュニアユース出身で、市立船橋高校から2020年に福島へと入団した。

入団1年目は公式戦の出場はなく、今シーズンもここまで出場はなかった。

福井へと育成型期限付き移籍する賀澤はクラブを通じてコメントしている。

◆福島ユナイテッドFC
「福島の皆さん、この度、福井ユナイテッドFCに期限付き移籍する事になりました」

「また福島でプレーができるように、福井で頑張ってきます! 福島からは離れますが今後とも応援よろしくお願いします!」

◆福井ユナイテッドF
「この度、福井ユナイテッドFCに期限付き移籍する事になりました。JFL昇格に貢献できるように頑張ります!よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

J3福島が元秋田MF鎌田翔雅、元八戸DF佐藤和樹の加入を発表

福島ユナイテッドFCは25日、MF鎌田翔雅(31)、DF佐藤和樹(27)の加入を発表した。 鎌田は湘南ベルマーレの下部組織出身で、湘南の他、ジェフユナイテッド千葉、ファジアーノ岡山、清水エスパルスでプレー。2020シーズンはブラウブリッツ秋田でプレーしていた。 秋田では明治安田J3で23試合に出場し2得点を記録。これまで明治安田J1で64試合2得点、明治安田J2で107試合に出場していた。 佐藤は名古屋グランパスの下部組織出身で、名古屋の他、水戸ホーリーホック、カターレ富山でプレー。2019年からヴァンラーレ八戸でプレーしていた。 八戸では明治安田J3通算53試合に出場し4得点を記録。明治安田J1では通算4試合出場。J3では通算67試合出場5得点だった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF鎌田翔雅 「はじめまして、鎌田翔雅です。まずは、2021シーズンが始まっているこのタイミングで、福島ユナイテッドでプレーする機会を下さった、竹鼻SD、時崎監督に感謝しています」 「そして、今日まで僕のわがままに付き合ってくれた家族にも感謝しています。ここでは書ききれないほど沢山の方々にサポートをしていただいたので、僕のプレーで感謝を表現していきたいと思っています」 「今年、福島での1年がとても大事な年だと思っています。この地で色々な事を感じて、そこで体感したものを力に変えてプレーしたいです」 「チームの力になるだけではなく、福島県を盛り上げて、皆さんを笑顔にするために全力で頑張るので、応援をよろしくお願いします。優勝目指して、共に闘いましょう!」 ◆DF佐藤和樹 「福島ユナイテッドFCに加入する事になりました佐藤和樹です!去年のシーズンが終わりこの時期まで、チームが決まらず本当に難しい時間を過ごしていました」 「そんな僕にまたサッカーをする環境を与えてくれた福島ユナイテッドFCに、心から感謝しています。僕はこの期間、昨年限りで現役を引退した増嶋竜也さんが立ち上げた#Rebackというプロジェクトに参加させていただきました。このプロジェクトは、クラウドファンディングで集めたお金で僕のような夢を諦めたくないサッカー選手にもう一度、Jリーグの舞台に戻るチャンスを与える事を目的としています」 「そして沢山の支援のお陰で、本当に素晴らしい環境でトレーニングをすることができ、いつ来るかわからないチャンスのためにコンディションとモチベーションを上げ続けることができました。その結果、突然の練習参加でも契約を勝ち取ることが出来たのだと思っています」 「沢山の支えがあって、今こうしてまたサッカーが出来ることを幸せに感じています。この福島ユナイテッドFCのために必死でプレーする事により、沢山の人に感動を与え、恩返しが出来るように1日1日を大切に過ごしていきたいと思っています。チームのために全力で闘います!応援よろしくお願いします!!」 2021.03.25 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

今季から主将就任も…福島DF吉田朋恭が開幕目前に山形移籍! 「悩み考えました」

モンテディオ山形は9日、福島ユナイテッドFCからDF吉田朋恭(23)の完全移籍加入を発表した。背番号は「28」を着用する。 吉田は前橋育英高校、産業能率大学を経て、昨季に福島でプロキャリアをスタート。ルーキーイヤーながら明治安田生命J3リーグ全34試合に出場して、1ゴールを記録した。 今年1月初旬に契約更新に至り、今季からキャプテンの1人にも任命されたものの、今週末に今季開幕が迫るなかで移籍を決断した吉田。移籍先の山形公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「この度、福島ユナイテッドFCから移籍してきました吉田朋恭です。ともと呼んで頂けると嬉しいです。シーズンが開幕しJ1昇格に向けチームが始動している中、僕をチームに受け入れて頂き感謝しています。たくさん悩み考えた上での決断です。その決断に間違いはなかったと言えるように山形の地で覚悟を持ってプレーします。少しでも早くチームに貢献できるよう精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします」 一方、福島の公式サイトを通じてはこのタイミングでの移籍を詫び、新天地での活躍を誓った。 「この度モンテディオ山形に移籍することを決断しました。まず、開幕1週間前というこのタイミングでチームを離れる決断をしたこと大変申し訳ありません。山形からお話を頂いてから2週間程自分の中で悩み考えました」 「僕は福島ユナイテッドに本当に感謝しています。大学でチームを探しているとき拾ってくれたのはこのクラブでした。そして、昨年は1年目で想像もしていなかった全試合に出場をさせてもらいました。このお話が来たとき、クラブは僕が福島ユナイテッドにとって必要だと強く思いを伝えてくれましたし、選手をサポートしてくれている温泉やお店、すべてに感謝しています」 「実は一度は残ると心の中で決めました。チームが本気でJ3優勝、J2昇格を目指して練習に励んでいて、チームの雰囲気も素晴らしく、ピッチ内でもピッチ外でもコミュニケーションを取り、自分に必要なことを各々が考えて自発的に行動していました。このチームなら目標を達成できると強く思い、自分もその一員としてこのクラブで闘いたいと思いました。でも、そう心に決めたときに自分は本当はどうしたいのだろう、どうなりたいのだろうと頭の中をよぎりました」 「サッカー選手である以上、常に上を目指すのは当然だと、そのために今まで色んな物を犠牲にしてやってきたのではないかと。世界的に見たら、もう若くない年で上のカテゴリーでできるチャンスを頂いて、それを逃していいのかと考えるようになりました。もしかしたら、もう1年ここで経験を積むことがステップアップへの近道かもしれません。逆に、大きな怪我をしてサッカー人生が終わるかもしれません」 「まだ見えない未来を知ることは誰にもできません。だから、僕は行かなかった後悔はしたくない、するなら行って後悔するほうが納得できると思いました。そして、行くからには後悔なんてするつもりもありませんし、このクラブの代表としてステップアップし、クラブの顔になれるよう必ず活躍してさらに上の舞台でプレーすることで福島ユナイテッドに恩返しをしたいです」 「福島ユナイテッドFCのファン・サポーターの皆さん、こんな時期に移籍の発表をするのは胸が苦しいです。ただ、今年の福島ユナイテッドは本当に最高のチームです。期待していてください。僕も一ファンとして試合をチェックしていきます! もしよかったら、僕のことも少しだけ気にしていただけると嬉しいです。1年と少しの間でしたが本当に幸せでした。応援ありがとうございました!」 2021.03.09 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

福島、新加入のGK服部一輝が左外側半月板損傷で手術…全治2カ月

福島ユナイテッドFCは15日、GK服部一輝の負傷を発表した。 クラブの発表によると、服部は5日に行われたトレーニングで負傷。福島県内の病院で検査を受け、左外側半月板損傷と診断。手術を受けたとのことだ。 なお、全治は2カ月程度を要する見込みとのことだ。 服部は昨シーズンはカマタマーレ讃岐でプレーし、明治安田J3で9試合に出場。今シーズンから福島へと完全移籍していた。 2021.02.15 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

J3から海外へ、福島MF田村亮介が韓国2部のFC安養へ完全移籍「自らを信じ突き進んで行きます」

福島ユナイテッドFCは28日、MF田村亮介(25)がKリーグ2(韓国2部)のFC安養へ完全移籍することを発表した。 田村は京都サンガF.C.の下部組織出身で、2014年にトップチーム昇格。2015年にはサガン鳥栖への期限付き移籍を経験した。 2018年まで京都でプレーすると、2019年に福島へ完全移籍。2シーズンを過ごした。 田村は福島でJ3通算68試合に出場し16得点を記録。レギュラーとして2シーズンを過ごしたが、初の海外挑戦となる。 田村はクラブを通じてコメントしている。 「どうも!タムです!福島ユナイテッドを愛し応援してくださる全ての皆様、2年間お世話になり本当にありがとうございました。2020シーズンはキャンプテンを任せていただき、なかなか勝てない事に責任を感じていました」 「このクラブを強くしたい、大きくしたいと願うばかりで結果が出ず申し訳なく思っています。自分をクラブに加入し使ってくださったフロントスタッフをはじめ、監督、コーチ、会社の方々には本当に感謝しております」 「そして、いつも声援を送ってくださるファン、サポーターの皆様、昨年は応援にも制限がありもどかしい気持ちの中でも僕達を励まし、支えてくださりありがとうございました。皆様の声援は選手に聴こえていますし、背中を押してくれます。今後とも福島ユナイテッドをよろしくお願いします!」 「これから先、違うチームでのプレーになりますが、自分はこの福島の土地に縁を感じておりますし、福島ユナイテッドを愛しています。必ず大きな素晴らしいチームになる事を祈っています!僕も自らを信じ突き進んで行きます!」 「2年間本当にありがとうございました!」 2021.01.28 10:48 Thu
twitterfacebook
thumb

福島、MF遊佐克美の加入を発表「自分の全てをかけて福島のためにがむしゃらに全力で戦う事を約束します」

福島ユナイテッドFCは19日、MF遊佐克美(32)を獲得したことを発表した。 サンフレッチェ広島の下部組織出身の遊佐は、日本ではツエーゲン金沢やFC岐阜のリザーブチームでプレーするも、結果を残せず2010年にパラグアイへ渡航。同年3月に当時パラグアイ2部のサン・ロレンソに入団し、2011年からはインドに活躍の場を移した。 インドでは通算6クラブに所属し、2013年から2017年に在籍していたモフン・バガンではトップリーグ優勝を経験。直近ではチェンナイ・シティでプレー。昨年12月に開幕したIリーグで16試合5ゴール3アシストを記録した。 地元の福島で再スタートを切る遊佐はクラブの公式サイトで意気込みを語っている。 「はじめまして。この度、福島ユナイテッドFCに加入することになりました福島生まれ福島育ち遊佐克美です。震災から今年で10年になります。その年に自分が生まれ育った地元のクラブに加入できる事を大変嬉しく思います。福島ユナイテッドFCが福島の復興のシンボルとして全国に発信していけるように、そして福島に明るいニュースをたくさん届けられるように、自分の全てをかけて福島のためにがむしゃらに全力で戦う事を約束します」 「日本を離れて約10年間海外でプレーしてきましたが、今まで自分が経験してきた事を生かして、チームの目標であるJ2昇格に貢献できるように頑張ります。たくさんのサポーターのみなさん、福島のみなさん、魂のこもったプレーをぜひTOHOみんなのスタジアムに観に来て下さい」 2021.01.19 19:07 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly