ハマーズ、今季後半戦で主力定着のDFドーソンをワトフォードから買い取り!

2021.04.07 01:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムは6日、ワトフォードからレンタル加入中のイングランド人DFクレイグ・ドーソン(30)を今シーズン終了後に完全移籍で獲得することを発表した。ドーソンはウェストハムと2023年6月30日までの契約にサインしている。189cmの恵まれた体躯を誇る屈強なセンターバックのドーソンは、WBAとワトフォードでプレミアリーグ180試合以上に出場してきた経験豊富なプレーヤー。


ワトフォードのチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格の影響もあり、昨年10月の国外の移籍市場閉幕後に、1年間のレンタル移籍でウェストハムに加入した。

シーズン途中での加入ということもあり、昨年末までは控えに甘んじていたが、プレミアリーグ第16節のサウサンプトン戦でハマーズデビューを飾ると、以降15試合連続で先発フル出場。3バックと4バックを併用する4位チームの最終ラインに安定感をもたらし、得意のセットプレーから3ゴールを挙げている。

そして、正式にハマーズの一員となったドーソンは、クラブ公式サイトを通じて新たな意気込みを語っている。

「ウェストハムに来たことは僕にとって素晴らしいことであり、このような伝統あるクラブでプレーできることを光栄に思っている」

「チームには本当の意味での一体感、チームスピリット、そして素晴らしいクオリティがある。このクラブでの自分の将来と、クラブが今後達成できる可能性について期待しているよ」
関連ニュース
thumb

アーセナルが復活リンガードの獲得に再挑戦! 買い取り目指すウェストハムと競合か

ウェストハムで出色のパフォーマンスを披露するイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)を巡り、アーセナルの動きもあるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 リンガードは今年1月に出場機会を求め、マンチェスター・ユナイテッドからウェストハムにローン移籍。すると、プレミアリーグで来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを演じるチームのなかで、ここまで9試合の出場で8得点4アシストとハイパフォーマンスを披露して、先の代表ウィークで縁遠くなりつつあったイングランド代表返り咲きも果たした。 そんなリンガードの恩恵を受けるウェストハムはもちろん、買い取りを目指しているが、アーセナルも名乗り。今冬に獲得を目指した際にヨーロッパリーグ(EL)で直接的なライバルになり得るチームということもあり、ユナイテッドから拒否されたアーセナルだが、再び獲得に動いており、今夏の完全移籍に向けて問い合わせを行った模様だ。 アーセナルは今冬、レアル・マドリーからのシーズンローンでノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールを獲得したが、来季もとどめられるか否か不透明。他にも創造性に溢れる中盤として、売り出し中のMFエミール・スミス・ロウもいるが、ウーデゴールが去ったときの一手として、ウェストハムで輝きを放つリンガードに目を光らせているようだ。 なお、リンガードとの契約をあと1年残すユナイテッドは延長意向を示している様子だが、それが叶わなければ、今夏が現金化のタイミングに。ローマも関心を抱いているといわれ、ウェストハムでの活躍ぶりを加味して移籍金3000万ポンド(約45億1000万円)を求めているとみられる。 2021.04.12 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

大一番欠場のマディソンらが規則破り…レスター指揮官「我々にも守るべき規律がある」

チャンピオンズリーグ(CL)出場権の行方を左右する一戦で主力数名を欠いたレスター・シティだが、それは新型コロナウイルスの規則違反によるものだったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 3位のレスターは11日に敵地で行われたプレミアリーグ第31節で4位のウェストハムと対戦。来季のCL出場権が得られる現在の順位を守るためにも負けられない直接対決だったが、前半の2失点が重くのしかかり、2-3で敗れ、ウェストハムとわずか1ポイント差となってしまった。 熾烈さを極めるトップ4争いに巻き込まれたブレンダン・ロジャーズ監督は試合後、イングランド代表MFジェームズ・マディソン、イングランド人MFハムザ・チョードリー、スペイン人FWアジョセ・ペレスの欠場について、チームが定めるコロナ禍の規則違反が理由だと述べた。 「それは私が下した決断だ。先週末に内部で問題を抱えたことで、期待する水準じゃなかったが、我々にもピッチ内外で守るべき規律がある。この2、3年間におけるチームの発展はそれがあるからこそ。彼らは良い人間であり、良い若者なのだがね」 レスターもこれを受けた声明のなかで、当該選手たちからの詫びを明かした上で、「チームがトレーニングや試合を行う環境を守るためのクラブスタッフの努力が損なわれかねない違反行為があったのは極めて残念」と遺憾の意。今後、対応策が話し合われる見通しだという。 なお、レスターの次戦は18日に行われるFAカップ準決勝のサウサンプトン戦。ロジャーズ監督は「個人的にも苦しいほど失望した。しかし、それは彼らのミスであり、責めたりなんてしない。もう過去のこと」だと述べ、その試合に向けたトレーニングから戻す意向を示している。 2021.04.12 17:25 Mon
twitterfacebook
thumb

連勝でトップ4維持も「私は今笑っていない」、チームに苦言のモイーズ監督「またしても勝ち点3を手放すところだった」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、大一番での勝利にも反省点を口にした。クラブ公式サイトが伝えている。 現在リーグ4位のウェストハムは、11日に行われたプレミアリーグ第31節で3位レスター・シティと対戦。絶好調のMFジェシー・リンガードの2ゴールもあり3点を先取したチームは、そこからレスターの反撃を受け2点を返される展開に。終盤には危険なシーンを作られたが、守備陣の奮闘もあり3-2で勝利した。 この結果、連勝を飾ったウェストハムは4位を維持。3位レスターとの勝ち点差も「1」まで縮まっている。しかし、試合後のインタビューに応じたモイーズ監督は、失点の多いチームに苦言を呈した。 「私は今笑っていない。これは怒りの笑顔だ。なぜなら、我々はまたしても大きな勝ち点3を手放すところだった。アーセナル戦、ウォルバーハンプトン戦、レスター戦で3-0と信じられないスコアになったが、そこから3-3、3-2、3-2になっている。このようなことは許されず、より良くなる必要があるだろう」 「後半、中盤の選手が足りなくなったが、結果を出せたことには嬉しく思う。今夜、赤ワインを飲んで落ち着けば、もっと幸せになれるだろう。私は基準を高くしていきたい。1試合に2失点を許すのではなく、3ゴールを必要とするようにしたいね。今の状況は止めなければならない」 また、モイーズ監督はこれから下位チームとの試合が多くなることに言及。プレッシャーが増していくとしつつ、良いパフォーマンスを続けていきたいと意気込んだ。 「今日はプレッシャーを感じず、本当に良い位置にいると感じられた。今シーズンの後半には、『この試合は勝つべきであり、勝利が期待されている』と思うような試合が控えており、よりプレッシャーを感じるかもしれない」 「今日はリーグ戦で上位のチームと対戦して、結果レスターとの差は1ポイントになった。レスターは本当に良いチームであり、60分間そんな彼らを相手に我々は本当に良くやったのだから、これは大きいだろう」 「常に良いサッカーを求めてきた。私はセルティックで育ったが、あそこでは良いプレーをしなければならず、それはゴールを決め、攻撃的であることを意味していた」 「一方で、試合に勝つためには組織的で優れた守備力が必要だと強く意識している。そのバランスを取る必要があるんだ。現在、我々はゴールを奪っているが、私は失点をしないようにしていく必要がある」 2021.04.12 11:46 Mon
twitterfacebook
thumb

圧巻2発のリンガードが4戦連発のハマーズが4位死守! 連敗のレスターは熾烈トップ4争いに飲み込まれる《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節、ウェストハムvsレスター・シティが11日にロンドン・スタジアムで行われ、ホームのウェストハムが3-2で勝利した。   前節、4位に浮上したウェストハム(勝ち点52)と、3位に位置するレスター(勝ち点56)による来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う直接対決。   前節、ウォルバーハンプトンに競り勝ったウェストハムだが、ライスに続きアントニオが負傷離脱となり、この一戦ではボーエン、リンガード、フォルナルスで前線のアタッキングユニットを組み、変則的な[5-3-2]の布陣を採用。相手に並びを合せる形の戦い方を採用した。なお、ノーブルはこの試合でプレミアリーグ通算400試合出場を達成している。   一方、前節マンチェスター・シティに完敗したレスターは負傷のマディソン、アジョセ・ペレスの離脱に伴い、プラートをヴァーディ、イヘアナチョの2トップの下に配置した。   立ち上がりから中盤での潰し合いが続く中、レスターは好調を維持するイヘアナチョがミドルレンジのシュートで相手をけん制。対するウェストハムはターゲットマンタイプの選手の不在によって間でボールを引き出す前線3枚のモビリティ、スーチェクやセンターバック陣の高さを生かしたセットプレーでチャンスを窺う。   前半半ばを過ぎても互いに決定機まであと一歩という場面が目立つも、ハマーズの絶好調男が個の力でゴールをこじ開ける。29分、マスアクが縦に仕掛けて左サイド深くからクロスを供給。これは中央の味方に合わず逆サイドに流れるも、これを回収したコウファルの柔らかなマイナスの折り返しに反応したリンガードがボックス手前右から枠の外から大きく巻いていく見事な右足のダイレクトボレーをゴール右下隅に突き刺した。   ホームチームにとってファーストシュートとなったリンガードのリーグ4試合連続ゴールで先手を奪ったウェストハムは、前がかりなアウェイチームをうまく自陣に引き込んで鋭いロングカウンターを繰り出していく。   すると、前半終了間際の44分にはGKからのリスタートで最後尾のディオプのロングフィードに完璧なタイミングで抜け出した右サイドのボーエンがボックス付近までドリブルで運んでGKを引き付けて中央に走り込むリンガードへプレゼントパスを送ると、難なく右足で流し込んだ。なお、今季リーグ出場9試合目で8ゴールのリンガードは、マンチェスター・ユナイテッド時代の2017-18シーズン(33試合出場)に記録したキャリアハイのゴール数に並ぶことになった。   迎えた後半、2点ビハインドのレスターはアマルテイを下げてトーマスをハーフタイム明けに投入。この交代でカスターニュを3バックの右、トーマスを左ウイングバックに置いた。   だが、後半も先にゴールをこじ開けたのはホームのウェストハム。48分、ハイプレスでイヘアナチョへの縦パスを引っかけると、左サイド深くでこぼれを拾ったリンガード、スーチェクと相手ボックス付近で繋ぎ、ゴール前のボーエンにラストパスが通ると、冷静に左足のシュートを蹴り込んだ。   レスターを圧倒するハマーズだが、直後にはアクシデント発生。空中戦後の着地の際に左ヒザを痛めたクレスウェルがプレー続行不可能となり、バルブエナが緊急投入された。それでも、直後のリスタートの流れから最終的にオフサイドとなったものの、ディオプがゴールネットを揺らす場面を作り出すなど、試合の主導権は譲らない。   60分付近にプラートに代えてオルブライトンを2枚目のカードとして切ったレスターはここからリスクを冒して攻勢を強めていく。流れの中では後方に重心を置き始めたホームチームを前に流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めない。   しかし、70分には相手陣内右サイドでボールホルダーのマスアクにリカルド・ペレイラにプレッシャーをかけてこぼれたボールをペナルティアーク付近で受けたイヘアナチョが見事な左足の反転シュートを突き刺し、ようやく1点を返した。   ここから勢いづくレスターは後半終盤にかけて逃げ切りを図るハマーズ相手にハーフコートゲームを展開。再三の決定機を作り出すと、91分にはオルブライトンが右サイド深くで入れた高速クロスのこぼれに反応したイヘアナチョが泥臭く左足のボレーシュートを流し込み、ついに1点差に迫る。   その後、後半アディショナルタイムにはセットプレー時にGKシュマイケルが攻撃参加を見せるなど、決死の猛攻に打って出る。だが、ラストプレーの場面でフォファナが放ったゴール前でのヘディングシュートはわずかに枠の左に外れてしまい、試合はこのままタイムアップ。   この結果、レスターにシーズンダブル達成のウェストハムが2連勝で4位の座を死守。一方、連敗のレスターはウェストハムに1ポイント差に迫られるなど、完全に熾烈なトップ4争いに飲み込まれることになった。 2021.04.12 00:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェストハムにアントニオ負傷のさらなるダメージ…レスター戦欠場、長期離脱の恐れも

ウェストハムにさらなる追い討ちだ。イギリス『イブニング・スタンダード』がさらなる戦力ダウンを報じている。 デイビッド・モイーズ体制2年目の今季、プレミアリーグで上位をかき乱す存在となり、この最終盤にトップ4争いを演じてみせるウェストハム。前節のウォルバーハンプトン戦を制すると、同節に躓いたチェルシーを抜いて4位返り咲きを果たした。 しかし、先日にイングランド代表MFデクラン・ライスが代表ウィーク中にヒザを負傷して4週間の戦線離脱。さらに、リーグ戦でチーム最多タイの7ゴールを記録するイングランド代表FWマイケル・アントニオも戦線離脱を余儀なくされたようだ。 先のウォルバーハンプトン戦でハムストリングを痛め、36分に負傷交代を強いられたアントニオは当初、軽傷が見込まれたが、予想よりも重傷だった模様。10日にホームで行われる第31節で3位レスター・シティと対戦するが、欠場するという。 また、今後の状態次第でさらに復帰が長引く可能性があるとも…。そのウェストハムはレスター戦が終わると、チェルシー戦やエバートン戦も残されており、アントニオを長期欠くなれば、大きな痛手となる。 なお、ヒザの手術で離脱が続いたDRコンゴ代表DFアルチュール・マスアクが今週からチームに復帰。元イタリア代表DFアンジェロ・オグボンナも完全復活に迫っており、今週からトレーニングに参加しているようだ。 2021.04.09 18:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly