契約満了を迎える宮市亮、「第二の故郷」とクラブ愛を明かすも幹部は度重なるケガに難色「計画としては理想的ではない」

2021.03.31 20:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツ2部のザンクト・パウリに所属する元日本代表FW宮市亮(28)の去就について、クラブの幹部が言及した。ドイツ『ビルト』が伝えた。これまで、アーセナル、フェイエノールト、ボルトン、ウィガン、トゥベンテと渡り歩き、2015年7月にアーセナルからザンクト・パウリへと活躍の場を移した。


しかし、キャリアを通じてケガと切っても切れない縁がある宮市はザンクト・パウリ加入後に左ヒザ前十字じん帯を断裂。2017年6月には右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負うなど、ヒザを何度も負傷していた。

その宮市も2019-20シーズンはケガなく開幕を迎え、レギュラーとしてプレー。ブンデスリーガ2部で29試合に出場し1ゴール7アシストを記録。チームでも重要な役割を担っていた。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断明けの5月にヒザに違和感を覚えると、そのまま離脱。今シーズンもピッチには一度も立っていない。

左ふくらはぎを痛めて離脱していた宮市だが、トレーニングに復帰を果たスト「ようやくまたサッカーができるようになりました。再びチームと一緒にトレーニングできることを嬉しく思います」と復帰に安堵。「思ったよりも時間がかかりました。でも、恥骨の炎症については知らなかったんです」と語り、恥骨炎を患っていたことは後で気がついたと明かした。

その宮市はかつてのスピードを取り戻すなど順調に回復している一方で、ザンクト・パウリとの契約はこの6月で満了を迎えることとなる。

未だ復帰できていない宮市だが、クラブのスポーツディレクター(SD)を務めるアンドレアス・ボルネマン氏が宮市について言及。復帰には慎重になるべきだとした。

「リョウは長い困難な旅に出ていた。今シーズンのブンデスリーガ2部で出場できるかどうかは予測が難しい。彼が負荷が増えることで、どう対処できるのかを見極める必要がある」

また、契約についても「我々はオープンに議論できることを示している」とコメント。宮市の能力については高く評価している一方で、ケガの多さがクラブとしてのプランの邪魔をしていると難色を示した。

「リョウが健康な時、誰もが彼の並外れた能力について理解している」

「ただ、残念ながら過去数年間は起用できないことがよくあった。これは計画としては理想的ではない」

アーセナルからドイツに渡って気がつけば6年が経過しようとしている宮市。稼働率は高くなく、多くの時間を治療に費やしてきたが、可能であればクラブに残りたい意向があるようだ。

「僕はクラブが好きです。でも、将来がどうなるかはわかりません、今はピッチに集中しなければならないです」

「残るチャンスがあるならば、そうしたいです。僕たちにとって、ハンブルクは第二の故郷のようなものです。ここにいることを楽しんでいます」

今季中の復帰を目指して調整を続ける宮市。再びピッチを駆け回る姿を見せ、クラブにアピールできるかに注目だ。
関連ニュース
thumb

離脱から8カ月、宮市亮の現在を監督が語る「とても良さそう」

ブンデスリーガ2部に所属するザンクト・パウリのティモ・シュルツ監督が、長期離脱中のFW宮市亮について語った。ドイツ『ビルト』が報じた。 2015年7月にアーセナルから完全移籍でザンクト・パウリに加入した宮市。しかし、相次ぐケガの影響もあり、加入当初はプレー機会が限られていた。 しかし、2019-20シーズンはケガなく開幕を迎え、レギュラーとしてプレー。ブンデスリーガ2部で29試合に出場し1ゴール7アシストを記録。チームでも重要な役割を担っていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断明けの5月にヒザに違和感を覚えると、2020年6月5日のボーフム戦の出場を最後に欠場。今シーズンは一度もピッチに立っていない。 シュルツ監督は宮市の状態について「とても良さそうに見える」とコメント。しかし「ただ、私はまだ予想を口にはしたくない」と復帰時期について言及することを避けた。 宮市は、内転筋、そして最近ではふくらはぎに問題を抱えていたとのこと。それでも、現在はトレーニングに復帰している。 シュルツ監督は「筋肉の問題には、細心の注意を払わなければならない。1日や1週間の問題ではない」とコメント。それでも宮市の復帰を望んでいるとし「彼が戻ってきてくれれば、みんながハッピーになれる。リョウは別の要素をチームに与えてくれるからだ」とコメント。復帰に期待を寄せていた。 ザンクト・パウリは現在ブンデスリーガ2部で11位に位置。昇格からは遠い位置にいるが、直近のリーグ戦は5連勝と急激に調子を上げており、2021年に入ってからは11試合で7勝2分け2敗と大きく勝ち点を積み上げている。 2021.03.04 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

復帰を目指す宮市に試練続く…トレーニング中に左ふくらはぎを負傷し再離脱

ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリは18日、FW宮市亮が左ふくらはぎの筋肉を損傷したことを報告した。 クラブの発表によれば、宮市は17日に行われたトレーニング中に左足を負傷し、早めにトレーニングを切り上げた。その後に病院にて受けた検査の結果、左ふくらはぎの筋肉へ損傷が確認されたという。 これを受けて、ティモ・シュルツ監督は「年中での復帰は予定してなかったが、彼にとってこれはとても残念なことだ。来年1月中にフルメニューをこなすことが彼の目標だったんだ」とコメントしている。 2015年夏にザンクトパウリ加入した宮市は、昨季ブンデスリーガ2部で自身のキャリア最多となるリーグ戦29試合に出場したが、シーズン終盤にヒザを負傷して離脱。 その影響で今季も欠場の続いていた宮市だが、11月24日からは部分的にチーム練習に復帰。順調な回復を見せていたが、今回の負傷によりこれから数週間は再び戦列から離脱することとなった。 2020.12.19 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブルクシュタラーが宮市亮所属のザンクト・パウリに移籍

ザンクト・パウリは30日、シャルケからオーストリア代表FWギド・ブルクシュタラー(31)を獲得したことを発表した。契約は2023年6月までとなる。 ドイツではニュルンベルクでもプレーしたブルクシュタラーは2017年1月にシャルケに移籍。187㎝の万能型FWで、昨季はブンデスリーガ21試合に出場。キャプテンマークを巻いて出場した試合もあったが、6月にヒザ関節外側側副じん帯を損傷し、実戦から遠ざかっていた。 今季はここまで出場機会が無かった中、FW宮市亮も所属するブンデスリーガ2部のザンクト・パウリに移籍したブルクシュタラーは、クラブの公式サイトで加入の喜びを語っている。 「ザンクト・パウリでの新しい挑戦を楽しみにしている。僕のキャリアにおいて、ある種の伝統を持つクラブでプレーすることは常に重要なことだった」 「今はチームメイトやコーチの理念を知ることはもちろんだけど、できるだけ早くピッチに立つことが重要だ。早くミラントア・シュタディオンで『Hells Bells』を聴きたいよ」 2020.09.30 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

5月にヒザ負傷の宮市亮、新シーズンに向けた最初のトレーニングを欠席

新シーズンに向けて指導したブンデスリーガ2部のザンクト・パウリ。しかし、その初日にはFW宮市亮の姿はなかったようだ。 ザンクト・パウリは、2日に新シーズンに向けた最初のチームトレーニングを実施。しかし、クラブの発表によると、宮市はヒザの負傷の問題で不参加となったようだ。 宮市は、2019-20シーズンのブンデスリーガ2部で29試合に出場し1ゴール7アシストを記録。凡に右ウイングとして主力を務めていたが、5月にヒザを負傷。シーズン最後の4試合を負傷欠場していた。 順調に過ごしたシーズンの最後を、再びケガで棒に振った宮市。信頼を得ていたヨス・ルフカイ監督が退任し、新シーズンからティモ・シュルツ監督が率いることとなったが、出遅れることとなってしまった。 シュルツ監督は宮市について「昨シーズンの終わりに離脱していて、100%の状態を取り戻せていない」とコンディションに問題があるとコメント。「ただ、彼は今後数週間でトレーニングの負荷を増やせると楽観視しているよ」と語り、長期離脱にはならないようだ。 2020.08.03 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

宮市所属のザンクト・パウリ、新ドイツ人指揮官の昇格を発表

宮市亮が所属するドイツ2部のザンクト・パウリは12日、ドイツ人指揮官のティモ・シュルツ氏を新監督に招へいしたと発表した。2022年6月末までの2年契約となる。 主にドイツ2部リーグで選手キャリアを築いたシュルツ監督は、2011-12シーズンに加入したザンクト・パウリで現役を引退。その後は現役時代から兼業していた指導者の道へ進み、2014-15シーズンからはザンクト・パウリのアカデミーで指揮。今シーズンはU-19チームで監督を務めていた。 来季が自身初となるトップチームでの指揮を前に、シュルツ監督は意気込みを語っている。 「このオファーを受け入れることは何も問題なかった。トレーナーをしていた私にとって、NLZ(ドイツサッカー協会公認ユースアカデミー)での長年の経験を経てプロとしてビジネスに参入できるのは理想的だ」 「昨シーズンを終えて、我々はもちろん謙虚さをもって新しいシーズンを迎える。しかし、明確なアイデアも持っている」 「新しいチームでファンを満足させられるように、選手たちと一緒に仕事をすることが楽しみで待ちきれない」 2020.07.13 20:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly