物議を醸す判定でC・ロナウドの決勝弾が幻に…セルビアvsポルトガルは後味の悪いドローで終幕《カタールW杯欧州予選》

2021.03.28 07:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節のセルビア代表vsポルトガル代表が27日に行われ、2-2の引き分けに終わった。ストイコビッチ新監督の初陣となった欧州予選第1節のアイルランド代表戦を3-2で逆転勝利したセルビアは、その試合から先発を6人変更。ミトロビッチとヴラホビッチを2トップに据えた[3-4-1-2]の布陣で試合に臨んだ。

一方、24日に行われた欧州予選第1節のアゼルバイジャン代表戦をOG弾で辛勝したポルトガルは、その試合から先発を5人変更。アンドレ・シウバやペドロ・ネト、ネヴェスらに代えてジョタやダニーロ、フォンテらが先発。最前線にC・ロナウドを据えた[4-2-3-1]で、2列目は右からベルナルド・シウバ、ブルーノ・フェルナンデス、ジョタが並んだ。


予選連勝を目指す両者の一戦は、ポルトガルが11分に先手を取る。ボックス右横まで持ち上がったC・ロナウドのバックパスを受けたベルナルド・シウバがクロスを供給すると、これをファーサイドに走り込んだジョタがヘディングで叩き込んだ。

その後は一進一退の展開が続く中、セルビアが31分にチャンスを迎える。ミリンコビッチ=サビッチのスルーパスで左サイドを抜け出したコスティッチの折り返しをボックス中央のヴラホビッチがダイレクトで合わせたが、シュートは枠の上に外した。

ピンチを脱したポルトガルは36分、右サイドをオーバーラップしたセドリックがベルナルド・シウバからのパスを受けると、右クロスをゴール前のジョタが再びヘディングで叩き込み、追加点を奪った。

ポルトガルの2点リードで迎えた後半、セルビアはヴラホビッチとラゾビッチを下げてラドニッチとN・マクシモビッチを投入。すると開始早々の46分、タディッチのスルーパスで右サイド抜け出したラドニッチがボックス右深くからクロスを上げると、ゴール前のミトロビッチがヘディングシュートを突き刺し、1点を返した。

最高の立ち上がりとなったセルビアは、54分にもコスティッチの左クロスのセカンドボールをペナルティアーク手前のタディッチがハーフボレーで合わせたが、これは相手GKの好セーブに弾かれた。さらに、これで獲得した右CKからミリンコビッチ=サビッチがゴールに迫ったが、ヘディングシュートはわずかにゴール左に逸れた。

後半の主導権を握ったセルビアは、60分に自陣からのカウンターで試合を振り出しに戻す。自陣でのボール奪取から左サイドを経由して中盤のタディッチにボールが渡ると、タディッチのスルーパスを前線で受けたラドニッチがトラップで相手DFをかわしラストパス。最後は逆サイドから駆け上がったコスティッチがゴールネットを揺らした。

その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、後半アディショナルタイムに試合が動く。91分、中盤でロストしかけたボールを奪い返そうとしたミレンコビッチがダニーロに危険なタックルを見舞いレッドカードで一発退場。

すると数的優位となったポルトガルは94分、メンデスのアーリークロスをボックス右に駆け上がったC・ロナウドが右足ボレーであわせると、飛び出したGKの脇を抜いたシュートが無人のゴールへ。

完全にゴールラインを割ったかと思われたが、カバーに戻ったS・ミトロビッチがボールを掻き出すと、主審はノーゴールの判定を下した。

試合は直後にタイムアップ。後味の悪い形で終了を迎えた一戦はドロー決着となった。

また、同日に行われたグループA第2節のアイルランド代表vsルクセンブルク代表は、試合終盤の85分にロドリゲスのゴールで先制したルクセンブルクがそのまま逃げ切り0-1で勝利した。

◆欧州予選グループA第2節結果
セルビア 2-2 ポルトガル
【セルビア】
ミトロビッチ(後1)
コスティッチ(後15)
【ポルトガル】
ジョタ(前11)
ジョタ(前36)

アイルランド 0-1 ルクセンブルク
【ルクセンブルク】
ロドリゲス(後40)
関連ニュース
thumb

負傷のジョタが一足早く今季終了…ユーロへの影響は現時点で不明

リバプールは16日、ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが今シーズンの残り3試合を欠場することを明かした。 ジョタは13日に行われたプレミアリーグ第34節延期分のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場し、4-2の勝利に貢献した。 しかし、同試合後には詳しい負傷箇所は不明も、足の骨にダメージを負っていることが判明したようだ。 ユルゲン・クロップ監督は16日のWBA戦直前のイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに際して、ジョタの負傷離脱を明かした。 「悪いことなしに良いことはない。マンチェスター・ユナイテッドに勝ったが、ジオゴは骨に何かあったようだ」 「それほど深刻ではないが、シーズンを終えるには深刻だ。それだけだ」 昨夏、ウォルバーハンプトンから加入したジョタは、今シーズンここまで公式戦29試合に出場し、13ゴール1アシストの数字を残していた。 しかし、チームが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に向けて残り3戦全勝が求められる重要な局面を迎える中で志半ばでシーズンを終えることになった。 なお、現時点ではポルトガル代表として臨むユーロ2020に向けてどの程度の影響があるかは不明となっている。 2021.05.17 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが2021年の代表初ゴール!これで何年連続?

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2021年の代表初ゴールを決めた。 ポルトガル代表は30日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第3節でルクセンブルク代表と対戦し、3-1で勝利した。 [4-2-3-1]の最前線で起用されたC・ロナウドは、1-1で迎えた50分にボックス右手前まで切り込んだDFジョアン・カンセロのクロスにゴール前で合わせ、右足ボレーでゴールネットを揺らした。 C・ロナウドにとってこのゴールは通算103ゴール目(170試合)となったが、同時に2021年の代表初ゴール。2004年からゴールし続けているため、18年連続での得点となった。 2月に36歳となったC・ロナウドだが、この記録をどこまで伸ばしていけるだろうか。 ◆C・ロナウドのポルトガル代表でのゴール数(年別) 2004年:7 ゴール 2005年:2 ゴール 2006年:6 ゴール 2007年:5 ゴール 2008年:1 ゴール 2009年:1 ゴール 2010年:3 ゴール 2011年:7 ゴール 2012年:5 ゴール 2013年:10 ゴール 2014年:5 ゴール 2015年:3ゴール 2016年:13 ゴール 2017年:11 ゴール 2018年:6 ゴール 2019年:14 ゴール 2020年:3 ゴール 2021年:1ゴール <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドの2021年の代表初ゴールはこちら!!</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=18ktw5w44fylq1vrwimlicv1st" async></script> 2021.03.31 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

デル・ピエロが腕章投げ捨てのC・ロナウドを批判「オーバー過ぎる」

ユベントスのレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロが、先のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの姿勢を批判している。 C・ロナウドは、27日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選セルビア代表戦で、2-2で迎えた試合終了間際に自身のゴールが認められず大激怒。ボールは明らかにゴールラインを越えており、猛抗議したC・ロナウドにはイエローカードが提示される羽目に。 あまりに受け入れ難い大誤審を食らったC・ロナウドは、腕章を投げ捨て、ホイッスルが鳴る前にピッチを後に。さすがにサッカーファンからの同情の声は大きく、ポルトガル代表代表キャプテンの振る舞いも致し方ないという見方が強かった。 しかし、デル・ピエロ氏は逆の意見。『ESPN』のインタビューでオーバー過ぎる行動だったと述べ、サッカー界を代表するC・ロナウドのような選手であれば、なおさら自粛すべきだと、理解を示しつつも批判の声を挙げている。 「オーバーリアクションだった。あの状況であのような振る舞いはすべきではない」 「怒りは理解できる。レフェリーに対する批判もわかる。だが、アームバンドを投げ捨てるのはやり過ぎだ。チームのキャプテンでアイコン的な存在である彼のような人物ならなおさらね」 「一方であの状況、試合の重要性、そして彼が自分の行動の全てに捧げる個人的な情熱も理解できるよ」 2021.03.31 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが投げ捨てたキャプテンマークがオークションに!拾ったスタッフが難病の子供のために出品

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが着けていたキャプテンマークがオークションに出品された。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 ポルトガル代表は27日に敵地ベオグラードで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節でセルビア代表と対戦。 2-2で迎えた後半アディショナルタイムにC・ロナウドがシュートを決めたと思われたが、審判団はゴールを認めず、試合を続行。猛抗議でイエローカードを受けたC・ロナウドは怒りが収まらず、キャプテンマークを投げ捨て、ホイッスルが鳴る前にピッチを去っていった。 その時にC・ロナウドが投げ捨てたキャプテンマークだが、スタジアムのスタッフの誰かが持ち帰り、人道的な理由でオークションに出品していたことが分かった。 オークションサイト『Limundo』に出品されたキャプテンマークのページには、次の説明文が書かれている。 「クリスティアーノ・ロナウドのキャプテンマーク。ライコ・ミティッチに残されたものです」 「これまでのどのキャプテンマークよりも注目を集めているこのキャプテンマークは、チャリティオークションに参加してオファーすればあなたのものになります」 「オークションにかけられた金額は、脊髄性筋萎縮症に苦しんでおり、治療に250万ユーロ(約3億2400万円)を必要とするクラグイェバツ(セルビアの都市)の生後6カ月のガブリロ・ジュルジェビッチの治療を目的としています」 「クリスティアーノ・ロナウドのキャプテンマークは、幼きガブリロの治療のためにオークションにかけられ、支払いの証明がされた後、オークションの勝者に引き渡されます」 なお、現時点での入札額は128万セルビア・ディナール(約140万円)を超えている。 <span class="paragraph-title">◆【動画】出品されたキャプテンマーク</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1sqabq5lq8ly81tbr30iyaqzvv" async></script> 2021.03.31 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

格下相手に苦戦のポルトガル、指揮官は「70時間ごとの試合は難しい」と過密日程に嘆き

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、チームの勝利に安堵した。ポルトガルサッカー連盟(FPF)が伝えている。 30日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第3節で、ポルトガルはルクセンブルク代表と対戦。前節疑惑の判定によりセルビア代表と引き分けたチームは、この日も格下相手に先制される不穏なスタートに。しかし、FWジオゴ・ジョタのゴールで同点に追いつくと、その後も得点を重ね3-1で勝利した。 この結果、ポルトガルはこの予選3試合で2勝1分けの成績を残し、グループ首位に立っている。試合後のインタビューでサントス監督は、前半のパフォーマンスに苦言を呈しつつ、その後立ち直ったチームを称えた。 「我々は前半、一進一退の攻防を繰り返していた。強度がなく形も不安定だったと思う。技術的なクオリティで上回るだけでは不十分だと、選手たちには伝えた」 「選手たちもそれは理解しているはずだ。強度、ダイナミズム、ボール配球のバランスをとりつつ、相手にプレッシャーをかけなければならない。そこで初めて、技術的な質が違いを生むのだ」 「失点後、我々は目を覚まして反応し、攻勢を強めゴールを決めた。ハーフタイムで選手には態度を変え、ピッチ上で技術的なクオリティを維持する必要があると言ったのだ。後半の我々はピッチ上でどうあるべきか知っており、懸命に戦い、よく働いた。より点差が開く結果でもおかしくなかっただろう」 また、サントス監督は厳しい日程の中で、常に安定したパフォーマンスを発揮することの難しさに言及。その中でも試合で良い時間帯を作った選手たちを称賛している。 「私が問題を解決できれば、こんな試合にはならなかったかもしれない。しかし、70時間ごとに試合をプレーするのは簡単ではなく、指示を受ければうまくいくものでもない。選手たちの60分間の活躍は、称賛に値する。我々は激しさを維持しつつ、情熱と組織力を持ち続けなければならない。質の高さは、これまでもこれからも変わらないだろう」 2021.03.31 10:36 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly