「僕のサッカー人生に影響を与えていない」札幌FWジェイが「てんかん」の認知向上に動く

2021.03.27 22:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌でプレーする元イングランド代表FWジェイが、自身がてんかんを患っていることがキャリアを妨げていないと語った。イギリス『BBC』が伝えた。アーセナルの下部組織で育ち、ブラックバーンやチャールトン、ウォルバーハンプトン、ストーク・シティ、カーディフなどでプレーしたジェイ。2015年2月にムアントン・ユナイテッドからジュビロ磐田に加入すると、日本でのキャリアをスタートさせた。

磐田では2シーズンを過ごし、2015年にはJ2で得点王に輝くなど活躍。2017年からは札幌へと移籍し、今シーズンもプレーしている。

そのジェイだが、10代の後半にてんかんを患ったが、その後もサッカー選手としてのキャリアを積んでいる。てんかんとは、てんかん発作を繰り返す脳の病気で、年齢、性別、人種の関係なく発病。0.5〜1%の人に症状が出ている。

今シーズンはまだピッチに立っていないが、ここまでJ1で通算105試合に出場し48得点、J2で32試合20得点を記録している。

そのジェイは『BBC』で自身が患っている「てんかん」に対する認知度を高めるために力を貸したいと語った。

「僕はみんなにそれを病気のように見られたくはないんだ」

「この件を話したくないスポーツ選手がたくさんいることも知っている。だから、意識を高めることを手伝いたいと思っている。人々を助けたいんだ」

「それは僕のサッカー人生に影響を与えていない」

「(サッカーの場で)発作を起こしたのは1回だけだ。それは約3年前に日本のトレーニング中に起こった」

「彼らは僕がてんかんを発症するまで、僕がてんかんを患っていることを知らなかった。そのあと、てんかんを患っていたために、子供にスポーツをさせてこなかったという多くの人が僕に手紙を書くようになった」

「キャリアを積み、僕の夢を全て達成する事で、彼らは今それが可能だという信念を得ることができたんだ」

「そのおかげで、スポーツに戻った子供もたくさんいる。彼らは、今プレーできるからだ」

「みんなは全ての夢を達成することができる。てんかんの患者であるという責任はあるけど、自分がやりたいことは全て実現することができるよ」
関連ニュース
thumb

A・ロペス離脱も何のその! 札幌が金子の左右両足2発で大分戦快勝【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節の1試合が19日に札幌厚別公園競技場で行われ、北海道コンサドーレ札幌が2-0で大分トリニータを下した。 J1リーグでトップの12ゴールを挙げるアンデルソン・ロペスが移籍濃厚の11位札幌は1トップに荒野を起用。19位大分は札幌と同じ[3-4-2-1]のシステムを用い、最前線に井上が入った。 両雄にとって連勝がかかる一戦。降格圏から抜け出すためにも良い形でリスタートを切りたい大分だが、ホームチームがJリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ進出の良い流れも持ち込み、序盤からペースを掴むと、先にスコアを動かす。 9分、3バックの左に入る福森が自陣ハーフウェイライン手前から左足で前線にフィードを出すと、2シャドーの右を務める金子が反応。絶妙な裏抜けと巧みな胸トラップでボールを収めて、華麗な切り返しから右足シュートをゴール右に決めた。 先制した札幌はその後も大分に攻め入る隙を許さず、21分に数人が絡むパスワークから追加点。敵陣左サイドで青木が起点となり、田中、チャナティップがボールを繋ぐと、バイタルエリア左から金子が左足フィニッシュでネットを揺らした。 追いかける大分は前半に攻めの迫力を出せず、後半に入る。ハーフタイム明けから藤本を投入したが、札幌が引き続きボールの主導権を握り、依然優勢の展開。ただ、その札幌も攻めがなかなかトドメの一撃に繋がらず、終わらせられない。 すると、大分が長沢や渡邉といった攻撃的な交代カードも切り、盛り返し出すが、86分に右サイドから井上が上げたクロスに長沢が頭で合わせたシュートもクロスバーを直撃。残る交代枠でペレイラ、上夷も送り出すが、流れを変えられない。 結局、3点目こそ決められなかったものの、交代枠も駆使しながら試合を総じてコントロールした札幌が中断明けのリーグ戦も白星。直近の公式戦8試合無敗を継続している。 北海道コンサドーレ札幌 2-0 大分トリニータ 【札幌】 金子拓郎(前9、前21) 2021.06.19 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:札幌vs大分】ハイプレスvsポゼッション、 “師弟対決”を制するのは?

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2021年6月19日(土) 14:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(11位/22pt) vs 大分トリニータ(19位/12pt) [札幌厚別公園競技場] 共に前節勝利の札幌と大分の再開初戦。 サンフレッチェ広島時代には監督、コーチと師弟関係にあった両者が激突。 ◆チーム状態は上向き【北海道コンサドーレ札幌】 リーグ戦は久々の戦いとなるが、この中断期間中に行われたYBCルヴァンカップでは、しっかりと戦ってきた札幌。横浜F・マリノスとのプレーオフステージで結果を残し、プライムステージに進出した。 ハイプレスがハマり、横浜FMを圧倒した札幌。ルヴァンカップを含めリーグ戦、天皇杯と敗れたのは首位の川崎フロンターレ相手だけと、チームの状態は上向きだ。 川崎F戦でも真っ向勝負で手応えを掴んだチームは、ここ数試合素晴らしい戦いを見せており、メンタル面でも充実していることが伺える。リーグ戦再開初戦で、しっかりとその姿を見せたいところだ。 勝ち点を積み上げた結果現在は順位表のちょうど真ん中。勝ち点が詰まっている状況だけに、このまま上昇するのか、つまづくのか。しっかりと結果を残したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、高嶺朋樹、駒井善成、青木亮太 MF:金子拓郎、チャナティップ FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆ハイプレスにどう対応する【大分トリニータ】 前節は上位のアビスパ福岡との九州ダービーとなったが、長沢駿と新加入のエンリケ・トレヴィザンの初ゴールで勝利を収めた。 リーグ戦5試合ぶりの勝利、今季3勝目と苦しみはまだまだ続く中、中断期間中には天皇杯でJFLのホンダロックと対戦し大苦戦。120分を戦い、なんとか面目を保った状況だ。 天皇杯は控えメンバー中心で戦ったとはいえ、自身を掴むような勝利を挙げられなかった大分。むしろラスト10分で押し込まれ2失点を喫したダメージの方が大きいとも言える。 今節の相手は片野坂知宏監督の師にあたるミハイロ・ペトロヴィッチ監督率いる札幌。徹底したポゼッションサッカーを見せたいところだが、札幌のハイプレスをどう回避するのか。相手の策にハマれば大敗もあり得るだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ポープ・ウィリアム DF:坂圭祐、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:松本怜、羽田健人、下田北斗、高畑奎汰 MF:町田也真人、髙澤優也 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 2021.06.19 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌痛恨…今季12ゴールのFWアンデルソン・ロペスが移籍に向けて退団準備

北海道コンサドーレ札幌は18日、ブラジル人FWアンデルソン・ロペス(27)が移籍の準備をしていることを発表した。 アンデルソン・ロペスは、2016年にブラジルのトンベンセからサンフレッチェ広島へと期限付き移籍で加入。1シーズン半在籍し、明治安田生命J1リーグで39試合に出場し12得点を記録していた。 2018年にはFCソウルへと完全移籍。しかし、Kリーグ1では30試合で6ゴールと結果を残せず、2019年に札幌へと加入した。 札幌では加入1年目から結果を残し明治安田J1で25試合9得点を記録。2020年も24試合で9得点と攻撃を牽引していた。 今シーズンも開幕からチームを牽引し、ここまで14試合に出場し12得点とキャリアハイの数字を残していたが、他クラブの目にとまり、移籍に向けて動いているという。 札幌はアンデルソン・ロペスについて「この度、アンデルソン・ロペス選手が他クラブからのオファーを受け移籍を前提とし、チームを離れ、現在協議及び準備に入っております」とし、「本人の所属先が決定しましたら改めてお知らせ致します」と移籍を前提にすでにチームを離れていることを発表した。 2021.06.18 11:13 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌からレンタル中のMF檀崎竜孔がブリスベン・ロアーを退団、今季は25試合9ゴール

Aリーグのブリスベン・ロアーは17日、MF檀崎竜孔(21)を含む5選手の退団を発表した。 檀崎は2020年11月に北海道コンサドーレ札幌からレンタル移籍でブリスベン・ロアーへと加入。Aリーグでは25試合に出場し9ゴール1アシストを記録し、チームの攻撃を牽引していた。 チーム内得点王にも輝いた檀崎だが、一度はレンタル契約が終了。ただ、ブリスベンは「2021-22シーズンに向けてブリスベンに戻すためのあらゆる機会を検討します」と、残留を望んでいることを表明している。 檀崎はクラブを通じてコメント。「応援ありがとうございます。僕はブリスベンで、ブリスベン・ロアーのためにプレーすることを本当に楽しみました。ブリスベンを愛しています。また会いましょう」と英語で語った。 檀崎は青森山田高校から2019年2月に札幌に入団。札幌では公式戦で14試合の出場にとどまり、1ゴール1アシストの成績。復帰となれば、ブリスベンでの活躍をJリーグで見せてもらいたいものだ。 その他、FWジョー・チャンプネス、DFジョーダン・コートニー=パーキンズ、DFアントニー・バーク=ギルロイ、DFマコーレー・ギレスフィも退団することが発表された。 <span class="paragraph-title">【動画】檀崎竜孔が英語でブリスベンのファンへメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Before he headed to the airport, <a href="https://twitter.com/riku_dan1121?ref_src=twsrc%5Etfw">@riku_dan1121</a> recorded the following message for Brisbane Roar fans <a href="https://twitter.com/hashtag/ForTheCrest?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForTheCrest</a> <a href="https://t.co/cwerabLnMi">pic.twitter.com/cwerabLnMi</a></p>&mdash; Brisbane Roar FC (@brisbaneroar) <a href="https://twitter.com/brisbaneroar/status/1405453915928371202?ref_src=twsrc%5Etfw">June 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.18 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

菅のスーパーゴールが決まった札幌、新体制初戦の横浜FMを退け3年連続のベスト8へ《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップのプレーオフステージ、横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌の第2戦が13日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-3で札幌が勝利した。この結果、合計スコア2-4で札幌のプライムステージ進出が決まった。 札幌のホームで1-1のドローに終わった第1戦から1週間。この間に天皇杯2回戦が行われ、横浜FMはJFLのHonda FCにPK戦の末に敗戦、方や札幌は同じくJFLに所属するソニー仙台FCと打ち合いになりながらも5-3で制し、明暗分かれる結果となった。 また、横浜FMではポステコグルー監督がセルティックに引き抜かれる形で退任が決定。これを受けて、アカデミーのディレクターを務め、Jエリートリーグで指揮を執っている松永英機氏を暫定指揮官に抜擢。この試合が初采配となる。 スタメン変更は、互いに前回対戦から2人。横浜FMはレオ・セアラとティーラトンが外れ、天野と松原が先発。札幌はその一戦で負傷交代した小柏と深井に代わり、菅とルーカス・フェルナンデスが入った。 試合は早々に動く。7分、札幌は味方の浮き球のパスをボックス左で受けた菅がグラウンダーのクロスを上げると、相手のマークに付いていた畠中がクリアし損ねオウンゴールを献上。これで合計スコアは1-2で札幌がリードを得た。 さらに札幌は13分にも決定機。高い位置でボールを奪い、L・フェルナンデスがボックス右からゴール前にラストパスを供給。ここに荒野がフリーで待っていたが、上手く合わせることができず、追加点のチャンスを逃した。 その後は徐々に横浜FMがポゼッションを高めていくものの、札幌は出足の速い守備でペースを握らせない。28分にマルコス・ジュニオールがボックス手前から狙ったシュートが枠を捉えるが、GK菅野のファインセーブに遭う。 札幌の1点リードで迎えた後半、その立ち上がりの時間帯に再びゴールが生まれる。51分の右CKのシーン。福森が送った鋭いクロスは合わなかったものの、こぼれ球をボックス左手前の位置から菅がダイレクトボレーシュートを狙うと、これがゴール右上に突き刺さった。 目の覚めるようなスーパーゴールで合計スコアを1-3とした札幌。対する横浜FMは逆転には3点が必要になった中、55分に天野、中川、渡辺を下げて、扇原、水沼、レオ・セアラと一挙に3枚替え。 すると61分、エウベルが左サイドから右足でクロスを上げると、相手が頭で擦って変化したボールを、背後の水沼が頭で押し込んで反撃。このゴールにホームのサポーターが沸いた。 この声援に応えるように、トリコロールはその後立て続けに好機を迎える。31分、右サイドの水沼のクロスがボックス左のエウベルに渡ると、そのパスを受けた小池がドリブルで運び、ボックス中央からシュートへ。 これはGK菅野に止められたが、今度は33分のFKのシーン。水沼が直接狙ったシュートが壁に当たってクロスバーに激突。ボールは真下に落ちたが、ゴールラインは越えていなかった。 その後もカウンターからのチャンスを生かせなかった横浜FM。徐々に逆転の時間が減る中迎えた87分、札幌がトドメの3点目を決める。 L・フェルナンデスがボックス右の深い位置まで侵入し、マイナス方向へクロス。これをボックス中央の駒井がさらに左へフリックすると、フリーで入り込んでいた途中出場の柳が仕上げて3点目。 これで合計スコア2-4とした札幌が横浜FMを退け、3年連続のプライムステージへ進出。準々決勝の第1戦は9月1日、第2戦は同5日に予定されている。 横浜FM 1-3(AGG:2-4) 札幌 【横浜FM】 水沼宏太(後16) 【札幌】 OG(前7) 菅大輝(後6) 柳貴博(後42) 2021.06.13 19:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly