「調子がいい感じというですね」内田篤人氏がシーズン二桁得点の伊東純也の思い切りの良さを称賛

2021.03.26 18:46 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表DF内田篤人氏が、ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也のプレーを解説した。『DAZN』の自身の番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』内で語っている。現在は日本代表に招集されている伊東は、代表合流前の19日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第31節でスタンダール・リエージュと対戦し、2ゴールをマーク。今シーズン10ゴール9アシストとキャリア初となるシーズン二桁得点を達成していた。

まずは58分にMFテオ・ボンダゴンダからの浮き球のパスをボックス右で受けた伊東が、絶妙なトラップから豪快に右足を振り抜き、逆サイドのサイドネットに突き刺した場面。


内田氏は伊東の思い切りの良さを称賛しつつも、ゴールできなかった場合のことも考え、注文も忘れなかった。

「シュートまで迷いがないというか、トラップしたら逆サイドに打つよという意識がありますよね。シュートも抑えたいいシュートだし。本来ならばこの後倒れないで打ってほしいんだよね。倒れちゃってるけど。細かいこと言うけど、バランスとか含めね」

そして、72分に左サイドのDFヘラルド・アルテアガのクロスを再びボックス内で受け、相手DFの股を抜いて決めたシーンについては、次のように解説した。

「これ入る?というシュートだけど、飛ぶコースもいいし。(DFの)股か、これは難しかったね。迷いがないね、止めてから撃つのが。調子がいい感じというですね」

他にも、ゴールに繋がらなかったものの伊東がチャンスを演出したシーンについて、「2アシスト未遂だね」としっかり評価していた。

ベルギーで好調を維持する伊東。25日に行われた韓国代表戦では、攻撃以上にファーストディフェンダー、プレスのかけ方と守備で貢献していた。30日に行われるモンゴル代表戦ではヘンクで見せているようなゴールに期待したいところだ。

1 2
関連ニュース
thumb

鎌田大地にトッテナムやセビージャがオファー? 移籍金は約40億円に設定

来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したフランクフルト。ドイツ『ビルト』は日本代表MF鎌田大地(24)が退団を希望していると報じた。 今シーズンの鎌田は攻撃的ミッドフィルダーのポジションで昨シーズン以上の存在感を発揮。ブンデスリーガでは31試合に出場し5ゴール15アシストを記録し、20ゴールに絡む活躍を見せている。 昨シーズンの低迷とは打って変わり、今シーズンは上位を常に争ってきた中、終盤に取りこぼしが目立つ展開に。アディ・ヒュッター監督の退任が発表されてから一気に勝ち点を取りこぼし、最下位のシャルケに負けてCL出場権を逃していた。 『ビルト』はCL出場権を得られなかったことは今夏の移籍市場で大きな動きに影響するとし、フランクフルトから退団する可能性のある5名をピックアップ。その中の1人に鎌田の名前があった。 『ビルト』によると、鎌田は退団を希望しているとのこと。鎌田にはトッテナム、ワトフォードのイングランド勢とセビージャが興味を示しているとしているが、ワトフォードに関しては鎌田は移籍を希望していないとしている。 また、フランクフルトは3000万ユーロ(約39億8000万円)を要求するとされており、簡単な移籍にはならなそうだ。 鎌田は常々、「CLで優勝したい」と公言しており、フランクフルトでCLに出場できないことは大きく去就に影響しそうだ。 なお、鎌田以外には今シーズンのブンデスリーガで27ゴールを記録しているポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(25)や最終ラインを支えたDFエヴァン・エンディカ(21)、MFフィリップ・コスティッチ(28)、DF イェトロ・ヴィレムス(26)の退団の可能性を報じている。 2021.05.18 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安フル出場のボローニャ、ヴェローナとの中位対決は痛み分けドローで6戦勝ちなし《セリエA》

冨安健洋の所属するボローニャは17日、セリエA第37節でヴェローナと対戦し2-2の引き分けに終わった。冨安はフル出場している。 リーグ戦5試合勝利のない11位ボローニャ(勝ち点40)が、7試合勝利のない10位ヴェローナ(勝ち点43)のホームに乗り込んだ一戦。 冨安がセンターバックで4試合連続のスタメン出場となったボローニャは、開始早々にセットプレーの流れから失点する。2分、ディマルコの左CKをファーサイドのギュンターがダイレクトで折り返すと、ゴール前に走りこんだファラオーニが右足で流し込んだ。 先制を許したボローニャは、17分にもピンチを迎える。冨安との連係ミスからGKラヴァーリアがバックパスを手で処理してしまい、ヴェローナに間接FKを献上。しかし、ザッカーニのシュートは冨安のブロックで難を逃れた。 その後は一進一退の展開が続く中、ボローニャは32分に同点に追いつく。右サイドで獲得したFKからスコフ・オルセンが供給したクロスが流れると、ボックス左深くで拾ったソリアーノの折り返しを最後はデ・シルベストリがゴール右隅に押し込んだ。 同点に追いついたボローニャだったが、40分に再びピンチ。ザッカーニのパスで左サイド深くまで侵入したラゾビッチのクロスからカリニッチにヘディングシュートを許したが、これはクロスバーに救われた。 同点で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはホームチームだった、53分、左サイドを持ち上がったザッカーニのラストパスからラゾビッチがクロスを供給すると、冨安の前に上手く抜け出したカリニッチがワンタッチでゴールに流し込んだ。 勝ち越しを許したボローニャは、62分にサンソーネを下げてバロウ、74分にダイクスを下げてオルソリーニを投入。すると82分、スコフ・オルセンの右クロスが相手に当たって、ファーサイドに流れると走りこんだパラシオががスライディングシュートで流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。中位同士の一戦は痛み分けに終わり、互いにリーグ戦の未勝利を伸ばす結果となった。 2021.05.18 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

メルボルン・シティのMF椿直起が移籍後初ゴール!約2カ月半ぶりの先発出場で結果を残す

Aリーグのメルボルン・シティFCに所属するMF椿直起が移籍後初ゴールを記録した。 椿は横浜F・マリノスユース時代の2016年8月から2種登録選手としてトップチーム入りすると、2019年に正式昇格。同年8月に当時、明治安田生命J3リーグに属したギラヴァンツ北九州に育成型期限付き移籍で加わった。 2020年はJ2リーグ昇格を果たした北九州に期限付き期間を延長する形で残留した後、2021年6月までの契約でメルボルンへ期限付き移籍していた。 加入当初はスタメン起用もあった椿だが、3月以降は途中出場が主となり、出場機会が減少。それでも、16日に行われたAリーグ第21節のウェリントン・フェニックス戦では約2カ月半ぶりの先発出場を果たした。 最前線で起用された椿は1点ビハインドで迎えた58分、相手ボックス内でボールを奪ったFWマルコ・ティージョから折り返しのパスを受けると、右足ダイレクトで流し込み、移籍後初ゴールを記録した。 椿は得点直後の61分に交代。試合はその後両チームが1点ずつを加え、2-2の引き分けに終わった。 メルボルン・シティの公式ツイッターは「残念ながら勝ち点3を獲得できませんでしたが、スコアシートに初めて椿直起が登場したのは素晴らしいこと」と日本人MFのゴールを喜んでいる。 <span class="paragraph-title">【動画】MF椿直起のオーストラリア移籍後初ゴール!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">.<a href="https://twitter.com/tnaoki40?ref_src=twsrc%5Etfw">@tnaoki40</a> nabs his first <a href="https://twitter.com/MelbourneCity?ref_src=twsrc%5Etfw">@MelbourneCity</a> goal! <br><br>: <a href="https://twitter.com/FOXFOOTBALL?ref_src=twsrc%5Etfw">@FOXFOOTBALL</a><a href="https://twitter.com/hashtag/ALeague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ALeague</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MCYvWEL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MCYvWEL</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CmonCity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CmonCity</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ALLive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ALLive</a> <a href="https://t.co/4DIojAguhy">pic.twitter.com/4DIojAguhy</a></p>&mdash; A-League (@ALeague) <a href="https://twitter.com/ALeague/status/1393831197113937922?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航の東京五輪参加をクラブも後押し「彼から奪いたくはない」

シュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航だが、クラブは東京オリンピックの派遣に前向きなようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 遠藤は昨シーズンのブンデスリーガ2(ドイツ2部)でチームを昇格に導くと、今シーズンは自身初の1部でプレー。今シーズンは開幕から33試合連続で先発出場を果たすと、3ゴール4アシストを記録していた。 15日に行われた第33節のボルシアMG戦では、キャプテンマークを巻いてプレー。すると1-0で迎えた72分にMFフィリップ・フェルスターのパスをペナルティーアーク手前で受けた遠藤が反転から右足一閃。強烈なミドルシュートがゴールネットに突き刺さった。 強烈なシュートが大きな話題となった中、遠藤のシーズンは最終節を前に終了。5枚目のイエローカードをもらい、最終節のアルミニア・ビーレフェルト戦が出場停止というおまけがついてしまったのだ。 その遠藤だが、7月に開幕する東京オリンピックに向けたオーバーエイジに招集される可能性があるとのこと。しかし、仮に参加した場合は新シーズンに向けた準備が遅れ、DFBポカール1回戦も欠場する可能性がある。 しかし、クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏がこの問題に言及。クラブとしては快く送り出したいと語った。 「少なくとも、彼は3人のオーバーエイジのリストに載っている。彼が招集される事は想像に難くない」 「彼が招集された場合、間違いなくそこにいるだろう。母国でのオリンピックでプレーする事は、特別な名誉になる。我々は彼からそれを奪いたくはない」 クラブの後押しが約束された遠藤。森保一監督はA代表でも存在感を発揮している遠藤をオーバーエイジ枠で招集するのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の“日本人離れした”豪快ミドルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">シュトゥットガルト<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a><br>72分に豪快ミドル!!!<br><br>現在1️⃣-2️⃣ で <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#シュトゥットガルト</a> がリード!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブンデスライブ</a> <a href="https://t.co/FtUxeR2ZuX">pic.twitter.com/FtUxeR2ZuX</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1393586690426507269?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

宮市亮が11カ月ぶりに復帰! 原口&室屋と日本人対決が実現「とても良い気分」

ブンデスリーガ2(ドイツ2部)のザンクト・パウリに所属するFW宮市亮がついに復帰を果たした。 16日、ブンデスリーガ2第33節でザンクト・パウリはハノーファーと対戦。ハノーファーの日本代表MF原口元気とDF室屋成は先発フル出場を果たした。 試合は1-2とハノーファーがリード。すると73分に宮市がルカ・ザンダーと交代してピッチへ。2020年6月5日のブンデスリーガ2第30節のボーフム戦以来、11カ月ぶりの復帰となった。なお、試合はそのまま1-2でハノーファーが勝利を収めている。 度重なるヒザの負傷により、今シーズン中の復帰も難しいと見られていた宮市。それでもシーズン最終盤でピッチへと戻ってきた。 復帰戦を戦った宮市はクラブを通じてコメント 「復帰初戦でプレーできて、とても良い気分です。しかし、残念ながら負けてしまいました」 「レッドカードを受けた後、僕たちは苦しみました。来週は勝ち点3を獲得できたら良いなと思います」 2021.05.17 11:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly