ポルトガルが格下にOG弾で1-0勝利、ピクシー初陣のセルビアはアイルランドに逆転勝利《カタールW杯欧州予選》

2021.03.25 06:48 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ欧州予選グループA第1節の2試合が24日に行われ、ポルトガル代表はアゼルバイジャン代表をホームに迎え、1-0で勝利した。C・ロナウドやルベン・ジアス、ベルナウド・シウバらがスタメンとなったポルトガルは[4-3-3]を採用。3トップに右からペドロ・ネト、アンドレ・シウバ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにネヴェス、インサイドにモウティーニョとベルナルド・シウバを配置した。

そのポルトガルが押し込む展開とすると、カンセロが積極的にミドルシュートを放ってゴールに迫っていく。そして37分、幸運な形から先制した。右サイドからネヴェスの入れたアーリークロスをGKがパンチングで弾くと、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。


オウンゴールで先制して迎えた後半、モウティーニョに代えてブルーノ・フェルナンデスを投入したポルトガルが引き続き押し込む展開で推移したものの、チャンスを生み出すには至らない。

結局、後半も拙攻が続いたポルトガルはオウンゴールのみに終わり、格下相手に1-0の白星スタートとなった。

また、グループAもう一試合のセルビア代表vsアイルランド代表は3-2でセルビアが逆転勝利した。

ストイコビッチ監督の初陣となるセルビアはヨビッチやミリンコビッチ=サビッチ、コスティッチらをベンチスタートとした中、ヴラホビッチを最前線で起用。

ポゼッションする展開となったが、18分にブラウンのヘディングシュートで先制される。それでも40分、タディッチのヘディングでのパスを受けたボックス左のヴラホビッチが決め、1-1として前半を終えた。

迎えた後半、セルビアはDFのムラデノビッチに代えてコスティッチを投入。さらに63分、ミトロビッチを投入したセルビアは6分後にそのミトロビッチのゴールで逆転に成功する。

そして75分にもミトロビッチにゴールが生まれたセルビアがその後のアイルランドの反撃を1点に抑えて3-2で勝利。ストイコビッチ監督の初陣を白星で飾っている。

◆欧州予選グループA第1節結果
▽3/24(水)
ポルトガル 1-0 アゼルバイジャン
【ポルトガル】
OG(前37)

セルビア 3-2 アイルランド
【セルビア】
ヴラホビッチ(前40)
ミトロビッチ(後24)
ミトロビッチ(後31)
【アイルランド】
ブラウン(前18)
コリンズ(後41)
関連ニュース
thumb

アルゼンチン代表の海外組が発表! メッシ&アグエロは招集、ディバラは選外《カタールW杯南米予選》

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は16日、6月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けた海外組のアルゼンチン代表メンバーを発表した。 ここまでの4試合で3勝1分けで2位につけているアルゼンチン。リオネル・スカローニ監督は海外組30名を招集。国内組は改めて招集すると発表した。 今回のメンバーには、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)や FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、FWラウタロ・マルティネス(インテル)ら主力メンバーが順当に選出されている一方で、FWパウロ・ディバラ(ユベントス)が選外となった。 また、DFホセ・ルイス・パロミーノ(アタランタ)、DFクリスティアン・ロメロ(アタランタ)、DFナウエル・モリーナ(ウディネーゼ)、MFエミリアーノ・ブエンディア(ノリッジ)の4選手が初選出となっている。 アルゼンチンは6月3日にホームでチリ代表と、同8日にアウェイでコロンビア代表と対戦する。今回発表されたアルゼンチン代表メンバーの海外組30名は以下の通り。 ◆アルゼンチン代表メンバー(海外組) GK エミリアーノ・マルティネス(アストン・ビラ/イングランド) アグスティン・マルチェシン(ポルト/ポルトガル) フアン・ムッソ(ウディネーゼ/イタリア) DF リサンドロ・マルティネス(アヤックス/オランダ) ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ) ニコラス・オタメンディ(ベンフィカ/ポルトガル) ホセ・ルイス・パロミーノ(アタランタ/イタリア) クリスティアン・ロメロ(アタランタ/イタリア) ナウエル・モリーナ(ウディネーゼ/イタリア) ヘルマン・ペッセージャ(フィオレンティーナ/イタリア) ルーカス・マルティネス(フィオレンティーナ/イタリア) フアン・フォイス(ビジャレアル/スペイン) マルコス・アクーニャ(セビージャ/スペイン) MF ニコラス・ドミンゲス(ボローニャ/イタリア) ロドリゴ・デ・パウル(ウディネーゼ/イタリア) エミリアーノ・ブエンディア(ノリッジ/イングランド) ジオバニ・ロ・チェルソ(トッテナム/イングランド) エセキエル・パラシオス(レバークーゼン/ドイツ) グイド・ロドリゲス(レアル・ベティス/スペイン) ルーカス・オカンポス(セビージャ/スペイン) アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス) レアンドロ・パレデス(パリ・サンジェルマン/フランス) FW リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン) アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリー/スペイン) アレハンドロ・ゴメス(セビージャ/スペイン) セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/イングランド) ラウタロ・マルティネス(インテル/イタリア) ホアキン・コレア(ラツィオ/イタリア) ルーカス・アラリオ(レバークーゼン/ドイツ) ニコラス・ゴンサレス(シュツットガルト/ドイツ) 2021.05.17 19:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表の海外組24名が発表! サスペンションのカバーニは招集外《W杯南米予選》

ウルグアイサッカー協会(AUF)は14日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けた国外クラブ所属の代表メンバー24名を発表した。 ウルグアイは今月、チリ代表、エクアドル代表と南米予選2試合を行う。 今回は先行して海外組が発表。GKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)やDFディエゴ・ゴディン(カリアリ)、MFフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー)、FWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー)らが順当に選出された。 その一方で、直近のブラジル代表戦で一発退場のFWエディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド)がサスペンションで招集外となっている。 なお、今予選で2勝2敗の5位と出遅れているウルグアイは、6月3日にホームでパラグアイ代表戦、8日にアウェイでベネズエラ代表と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表の海外組24名は以下の通り。 ◆ウルグアイ代表メンバー(海外組) GK フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ) マルティン・カンパーニャ(アル・バーティン/サウジアラビア) DF マティアス・ビニャ(パウメイラス/ブラジル) セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル) マルティン・カセレス(フィオレンティーナ/イタリア) ディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア) ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン) ダミアン・スアレス(ヘタフェ/スペイン) ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン) MF ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベルプレート/アルゼンチン) ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル) フェルナンド・ゴリアラン(サントス・ラグナ/メキシコ) ブリアン・ロドリゲス(アルメリア/スペイン) ナイタン・ナンデス(カリアリ/イタリア) マティアス・ヴェシーノ(インテル/イタリア) ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア) マウロ・アランバリ(ヘタフェ/スペイン) ルーカス・トレイラ(アトレティコ・マドリー/スペイン) フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン) FW ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー/スペイン) クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ/スペイン) ダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ/ポルトガル) マキシミリアーノ・ゴメス(バレンシア/スペイン) ホナタン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ) 2021.05.15 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表が発表! 主力順当招集にベンフィカDFヴェリッシモが初招集《W杯南米予選》

ブラジルサッカー連盟(CBF)は14日、来月に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の2試合に向けた代表メンバー24名を発表した。 チッチ監督は今回の予選に向けてエースのFWネイマール(パリ・サンジェルマン)や、GKアリソン・ベッカー(リバプール)、DFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)、DFチアゴ・シウバ(チェルシー)ら主力を順当に選出。 また、ルーカス・ヴェリッシモ(ベンフィカ)が25歳にして待望の初招集となった。 その一方で、MFアルトゥール(ユベントス)や負傷離脱中のMFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)らが招集外となっている。 南米予選を開幕から4戦全勝で首位に立つブラジル代表は、6月4日にホームでエクアドル代表戦、8日にアウェイでパラグアイ代表戦を戦う。 ◆ブラジル代表メンバー24名 GK アリソン・ベッカー(リバプール/イングランド) エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド) ウェヴェルトン(パウメイラス) DF ダニエウ・アウベス(サンパウロ) ダニーロ(ユベントス/イタリア) ルーカス・ヴェリッシモ(ベンフィカ/ポルトガル) レナン・ロージ(アトレティコ・マドリー/スペイン) エデル・ミリトン(レアル・マドリー/スペイン) マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス) チアゴ・シウバ(チェルシー/イングランド) MF ルーカス・パケタ(リヨン/フランス) カゼミロ(レアル・マドリー/スペイン) エヴェルトン・リベイロ(フラメンゴ) ファビーニョ(リバプール/イングランド) フレッジ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ドウグラス・ルイス(アストン・ビラ/イングランド) FW エヴェルトン(ベンフィカ/ポルトガル) ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド) ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス) リシャルリソン(エバートン/イングランド) ロベルト・フィルミノ(リバプール/イングランド) ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー/スペイン) ガブリエウ・バルボサ(フラメンゴ) 2021.05.14 23:35 Fri
twitterfacebook
thumb

カタールW杯アジア2次予選の残り6試合が日本でセントラル開催に

日本サッカー協会(JFA)は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選に関して、日本でセントラル開催となることを発表した。 日本が所属するグループFは残り6試合となっているが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、開催が難しい状況となっていた。 そんな中、6月に予定されていた残りの試合をすべて日本で開催することが決定。5月28日(金)のミャンマー代表戦からスタートし、6月7日(月)のタジキスタン代表戦、キルギス代表vsモンゴル代表、同11日(金)のミャンマー代表vsキルギス代表、同15日(火)の日本代表vsキルギス代表、タジキスタン代表vsミャンマー代表が日本で行われる。 なお日本のミャンマー戦はフクダ電子アリーナで、タジキスタン戦、キルギス戦はパナソニック スタジアム 吹田で開催される。 また、日本戦以外の試合はヤンマースタジアム長居で行われる。 なお、対戦国等の関係者の入国許可などについては、今後政府との調整をするとのことだ。観客動員については、自治体のイベント方針に従うとのことだ。 ▽5/28(金) 《19:20》 日本代表 vs ミャンマー代表 [フクダ電子アリーナ] ▽6/7(月) 《16:00》 キルギス代表 vs モンゴル代表 [ヤンマースタジアム長居] 《19:30》 日本代表 vs タジキスタン代表 [パナソニック スタジアム 吹田] ▽6/11(金) 《16:00》 ミャンマー代表 vs キルギス代表 [ヤンマースタジアム長居] ▽6/15(火) 《19:25》 日本代表 vs キルギス代表 [パナソニック スタジアム 吹田] タジキスタン代表 vs ミャンマー代表 [ヤンマースタジアム長居] 2021.05.13 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

コソボを下したスペイン、ルイス・エンリケ監督はベンチでのセルヒオ・ラモスを評価「ベンチにいても貢献する」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、コソボ代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 スペイン代表は3月31日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第3節でコソボ代表と対戦した。 選手を入れ替えて臨んだスペイン代表。予選初勝利を目指すコソボを相手に主導権を握ると、34分に前節値千金のゴールを決めたMFダニ・オルモのゴールで先制。さらに36分にはFWフェラン・トーレスも続き、リードを広げる。 そのスペインは70分にMFベサル・ハリミにゴールを許し1点を返されるが、75分にFWジェラール・モレノがゴールを決め、3-1で勝利した。 3月の予選3試合を2勝1分けで終えたスペイン代表。ルイス・エンリケ監督は、ピッチで示したものには満足感を示した。 「ピッチで示したものは満足している。システムを変更し、より相手は恐怖を感じただろう。良いゴール、多くのチャンスがあったが、内容は良くなかった。でも、我々は常に試合をコントロールしていた」 また、この試合の70分にはディフェンスラインの裏に出されたボールに反応したGKウナイ・シモンがボックスを飛び出して対応。ボールを奪うもタッチが大きくなり相手へパスする形に。ガラ空きのゴールに対して、ハリミが約40mのロングシュートを落ち着いて決めていた。 このシーンについてルイス・エンリケ監督はウナイ・シモンを擁護。ミスで評価はしないと語った。 「彼は飛び出なければならなかった。ウナイは全てのことをしなければならない。自信に満ち溢れ、個性を持った選手たちが集まっている」 「彼は空中戦を支配し、カバーリングをしなければならない。私は選手のミスでは判断しない」 また、この試合ではベンチスタートとなり86分から途中出場したDFセルヒオ・ラモスについても言及。ケガ明けといことも含めての判断だとしたが、ベンチにいてもリーダーシップを発揮していたと評価した。 「単純なことだ。彼の姿勢は称賛に値する。真のリーダーは彼らがプレーしていてもベンチにいても貢献する人間だ」 「私は、最も適すると思った選手を投入している。彼は大きなケガをした後だ。みんなに尋ねる唯一のことは、ラモスのように、不在の時にどうやってリーダーになるかを知るということだ」 「テクニカルな決定だ。それ以上の問題はない。誰がプレーするかを決定している」 「ラモスは問題ないが、彼はケガが癒えたばかり。他の人がプレーすることに決定した。」 <span class="paragraph-title">【動画】ウナイ・シモンが果敢な飛び出しを見せたが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OH MY KOSOVO! <br><br>ONE OF THE WILDEST GOALS YOU&#39;LL SEE TODAY <a href="https://t.co/M9ugDMpLMr">pic.twitter.com/M9ugDMpLMr</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1377354347986751503?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.01 13:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly