再始動のG大阪、GK一森純が左ハムストリング筋損傷

2021.03.24 15:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は24日、GK一森純の負傷を報告した。

ファジアーノ岡山から昨季加入の一森は7日の練習中に負傷して、左ハムストリング筋損傷の診断結果。G大阪加入2年目の今季も絶対的守護神であるGK東口順昭とのポジション争いを強いられており、ここまでの公式戦2試合にいずれもベンチ入りしたものの、出番がない。

G大阪は今月初旬に選手6名、スタッフ2名が相次いで新型コロナウイルスの陽性判定を受けるクラスターが確認され、9日から活動休止に。先日から再始動に至り、3日に敵地で行われる明治安田生命J1リーグ第7節のサンフレッチェ広島戦が再開後初戦となる予定だ。


関連ニュース
thumb

湘南、G大阪MF小野瀬が完全移籍加入 山口監督との共闘再び

湘南ベルマーレは25日、ガンバ大阪からMF小野瀬康介(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 横浜FCの育成組織出身の小野瀬は2011年に2種登録選手としてJ2デビュー。翌年から正式にトップチームへと昇格した。 2017年にレノファ山口へ加入すると、2年目はさらに調子を上げて前半戦だけで二桁ゴールをマーク。夏にガンバ大阪へと引き抜かれ、自身初となるJ1への挑戦権を手にしていた。 当時のG大阪には現:湘南指揮官の山口智監督もコーチとして在籍。また、2019年には横浜FC時代の恩師、浮嶋敏氏が指揮する湘南を相手にゴールを奪うなど、不思議な縁もある。 小野瀬は湘南への加入に際し、クラブへ意気込みや師との再会を喜ぶコメントを充てている。 「湘南ベルマーレに加入することになりました、小野瀬康介です。ガンバ大阪時代もお世話になった山口智監督のもと、湘南のために全力で戦います。新しい環境でプレーすることに非常にワクワクしていますし、ファン、サポーターの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!」 <span class="paragraph-title">【動画】2019年に小野瀬が湘南相手に奪ったゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="uDvXIC6ZQ2k";var video_start = 40;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪、新監督に徳島指揮官ポヤトスを招へい! 残留導きし松田浩監督は退任

ガンバ大阪は23日、松田浩監督(62)が今季限りで退任する旨とともに、ダニエル・ポヤトス氏(44)の指揮官就任を発表した。 片野坂知宏前監督のもとで今季に入ったG大阪だが、宇佐美貴史と東口順昭をはじめとする主力に故障者も相次いで低迷を極め、8月に監督交代を決行。そのバトンを受けたのが8月からコーチ陣に入閣したばかりの松田監督だったが、J1リーグの残る10試合を4勝3分け3敗、そのうちの7試合が無失点という堅守によって切り抜け、15位で残留に導いた。 シーズン終了後に行われたフランフルト戦とのフレンドリーマッチでは1点ビハインドから見事な逆転劇を演じてみせた松田監督。クラブを通じて別れの挨拶をした。 「このたび、トップチーム監督の職を退任することになりました。約3ヶ月半でしたが、ガンバ大阪で思いきり仕事ができたことはまたひとつ自分自身の大きな学びとなりました。サポーターの皆さん、選手・スタッフ、関わってくださり応援してくださった多くの方々に心よりお礼申し上げます。お世話になりました。これから先もガンバ大阪が益々強く、大きなクラブに発展していきますことを心から祈っております。ありがとうございました」 一方、来季から新たにG大阪を率いるダニエル・ポヤトス氏は2021年から徳島ヴォルティスの指揮を執るスペイン人指導者。ポジショナルプレーが戦術の軸で、今季は23引き分けと勝ち切れない試合が多く、J2リーグ8位で終戦したが、最終節の黒星まで19戦無敗で追い上げるなど、負け数も最少の6敗だった。 そのダニエル・ポヤトス新監督はヘッドコーチに就任するマルセル・サンツ氏(40)とのG大阪入りを受け、「私のプロサッカー監督人生において新たな大きなチャレンジが始まることを嬉しく思います。今日というこの日は私の心に刻まれます」と決意を語った。 「ガンバ大阪が私に大きな信頼を寄せてくれた事に感謝します。このクラブの監督を任せられた事を誇りに思っています。私は大きな希望と責任感を持ってこのチャレンジを引き受けました。このクラブの新しい時代を築き上げ、居るべき場所へと導きます。ファン・サポーターの皆さんにこのクラブを誇りに思ってもらえるようなサッカーを毎試合繰り広げるため、選手・スタッフと力を合わせ、全力で仕事に打ち込み戦っていきます」 一方の徳島を通じては「ヴォルティスファミリーの皆さんへ」と題して、「今、私は期待と同時に悲しみも感じており、この複雑な気持ちを説明するのは難しいですが、できるだけ心からの率直な思いをお伝えしたいと思います」と感謝の気持ちを綴った。 「今年も本当に困難が多いシーズンでしたが、チームの目標を達成するために最後まで戦い抜きました。そしてシーズン後に自分の思いを整理し、様々なことを考慮した結果、私は徳島ヴォルティスを離れる決心をしました。クラブの発展のために日々全力で仕事に励んできたフロントスタッフ、強化部、テクニカルスタッフ、そして選手たちには感謝しかありません」 「この2年間、チームをより良くするために私は持っている全ての力と多大なる努力を注いできました。どれだけ難しい時でもファン・サポーターの皆さんが常に止まない愛を注ぎ、支え続けてくれた事に心から救われました。今後の人生において、あなたたちは私の心に残り続けます」 「徳島ヴォルティスは私を人として、そして監督として成長させてくれた場所であり、いつも私と私の家族は故郷にいるような思いを感じることができました。監督としてのキャリアを歩む上で、これ以上ない素晴らしい時間でした。今後も一人のファンとして徳島ヴォルティスを応援し続けていきます。本当に2年間ありがとうございました」 2022.11.23 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪が芝本蓮の退団発表…修行先の藤枝とも契約終了 「またいつかガンバに」

ガンバ大阪は22日、MF芝本蓮(23)の契約満了を発表した。 G大阪アカデミー出身の芝本は2017年に2種登録され、2018年に昇格。2021年のSC相模原に続いて、今季も貸し出され、藤枝MYFCに舞台を移した。 ただ、藤枝では明治安田生命J3リーグ9試合の出場のみに。9月中旬から 10月初旬まで先発が続く時期もあったが、定位置確保とならなかった。 今季のJ3リーグ2位でJ2昇格を決めた藤枝からも同日に育成型期限付き移籍期間満了が発表され、フリーに。両クラブを通じてコメントしている。 ◆ガンバ大阪 「アカデミー時代から含めると9年間お世話になりました。ジュニアユースやユースの頃、U-23の時にしてもらった応援は自分自身すごく嬉しかったです。全くガンバに貢献出来ませんでしたし、この2年間も悔しいシーズンでしたが、またいつかガンバに帰ってこられるように努力します。9年間応援ありがとうございました!」 ◆藤枝MYFC 「藤枝MYFCに関わる皆様、1年間応援ありがとうございました。チームは好調の中 自分自身貢献できずにいることが悔しかったです。その中でもアウェイまで駆けつけてくれるサポーターの皆様には本当に感謝しかありません。 J2の舞台でもエンターテイメントサッカーを見せてください。1年間応援ありがとうございました!」 2022.11.22 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

選手もご満悦!フランクフルトは新幹線で大阪へ「ブレット・トレイン体験!」

来日中のフランクフルトは日本が誇る高速鉄道で西へと向かった。 「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by スカパーJSAT」で来日しているフランクフルト。16日にさいたまシティカップで浦和レッズと埼玉スタジアムで対戦した。 翌日にはリカバリーや観光を行い、18日にはパナソニックスタジアム吹田でのガンバ大阪戦へ向けて移動。日本が誇る高速鉄道、新幹線を利用した。 東京駅出発から到着までの様子をフランクフルトの公式インスタグラムが公開。今夏に封切りとなった映画になぞらえ、「ブレット・トレイン体験!次は大阪」と紹介している。 勝手を知る長谷部誠はもちろん、セバスティアン・ローデもグリーン車でご満悦の模様。ファンからも「日本の高速列車をシーズン後半のお手本にしましょう」、「世界クラスの新幹線」などの声が寄せられている。 選手たちは主演のブラッド・ピットのように派手なアクションを演じることなく、無事に目的地へ到着。クラブ公式サイトによれば、清水寺を訪れたとのことなので、降車したのは京都駅だったと思われる。 浦和戦では2-4と敗れたヨーロッパリーグ(EL)チャンピオン。G大阪戦ではブンデスリーガの代表として維持を見せたいところだったが、1-2で逆転負けを喫している。 <span class="paragraph-title">【写真】移動も快適!フランクフルトが新幹線で東京を出発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClF2oTHI6lr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClF2oTHI6lr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClF2oTHI6lr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Eintracht Frankfurt Official(@eintrachtfrankfurt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.19 16:50 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトの来日第2戦、G大阪の後半2発逆転劇! 長谷部誠は途中出場《ブンデスリーガジャパンツアー2022》

19日にブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by スカパーJSATがパナソニック スタジアム 吹田で催され、ガンバ大阪が2-1でフランクフルトを下した。 フランクフルトの中断期間を利用した来日第2戦。16日に浦和レッズに2-4の黒星を喫しての今回は今季のJ1リーグで15位フィニッシュのG大阪が相手となり、このツアーの主役である長谷部は引き続きベンチからスタートした。 一方、昨季のヨーロッパリーグ王者を迎え撃つG大阪は来季を睨み、退団者を続々と出しての力試しになるなか、宇佐美や、三浦、ファン・アラーノといった主力が欠場。守護神の東口もサブに回り、昌子や齊藤、食野が先発した。 それぞれの選手が懐深く、ボールを失わないフランクフルトが前に圧をかけるなか、残留争いから解放され、思い切ったプレーが期待されるG大阪も中村や食野が引き出し役となって対抗する。 そんなG大阪は16分に昌子のスルーパスから中村が右足でゴールに迫れば、18分にも柳澤の右クロスに鈴木がコースさえ良ければゴールのヘディングシュート。危ない場面もあるが、熱戦を演じる。 フランクフルトが19分のクナウフなど、決定機を作りながら決め切れないなか、24分には右サイドの柳澤が倉田とのワンツーでゴールに迫ってG大阪にチャンス。だが、右サイドネットをかすめる。 試合が落ち着き出すなか、36分に食野が右足ミドルを放ったG大阪だが、38分にビルドアップのミスから失点。アラリオのパスから、バイタルエリア中央のトゥタが右足ミドルをゴール左にねじ込む。 その後、攻撃に出ようとして組み立てのところでミスが続き、ピンチを招いたG大阪だが、昌子の好カバーやポストに救われ、1点ビハインドで後半に。その頭から石川、福田、石毛、山見を送り出す。 ボールを持つ時間が長いものの、崩しの形に持っていけないG大阪は56分にも黒川と山本悠樹を投入。トーンダウンのフランクフルトも63分までにアラリオ以外のフィールドプレーヤーを入れ替える。 動きの少ない展開となるなか、フランクフルトから74分に長谷部がついに登場。ただ、81分にダワンと高尾の交代に動いたG大阪は80分に山見がGKラマイのファウルを誘ってPKのチャンスを獲得する。 このPKを山見自らコースを読まれながら右足で決め切り、G大阪が同点に。さらに、87分に丁寧な繋ぎでボールを前進させると、左サイドから中に仕掛けた山本悠樹が右足ミドルを叩き込み、逆転する。 フランクフルトも反撃に転じたが、G大阪が攻撃の絶対軸である宇佐美を欠くなか、見事な逆転勝利。フランクフルトはカタールW杯参戦組の不在や若手の積極起用もあったが、来日ツアーを連敗で幕を下ろした。 ガンバ大阪 2-1 フランクフルト 【G大阪】 山見大登(後36[PK]) 山本悠樹(後42) 【フランクフルト】 トゥタ(前38) 2022.11.19 16:02 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly