横浜FMのFWレオ・セアラに第一子誕生「来日後は、たくさんのゴールを決めて娘に捧げたい」

2021.03.24 10:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
横浜F・マリノスは24日、FWレオ・セアラに第一子が誕生したことを発表した。クラブの発表によると、レオ・セアラの第一子は女の子とのこと。23日に誕生した。

レオ・セアラはクラブを通じてコメントしている。

「これほど幸せな日はありません。神様のおかげで父親になる夢が叶いました。できないと思っていた出産の立会いが出来てとても感動しましたし、力をもらいました。その力を早く横浜F・マリノスの為に使い、ベストを尽くして貢献したいと思います」

「未だ来日することはできませんが、この時間を使って存分に娘との時間を楽しみたいです。そして来日後は、たくさんのゴールを決めて娘に捧げたいです!」
関連ニュース
thumb

横浜FMの新監督はオーストラリア人か? 本田圭佑も指導したマスカット監督が浮上

アンジェ・ポステコグルー監督が退任した横浜F・マリノスの新監督に、オーストラリア人指揮官のケビン・マスカット氏(47)が就任する可能性が高いようだ。オーストラリア『The Asian Game』が報じた。 横浜FMは、2018年にポステコグルー監督を招へい。堅守が売りだったチームスタイルから攻撃サッカーにスタイルを転向。1年目は12位に終わったが、2019シーズンは15年ぶりとなる明治安田生命J1リーグで優勝を果たしていた。 2020シーズンはリーグ戦では9位と中位に終わったが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たすなど一定の結果を残すと、今シーズンはここまで16試合を戦い勝ち点34で3位につけていた中、セルティックの監督に就任するために電撃退任していた。 後任監督を探している横浜FMだが、ここにきて浮上したのがマスカット監督だ。 メルボルン・ビクトリーで2013年10月から2019年5月まで指揮。2017-18シーズンはAリーグで優勝を経験。MF本田圭佑も指導していた。 また、2010年7月からはシント=トロイデンの監督に就任。しかし、14試合を指揮するも2勝5分け7敗と結果を残せず、12月に解任されていた。 『The Asian Game』によるとすでにマスカット氏は監督就任に近づいているとのこと。2週間の隔離措置を受け、東京オリンピックによる中断期間中に就任する予定とのことだ。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では度々Jリーグ勢とも対戦してきた中で、マスカット監督はJリーグクラブでの監督業にも興味を示していた。 横浜FMは暫定指揮の松永英機監督の下で、23日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節のサガン鳥栖戦で初勝利を飾っていた。 2021.06.24 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

高丘陽平vs朴一圭!どちらも古巣対決となったGKのハイレベルな攻防に称賛「2人とも止めすぎ」

明治安田生命J1リーグ第19節、横浜F・マリノスvsサガン鳥栖が23日にニッパツ三ツ沢球技場で行われた。 代表ウィークを挟み共に3週間ぶりの再開初戦だったが、この試合では横浜FMのGK高丘陽平と鳥栖のGK朴一圭の2人の守護神にも注目が集まった。 2020シーズン途中、2人は異例の守護神トレードという形で移籍。高丘陽平が横浜FMに完全移籍すると、朴一圭も鳥栖へ期限付き移籍の後、今シーズンから完全移籍していた。 どちらにとっても古巣対決となった一戦は、序盤から両守護神が躍動。特に前半は朴一圭が好セーブを連発し、ゴールレスで終えた。 しかし迎えた63分、横浜FMは敵陣中央でボールを奪ったマルコス・ジュニオールがそのままドリブルで前進。ボックス手前で左足を振り抜くと、相手に当たってゴールイン。さすがの朴一圭も防ぎきれなかった。 それでも、その後も決定機を防いだ朴一圭は80分、ロングボールの処理でボックスの外まで飛び出すと、相手を1人かわしてからロングフィード。これがFW二田理央に繋がり一気にチャンスへ。ボックス手前右から右足でアウト回転をかけたシュートを放ったが、今度はトリコロールの守護神・高丘が立ちはだかった。 試合は終了間際に横浜FMのMF和田拓也が朴一圭の逆を突いて追加点。勝負を決めた。 ハイレベルな戦いとなった守護神対決には、ファンからも「2人とも止めすぎ」「どっちも素晴らしい」「パギ(朴一圭)は最高のGK、高丘も最高のGK」と2人を称賛する声が相次いだ。 なお、横浜FMにとってはアンジェ・ポステコグルー監督退任後初白星。一方の鳥栖は、リーグ戦9試合ぶりの黒星となった。 <span class="paragraph-title">【動画】横浜FM vs 鳥栖 試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1opvq82tad0u31nx9vbsm99g52" async></script> 2021.06.24 12:32 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMがポステコグルー退任後初白星! 8戦負け無しの鳥栖に2発快勝【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、横浜F・マリノスvsサガン鳥栖が23日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-0で横浜FMが勝利した。 代表ウィークを挟んで3週間ぶりに再開するJ1リーグ。横浜FMは前田やオナイウ阿道がそれぞれ代表で結果を残し、前田は東京五輪に臨むU-24日本代表に内定した。 しかし、この間にクラブでは天皇杯とルヴァンカップ敗退に加え、指揮官のポステコグルーがセルティックからのオファーを受ける形で電撃退任。順風満帆のシーズンが一転して、チームに影を落とすことになった。 一方の鳥栖は天皇杯ではロアッソ熊本を下して3回戦進出。リーグ戦でも直近8試合は4勝4分けと絶好調で、ここまでの失点はわずかに「8」と、川崎フロンターレに次ぐ攻撃力を誇る相手との対戦は注目だ。 先にチャンスを作ったのはアウェイの鳥栖。8分、左サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪い素早く攻撃へ。ボックス左へ侵入した小屋松の折り返しを仙頭がペナルティアーク付近からダイレクトで叩くが、DFにブロックされゴールには届かず。 対して、松永暫定監督にとって2試合目となる横浜FMは12分、味方のスルーパスに抜け出したオナイウが決定機を迎えるが、シュートはGK朴一圭のビッグセーブに遭う。20分には前田のヘディングシュートでゴールに迫るも、ここも鳥栖の守護神が立ちはだかった。 さらに28分にマルコス・ジュニオールのシュートがGKを強襲した横浜FMは直後、右サイドへの大きな展開からボックス手前の小池が上げたクロスをオナイウがヘディングシュート。前に出てきたGKより先に合わせたが、今度は右ポストに嫌われ、なかなかゴールを奪えない。 序盤以降防戦の続く鳥栖だったが43分、自陣で相手のプレスを回避し一気に攻勢を強めると、味方の巧みなポストプレーでボックス右に侵入した樋口がマイナスへ折り返し。これを大畑がボックス中央で合わせたが、ゴール前でDFに跳ね返された。 ゴールレスで迎えた後半、ホームチームは49分にオナイウの強烈なミドルシュートでゴールに迫るが、鳥栖はこれもGK朴一圭の好セーブで凌ぎ、リーグ最少失点の堅守を見せつける。 しかし迎えた63分、横浜FMは敵陣中央でボールを奪ったM・ジュニオールがそのままドリブルで前進。ボックス手前で左足を振り抜くと、相手に当たってゴールイン。さすがのGK朴一圭も防ぎきれなかった。 その直後に横浜FMは二度の決定機を迎えるが、前田のシュートはGK朴一圭、和田のシュートはDFに遮られ、追加点とはならず。75分過ぎには、途中出場のレオ・セアラが味方の巧みなワンタッチバックヒールパスで最終ラインを抜け出し、その折り返しを前田が詰めてネットを揺らすが、レオ・セアラのオフサイドを取られ、ゴールは認められなかった。 一方、78分に林を下げて二田を投入した鳥栖は、GK朴一圭のクリアボールがその二田に繋がり一気にチャンスへ。ボックス手前右から右足でアウト回転をかけたシュートを放ったが、トリコロールの守護神・高丘も集中した守りで好セーブを見せる。 千載一遇の同点チャンスを逃した鳥栖。横浜FMは逃げ切りを図ろうと86分に前田とエウベルを下げて高野と水沼を投入。するとその1分後、攻め込む中でボールを奪われた横浜FMだったが、高野の素早い守備への切り替えでボールを奪い返し、ボックス左の和田が左足でクロス。これが思ったよりゴール方向へ向かうと、立ち位置を誤ったGK朴一圭が慌てて反応するも弾き切れず、ボールはネットを揺らした。 これで勝利を決定づけた横浜FMは、後半アディショナルタイムにレオ・セアラがGKとの接触で倒れるシーンもあったが、PKは貰えず試合終了。6月の悪い流れを断ち切る快勝となった。一方の鳥栖は、リーグ戦9試合ぶりの黒星を喫した。 横浜F・マリノス 2-0 サガン鳥栖 【横浜FM】 マルコス・ジュニオール(後18) 和田拓也(後42) 2021.06.23 21:09 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:横浜FMvs鳥栖】守護神は共に古巣戦、上位争う“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年6月23日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(3位/34pt) vs サガン鳥栖(4位/33pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆波乱の6月、リスタートなるか【横浜F・マリノス】 J1で3位につける横浜FMにとって、このリーグ戦中断期間は思いもよらぬ出来事が起きていた。 1つ目は天皇杯2回戦でJFLのHonda FC相手に敗退。PK戦にまでもつれ込んだなか、逆転した中で追いつかれるという失態をおかした。さらに、アンジェ・ポステコグルー監督が突然の退任。セルティックからのオファーを受ける形で、中断期間中にチームをさった。 さらにさらに、YBCルヴァンカップでも北海道コンサドーレ札幌とプレーオフステージを戦い敗退。順風満帆のシーズンが一転して、チームに影を落とす6月となった。 嬉しい出来事としては日本代表デビューを飾ったFWオナイウ阿道が初ゴールを含むハットトリックを達成し結果を残すと、FW前田大然は東京オリンピックに臨むU-24日本代表に選出されるなど、個人では朗報が続いた。 仕切り直しとなる一戦。新体制でもやることは変わらないが、指揮官が交代したことは影響が少なからずある。リーグ戦しかなくなったここからの戦いで、いかに首位を追いかけられるか。古巣対決となるGK高丘陽平のプレーにも注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、和田拓也 MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、オナイウ阿道、前田大然 監督:松永英機 ◆古巣対戦に燃える守護神【サガン鳥栖】 久々のリーグ戦。中断期間は天皇杯のみとなり、過密日程で走ってきたチームとしてはコンディションを整えることができただろう。 中断前はリーグ戦8戦無敗だったが、直近2試合は連続ドロー。勝ち切れない展開が続いている。 さらに、3バックの一角を務めてきたDFファン・ソッコが5月末に全治4、5週間のケガを負ったため今節の起用は難しいと見る。若干の変更がある中で、仕切り直しの一戦をどう戦うかに注目だ。 また、GK朴一圭にとっては初の古巣対決。気合も十分と言えるだろう。また、MF仙頭啓矢も悔しい思いをした横浜FMを相手にどんなプレーを見せるか注目だ。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:松岡大起、エドゥアルド、中野伸哉 MF:島川俊郎 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、中野嘉大 FW:山下敬大、酒井宣福 監督:金明輝 2021.06.23 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

代表初ゴールからハットトリックのオナイウ阿道「チームに還元できれば」と横浜FMでも再び飛躍を誓う

日本代表のFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)が、代表初ゴールとハットトリックを振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 この試合で先発デビューを果たしたオナイウは、序盤からゴール前に顔を出し続けると、27分にヘディングシュートがハンドを誘いPKを獲得。このPKをしっかりと決めて、初ゴールを記録した。 さらに31分には川辺駿のグラウンダーのクロスを合わせると、33分には小川諒也のクロスをヘッド。代表初ゴールとともにハットトリックを達成し、チームの5-1の勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じたオナイウは、自身のパフォーマンスについて「個人としてゴールや結果、数字は出せたと思いましたが、他の部分でもう少し攻撃の起点になるような、スイッチ入れたボールに反応できる回数を増やせたらと思います」とコメント。「個人だけでなく、チームとして増やせていければ、より厚みがある攻撃ができると思います」と語り、反省を口にした。 ハットトリックについては「結果という部分ではしっかりと出せた方が良いですし、多いに越したことはないので、3点という結果は良かったです」と喜びを語りながらも、「他の部分の質を上げないと、相手のレベルが上がると通用しなくなるので、判断のスピードなどはもっとレベルアップしないといけないなと思います」と語り、課題も感じた試合だったと語った。 今回の活動はFW大迫勇也(ブレーメン)の離脱を受けて追加招集という形で参加。その中で、しっかりとアピールしたが「チームでやっていることをしっかりやることが、全て結果や内容に出ていると思います。チームでどれだけ自分がやれているのかを呼ばれた時に出すことができたので、安定したプレーを常にできるように、得点が取れるように意識していきたいと思います」と語り、所属する横浜FMでのプレーが生きていると語った。 これまではプロ入り後に苦労を続けてきたオナイウ。その中で、今シーズンはJリーグでも活躍し、代表でも結果を残した。 その点については「毎年レンタルでチームを出たり、色々経験したからこそ」と、様々なチームでの経験が生きていると言い「それがなければここにいなかったかもしれないです。色々な人との出会いとか、それで得た経験、選手としての幅など、僕1人ではないと思うので、みんなに感謝しながら、呼んでいただいたことに感謝しながら、しっかり結果を残すことを意識しながらチームでやることが一番だと思いますし、チームに還元できればよりチームも良くなると思います」と、これまで関わってくれた多くの人への感謝を語り、横浜FMへとしっかりと還元したいと語った。 今季はJ1で日本人最多の10ゴールを記録。その活躍を代表でも見せたわけだが「マリノスでしっかりプレーしていて、しっかり競争しながら試合に出て得点を取れていますし、チームのスタイルだったり、チームのサッカーがあってこの代表に僕は呼んで頂いているので、そのプレーがゴールにつながるというのはしっかりイメージできていて、しっかり結果として残せたことは良かったと思います」と、チームでやってきたことをそのまま出しただけだと語った。 この先は9月の最終予選がある。Jリーグで結果を残し続けることが、再び招集を受けることにつながるが「僕より若い選手もいますし、オリンピック世代も含めて、年齢関わらず向上心や上手くなりたい気持ち、コミュニケーション能力、試合中の判断、ハーフタイムでの修正といったサッカーの熱というのを今までより高いと感じましたし、だからこそここにいるんだなと」と、多くの面で今回の活動から刺激を受けた様子だ。 そのオナイウだが、やはり横浜FMでのプレーが重要だとコメント。自身が大きく変化できたチームにしっかりと還元したいと改めて意気込んだ。 「チームに還元できればと思いますし、チームは僕がいない間にタイトルの可能性を2つ落としているので、リーグ戦しかないですが、みんなでもう一回次の試合に向けてやるということで、しっかりと力になれればと思います」 「アドバイスではないですが、選手としての幅が広がったので、マリノス1年目でなかなかできなかったことが今年はできると思いますし、それが結果につながっているので、今やれているイメージをチームでも代表でもやりたいので、また呼んでもらうためにチームでやっていきたいと思います」 2021.06.15 22:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly