代表復帰のイブラヒモビッチが意気込み! 息子に関する質問で涙ぐむ場面も

2021.03.23 07:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
4年9カ月ぶりにスウェーデン代表復帰を果たしたFWズラタン・イブラヒモビッチが、代表チームへの熱い想いを語った。スウェーデン『EXPRESSEN』が伝えている。スウェーデンサッカー協会(SvFF)は16日、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選と国際親善試合に臨むスウェーデン代表メンバー26名を発表。

このメンバー発表の中で最大のトピックとなったのが、2016年6月のユーロ終了後に代表引退を発表していたイブラヒモビッチの復帰だった。

代表通算116キャップで歴代最多の62ゴールを誇る39歳の元エースは、22日に母国で行われた公式会見の場で、今回の電撃復帰の経緯を説明。

14歳の長男マキシミリアン、12歳の次男ヴィンセントの代表復帰への反応に関する質問を受けた際には、「ヴィンセントは俺と別れるときに泣いたんだ」と思わず涙ぐむエモーショナルな様子を見せた。

「代表チームでプレーすることは、フットボーラーにとって非常に大きいことだ。彼ら(スウェーデン代表)をフォローしているうちに、自分の中で、彼らを助けることができるのではないか、何かできるのではないかと感じていたんだ」

また、以前に起用法などを巡って批判したヤンネ・アンデション監督との確執、今回の復帰に至るまでのやり取りに関しても包み隠さず明かしている。

「俺たちは部屋で一対一で初めて会った。そして、これまでのすべてについて話し合った。とても前向きな話し合いをすることができて、最終的にはスウェーデンにとって最適なことを選択した」

「俺たちは互いに代表チームにとって何が最善かを理解している。そして今日、俺はあんたらの前に座っている。俺がここにいるのは、自分の名前がズラタン・イブラヒモビッチだからではなく、ここにいるに値するからだ」

「俺がこれまでやってきたことすべては現時点で何の意味もない。俺は良いコンディションで、このチームに関わりたいと思っている。そして、今でも自分がこのチームに貢献できると感じている」

「ただ、俺はあくまでパズルの一部だ。仮に、あんたらが尋ねてきたとすれば、自分が世界最高だと答えるよ。ただ、そのことはここで役に立つわけではないんだ」

「自分の経験をチームが自由な形で利用できるようにしたい。もちろん、監督には俺自身が決定的な存在になることを約束した。だが、今はピッチでそれを証明する必要がある」

また、ミランでは“神”や“王様”として君臨するイブラヒモビッチだが、前述の「パズルの一部」というコメントのように特別扱いを要求するつもりはなく、個人的にはDFアンドレアス・グランクビストにキャプテンを任せる意向を持っている。

その一方で、背番号に関してはミランで着用する背番号11の着用を望んでおり、すでにFWアレクサンダー・イサクに番号変更を求めたことを認めている。

「俺の頭の中では、キャプテンはアンドレアス・グランクビストだ。もちろん、それを決めるのは監督次第だ」

「俺はアレクサンダーに11番のユニフォームをもらえるかどうか尋ねたよ。彼は6、7年以内にそれを取り戻すことができるならば、俺に譲るのをOKしてくれたよ」

「フォルスベリはその前に10番を譲ってくれると言ってくれたが、その申し出は断ったよ。これは俺にとって新たな章となるし、彼が背負うのが正しいと思っている」

「それに正直なところ、番号なんてそこまで重要なものじゃないからな」

スウェーデン代表は、25日にW杯欧州予選の初戦でジョージア代表とホームで、28日にはコソボ代表とアウェイで対戦。31日には、エストニア代表と国際親善試合を戦う。


関連ニュース
thumb

イサクがコンディション不良でスウェーデン代表を離脱…

スウェーデンサッカー協会(SvFF)は22日、FWアレクサンダー・イサク(ニューカッスル)がスウェーデン代表から離脱したことを発表した。 SvFFの発表によると、イサクは体調不良あるいはコンディション不良で22日のトレーニングを欠席。その後、メディカルチームとの話し合いを行った結果、今回のインターナショナルマッチウィークでのプレーが困難との結論に至り、このタイミングでの離脱が決定した。 現時点で同選手の状態は不明だが、クラブ史上最高額の6300万ポンドで獲得したニューカッスルによっては、加入後3試合で2ゴールを挙げた新エースの状態は気がかりなところだ。 なお、スウェーデンは今回のUFFAネーションズリーグで、24日にセルビア代表とのアウェイ戦、27日にスロベニア代表とのホーム戦を戦う。 2022.09.22 22:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ラーションの息子が吉田麻也の同僚に? ロシアクラブ退団でシャルケ移籍が接近

スウェーデンのレジェンドであるヘンリク・ラーション氏の息子であるスウェーデン代表FWヨルダン・ラーション(25)が、ブンデスリーガに挑戦するようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 フェイエノールトやセルティック、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなどでストライカーとして活躍した父を持つヨルダンは、これまでヘルシンボリやNECナイメーヘン、スパルタク・モスクワなどでプレーした。 しかし、今年2月のロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、国際サッカー連盟(FIFA)の特例措置で母国のAIKソルナへとレンタル移籍していた。 未だに軍事侵攻は終息せず特例措置が継続する中、スパルタく・モスクワを退団したヨルダンはドイツ移籍が近づいているようだ。 そのクラブは、日本代表DF吉田麻也も所属するシャルケ。『ビルト』によれば、5日にもメディカルチェックを受け、そのまま契約を結ぶとしている。 スウェーデン代表としても7試合で1ゴールを記録しているヨルダンは、スパルタク・モスクワでは83試合で27ゴール9アシスト。AIKソルナでも11試合で3ゴール2アシストを記録していた。 昇格組のシャルケにとってはまずは残留、そしてなるべく高い順位でシーズンを終えることだが、若いチームの助けになると見られている。 2022.08.05 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

圧巻ドリブル弾を含む2G2Aと籾木結花が大活躍! 宝田フル出場でチームはUWCL圏内2位をキープ

スウェーデンのダーム・アルスヴェンスカン(女子1部)に属する、リンシェーピングFCのなでしこジャパンMF籾木結花が絶好調だ。 前節、林穂之香を擁するAIKフットボールと対戦し、日本人対決を制した宝田沙織と籾木のリンシェーピング。先週は中継を担う『Viaplay』によるベストイレブンに宝田が選出されていた。 宝田は19日の第15節ウメオIK戦でもフル出場。ただ、この日の主役はなでしこジャパンの元「10」番だった。 23分に右サイドから斜めの浮き球パスで決定機を演出した籾木は、3分後にボックス右内でのボールキープからフィンランド女子代表MFオルガ・アフティネンの先制ミドルをお膳立てする。 28分には自らのヘディングシュートでゴールへ迫ると、1分後には左足がさく裂。ペナルティアーク内でボールを拾い、ボディフェイントを駆使して2人の対峙相手をかわすと、ボックス左へ運んで利き足での強烈な一撃をニアのトップコーナーへと沈めた。 41分にはボックス手前右からのスルーパスでこの日2つ目のアシストを記録。68分には敵陣中央でのボール捌きからゴール前へ顔を出すと、右からクロスをニアで合わせ、右足で流し込んで2点目をマークする。80分にも起点となる縦パスを入れるなど、88分の交代まで存分に魅力を発揮した。 籾木の2ゴール2アシストなどの活躍もあり、リンシェーピングは7-0と大勝。UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)出場権が与えられる2位をキープして、ユーロ2022によるリーグ戦中断を迎えることとなった。 この試合で多くのゴールに絡み、今季5得点2アシストとした司令塔は、自身のSNSでインタビュー時の言葉を抜粋。「1月からチームが積み上げてきたものが、このスコアを表している」と、チーム好調の要因を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】絶好調・籾木結花のボディフェイントからのドリブルゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Gör bort två försvarare och hittar krysset <br><br>Japanskans drömmål i storsegern mot Umeå är något lite extra <a href="https://t.co/tZEP0rmYD2">pic.twitter.com/tZEP0rmYD2</a></p>&mdash; Viaplay Fotboll (@ViaplayFotboll) <a href="https://twitter.com/ViaplayFotboll/status/1538565001652453376?ref_src=twsrc%5Etfw">June 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.21 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

すでに大物感?! モーベルグの妻・クララさんが銀座での息子の姿を公開

浦和レッズの元スウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグの息子は何を思案しているのだろか。 12日、モーベルグの妻であるクララさんがインスタグラムを更新。これまでも浜離宮恩賜庭園や新宿御苑などでの写真を投稿していたが、この度は銀座での愛息の様子を公開した。 メッセージなどは綴られていないが、すでに風格を漂わせる息子の一枚には「彼は何を考えているの?」、「とってもスウィート」などの声が寄せられている。 モーベルグはデビュー戦となったJリーグデビュー戦となった3月19日の明治安田生命J1リーグ第5節、ジュビロ磐田戦で鮮烈な一撃を沈めた。翌節の北海道コンサドーレ札幌でも得点を挙げたが、国内では以降、ゴールから遠ざかっている。 代表ウイーク前の直近3試合ではベンチ外となっていたが、18日の第17節、ホームでの名古屋グランパス戦では、チームを10試合ぶりの勝利へと導けるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】何を思案しているのか、クララさんによる愛息の一枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CesGHBxpWfh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CesGHBxpWfh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CesGHBxpWfh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">CLARA MOBERG VILSTRUP(@claramobergvilstrup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.12 21:18 Sun
twitterfacebook
thumb

AIKのなでしこ林穂之香が見事な動き出しから今季3得点目! チームに12試合ぶりの勝利をもたらす

スウェーデン女子1部リーグのAIKフットボールに所属するなでしこジャパンのMF林穂之香が今季3得点目をマーク。チームを開幕戦以来の勝利へ導いた。 9日、ダーム・アルスヴェンスカン第13節でホームにピーテオを迎えたAIK。互いに決定機を作りながらもゴールレスで終盤まで推移したゲームは、82分に均衡が破れた。 左サイドでのボール回しからカイサ・コリンが抜け出すと、それを見た林はボックス手前からファーサイドへスプリント。広がるような動き出しでボールを呼び込むと、コースを消しに来たGKの逆を取り、右足のインサイドで面を作った丁寧なシュートでネットを揺らした。 これが決勝点となり、AIKはGKのファインセーブも相まって開幕戦の白星以来12試合ぶりの勝利を手にした。次節は中2日で12日に籾木結花、宝田沙織を擁するリンシェーピングとアウェイで対戦する。 6月末の欧州遠征に臨むなでしこジャパンのメンバーにも選出されている林。セルビア女子代表戦やフィンランド女子代表戦でも、対人守備だけでなく、ボックストゥボックスの動きで得点に絡む役割が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】クロスを呼び込む素晴らしい動きから冷静なフィニッシュ!なでしこ林穂之香の今季3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Collins förstaklassiga assist - till Hayashis otroligt viktiga mål för <a href="https://twitter.com/AIKFotbollDam?ref_src=twsrc%5Etfw">@AIKFotbollDam</a> under torsdagens match mot Piteå IF! <a href="https://t.co/DywT974nhd">pic.twitter.com/DywT974nhd</a></p>&mdash; OBOS Damallsvenskan (@_OBOSDamallsv) <a href="https://twitter.com/_OBOSDamallsv/status/1535172624036290560?ref_src=twsrc%5Etfw">June 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.11 16:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly