「また見たい」イニエスタのJリーグでのプレー集に国内外から絶賛の声「日本に来てくれてありがとう」

2021.03.22 11:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2018年にバルセロナからヴィッセル神戸へと加入した元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタ(36)だが、まだまだ世界でも注目を集めている。現在は右足大腿直筋近位部腱の断裂からのリハビリに励んでいるイニエスタだが、神戸では主将も務めるなど、随所でワールドクラスの活躍を見せてきた。

『ESPN』の公式ツイッターは、「日本でのアンドレス・イニエスタのボール捌きを3分間楽しんで」と題して、神戸でのイニエスタのプレー集を投稿。動画では、2018年8月のジュビロ磐田戦で決めたJリーグ初ゴールや、異次元のダイレクトロングパス、FWルーカス・ポドルスキへの魔法のような浮き球アシストなど、イニエスタらしい珠玉のプレーの数々を公開している。


多くの海外サポーターから「マエストロだ」「イニエスタをまた見たい」「バルセロナでもっとできたはずだ」など名手のプレーに熱中する声が多く集まったほか、日本のサポーターからも「イニエスタ様」「日本に来てくれてありがとう」と世界的スターを崇める声が挙がっていた。

なお、イニエスタの全治は4カ月と言われており、4月中の復帰が期待されている。

Jリーグファンでなくても誰もが魅了されてしまうイニエスタのプレー。大ケガから復活し、元の輝きを見せてくれることを期待したい。

1 2
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:横浜FMvs神戸】好調を維持する両者が激突、首位を追う風はどちらに吹く?

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 13:00キックオフ 横浜F・マリノス(24pt/4位) vs ヴィッセル神戸(23pt/5位) [日産スタジアム] 開幕戦の敗戦以降、10試合負けなしの横浜FMとここまで8戦無敗の神戸の一戦。 港町の対決、首位を追いかける風はどちらに吹くのか。 ◆今季初の4連勝へ、好調の攻撃陣爆発か【横浜F・マリノス】 前節はFC東京とアウェイで対戦し、0-3で完勝。オナイウ阿道がハットトリックの活躍を見せ、リーグ戦3連勝、無敗を「10」に伸ばした。 2試合連続でのクリーンシートと守備陣も安定し始めた中、攻撃もしっかりとハマり3試合連続の3ゴール以上と好調を維持している。 その中でチームのカギを握るのは、右ウイングで出場を続けるFWエウベルだ。試合中に左ウイングにもポジションを移すブラジル人ドリブラーは、緩急をつけたドリブルと、一瞬のスピードで一対一を制するスタイルで攻撃を牽引。前節もオナイウのゴールをアシストするなど、チームの起爆剤となっている。 今シーズン初の4連勝に向け、攻守に充実感のある横浜FM。昨シーズンは公式戦3試合で一度も勝てなかった相手だが、好調の神戸でも跳ね返せる力が今の横浜FMにはある。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、オナイウ阿道、前田大然 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆8戦無敗、久々の連勝を目指す【ヴィッセル神戸】 一方の神戸も負けていない。前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、こちらも3-0と完勝。苦手としていた相手の勝利で、チームの好調さを感じさせる。 横浜FMの10試合には及ばないものの、8戦無敗。守備陣の安定感もあり、チームとして好材料が揃っている状況だ。 また、アンドレス・イニエスタも戦列に復帰。フル稼働とまではまだ行かないが、チームの助けになってくれることは間違いないと言える。 新戦力も加わり、若手もチームにフィット。上位争いに生き残るためにはここで負けるわけには行かない。しっかりと勝利を収め、上位に食らいついていけるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:井上潮音、山口蛍、セルジ・サンペール、中坂勇哉 FW:佐々木大樹、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 2021.05.09 07:50 Sun
twitterfacebook
thumb

元神戸のダビド・ビジャ氏がインドのオディシャFCのアドバイザーに就任!

2019シーズンにヴィッセル神戸で現役を引退した元スペイン代表FWのダビド・ビジャ氏(39)が、インディアン・スーパーリーグに所属するオディシャFCのグローバル・フットボール・アドバイザーに就任した。6日、オディシャが公式サイトを通じて発表した。 クラブの発表によると、ビジャ氏はクラブのフットボール委員会に参加すると共に、グローバル・フットボール・アドバイザーとして20年に渡るプロフットボーラーとしての経験をクラブに還元していくことが期待されているという。 今回、オディシャのプロジェクトに参画することになった元神戸FWは、新天地での意気込みを口にしている。 「自分の経験を生かしてみたいと思う。もちろん、私はインドでプレーしたわけではないが、プロとして20年間フットボールをしてきたし、その前はアカデミーでプレーしていた。そして、このチームが関わっているすべてのプロジェクトにおいて、私が持っているフットボールに関する経験をすべて提供しようと思っている」 ビジャ氏は、スポルティング・ヒホンの下部組織で育ち、2001年7月にトップチームへ昇格。その後、レアル・サラゴサ、バレンシアへとステップアップを果たし、2010年7月にはバルセロナへ完全移籍。同クラブでは在籍期間に公式戦119試合に出場し48ゴール24アシストを記録。ラ・リーガでは2010-11、2012-13シーズンの2回、コパ・デル・レイでは2011-12シーズン、チャンピオンズリーグでは2010-11シーズンで優勝を経験していた。 その後、2013年7月に移籍したアトレティコ・マドリーでも2013-14シーズンのラ・リーガ制覇に貢献。アトレティコ退団後はスペインを離れ、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティFC、オーストリアのメルボルン・シティでプレー。2019年1月に加入した神戸ではJ1リーグで28試合に出場し13ゴールを挙げていた。 また、スペイン代表では2005年2月からプレーし、通算98試合に出場し63ゴールを記録。ワールドカップには2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会に出場。ユーロも2008年大会に出場。ワールドカップで1度、ユーロで1度優勝を経験し、2008年のユーロ、2010年のワールドカップでは得点王に輝いていた。 一方、デリーに本拠地を置いたデリー・ディナモスFCを前身とするオディシャは、2019年にオリッサ州のブバネーシュワルへ移転した際に現名称へ変更。 デリー時代にはロベルト・カルロス氏やジャンルカ・ザンブロッタ氏が監督を務め、過去にはアレッサンドロ・デル・ピエロ氏もプレーヤーとして在籍していた。 2021.05.07 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「15歳の頃に戻ったよう」4カ月半ぶりに復活した神戸MFイニエスタが感激「なんてエキサイティング!」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、4カ月ぶりの復帰を振り返った。 イニエスタは1日、明治安田生命J1リーグ第12節のサンフレッチェ広島戦で75分に井上潮音と交代でピッチに登場。今シーズン初出場を飾った。 イニエスタは、昨年12月に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16・上海上港戦で負傷。その後の検査で、右大腿直筋近位部腱断裂と診断され、離脱していた。 スペインでの手術を受け、リハビリを続けてきたイニエスタ。実に4カ月半ぶりの実戦復帰を果たし、チームも3-0と勝利していた。 キャプテンであり、チームの中心選手として活躍するイニエスタを欠いた中でも、今シーズンの神戸は開幕方結果を残し、上位争いに踏み止まっていた。 イニエスタは自身のツイッターで久々の復帰を振り返り、率直な気持ちを述べている。 「なんてエキサイティングなんだ!4カ月という長い月日を待った」 「15歳の頃に戻ったような感覚で、緊張したけど、幸せだった。これからも頑張っていこう。みんなの愛に感謝します」 イニエスタは井上との交代シーンの動画をアップ。キャリアでもあまり長期間離脱したことがなかったイニエスタにとっては、4カ月ぶりのピッチは新鮮な気持ちになったのだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】イニエスタも感激した4カ月ぶりのピッチイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Qué sensaciones más emocionantes....después de cuatro largos meses. <br>Parecía que tuviese 15 años, qué nervios, pero qué felicidad!!<br>A seguir trabajando duro! Gracias a todos por vuestro cariño <a href="https://twitter.com/hashtag/VisselKobe?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VisselKobe</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WeareKobe?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareKobe</a> <a href="https://t.co/6mRTRhF1LA">pic.twitter.com/6mRTRhF1LA</a></p>&mdash; Andrés Iniesta (@andresiniesta8) <a href="https://twitter.com/andresiniesta8/status/1388484107802447876?ref_src=twsrc%5Etfw">May 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.02 13:36 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸が苦手広島から前半だけで3得点! 古橋の2Gなどで4カ月ぶり復帰のイニエスタを祝う【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島が1日にノエビアスタジアム神戸で行われ、3-0で神戸が勝利した。 前節は鹿島アントラーズと引き分け、リーグ戦3試合未勝利の神戸。ルヴァンカップも含めると5試合勝てていない状況だ。1カ月ぶりの勝利を目指す中で、イニエスタがおよそ4か月ぶりにベンチ入り。スタメンは鹿島戦から3人変更されている。 一方の広島は、前節はアビスパ福岡に敗れ、リーグ戦ここ4試合は2分け2敗と不調に陥っている、だが、直近に行われたルヴァンカップの清水エスパルス戦では今大会初勝利を収め、公式戦では6試合ぶりの白星を手に。こちらのスタメン変更は1人。佐々木に代わって今津が起用されている。 6位と7位の対戦。序盤はロングボールでチャンスを演出する神戸に対し、広島は細かくパスを繫いでゴールに迫るという構図に。だが、最終ラインから繫ぐ広島は神戸の罠にかかってしまう。 11分、神戸は連動したプレスで相手のパスミスを誘うと、すかさずピッチ中央の山口が前線へロングパスを供給。これにタイミングよく反応した古橋がゴール前に飛び出し、DFやGKに囲まれながらも左足アウトサイドでフィニッシュ。左ポストを跳ね返ってゴールに吸い込まれた。 出鼻をくじかれることになった広島も17分、右サイドを突破したエゼキエウのグラウンダーのクロスを逆サイドから入り込んだジュニオール・サントスが合わせるが、GK前川が好セーブ。ピンチを凌いだホームチームはここから相手をさらに突き放す。 まずは25分、敵陣中央右寄りの位置でパスを受けたサンペールが素早く縦にスルーパス。これで古橋がボックス右に抜け出し、冷静にシュートを突き刺した。さらにその6分後の右CKでは、古橋が右足でアウトスイングのクロスを入れると、広島DF今津に当たってルーズボールになったところをゴール前の中坂が押し込んで、早くも3点目を決めた。 一方的な展開となってしまった広島だが、選手交代はせず後半へ臨む。神戸が守りの意識を高めたことで前半よりも押し込めるようになった中、53分に浅野とのワンツーで抜け出したジュニオール・サントスがボックス左から右足でシュート。決定機だったが、ここもGK前川が立ちはだかる。続く55分には、そのジュニオール・サントスのポストプレーから浅野のシュートが飛び出すも、こちらは枠を捉えることができず。 63分を迎え、広島は一挙に3枚替え。青山、ジュニオール・サントス、エゼキエウを下げて、ハイネル、鮎川、柏を投入した。一方の神戸も65分に佐々木と中坂に代わってリンコンと初瀬が入り、チームに変化を加える。 その後も広島が押し気味に進めるものの、72分のFKに合わせた野上のヘディングシュートも決められない。より勝利が濃厚となってきた神戸は75分、ついにイニエスタが登場。一方で主役は渡すまいと古橋が3点目を狙いにいくが、82分にカウンターからゴールに迫ったシーンではGK大迫に止められ、その直後に増山との交代でお役御免となった。 だが、その古橋が2ゴールの活躍を披露した神戸が、最後まで相手を寄せ付けずホームで3-0で勝利。イニエスタの復帰をリーグ戦4試合ぶりの白星で飾った。一方の広島は、2度目の2連敗となった。なお、神戸の広島戦勝利は2015年4月以来6年ぶり。ホームでの勝利は実に10年ぶりのこととなった。 ヴィッセル神戸 3-0 サンフレッチェ広島 【神戸】 古橋亨梧(前11) 古橋亨梧(前25) 中坂勇哉(前31) 2021.05.01 16:52 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:鹿島vs神戸】監督交代で復調傾向の鹿島が3戦連続クリーンシートへ、神戸は3試合ぶり勝利なるか

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2021年4月24日(土) 17:00キックオフ 鹿島アントラーズ(11pt/12位) vs ヴィッセル神戸(19pt/5位) [県立カシマサッカースタジアム] 新指揮官の下で息を吹き返した鹿島とわずか1敗で好調を維持し続ける神戸の一戦。 ◆2試合がブラフではないと証明を【鹿島アントラーズ】 電撃的な監督交代を行なった鹿島。相馬直樹新監督を迎えたチームは混乱に巻き込まれると思われたが、初陣の徳島ヴォルティス戦では0-1で勝利。さらにミッドウィークのYBCルヴァンカップは北海道コンサドーレ札幌相手に3-0で快勝を収めた。 勝利を掴めたという結果もさることながら、チームとして大きいのは2試合連続で無失点に終えたことではないだろうか。チームの再建を託された相馬監督は、守備面に着手をしたいと就任時に語っていた。その結果が、すぐに現れたことは自信にもなっているに違いない。 特にアントニオ・カルロス・ザーゴ監督時には、今季はルヴァンカップのサガン鳥栖戦だけ。リーグ戦ではクリーンシートがなかった。その点では、改善したものが出ているといって良いだろう。 ルヴァンカップは主力をしっかりと温存して快勝。好調の神戸を迎えてリーグ戦連勝となれば、昨季のような連勝街道で一気に上位に浮上を目指したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:レオ・シルバ、三竿健斗 MF:白崎凌兵、荒木遼太郎、土居聖真 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆好調も3戦未勝利を払拭できるか【ヴィッセル神戸】 前節はアウェイで湘南ベルマーレと対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった。ここまでわずか1敗で5位と好調を維持している神戸だが、直近は勝てていないというのが事実だ。 リーグ戦3連勝の後、清水エスパルスに1-1のドロー。そして湘南と引き分けると、ミッドウィークのYBCルヴァンカップでは徳島ヴォルティスに主導権を握られた結果、0-1で敗れている。 好調を維持しているように見えて公式戦3戦未勝利。やや停滞感が出てきている状況なだけに、ここでしっかりと鹿島を叩いておきたいところだ。 監督交代を契機に復調しようとしている鹿島。上位争いから脱落しないためにも神戸は勝ち点3が必要だ。ケガ人も戻ってきていることに加え、新戦力のFWリンコンもチームに合流。新たな武器を手にした神戸がどんな試合を見せるか。調子の良さを見せつけて勝ち点3を持ち帰りたい。 ★神戸予想スタメン[4-4-2] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:中坂勇哉、山口蛍、セルジ・サンペール、井上潮音 FW:郷家友太、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 <span class="paragraph-title">【動画】相馬監督に初勝利をプレゼントしたDF町田浩樹のヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=scounhsu5sa71nx8oyd512gv4" async></script> 2021.04.24 12:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly