ヴィニシウスPL初弾にケインが得点ランクトップタイの17点目! ビラに完勝のスパーズが見事なバウンスバックで6位浮上!《プレミアリーグ》

2021.03.22 06:27 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第18節延期分、アストン・ビラvsトッテナムが21日にビラ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが0-2で勝利した。現在、8位のトッテナム(勝ち点45)は前節、アーセナルとのノースロンドン・ダービーに1-2で逆転負け。さらに、直近のヨーロッパリーグ(EL)では1stレグを2-0で先勝しながらも、敵地での2ndレグではディナモ・ザグレブに延長戦まで持ち込まれた末、屈辱の0-3の完敗でベスト16敗退となった。

この痛恨の敗戦により、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場に向け、4位のチェルシーに6ポイント差を付けられるリーグ戦での逆転が必要となった崖っぷちのモウリーニョ率いるチームは9位のビラ(勝ち点41)のホームに乗り込んだ。連敗からのバウンスバックを狙う中、前節のダービーから先発4人を変更。体調不良のアルデルヴァイレルトと負傷のソン・フンミンに代えてロドン、カルロス・ヴィニシウス、ドハーティとベイルに代えてタンガンガ、ロ・チェルソを起用し、ケインとヴィニシウスを最前線に配置した[4-4-2]を採用した。

互いにやや慎重な入りを見せた中でアウェイのトッテナムがボールを握る状況が続く。セカンドトップ気味に振る舞うケインを起点にレギロン、ルーカス・モウラが並ぶ左サイドを中心に攻撃を展開していくが、決定機まであと一歩という場面が目立つ。

それでも、ビラにセットプレー以外で危険な場面を作らせずに安定した試合運びを継続するトッテナムは前半半ば過ぎに最初の決定機をゴールに結びつける。29分、ヴィニシウスを最終ラインの背後に走らせるロングフィードに対してエリア外に飛び出したGKマルティネスのクリアが短くなると、これを回収したルーカスがケインとのパス交換でボックス左に抜け出してDFとGKを引き付けて折り返す。これをドフリーのヴィニシウスが右足ワンタッチで流し込み、ポルトガル人指揮官の起用に応える待望のプレミア初ゴールとした。

先制後は少しずつ前がかるビラの攻勢を受け止めつつ、得意のカウンターに転じたトッテナムは、前半終了間際の42分にセットプレーの流れからケインのヘディングシュート、エンドンベレの浮き球のシュートで2点目に迫るが、いずれも決め切るまでには至らなかった。

互いに選手交代なしで迎えた後半もトッテナムが優勢な入りを見せる。48分、レギロンの高い位置でのパスカットからボックス手前でルーカスから足元にパスを受けたケインが振り向きざまに右足を一閃。相手DFの足先にわずかに当たったボールが枠の右隅へ向かうが、これはわずかに枠の左。

続く52分には縦パスを収めたケインを起点に人数をかけた攻撃を仕掛けると、巧みなステップワークでボックス内に切り込んだルーカスからゴール前のケインに横パスが出るが、ここはDFミングスの身体を張った対応に阻まれた。

相手に足を踏まれて痛んだレギロンがプレー続行不可能となり、57分にベン・デイビスを最初の交代カードとして投入したトッテナム。この時間帯は相手の反撃に晒されてボックス付近でトレゼゲ、マッギンに際どいシュートを打たれるが、ここはDFロドンのゴールカバー、GKロリスのセーブできっちり凌ぐ。

その後、66分にロ・チェルソを下げてベルフワインを投入し、カウンター色を強めるアウェイチームは67分にボックス左に抜け出したケインが深追いしたDFキャッシュにアフターでタックルを浴びてPKを獲得。これを自ら冷静に決めてリーグ得点ランクトップタイとなる17ゴール目とした。

この2点目で勝利に大きく近づいたトッテナムはここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。78分にはトランジションを制したホイビュルクの強烈なミドルシュートで3点目に迫りつつ、守備の局面ではタンガンガが決定的なシュートブロックを見せるなど、不甲斐ない戦いに終始した直近2試合の反省を生かしたソリッドなパフォーマンスを披露。

そして、危なげない試合運びでビラの反撃を無失点で凌ぎ切ったトッテナムが2トップ揃い踏みの活躍で公式戦の連敗をストップ。4位のチェルシーと3ポイント差の6位に浮上した。
関連ニュース
thumb

ロメロのスパーズ行き迫る! アタランタと移籍金で合意か?

アタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)のトッテナム移籍に関して大きな進展が見られたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やアルゼンチン『TyCSports』など複数メディアが報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、ここ数日間に渡ってアタランタとのクラブ間の交渉を進めている。 ただ、先月30日に行われた直接交渉では、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムが現時点で応じず、交渉は低調に終わった。 しかし、ロメロ獲得にこだわるトッテナムは最新の交渉でアタランタの要求額に近い5000万ユーロ(約65億円)+ボーナス500ユーロ(約6億5000万円)のオファーを掲示。これをアタランタが受け入れる見込みとなったようだ。 なお、ノースロンドン行きを熱望しているロメロに関してアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は直近の公式会見の場で、「個人的にはプレーヤーの決定が彼の将来を理解するために重要であると思っている。 次に、クラブ間の交渉がどのように発展するかを見極める必要がある」とコメント。ロメロの希望を尊重しつつ、適切なオファーが届いた場合、売却を容認するとの考えを明らかにしている。 前述の報道通り、ロメロのトッテナム移籍が実現した場合、アタランタはその移籍金を元手にユベントス退団を望むトルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の獲得に動く構えだ。 2021.08.01 14:53 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ロメロ獲得交渉停滞も冨安獲得に進展

アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)に関するトッテナムとアタランタの交渉は難航しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、5000万ユーロ(約65億円)に近い金額のオファーを準備している。 すでにロメロに関してはノースロンドン行きを熱望しており、個人間の交渉に大きな弊害はない。 そういった中、両クラブは30日に改めて直接交渉を行ったが、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムは現時点で応じず、交渉はうまく進まなかったようだ。 その一方で、トッテナムがロメロと共に獲得を狙っている日本代表DF冨安健洋(22)の交渉に関しては大きな進展があるようだ。 イタリア『カルチョメルカート』が報じるところによれば、トッテナムはボローニャに対して、これまでの条件から増額した2000万ユーロ(約26億円)+各種インセンティブというオファーを掲示。移籍金の支払い方法など細かい条件は詰め切れていないものの、クラブ間で合意に至る可能性が高まっているという。 なお、冨安に関してはトッテナム行きを希望していると見られており、東京オリンピック終了後に個人間、クラブ間の交渉に大きな進展が予想される。 2021.07.31 13:57 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズの逸材FWパロット、今度は英3部MKドンズへ武者修行

MKドンズ(イングランド3部)は29日、トッテナムからアイルランド代表FWトロイ・パロット(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 パロットは2017年夏に母国のベルヴェディアからトッテナムのユースチームに加入した万能型ストライカー。2019年2月のトップチーム昇格後、同年9月に行われたEFLカップのコルチェスター・ユナイテッド戦で公式戦デビューを飾り、同年11月には17歳でアイルランド代表デビューを果たした。 2020年夏にはミルウォール(イングランド2部)にレンタル移籍で加入するも、半年間で公式戦14試合に出場して1得点という成績から、今年2月にレンタル先をイプスウィッチ(イングランド3部)へと変更。しかし、そこでも公式戦18試合出場、2ゴールという結果に留まった。 絶対的エースであるイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の移籍の噂や、昨季にレンタルで加入していたブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(26)の買い取りが見送られたことで、今季はトッテナムでのプレーも予想されたパロット。しかし、U-17イングランド代表FWデーン・スカーレット(17)の台頭や、クラブがフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)といった新たなFWを獲得に動いていることもあり、再び武者修行へと出るようだ。 移籍が決まったパロットはクラブ公式サイトを通じてコメントを発表。加入の喜びと新シーズンに向けての意気込みを語った。 「ここに来れて本当に嬉しいよ。このチームのプレースタイルは僕に合っているし、プレーしたいと思えるものだ」 「監督のラッセル・マーティンは、以前から僕にここへ来てほしいと思っていたようだけど、なんらかの理由で実現しなかった。彼が僕を必要だと明言してくれていることは、とても嬉しいよ。今はここにいられることが嬉しいし、早くトレーニングを始めたいね」 「もちろん、チームにゴールをもたらしたいと思っているけど、それだけではなく、プレーを連動させたり、できる限りボールに絡むことで、チームに貢献したいと思っている。この前見た試合で、このチームはとても上手くチャンスを作っていたから、ストライカーとしては待ち遠しいかぎりだね」 2021.07.30 11:06 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ヴラホビッチをストライカー補強のトップターゲットに設定!

トッテナムがフィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)を今夏のストライカー補強のトップターゲットに定めているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 トッテナムではマンチェスター・シティ行きが盛んに取り沙汰されるイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の慰留が今夏における最大のテーマとなっている。 その一方で、ベンフィカからレンタルしていたブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(26)の買い取りを見送ったことで、純粋なセンターフォワードが不足している。 プレシーズンマッチでは韓国代表FWソン・フンミン、U-17イングランド代表FWデーン・スカーレット、アイルランド代表FWトロイ・パロットが最前線で起用されているが、ケインの去就に関わらず補強が必要なポジションだ。 ここまではサウサンプトンのイングランド代表FWダニー・イングス(29)が有力な獲得候補として挙がっているが、マネージング・ディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏は前職のユベントス時代から関心を示していたヴィオラの若きエースをトップターゲットに定めているようだ。 セルビア屈指の名門パルチザン・ベオグラード育ちのヴラホビッチは、18歳となった2018年にフィオレンティーナへ5年契約で加入。加入2年目となった昨シーズンにブレイクの兆しを見せると、昨シーズンのセリエAでは37試合21ゴールという見事な数字を残し、一躍国内外のビッグクラブの関心を集める存在となった。 利き足は異なるものの、クラブのレジェンドである元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータを彷彿とさせる天性の点取り屋は、190cmの屈強な体躯とパワフル且つ繊細な左足、傑出した得点感覚を備える大器だ。 その逸材に関してフィオレンティーナは新シーズン開始前に新契約締結を目指しており、現在は7000万ユーロ(約91億3000万円)に設定する契約解除金に関する代理人へのコミッションの金額を話し合うなど、今夏の流出回避に向けた動きを見せている。 ただ、昨シーズンを13位で終えるなどクラブとして低迷が続くフィオレンティーナの現状を考えれば、今夏に新天地を求める可能性は十二分にある。 『テレグラフ』が伝えるところによれば、ヴラホビッチを獲得するためには4000万ポンド(約61億3000万円)以上のオファーが必要だという。 パラティチ氏はヴラホビッチをケインの後釜ではなく、あくまでサポート役として考えており、ケインとヴラホビッチという強力コンビ実現に向けては財布の紐が堅いダニエル・レヴィ会長を説得できるかが重要となりそうだ。 2021.07.29 22:53 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズがデレ・アリの古巣MKドンズに快勝! 2戦連続全く同じ名前がスコアシートに並ぶ

トッテナムは28日、フットボールリーグ1(イングランド3部)のMKドンズとプレシーズンマッチを戦い、3-1で快勝した。 先日、フットボールリーグ2(イングランド4部)に属するコルチェスター・ユナイテッド戦で新体制初勝利を収めたトッテナムは、MFデレ・アリの古巣であるMKドンズ相手に連勝を狙った。 MFデレ・アリやFWルーカス・モウラ、FWソン・フンミン、FWステーフェン・ベルフワインに加え、プレシーズン初出場のDFセルヒオ・レギロン、DFマット・ドハーティがスタメンを飾ったトッテナム。 開始5分にはいきなり最終ラインの背後を取られてGKアルフィー・ホワイトマンのファウルでPKを献上。しかし、ここはMFマット・オリリーのPKをホワイトマンが見事なセーブで阻止した。 若手GKの好守で流れを掴んだトッテナムは、個で優位性をもたらす3トップを起点に再三の決定機を作り出すが、決定力を課題とするベルフワインは最後のところだけうまくいかない。 それでも、35分にはルーカスからの絶妙なスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したソン・フンミンが冷静にGKとの一対一を制し、先制に成功した。 1点リードで折り返した後半も試合の主導権を握るトッテナムは、57分に見事な仕掛けで中央を突破したルーカスからのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがGKとDFを引き付けて中央でフリーのデレ・アリにプレゼントパス。これをデレ・アリが古巣のゴールへ難なく流し込んだ。 その後、メンバーを入れ替えながらもMFオリヴァー・スキップ、ルーカス、ベルフワインらが輝きを放つトッテナムは、81分に相手のビルドアップのミスを突いたルーカスが一人ショートカウンターの形からトドメの3点目を奪取した。 その直後にはセットプレーの流れから1失点を喫したものの、2戦連続全く同じ名前がスコアシートに並んだトッテナムが3-1の快勝を収めた。 同試合後、クラブ公式チャンネルのインタビューに応じたヌーノ・エスピリト・サント監督もチーム全体のパフォーマンスに満足感を示している。 「良い内容だったね。とりわけ、少年たち(アカデミーのプレーヤー)はハードワークを見せてくれた。今日も、彼らはよくやってくれたよ。ボールの動かし方、ラインの速さ、ポゼッションなど、良い動きをしていた」 「ただ、我々はより多くのゴールを奪う必要があった。より多くのゴールを決めることができれば、より良い気分になり、より自信を持つことができるからだ。とにかく、チャンスがあれば、それをモノにしなければならない」 格下相手にきっちり連勝を飾ったトッテナムは来月初めにチェルシー、アーセナルとのプレシーズントーナメントを戦った後、8月16日に昨シーズンの王者であるマンチェスター・シティとのプレミアリーグ開幕戦に臨む。 MKドンズ 1-3 トッテナム 【MKドンズ】 フリーマン(84分) 【トッテナム】 ソン・フンミン(35分) デレ・アリ(57分) ルーカス・モウラ(81分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】トッテナムがMKドンズに快勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRbG10ZkRFcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.29 17:37 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly