後半AT弾で大宮を下した相模原がJ2初勝利!京都と磐田の一戦は合計7ゴールの乱打戦に【明治安田J2第4節】

2021.03.21 18:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
21日、明治安田生命J2リーグ第4節の8試合が各地で行われた。

相模原ギオンスタジアムで行われたSC相模原vs大宮アルディージャは劇的な展開となった。

猛烈な風雨に見舞われた一戦は、互いに浮き玉の処理に苦労する試合内容に。ロングボールを多用せずグラウンダーのパスを駆使しながら進める中、0-2でヴァンフォーレ甲府に敗れた前節からスタメンを10人変更した大宮が先手を取る。

給水タイム明けの25分、右サイドバックの翁長が前線にロングボールを送ると、強風の影響で予想以上に飛んだボールに相模原DFが対処しきれず、ボックス右に流れてきたところを矢島がダイレクトで流し込みネットを揺らした。

矢島の移籍後初ゴールで先制した大宮は、40分には黒川がボックス手前からミドルシュートを放ち、GK三浦を強襲。ハーフタイムを挟んでもアウェイチームがペースを握ったまま、試合は推移。

しかし、GK三浦の再三の好セーブもあり、相手を突き放せずにいると88分に被弾。右CKを得た相模原は藤本が左足でクロスを送ると、大宮の黒川が頭で触ったボールが左ポストを直撃。なんとかオウンゴールは免れたが、跳ね返りを平松に押し込まれ同点にされてしまった。

運も味方した相模原の勢いはここで終わらない。アディショナルタイムに突入した93分、右サイドのユーリのポストプレーから藤本がボックス右に侵入。ワンフェイントで相手を躱すと、左足で巧みにファーサイドに流し込んで見せた。

昨シーズン加入の藤本は、これが相模原で初ゴール。土壇場で逆転に成功した相模原がそのまま試合をものにし、記念すべきJ2初勝利を収めた。

サンガスタジアムで行われた京都サンガS.C.vsジュビロ磐田は激しい打ち合いとなった。その中で先手を取ったのはアウェイの磐田。42分、敵陣右サイド中央でボールを持った大森は、ボックス右に走り込む山田へパス。山田はこれをダイレクトでゴール左に蹴り込んだ。

後半は立ち上がりからゴールの応酬に。まずは昨季のJ2得点王が本性を現す。京都の47分、テンポ良くボールを回して左サイドからクロスを上げると、胸で収めた武富の丁寧な落としをピーター・ウタカがダイレクトシュート。これが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。

対する磐田も52分、速攻から右サイドでボールを持ったルキアンのグラウンダーのクロスを、飛び込んだ松本が泥臭く押し込んで再び勝ち越し。しかし、そのわずか3分後、磐田の遠藤のバックパスがズレたところをウタカが奪取し、ボックス右から流し込んですぐに同点に戻した。

これで2-2となったが試合はさらにエキサイティングな展開に。今度は59分の磐田。相手の攻撃をはね返しカウンターに転じると、ドリブルで前進する大森が全速力で駆け上がる小川大貴へスルーパス。ボックス右に侵入した小川はそのままシュートを流し込み、三度リードをもたらした。

もう一度巻き返したい京都だったが83分、GKからのリスタートから深い位置でボールを回していたところ、磐田の選手に挟まれる形でボールをロスト。これが80分から途中出場していた磐田の大津に渡ると、DFとGKのポジショニングを確認して、冷静にゴール左に流し込んだ。

このまま後半アディショナルタイムに入り勝負は決したが、京都は95分にウタカのクロスから途中出場の三沢にゴールが生まれ意地の1点。それでも試合は3-4でアウェイの磐田が壮絶な打ち合いを制している。

ニンジニアスタジアムでは未勝利の愛媛FCと、2勝1分けのヴァンフォーレ甲府が激突。秋元がJ2通算200試合出場を達成した愛媛が積極的なプレスでもってペースを握る中、30分にドリブルでボックス左に侵入した忽那のクロスのこぼれ球を近藤がシュート。至近距離からの強烈なシュートだったが、GK岡西のビッグセーブに阻まれてしまった。

ここまで劣勢の甲府だったが迎えた39分の左CKの場面で、セカンドボールを関口が拾い、ボックス手前からシュート。これをゴール前の中村がコースを変えてネットを揺らした。

これで開幕から4試合連続で先制点を奪った甲府は、後半にはペースを掴み、次々とシュートを浴びせていく。だが、相手の体を張った守備を前に、試合を決めきることができない。

それでも反撃を許さなかった甲府は虎の子の1点を守り切り、敵地で0-1で勝利。今季3勝目を収め、開幕から無傷の4連勝でトップを走るアルビレックス新潟とFC琉球に食らいついている。

◆第4節
▽3/21
モンテディオ山形 1-2 栃木SC
松本山雅FC 0-1 ジェフユナイテッド千葉
京都サンガS.C. 3-4 ジュビロ磐田
愛媛FC 0-1 ヴァンフォーレ甲府
ギラヴァンツ北九州 1-1 ブラウブリッツ秋田
水戸ホーリーホック 3-0 FC町田ゼルビア
レノファ山口 0-0 ファジアーノ岡山
SC相模原 2-1 大宮アルディージャ

▽3/20
アルビレックス新潟 3-1 ザスパクサツ群馬
東京ヴェルディ 2-4 ツエーゲン金沢
FC琉球 3-1 V・ファーレン長崎

関連ニュース
thumb

岡山のMF石毛秀樹がデビュー戦で負傷、7月末に清水から期限付き移籍

ファジアーノ岡山は4日、MF石毛秀樹の負傷を発表した。 クラブの発表によると、石毛は2日に行われた天皇杯3回戦の名古屋グランパス戦で負傷した。 検査の結果は、右大腿部肉離れと診断。4〜6週間とのことだ。 石毛は7月25日に清水エスパルスから期限付き移籍で加入。名古屋戦がデビュー戦だった。 2021.08.04 16:18 Wed
twitterfacebook
thumb

京都の選手1名が新型コロナ陽性、接触した知人が発熱

京都サンガF.C.は3日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は7月31日(土)に接触した知人が発熱し、PCR検査を受ける予定だと連絡を8月2日(月)に受けたとのこと。当該選手は無症状だったが、クラブ判断で3日(火)にPCR検査を実施し、陽性判定を受けたとのことだ。 管轄の保健所からは濃厚接触者はいないとの連絡があったとのこと。また、当該選手以外の全選手、スタッフはPCR検査の結果、陰性と診断されたとのことだ。 同選手は7月31日から2日までのチームトレーニングに参加していた。 2021.08.03 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎で選手3名が新型コロナ陽性判定、2人は発熱などの症状あり

V・ファーレン長崎は2日、トップチームの選手3名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、2日にPCR検査を実施。3名が陽性判定で、他の選手は陰性。また、トップチームスタッフ、クラブスタッフは結果待ちの状態ということだ。 また、保健所からの連絡は現時点ではな意図のことだ。 7月23日に3選手ともトレーニングに参加。Jリーグ公式PCR検査を受け、同26日に陰性が確認されていた。 7月28日はチームがオフだったが、選手1名(A)が咳の症状を訴えると、29日には37.5度の発熱。また、同日に2人目(B)が倦怠感を訴え、37.4度の発熱があったとのことだ。 30日にAとBは抗原検査を受けて陽性判定。Jリーグに報告し、PCR検査を受けたが陰性となった。なお、この時点から2名は隔離されている。 しかし、2日にPCR検査を受けた際の検体を医療機関が再確認したところ要請の判定に。別の医療機関でチーム全員のPCR検査を実施したところ、3人目(C)が陽性判定を受けた。 2021.08.02 18:43 Mon
twitterfacebook
thumb

琉球がサンパウロ州3部クラブからFWヴィニシウスをレンタル! 「期待に応えられる様に努力」

FC琉球は1日、ブラジルのサンパウロ州3部リーグに属するナシオナルからブラジル人FWヴィニシウス(21)の期限付き移籍加入内定を発表した。 背番号は「34」。7月31日に入国しており、Jリーグが一括管理する14日間の待機期間(Jリーグバブル)を経て合流するという。 ヴィニシウスは身長184cm、体重82kgのFWで、2019年にナシオナルでプロデビュー。今季はパラナ州1部リーグのマリンガでプレーしていた。 クラブを通じて意気込みを語っている。 「この素晴らしい国、クラブでプレーできる事をとても嬉しく思います。個人・団体に関わらず良い成果を出せるようがんばります」 「この大きな機会を与えて下さったクラブにとても感謝していますしその期待に応えられる様に努力します。ありがとうございます!」 2021.08.01 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

京都退団の服部航平、新天地は東海社会人2部リーグに

京都サンガF.C.は1日、昨季まで所属したFW服部航平(20)が東海社会人2部リーグのFC.Bomboneraに加入すると発表した。 服部は京都下部組織出身地で、2019年にトップチーム昇格。ブラジルのロンドリーナECへのレンタルに続き、昨年10月から12月までテゲバジャーロ宮崎への武者修行も経験したが、昨季を最後に京都を契約満了で退団した。 服部はFC.Bomboneraの公式ツイッターで活躍を誓った。 「初めまして! この度、FC.Bombonera に加入する事になりました! 加入に関わってくださった全ての方々に感謝し、1人でも多くの方に夢や感動を与えられるようにします!」 「僕のストロングポイントはゴールを決め切る事なので、歓喜の瞬間を皆様に届けられるように日々精進して参りますので、ご支援ご声援のほど、よろしくお願い致します!」 2021.08.01 16:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly