スパーズがD・ザグレブに屈辱の敗退…初戦2-0もオルシッチにハット許し延長戦の末に散る《EL》

2021.03.19 05:39 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、ディナモ・ザグレブvsトッテナムが18日に行われ、ホームのディナモ・ザグレブが2-0で勝利した。その後、延長戦を制したディナモ・ザグレブが2戦合計3-2で逆転での準々決勝進出を決めた1週間前に行われたホームでの1stレグをケインの2ゴールによって2-0で先勝したトッテナム。ただ、先週末のプレミアリーグではアーセナルとのダービーで1-2の逆転負けを喫し、トップ4フィニッシュに黄色信号が灯る。


横領事件で実刑判決を受けたマミッチ監督が電撃辞任となった揺れるクロアチア王者とのリターンレグに向けてはアーセナル戦から守護神ロリス、ダビンソン・サンチェス、ルーカス・モウラ、ケインを除く先発7人を変更。ウィンクスやダイアー、ラメラ、デレ・アリなど1stレグを戦ったメンバーが引き続きピッチに立った。

立ち上がりから2点のリードを意識した慎重な戦い方を見せたトッテナムは、相手の攻撃を受け止めながらカウンターでの一刺しを狙う。

ホームチームの拙攻もあって省エネモードのプレーが目立つ中、前半半ばを過ぎてから徐々に攻勢を強めると、28分にはボックス左でデレ・アリからのラストパスに反応したラメラに決定機も、ここは相手DFのブロックに遭う。

その後、30分過ぎにマイェルの枠の左ギリギリに外れるミドルシュート、DFのクリアミスをGKロリスが好守で凌ぐ場面も見受けられたが、主導権は譲らないトッテナム。前半終了間際の44分にはルーカスのスルーパスに抜け出したケインがボックス左でGKと一対一のチャンスが訪れるが、ここは相手の寄せの素晴らしさもあって突破を決定づけるアウェイゴールとはならなかった。

後半も出足が鈍いトッテナムは押し込まれる入りを強いられる。前半に比べてボールを持てない状況が続く中、60分には1枚カードをもらっていたラメラに開けてベイルを投入する。だが、この交代直後の62分にはボックス手前左からオルシッチに右足の見事なミドルシュートをゴール右上隅に突き刺されて先制点を奪われた。

これで2戦合計スコアで1点差に迫られてバタつくトッテナムは、68分にデレ・アリとウィンクスを下げてエンドンベレと共に負傷明けで久々の出場となるロ・チェルソを投入。

すると、70分には左サイドのスペースに抜け出したルーカスからボックス中央でマイナスのパスを受けたロ・チェルソが右足のシュート。相手DFにディフレクトしたボールが枠に向かうが、これはGKの好守に遭う。続く73分にはロ・チェルソのスルーパスに抜け出したルーカスがボックス左角度のないところからシュートを狙うが、これは惜しくもサイドネットを叩きアウェイゴールとはならず。

その後、一旦は試合を落ち着かせたトッテナムだったが、82分には緩慢な守備を相手に突かれてボックス右でアティエムウェンが折り返したボールをゴール前に猛然と走り込んできたオルシッチに右足ダイレクトで蹴り込まれ、2戦合計スコアでタイに戻された。

慌てて攻撃に出るトッテナムは失点直後の85分にベイルのクロスに反応したケインがボックス左角度のないところからヘディングシュートを放つが、GKに触られたボールは相手DFのゴールカバーに遭い、ゴールとはならず。

結局、試合は2戦合計2-2のまま延長戦へ突入することに。後半終了間際にカルロス・ヴィニシウス、延長前半にレギロンとフレッシュな選手を投入して勝ち越しゴールを目指すトッテナムは、延長前半終了間際にベイルの強烈なミドルシュートでゴールに迫るが、これはわずかに枠の右へ外れた。

すると、運動量、プレー強度で明らかに劣るトッテナムは延長後半立ち上がりの106分には左サイドから内にドリブルで切り込んだオルシッチに強烈なミドルシュートをゴール左隅の完璧なコースに突き刺され、ついに2戦合計スコアで試合を引っくり返される。

この直後にオーリエを下げてベルフワインをピッチに送り込んだトッテナムはここから猛攻を見せる。115分にはボックス中央でロ・チェルソの鋭い縦パスを足元で収めたベイルが反転点シュートも、これはGKの好守に遭う。さらに、直後の116分にはゴール前の混戦からボックス右でフリーのケインに絶好のゴールチャンスが訪れるが、枠を捉えた左足のシュートはGKの驚異的な反応にはじき出された。

その後も決死のパワープレーを仕掛けたトッテナムだが、最後までディナモ・ザグレブのゴールをこじ開けることはできず。この結果、指揮官電撃辞任の逆境を撥ね退けたクロアチア王者が劇的過ぎる逆転突破を果たした。

一方、攻守に精彩を欠いたトッテナムはダービーでの敗戦を払しょくすることができなかったばかりか、屈辱的な形でELベスト16敗退となった。
関連ニュース
thumb

トッテナムFWラメラがセリエA復帰? ナポリへの移籍が濃厚か

ナポリがトッテナムのアルゼンチン代表FWエリック・ラメラ(29)を獲得することに興味を持っているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じた。 ラメラはリーベル・プレートの下部組織出身で、2010年7月にトップチーム昇格。2011年8月にローマへと完全移籍。2013年8月にトッテナムへと移籍していた。 トッテナムでは公式戦253試合に出場し37ゴール47アシストを記録。ラボーナでゴールを決めるなど、驚くべきパフォーマンスを見せる一方で、ケガに苦しむことも多いキャリアとなっている。 トッテナムとの契約は2022年6月30日までとなっているが、ラメラはセリエAに戻りたいと考えているとのこと。ナポリへの移籍を望んでいると報じられている。 ミランも獲得に興味を示している中でのナポリ移籍への動きだが、残り契約が1年となるため、移籍金は500万〜1000万ユーロ(約6億5000万〜13億円)になるとみられている。 一方で、年俸に関しては480万ユーロ(約6億2500万円)をトッテナムからは受け取っているが、実質的に半分になる必要があるとのこと。果たして、ナポリへの移籍は実現するだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ラメラと言えば、衝撃のラボーナゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0UkJsODJ0QyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.16 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン戦のスパーズ、現在7位と不調も…ルーカス・モウラ「進むべき道は1つしかない」

トッテナムに所属するブラジル代表FWルーカス・モウラがエバートン戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは16日、プレミアリーグ第32節でエバートンと対戦する。4位と5ポイント差の開きがあるなかで、トップ4を争うエバートンの本拠地グディンソン・パークに乗り込み、直接対決に挑む。 14日の練習後にクラブのインタビューを受けたルーカス・モウラは現状について「確かに厳しく、苦しい時期だ」としつつ、リーグ7位からの巻き返しに意欲を示した。 「進むべき道は1つしかない。それは最後までハードワークを続け、戦うことだ。なぜなら、今シーズンを良い形で終えることはまだ可能だからね」 「今は難しくても、戦おう。この選択肢しかないんだ。後ろを見るのではなく、前を見なければならないよ」 「ここ数試合は大変だったけど、フットボールの良いところは常に次のチャンスがあるということだ」 「金曜日に試合があるから、勝ってまた、調子を取り戻せるかもしれない。それだけだよ。最後まで戦う必要がある」 また、ルーカス・モウラは今回の対戦相手であるエバートンに4-5で敗れたFAカップ5回戦についても言及。「あの試合で何が良かったのかを思い出す必要がある」とした上で、「確かに5失点は許されるものじゃないけど、僕らには試合に出て、良いプレーをして、勝ち点3を獲得する能力がある」と意気込んだ。 2021.04.16 18:13 Fri
twitterfacebook
thumb

トップ4争いの大一番エバートン戦へ! モウリーニョ「完全に集中する必要がある」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がエバートン戦に向けて意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは16日、プレミアリーグ第32節でエバートンと対戦する。前節のマンチェスター・ユナイテッド戦で1-3の逆転負けを喫しての今節もトップ4入りを争うライバルとの直接対決となる。 モウリーニョ監督は試合に先駆けた会見で、25日に行われるEFLカップ決勝のマンチェスター・シティ戦に勢いもつけたいとしつつ、この一戦自体の重要性を強調した。 「我々全員にとって、重要な瞬間となるだろうカップ戦決勝に向けた大事な9日間が始まる。この試合の結果に限らず、最高の気持ちで決勝に臨みたいと思うが、決勝はまだ少し先の話だ」 「この試合もとても重要だ。両チームの勝ち点差は少なく、試合数は相手の方が1試合少ない」 「目的も似ている。彼らは我々や他のクラブと共に戦い、可能な限り最高のポジションを獲得しようとしている。我々は非常に難しい試合に向けて完全に集中する必要がある」 また、「我々2つのクラブは、非常に近いポジションにあるが、他のクラブだってたくさんいる」と、敗れてもチャンピオンズリーグ(CL)の出場権獲得が不可能になるわけではないと語った。 「我々よりポイントが多いクラブ、少ないクラブがあるが、獲得できる勝ち点はまだ20ポイント以上もある。私はまだ、オープンな展開だと思っている」 2021.04.16 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ守護神ロリス、シーズン終盤戦に意気込み「最高の形で締めくくりたい」

トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスがシーズン終盤戦に向けて、意気込みを語った。 トッテナムは今季、開幕当初こそプレミアリーグ首位に立った時期もあったが、そこから失速し、31試合を消化した現時点で7位に位置。また、ヨーロッパリーグ(EL)、FAカップでも敗退したことで、トロフィーを獲得するチャンスが残っているのは25日に決勝が行われるEFLカップのみとなっており、低調なシーズンを送っている。 イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューを受けたロリスは、「今シーズンは成功していると言えるか?」という質問に「成功かどうかはまだわからない。ここまでは大変なシーズンだったけどね」と返答。トロフィー獲得の最後のチャンスとなるEFLカップ決勝に向け、意気込んだ。 「ドレッシングルームにいるすべての選手に、何がほしいかと尋ねれば、トロフィーを勝ち取ることだと答えるだろう。それを達成することが最も難しいのだけどね」 「すべてはシーズンをどう終えるかにかかっている。決勝戦もあるので、もしトロフィーを獲得できれば、それはポジティブなことだ」 また、2nd レグで大逆転を許し、敗戦したELラウンド16のディナモ・ザグレブ戦については「まだ傷ついているよ。シーズンをきれいに終わらせることはできないだろうね。ELは野望であり、目標だった」と語ったロリス。しかし、これからの終盤戦におけるパフォーマンスによって、今季全体の出来が決まると、残り8試合の重要性を強調した。 「まだ何試合か残っているから、今シーズンを良いものにするために戦わなければならないよ。すべてを出し切り、できる限りのことをして、最後の試合の後に自分たちの位置を確認したい」 「終わりに向かっているシーズンを最高の形で締めくくりたいね」 2021.04.16 15:04 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ、新公式パートナーの不適切投稿に粋な対応! ドハーティ加入時のオマージュで笑い誘う

トッテナムが新たなオフィシャル・ペイント・サプライヤー契約を締結したイギリスの建築用塗料ブランド『Dulux』社のSNS上での失態に粋な対応を見せた。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 トッテナムは15日、『Dulux』社とのパートナー契約を締結。そして、同社のマスコットとして知られるオールド・イングリッシュ・シープドッグが、トッテナム・ホットスパースタジアムとクラブのトレーニング施設『ホットスパー・ウェイ』を見学する微笑ましい様子を伝えていた。 しかし、この発表の最中、『Dulux』社の公式ツイッターアカウントがユーザーとのメッセージをやり取りした際にまさかの暴走。 あるスパーズファンがここ最近の失点の多さを揶揄する意図で、「お宅の犬はセンターバックができるのか?」との質問を送ると、同社のアカウントは「彼はクリス(トッテナムには在籍しない架空の選手)よりも良い仕事をするかもしれない」と返答。 さらに、その他のユーザーがここ10数年タイトルから遠ざかるクラブを揶揄する意図で、「トロフィーキャビネットの塗装はどうするのか」と質問を送ると、「売り出し中、未使用のトロフィーキャビネット」と書かれた空のトロフィーキャビネットの画像と電話番号を掲載した。 挙句の果てには「ほこりだらけのトロフィーキャビネット」を塗装してほしいとのイジりの提案に対しては、「バカなことは言わないでください。塗装する前に、表面にほこりがないようにしなければならない」と、かなりのブラックユーモアを交えた返答を行った。 これほど際どい対応を行えば、当然熱心なスパーズファンから怒りを買うのは自明の理で、同社は最終的に前述の投稿を削除すると共に、謝罪に追い込まれることになった。 「今朝、トッテナムとのパートナー契約を発表した際に、Duluxからの不適切な投稿があったことを深くお詫びします」 「これは、私たちがクラブのオフィシャル・ペイント・サプライヤーであることをいかに誇りに思っているかを反映していません。我々は何が起こったのかを調査しており、すべてのスパーズファンに謝罪します」 両者の力関係は不明も場合によってはパートナー契約即解消に発展しかねない『Dulux』社の暴走だったが、以前から周囲からイジられることに慣れている百戦錬磨のトッテナムは、新パートナーの失態に対して寛大な対応を見せた。 クラブ公式ツイッターは「今回のことは大目に見ましょう」とのコメントと共に、アイルランド代表DFマット・ドハーティの顔の部分に犬の写真を当てはめたコラージュ画像と、「投稿を削除しますか」との文言が写った画像を投稿した。 昨夏にウォルバーハンプトンから加入したドハーティは、過去に宿敵アーセナルのファンであることをSNS上で公言。 その後、クラブ加入決定後にトッテナムの公式ツイッターは「Delete(削除)」と題した短い動画を投稿。その動画にはドハーティがパソコンを開き、自身のツイッターアカウントの過去の投稿から、2012年の「僕は永遠にアーセナルを愛している」との投稿、2013年の「僕はアーセナルの大ファンだ」とのアーセナル愛を綴った投稿を自ら削除する様子が映されていた。 そして、トッテナムはドハーティの禊をオマージュする形で『Dulux』社の失態を笑いに変える粋な対応を見せた。 <span class="paragraph-title">【画像】ドハーティ加入時のオマージュで笑い誘う</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/yGAaBH86lI">pic.twitter.com/yGAaBH86lI</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1382727225993261063?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.04.16 08:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly