GKのパントキックをそのままダイレクトで…セリエBで生まれた衝撃のゴールに話題沸騰「馬鹿げている」

2021.03.18 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエBのクレモネーゼに所属するイタリア人MFミケーレ・カスタニェッティが衝撃のゴールを決めた。クレモネーゼは16日、セリエB第29節でヴィルトゥス・エンテッラとアウェイで対戦。1-0と1点リードで迎えた60分に、圧巻のゴールが決まった。


ヴィルトゥス・エンテッラがクレモネーゼの攻撃を凌ぎ、GKダニエレ・ボッラがパントキックで前線へと放り込む。このボールはセンターサークル内で一度バウンドすると、カスタニェッティはクリアではなくシュートを選択。果敢に自陣からゴールを狙った。

左足で完璧に捉えられたシュートは、ゴールに向かって一直線に伸びると、やや前に出ていたGKの頭上を越え、そのままゴールネットを揺らした。試合はそのまま2-0でクレモネーゼが勝利している。

その飛距離は60m以上あったが、なかなかお目にかかれないゴールは複数の海外メディアも取り上げており、SNSでも「馬鹿げている」「なぜ狙おうと思った」「インクレディブルだ」といった驚きの声が溢れている。

なお、クレモネーゼの指揮官はアビスパ福岡でも指揮したファビオ・ペッキア監督だ。

◆ゴールキックをそのままダイレクトで

関連ニュース
thumb

試合途中に飲水タイムならぬもぐもぐタイム? トルコ2部で切実もほっこりなシーン

トルコ2部リーグの一戦において、飲水タイムならぬ、もぐもぐタイムが設けられることになった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 今月13日から5月12日までムスリム(イスラム教徒)の間では、ラマダンが始まっている。 イスラム暦で9月を意味するラマダンは、ムスリム(イスラム教徒)にとって“聖なる月”とされており、自制と規律が求められるこの期間にムスリムは夜明けから日暮れまでの間、一切飲食物を口にすることができない。 そして、フットボール界においても多くの敬虔なムスリムはサウムの期間にその教えを忠実に守り、たとえトレーニング中や試合中においても飲食物を口にすることはない。 そういった中、今月13日に行われたトルコ2部のギレスンスポルとアンカラ・ケジオレングジュの一戦では、試合途中にラマダン期ゆえの珍しいシーンがあった。 同試合の試合開始直後にはたまたまピッチ内で負傷者が出てしまい、試合が一時中断。そして、治療に思わぬ時間がかかっていた中でケジオレングジュのベンチサイドに4人の選手が集まると、そこにチームスタッフが何かが入ったビニール袋を持参して駆け寄る。 すると、選手たちはスタッフから渡されたものを口に放り込んでもぐもぐと食べ始めたのだ。中継カメラがその様子をズームで映すと、どうやら選手たちが口にしていたのは、バナナやデーツ(ナツメヤシの実)といったすぐにエネルギーに変わる食べ物。また、画面が切り替わると、GKが何らかの飲み物を少しずつ口にする姿も映されていた。 なお、トルコ『beIN SPORTS』によると、同試合の開始直後にちょうど日没を迎えてイフタール(日没後最初の食事)が可能となったことで、ケジオレングジュの選手たちは、このタイミングでもぐもぐタイムを取ることになったとのことだ。 選手たちにとってここから激しい試合を戦い抜くための栄養補給は切実なものだったが、試合再開の状況を具に確認しながらもぐもぐタイムを取る、いかつい選手の姿は非常にほっこりするものとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】飲水タイムならぬもぐもぐタイム?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> GZT Giresunspor - Ankara Keçiörengücü maçında yaşanan sakatlık ile ezan saati denk gelince, oyuncular maç sırasında oruçlarını açtı. <a href="https://twitter.com/hashtag/beINSPORTS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beINSPORTS</a> <a href="https://t.co/Fec6Q5ERKP">pic.twitter.com/Fec6Q5ERKP</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1382005454679736327?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.04.15 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

共にW杯決勝で笛を吹いた有名主審カップルが6162㎞の遠距離を超えてついにゴールイン

多くの実績がある名主審同士がついにゴールインを迎えた。 結婚したのはハワード・ウェブ氏(49)とビビアナ・シュタインハウスさん(42)の主審カップル。長年の交際を経て、ついにゴールインした。ドイツ『ビルト』が報じた。 ウェブ氏は、かつてプレミアリーグで主審を務め、チャンピオンズリーグ決勝や2010年の南アフリカ・ワールドカップ決勝でも主審を務めるなど多くの実績があり、現在は審判業を引退している。 一方のシュタインハウスさんは、女性主審の先駆けとして知られ、2011年のなでしこジャパンが優勝したドイツ女子ワールドカップ決勝で主審を担当。ブンデスリーガでも女性として初めて主審を務めた功績を持ち、2020年10月をもって12年間の審判生活を引退。現在は、ブンデスリーガのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を務めている。 2人は3月末にハノーファーで結婚したとのこと。シュタインハウスさんが、『ビルト』で喜びを語った。 「私たちは最後のインターナショナル・ブレイク中に結婚して、とても幸せよ」 「残念ながら、コロナの規制により、ハワードと私はこの重要な第一歩を2人でしか祝えなかったわ。見ることも許されなかったの。もちろん、新婚旅行もないわ」 シュタインハウスさんは主審としての活動は引退したものの、VARとして定期的に活動。しかし、4月からは名前が変わるという。 「今の所、シュタインハウス・ウェブさんは、ケルンのビデオ・アシスタント・センターに座っているわ」 シュタインハウスさんはドイツでVARとして働いているため、ハノーファーに在住。一方で、ウェブ氏はニューヨークに現在いるため、6162㎞も離れた超遠距離で別居状態だという。しかし、そのうち一緒に暮らしたいと考えているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】結婚した2人の2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">heimliche Schiri-Hochzeit - Bibi Steinhaus heiratet ihren Howard <a href="https://t.co/Llrqz905fw">https://t.co/Llrqz905fw</a></p>&mdash; BILD (@BILD) <a href="https://twitter.com/BILD/status/1381685729194049538?ref_src=twsrc%5Etfw">April 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.14 22:55 Wed
twitterfacebook
thumb

元NBAスターのロッドマンの娘が横山久美と交代でプロデビュー、いきなり決めたゴールが衝撃

かつてシカゴ・ブルズなどNBAのスター選手として活躍したバスケ界のレジェンドであるデニス・ロッドマン氏(59)の娘がプロデビューを果たした。 ロッドマン氏の娘であるFWトリニティー・ロッドマン(18)は、アメリカ女子プロサッカーリーグ'(NWSL)のワシントン・スピリッツにドラフト1巡目、全体2位で加入。ワシントン州立大学に入学したものの大学リーグが新型コロナウイルスの影響で中止されたことでプロ転向を決めたこともあり、史上最年少でのドラフト選手となった。 U-20アメリカ女子代表としても活躍するトリニティーは、NBAで活躍した父の遺伝子を受け継いだのか、高い身体能力が評価されている。 そのトリニティー・ロッドマンは、10日に行われたNWSLチャレンジカップ(プレシーズンのカップ戦)のノースカロライナ・カレッジ戦でデビューを果たした。 試合は、なでしこジャパンのFW横山久美のゴールでワシントン・スピリッツが先制。しかし、その後3失点を喫して逆転を許してしまう。 すると55分に横山に代えてトリニティー・ロッドマンが出場した。すると、出場からわずか5分にいきなりゴールを奪う。 ハーフウェイライン付近からのロングフィードを走りながらトラップ。ボックス手前から前に出たGK野分を抜くシュートを沈めた。 しかし、試合はそのまま2-3でノースカロライナ・カレッジが勝利していた。 <span class="paragraph-title">【動画】父親譲りの身体能力!ロッドマン娘がデビュー戦で強烈ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/trinity_rodman?ref_src=twsrc%5Etfw">@trinity_rodman</a> is here, and she is not. messing. around. <a href="https://t.co/OY6i28k3ct">pic.twitter.com/OY6i28k3ct</a></p>&mdash; National Women&#39;s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1380988635319832581?ref_src=twsrc%5Etfw">April 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.14 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

CLの一戦で監督が侮辱? ポルト指揮官が試合後に主張「私はトゥヘルに侮辱された」

ポルトのセルジオ・コンセイソン監督が、侮辱を受けたと発言し話題となっている。 ポルトは13日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでチェルシーと対戦した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、中立地開催となったこのカード。1stレグではアウェイ扱いのチェルシーが0-2で勝利を収めていた。 同じセビージャでの2ndレグとなったが、この試合では2点が必要なポルトが攻勢に出て行く。しかし、チェルシーの堅い守備の前にゴールがなかなか奪えず時間が経過。後半アディショナルタイムにイラン代表FWメフディ・タレミがバイシクルシュートを決めたが、そのまま終了。2戦合計2-1でチェルシーがベスト4に進出した。 その試合の最後、両軍の選手たちがピッチ内で揉め合う状態となっていたが、セルジオ・コンセイソン監督はチェルシーのトーマス・トゥヘル監督から侮辱されたと発言。物議を醸している。 「私の英語は完璧ではなく、それについてここで話しても意味はないが、私はトーマス・トゥヘルに侮辱された」 「私からは言葉のやり取りが何もなかったので、反応に気がつかなかった。試合中は一言も話すことはなかった」 「侮辱的な言葉を耳にした。それは綺麗事ではなく、最後に私がイラついていたこととも関係する。彼に一言も話していない」 「第4審がこれらの侮辱を聞いたと主審に言っていた。それだけだよ」 2021.04.14 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

キミッヒの目の前で祝ったネイマールが挑発の意図を否定「それは“運命”」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒを挑発するつもりはなかったと明かした。 ネイマールは13日に行われた、CL準々決勝2ndレグのバイエルン戦に先発出場。決定力を欠いたものの、シュートまでの過程でさすがの存在感を見せつけた。 チームは0-1で敗れたものの、2戦合計スコアは3-3で並び、アウェイゴールの差で上回ったPSGが、昨シーズンのCL決勝の借りを返して準決勝進出を決めた。 タイムアップの笛が鳴り、MFレアンドロ・パレデスと熱い抱擁を交わしたネイマールだったが、偶然にもキミッヒの目の前で抱き合う形に。目の前をふさがれたキミッヒはパレデスを軽く押しのける格好になったが、一部ではネイマールらが挑発の意図を持っていたのではないかという声が挙がっていた。 試合後、ネイマールは『TNT Sports Brasil』のインタビューに応じ、それは“運命”だったと語った。 「彼をいじるつもりでもなく、レオ(パレデスの愛称)と祝おうとしていただけだから、それは面白いね。彼が僕たちの近くにいたのは、“運命”だったんじゃないかな」 「彼は自分たちのチームがより良く、バイエルンが勝つだろうと言った。彼は自分たちが準決勝に行くと確信していた」 映像を見る限り、挑発の意図はなかったように見えるが、前日会見に出席したキミッヒが「次のラウンドに行けると確信しているよ。1stレグでも僕らの方が優れていた」と語っていたこともあり、昨季のリベンジを果たしたことで勝ち抜けを見せつけたかった気持ちはあったのかもしれない。 また、自身のプレーについても「僕はほとんどミスをしていないと思うよ。それにもっとも重要なことは、このラウンドを突破したことであり、それがとても嬉しいね。PSGは素晴らしいチームだ。そして僕がピッチにいる限り、少なくともPSGの準決勝進出は約束されているね!」と語ったネイマール。勝利の余韻に浸ったPSGのエースは饒舌だった。 <span class="paragraph-title">【動画】キミッヒの目の前でネイマールが絶叫!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">PSG go through to the <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> semi-finals and you can see what it means to Neymar and Mbappe! <a href="https://t.co/qK4Qhtj59h">pic.twitter.com/qK4Qhtj59h</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1382075795045294084?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.14 12:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly