名古屋との補償金問題に揺れるジョーとコリンチャンス、裁判は来年まで実施されない可能性?

2021.03.12 15:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
移籍問題による補償金の支払いが命じられている元ブラジル代表FWジョーとコリンチャンスだが、その結末は来年まで待つことになるようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。2018年に名古屋グランパスへと加入したジョーは、加入1年目から活躍し、明治安田J1で24ゴールを挙げ、得点王とベストイレブンを受賞。しかし、2年目は思うような活躍ができず6ゴールにとどまっていた。

そのジョーは2020シーズンはケガの影響もあり出遅れると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間中にコリンチャンスへと移籍。しかし、名古屋は退団の際に契約問題についてFIFAの選手やチーム間係争などを取り扱う紛争解決室に委ねると、コリンチャンスとジョーが340万ドル(約3億6000万円)を支払う裁定が出ていた。

この決定に対してジョーとコリンチャンスは支払う気がないことを主張。スポーツ仲裁裁判所(CAS)へと控訴しているが、判決が出る時期がかなり先となり、今年の終わりか来年の初めに裁判になるようだ。

ジョーの弁護士は、今回の裁定を覆せると信じており、CASでは新たな証人を迎えるつもりがあるとのこと。コリンチャンスもジョーの契約終了を求めたのが名古屋だとし、支払う義務がないと考えているようだ。

コリンチャンスに加入したジョーは、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで30試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。
関連ニュース
thumb

堅守名古屋が苦しみながらもウノゼロでACL初戦を飾る!《ACL2021》

名古屋グランパスは22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021グループG第1節でジョホール・ダルル・タクジムと対戦し、1-0で勝利した。 新型コロナウイルスの影響で中立地のタイとウズベキスタンで集中開催となった今シーズンのACL。タイのラジャマンガラ・スタジアムでマレーシア王者のジョホールを迎えた名古屋は、最前線に山崎を据えた[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からマテウス、阿部、相馬が並び、2ボランチには稲垣と米本、最終ラインは右から成瀬、木本、中谷、吉田、GKは守護神ランゲラックが起用された。 開始早々にマテウスの突破からゴールに迫るなど積極的な入りを見せた名古屋だが、全体の動き出しの少なさから徐々に距離感の問題を抱え、ボール回しが停滞する。 その後も互いに決定機がないまま時間が経過。それでも名古屋は19分、左CKの二次攻撃から阿部のパスで右サイドを突破した稲垣の折り返しを木本がスルー。最後はボックス左手前で拾った相馬が右足を振り抜いたが、これは相手選手に当たり、枠の左に外れた。 一進一退の展開が続く中、名古屋はハーフタイムにかけて立て続けにピンチを迎える。37分、ジョホールは自陣からのロングカウンターを仕掛けると、ドリブルでボックス手前まで持ち上がったベルクソンがミドルシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 さらに43分には、ボックス左から仕掛けたアリフが切り返しで木本をかわし、右足を振り抜いたが、このシュートはGKランゲラックが正面でキャッチした。 ゴールレスで迎えた後半、名古屋は57分に決定機。左サイドからドリブルで仕掛けた相馬がボックス左深くまで侵入。マイナスの折り返しをマテウスがすべり込みながら合わせたが、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。 チャンスを逃した名古屋だったが60分、右サイドを突破したマテウスの折り返しをボックス右までオーバーラップした成瀬がシュート。枠の右に逸れたボールをゴールエリア右の山崎が収めると、ラストパスを最後は阿部がゴールに流し込んだ。 先制した名古屋は、直後に阿部と成瀬を下げて柿谷と宮原を、72分に山崎を下げて長澤を投入。すると82分、相馬の縦パスで上手く相手DFと入れ替わった柿谷がボックス内左から巻いたシュートを狙うが、曲がり切らずにゴール右へ外れた。 このまま試合終了かと思われたが、名古屋は試合終了間際にピンチを迎える。92分、右サイドを抜け出したデイビスにクロスを上げられると、ゴール前に走り込んだベルクソンがヘディングシュートを突き刺した。しかし、これはポジション争いの際に木本を倒したベルクソンのファウルが取られ、ゴールは取り消された。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。阿部のゴールを守り抜いた名古屋が、ウノゼロで初戦を勝利した。 また、同日に行われたグループGもう一試合の浦項スティーラーズ(韓国)vsラチャブ(タイ)は2-0で浦項が勝利している。 ◆グループG 順位表 勝点(勝/引/負/得失) 1.浦項 3(1/0/0/2) 2.名古屋 3(1/0/0/1) 3.ジョホール・ダルル・タクジム 0(0/0/1/-1) 4.ラチャブリ 0(0/0/1/-2) 2021.06.23 00:59 Wed
twitterfacebook
thumb

元名古屋のFWジョーが失態…宿敵のチームカラーのスパイク着用で罰金処分…

かつて名古屋グランパスでプレーし、現在はコリンチャンスに所属する元ブラジル代表FWジョーがライバルクラブのチームカラーと同じ色のスパイクを着用したことで、クラブ内部で罰金処分を科された。『ESPN』が報じている。 ジョーは20日に開催されたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAのバイーア戦に出場した際、ライトグリーンの新スパイクを着用した。 だが、このグリーンカラーのスパイクはサンパウロのローカルライバルであるパウメイラスのチームカラーを想起させるものとして物議を醸していた。 そして、クラブ幹部は今回の一件に関して、「今週の日曜日(20日)のバイーアとのゲームで着用したスパイクに関してジョーと話をした。プレーヤーは警告を受けて罰金を科され、トレーニングでもゲームでもそのスパイクを再び着用することはない」とコメント。ジョーに対して罰金処分を科したことを明かした。 なお、今回着用したスパイクに関して、「ターコイズブルー」と釈明したジョーだが、自身の不用意な行動が不必要な論争を生んだとコリンチャンスサポーターに謝罪を行っている。 「幼い頃から大好きだったコリンチャンスとの歴史があり、グリーンのスパイクを使うことは決してないだろう」 「僕はコリンチャンスを軽視することは決してないし、ましてやファンにそうすることはないよ。いつもこのユニフォームに敬意を抱いてきたし、これからもリスペクトし続けるつもりだ」 今回のライトグリーンのスパイクとパウメイラスの濃いグリーンは若干色味は異なるが、繊細なサポーター感情を考えればやや軽率な判断だったか…。 <span class="paragraph-title">【画像】宿敵を想起させるスパイク?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Jô é multado no Corinthians por usar chuteiras “verdes” <a href="https://t.co/znHncFVY2c">https://t.co/znHncFVY2c</a></p>&mdash; Mantos do Futebol (de ) (@mantosdofutebol) <a href="https://twitter.com/mantosdofutebol/status/1406967151123058693?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.06.21 22:55 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋FW前田直輝に第二子誕生「娘にずっとかっこいい姿を見せられるよう」

名古屋グランパスは14日、FW前田直輝に第二子となる女の子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、前田の長女は11日に誕生していたとのことだ。前田はクラブを通じてコメントしている。 「先日、元気な女の子が産まれました。母子共に健康です。PCR検査、感染対策をして、立ち会うことができ元気な産声を聞けた時は妻への感謝と新たな家族が産まれたことへの嬉しさが込み上げて来ました。娘にずっとかっこいい姿を見せられるよう今後もたくさん努力して頑張ります」 2018年に名古屋に加入した前田は今シーズンの明治安田生命J1リーグ16試合に出場し1ゴールを記録。私生活では2016年に結婚し、2017年に第一子となる男の子が誕生している。 <span class="paragraph-title">【写真】前田と奥さん、そして長男の3ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CILFehgjfcs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CILFehgjfcs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CILFehgjfcs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">前田直輝(@naoki112738)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.15 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ユンカー5戦連発ならず、エース不発の浦和が名古屋とホームでドロー【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、浦和レッズvs名古屋グランパスが30日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し、2-2のドローに終わった浦和。4連勝を目前としていた中で、終盤にスーパーゴールを決められ、痛恨のドローとなった。対する名古屋は、前節はベガルタ仙台をホームに迎えたが、マルティノスの技ありゴールに沈み、0-1で敗戦。2試合白星なしとなっている。 そんな両チームの一戦は、立ち上がりは浦和がボールを保持。しかし、名古屋の組織された守備を前に全く縦パスを入れることができない。 計画通りに試合を進めるアウェイチームは、10分過ぎ辺りから徐々に攻勢に。14分の右CKでマテウスのクロスに米本がニアで合わせると、直後の15分には、左から入ったクロスを収めた柿谷が数回のタッチからボレーシュートに繋げる意外性のあるプレーでゴールに迫る。 さらに18分には、最終ラインの中谷のロングボールを山崎が頭で落とすと、柿谷とのワンツーでゴール前に侵攻。GKと一対一の絶好機を迎えるが、広島戦で痛恨の失点から名誉挽回を期すGK鈴木に止められてしまった。 一方、浦和は公式戦6戦6発のユンカーになかなかボールを集められないでいたが、20分のカウンターのシーンで右サイドに走りパスを呼び込んだユンカーは、カットインから左足を振り抜き初シュートを記録。43分には、上背を活かしたヘディングシュートを狙うも枠に収めることはできなかった。 そんな浦和は後半から武田を下げて伊藤を投入して中盤のテコ入れを図る。しかし、効果的な策にはならず、名古屋も前半ほど攻撃に転じることができないまま膠着状態が続く。 その中で浦和は、67分に速攻から関根がシュートへ。数少ないチャンスだったが、枠を捉えられなかった。 75分を挟んで両チームとも交代カードを切る。名古屋は山崎と相馬を下げて齋藤と長澤を、浦和は関根と小泉に代えて田中と武藤をピッチへ送り出す。 その直後、名古屋は齋藤の縦パスを柿谷がボックス左で受けると、相手に囲まれながらもトラップから無駄のないコンパクトなモーションでシュートへ。GKも完全にタイミングを外されていたが、ボールは無情にも右ポストに嫌われた。 浦和は87分に切り札としてユンカーに代わり興梠を投入。これでユンカーのJ1デビューから続いていた連続得点記録は4試合でストップすることになった。 しかし結局、試合は0-0で終了。1ポイントを分け合う結果となった。 浦和レッズ 0-0 名古屋グランパス 2021.05.30 19:57 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第17節:浦和vs名古屋】ユンカーのゴールはどこまで続く? 名古屋はACL前最後のリーグ戦

【明治安田生命J1リーグ第17節】 2021年5月30日(日) 18:00キックオフ 浦和レッズ(8位/27pt) vs 名古屋グランパス(2位/36pt) [埼玉スタジアム2002] 前節は終盤に追いつかれた浦和と、1点を守られ敗れた名古屋の一戦。 浦和のエースFWキャスパー・ユンカーの5戦連発は?! ◆ユンカーは堅守・名古屋もこじ開けるか【浦和レッズ】 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し、2-2のドロー。最終盤にMF川辺駿に豪快なミドルシュートを決められ、勝ちきれなかった。 チームとしては4連勝目前での引き分けと、気落ちする結果に。とはいえ負けたわけではなく、上位に向かうにはここでしっかりと勝利を収めなければいけない。 何と言っても注目はFWキャスパー・ユンカー。リーグ戦4戦連発とスーパー助っ人であることを証明。入団時に「後悔はさせない」と語っていたが、ピッチ上で数字で証明している。 当然期待される5戦連発。チームの中で完全に中心選手となっており、ゴール以外の部分でも欠かせない存在となっている。 今節の相手は堅守の名古屋。一時ほどの勢いは無くなっているが、確立した戦い方があるのも事実。ここでもユンカーが火を吹けば、浦和は一気に上昇できるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:鈴木彩艶 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、明本考浩 MF:柴戸海、伊藤敦樹 MF:田中達也、小泉佳穂、汰木康也 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス ◆一旦リーグは中断、最後は勝って締められるか【名古屋グランパス】 前節はホームにベガルタ仙台を迎えた一戦。マルティノスの技ありゴールの前に沈み、0-1で敗れた。 この1カ月5敗を喫し、チームは下降線。さらに主将であり、堅守を支えてきたDF丸山祐市がケガで離脱し、チームは一気に窮地に立たされてしまった。 やはり仙台戦でも問題となったのはフィニッシュ精度。相手GKの好セーブもあったが、多くのシュートを放ってネットを揺らせなかったことは、しばらく続いている大きな課題だ。 いち早くシーズンを折り返すこととなり、今節を終えればAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いが始まる。一旦リーグ戦の試合は無くなるだけに、最後は良い形で終えたいところ。名古屋らしさを取り戻し、“ウノゼロ”で勝利したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:森下龍矢、中谷進之介、木本恭生、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、柿谷曜一朗、相馬勇紀 FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.05.30 15:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly