レーティング:ドルトムント 2-2(AGG:5-4) セビージャ《CL》

2021.03.10 07:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、ドルトムントvsセビージャが9日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計5-4としたドルトムントがベスト8進出を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
35 ヒッツ 6.0
2失点共にノーチャンス。オスカルのブレ球の直接FKをファインセーブで阻むなど、枠内シュートに冷静に阻止。再三のクロスに対しても適切な対応が光った

DF
2 モレイ 6.5
立ち上がりこそオカンポスとのマッチアップで苦戦も、以降はタイトな寄せと的確なポジショニングでうまく相手のサイドアタックに応対

(→ムニエ -)

23 ジャン 5.5
不用意なPK献上が相手に勢いを与える結果となったが、それ以外の局面ではハードな守備で大いにチームを助けた

15 フンメルス 6.0
序盤の押し込まれた状況で粘りの対応を見せ、終盤は逃げ切りには失敗したが、地対空の対応で最後まで身体を張り続けた

14 N・シュルツ 5.5
先制点の起点となる良い潰しを見せた。それ以外ではヘスス・ナバスに再三のクロスを上げられたが、要所で粘った

(→ザガドゥ -)

MF
10 T・アザール 5.5
献身的に守備をこなしつつ、カウンターの場面で起点となった。ただ、負傷明けの影響もあり、全体的には無理が利かなかった

(→パスラック 5.5)
守備を期待されて入った中、ハードワークは見せた

22 ベリンガム 6.5
相手の強度の高いプレーに対して、攻守両面で良く戦えていた。17歳とは思えない落ち着き払ったプレーは末恐ろしさを感じさせる

6 デラネイ 6.0
中盤の底でハードな守備を敢行。終盤は最終ラインの前で防波堤として奮闘。ハーランドの幻のゴールの起点にもなった

8 ダフード 6.5
試合を決める決定機こそ決められなかったが、先制点の起点となるスルーパスなどカウンターの局面で再三のチャンスを演出。守備の局面でも一歩も引かなかった

11 ロイス 7.0
見事な抜け出しからの冷静な折り返しで先制点をアシスト。リーダーとして強度の高い守備を90分間継続し、カウンターで決定機にも絡む力強いパフォーマンスだった

FW
9 ハーランド 7.5
チームを突破に導く2ゴールを奪取。後半は相手の守備陣を完全に凌駕し、攻撃をけん引

監督
テルジッチ 6.5
サンチョら主力不在の中、デア・クラシカーの反省を生かした粘りの戦いで見事にベスト8進出を果たした。

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 ブヌ 6.0
幻のPKセーブとなったが、再三の好守を見せて最後までチームに可能性を残した

DF
16 ヘスス・ナバス 5.5
失点場面ではロイスに出し抜かれる。攻撃では再三クロスを上げたが、味方の動き出しの問題もあってチャンスを演出できず

12 クンデ 4.5
失点場面での不用意な対応に加え、痛恨のPK献上。2試合を通してハーランドを抑え込めなかった

20 ジエゴ・カルロス 4.5
1stレグに比べて相手のスピーディーな仕掛けに対応できていたが、チームを押し上げるような力強い守備とはいかず

19 アクーニャ 5.5
攻守に良く戦ったが、入れ込み過ぎていた感もあってプレー精度を欠いた面も

MF
8 ジョルダン 5.5
前半は良いリズムでパスを散らしたが、徐々にトーンダウン。守備のところでも後半立ち上がりは後手を踏んだ

(→パプ・ゴメス 5.5)
投入直後に惜しいシュートを放ったが、以降は散らし役にとどまった

25 フェルナンド 4.5
アンカーでのプレーとなったが、ハーランドの対応に苦戦。不用意なロストも目立ち、難しい試合に

(→ラキティッチ 6.0)
意地のアシストを記録

14 オスカル 5.5
前半は素早い攻守の切り替え、後半は直接FKで見せ場もチームを勝たせる仕事はできず

(→オリベル・トーレス 5.5)
投入直後から精力的にプレー

FW
7 スソ 5.5
試合を通してタメを作る仕事や起点として機能する場面もあったが、決定的な仕事はできず

(→ムニル -)

15 エン=ネシリ 6.0
消される場面が多かったが、PKと豪快なヘディングで2ゴール

5 オカンポス 5.5
前半序盤は鋭い仕掛けで攻撃の起点となったが、時間の経過と共にトーンダウン

(→ルーク・デ・ヨング 6.0)
貴重なPKを奪取。ボックス内で五分五分の勝負を見せ、個人としてはまずまずの出来

監督
ロペテギ 5.5
勝負所を制することができずに無念の敗退。ただ、再三のクロスを狙う形であれば、デ・ヨングをスタメンで起用すべきだったか

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ハーランド(ドルトムント)
チームを突破に導いた若きエースをMOMに選出。CL6試合連続ゴールに4試合連続複数得点、CL通算20ゴール達成とレコードブレイカーとしてセビージャの強力守備陣を圧倒し続けた。

ドルトムント 2-2(AGG:5-4) セビージャ
【ドルトムント】
ハーランド(前35)
ハーランド(後9[PK])
【セビージャ】
エン=ネシリ(後23[PK])
エン=ネシリ(後51)

関連ニュース
thumb

ソシエダ、“イブラ2世”イサクと2028年まで契約延長か ドルトムントの買い戻しOPは実行されず

ソシエダとスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(21)の長期契約締結が近づいているようだ。 2019年夏に推定1500万ユーロ(約20億円)の移籍金でドルトムントからソシエダに加入したイサク。その生まれと192cmという長身から“イブラヒモビッチ2世”と呼ばれ、ドルトムント時代から逸材とされていた。 ドルトムントでは鳴かず飛ばずだったものの、ソシエダでは1年目にリーグ戦37試合で9ゴール、2年目の今季は34試合で17ゴールと水を得た魚のようにゴールを量産し、母国の偉大なレジェンドに一歩ずつ近づいている。 ソシエダの地元紙『エル・ディアリオ・バスコ』によると、ドルトムントは3000万ユーロ(約39億3000万円)の買い戻しオプションを所持していたが、両クラブの話し合いの末、ソシエダが数百万ユーロを支払うことでオプションを行使しないことで合意したという。 さらに、ソシエダとイサクはユーロ2020終了後に2028年までの長期契約を結ぶと見られており、現行の契約からさらに4年延長することになるという。また、その際には7000万ユーロ(約91億7000万円)の契約解除金が再設定される模様だ。 なお、そのユーロ2020では1勝1分けでグループEで首位に立つスウェーデン代表。23日に行われる最終節のポーランド代表戦で引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる状況となっている。 2021.06.21 19:36 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチョを狙うユナイテッドが移籍金増額で2度目オファー!

マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)に2度目のオファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ブレイクを遂げた昨季に続いて、今季も公式戦38試合に出場し、16ゴール19アシストのハイパフォーマンスを披露したサンチョ。 昨夏の移籍市場から関心が取り沙汰され続けているユナイテッドは、先日、ドルトムントに対して移籍金6700万ポンド(約102億円)のオファーを提示。11日にドルトムント側に拒否されたようだが、今回7500万ポンド(約114億円)以上に増額して新たにオファーを提示したようだ。 ドルトムントはサンチョの移籍金として8000万ポンド(約121億円)以上を要求しているが、『スカイ・スポーツ』によれば今回のオファーを検討しているとのこと。サンチョとドルトムントの契約は残り2年となっているため、すべての関係者が契約締結に向けた意欲があるという。 なお、ドイツ『ビルト』ではドルトムントはサンチョの流失に備え、すでにPSVに所属するオランダ代表FWドニエル・マレン(22)をリストアップしていると報じられていたが、果たして移籍は実現するのだろうか。 2021.06.20 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ユーロで活躍中のラファエウ・ゲレイロに関心か

レアル・マドリーが、ドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(27)に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ジネディーヌ・ジダン監督が退任し、新たにカルロ・アンチェロッティ監督を招へいしたマドリー。イタリア人指揮官は同クラブでの二次政権発足に向けて、現在ユーロ2020で活躍中のポルトガル代表DFに注目しているという。 15日に行われたハンガリー代表戦では1ゴールを挙げて勝利に貢献したゲレイロ。2016年夏のドルトムント加入からここまで公式戦160試合に出場し、29ゴール32アシストを記録。今季もブンデスリーガで27試合5ゴール11アシストと上々の成績を残した。 左サイドバックとしては世界クラスに成長したゲレイロには、以前もバルセロナやパリ・サンジェルマンが関心。そして今回はアンチェロッティ監督が獲得を希望しているとの情報を『ビルト』が掴んだようだが、かつてその2クラブのオファーを蹴って契約延長したことから移籍の可能性は低いと推測している。 また、今年2月にはゲレイロ本人が「今後何年も黒と黄色のユニフォームを着ていたい」とコメントしたこともあり、2023年夏まで契約を残す左サイドバックが今夏に退団することは考えにくいようだ。 加えて移籍金も6000万ユーロ(約78億円)はくだらないとして、マドリーにとって難しい案件であることを同メディアは強調している。 2021.06.19 15:06 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユがドルトムントからローン中のバレルディの買取OPを行使か

マルセイユがアルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(22)の買い取りオプションを行使するようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 センターバックを主戦場とするバレルディは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2019年1月にドルトムントへ完全移籍。しかし、ブンデスリーガ出場は7試合にとどまり、U-23チームで起用されることが多かった。 2020年7月に出場機会を求めてマルセイユへ買い取りオプション付きの期限付き移籍で加入すると、同郷のホルヘ・サンパオリ監督就任以降は出番が増加。公式戦25試合2得点の結果を残し、自身にとって躍進のシーズンとなった。 『キッカー』によれば、移籍金は1100万ユーロ(約14億7000万円)とみられており、成果に応じたボーナスも付く形となるようだ。 2021.06.16 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、サンチョの後釜にマレンをリストアップか?

ドルトムントがPSVに所属するオランダ代表FWドニエル・マレン(22)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ドルトムントでは、主力を務めるイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(21)の去就が不透明となっており、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が盛んに取り沙汰されている。 そのため、サンチョの流出に備えて後釜のリストアップに動いている。そういった中、『ビルト』は有力な候補の一人としてマレンの名前を挙げている。 アヤックスのアカデミーで育ったマレンは、アーセナルのユースチームを経て2017年に母国のPSVに完全移籍。179cmと上背はないものの爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ストライカー特有のポジショニングセンス、シュートテクニックも併せ持つ万能型FWは、これまで左ウイングを主戦場としていたが、昨シーズンからセンターフォワードに本格コンバート。ヒザの手術を行い、シーズン後半戦を棒に振った中、公式戦25試合17ゴール9アシストの数字を残した。 また、今シーズンはロジャー・シュミット監督の下、[4-2-2-2]の布陣の2トップの一角を務め、エールディビジ32試合で19ゴール8アシストの数字を残している。 なお、PSV側は移籍金を3000万ユーロ(約40億円)に設定している模様。また、ドルトムントとマレンの最終的な交渉は現在行われているユーロ2020終了後に行われるとのことだ。 2021.06.15 07:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly