今季から主将就任も…福島DF吉田朋恭が開幕目前に山形移籍! 「悩み考えました」

2021.03.09 17:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
モンテディオ山形は9日、福島ユナイテッドFCからDF吉田朋恭(23)の完全移籍加入を発表した。背番号は「28」を着用する。吉田は前橋育英高校、産業能率大学を経て、昨季に福島でプロキャリアをスタート。ルーキーイヤーながら明治安田生命J3リーグ全34試合に出場して、1ゴールを記録した。

今年1月初旬に契約更新に至り、今季からキャプテンの1人にも任命されたものの、今週末に今季開幕が迫るなかで移籍を決断した吉田。移籍先の山形公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「この度、福島ユナイテッドFCから移籍してきました吉田朋恭です。ともと呼んで頂けると嬉しいです。シーズンが開幕しJ1昇格に向けチームが始動している中、僕をチームに受け入れて頂き感謝しています。たくさん悩み考えた上での決断です。その決断に間違いはなかったと言えるように山形の地で覚悟を持ってプレーします。少しでも早くチームに貢献できるよう精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします」

一方、福島の公式サイトを通じてはこのタイミングでの移籍を詫び、新天地での活躍を誓った。

「この度モンテディオ山形に移籍することを決断しました。まず、開幕1週間前というこのタイミングでチームを離れる決断をしたこと大変申し訳ありません。山形からお話を頂いてから2週間程自分の中で悩み考えました」

「僕は福島ユナイテッドに本当に感謝しています。大学でチームを探しているとき拾ってくれたのはこのクラブでした。そして、昨年は1年目で想像もしていなかった全試合に出場をさせてもらいました。このお話が来たとき、クラブは僕が福島ユナイテッドにとって必要だと強く思いを伝えてくれましたし、選手をサポートしてくれている温泉やお店、すべてに感謝しています」

「実は一度は残ると心の中で決めました。チームが本気でJ3優勝、J2昇格を目指して練習に励んでいて、チームの雰囲気も素晴らしく、ピッチ内でもピッチ外でもコミュニケーションを取り、自分に必要なことを各々が考えて自発的に行動していました。このチームなら目標を達成できると強く思い、自分もその一員としてこのクラブで闘いたいと思いました。でも、そう心に決めたときに自分は本当はどうしたいのだろう、どうなりたいのだろうと頭の中をよぎりました」

「サッカー選手である以上、常に上を目指すのは当然だと、そのために今まで色んな物を犠牲にしてやってきたのではないかと。世界的に見たら、もう若くない年で上のカテゴリーでできるチャンスを頂いて、それを逃していいのかと考えるようになりました。もしかしたら、もう1年ここで経験を積むことがステップアップへの近道かもしれません。逆に、大きな怪我をしてサッカー人生が終わるかもしれません」

「まだ見えない未来を知ることは誰にもできません。だから、僕は行かなかった後悔はしたくない、するなら行って後悔するほうが納得できると思いました。そして、行くからには後悔なんてするつもりもありませんし、このクラブの代表としてステップアップし、クラブの顔になれるよう必ず活躍してさらに上の舞台でプレーすることで福島ユナイテッドに恩返しをしたいです」

「福島ユナイテッドFCのファン・サポーターの皆さん、こんな時期に移籍の発表をするのは胸が苦しいです。ただ、今年の福島ユナイテッドは本当に最高のチームです。期待していてください。僕も一ファンとして試合をチェックしていきます! もしよかったら、僕のことも少しだけ気にしていただけると嬉しいです。1年と少しの間でしたが本当に幸せでした。応援ありがとうございました!」
関連ニュース
thumb

山形がCK2発でクラモフスキー体制連勝! 琉球はホーム初黒星【明治安田J2第15節】

22日、明治安田生命J2リーグ第15節の1試合が行われた。 2位のFC琉球(勝ち点33)と15位のモンテディオ山形(勝ち点17)の一戦。直近5戦無敗で首位のアルビレックス新潟と勝ち点で並ぶ琉球は、前節と同じスタメンで臨んだ。 対する山形も前節からスタメンの変更はなし。前節1-0で勝利した愛媛FC戦と同じメンバーを起用した。 激しい雨が降りしきる中で行われた一戦。先手を奪ったのはアウェイの山形だった。 8分、右CKから國分がクロス。ニアサイドに選手が密集する中、その上を越すクロスをファーサイドで半田がダイレクトボレー。これが決まり、山形が先制する。 先制点を奪われた琉球が攻め込む展開となるが、攻勢を強める山形がチャンス。23分にボックス内でパスを受けた林が相手DFをかわしシュート。しかし、これは右ポストに嫌われる。 琉球は34分、ボックス手前で清武からのパスを受けた風間宏希がミドルシュート。しかし、GK藤嶋がセーブする。 山形が1点リードで迎えた後半。56分に再び山形がネットを揺らす。前半同様に右CKを得ると、再び國分がクロス。これを今度はニアサイドで野田が2人と競り合いながらヘッド。これが決まり、山形がリードを2点とする。 琉球は2点ビハインドでも積極的に攻勢に出るが、山形が集中した守備を見せ決定機すら作らせず。結局そのまま試合は終了し、0-2で山形が勝利。暫定ながら7位に浮上。対する琉球は今シーズンのホームで初黒星となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 ▽5/19(水) ブラウブリッツ秋田 1-1 レノファ山口FC ▽5/22(土) FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> ▽5/23(日) 水戸ホーリーホック vs ヴァンフォーレ甲府 栃木SC vs 松本山雅FC ジェフユナイテッド千葉 vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs 京都サンガF.C. ツエーゲン金沢 vs ザスパクサツ群馬 ファジアーノ岡山 vs V・ファーレン長崎 ギラヴァンツ北九州 vs 大宮アルディージャ 東京ヴェルディ vs ジュビロ磐田 ▽5/27(木) SC相模原 vs 愛媛FC 2021.05.22 19:58 Sat
twitterfacebook
thumb

山形が昨季清水を率いたクラモフスキー監督の就任内定を発表、コーチには元愛媛監督の川井健太氏を招へい

モンテディオ山形は30日、新監督に昨シーズン途中まで清水エスパルスを率いたピーター・クラモフスキー氏(42)の就任が内定したことを発表した。 また、コーチには昨シーズンまで愛媛FCで監督を務めた川井健太氏(39)が就任することも併せて発表している。 なお、クラモフスキー新監督の就労環境が整うまでは、暫定体制で指揮を執るとのこと。正式就任の時期は改めて発表されるとのことだ。 クラモフスキー氏は、メルボルン・ビクトリーやオーストラリア代表、横浜F・マリノスなどで、2004年からアンジェ・ポステコグルー監督の下でアシスタントマネージャーを務めており、U-17オーストラリア代表の監督を務めていた。 2020シーズンに清水の監督に就任すると、チームを改革。ポゼッションスタイルを標榜したが、3勝5分け17敗の17位と結果が奮わずに、シーズン途中に解任されていた。 クラモフスキー新監督は、クラブを通じてコメントしている。 「私はモンテディオ山形の監督に就任することを名誉に、光栄に、そして誇りに思います。クラブの向かっている方向性、そして自分の能力、知識、信念をクラブの次の章にどう活用できるかを楽しみにしています。 私はクラブの新たな章に特別な瞬間をもたらす為、そしてクラブの未来を築く力添えをするという目的を持ちここに来ました」 「クラブを前進させようと全力を注ぎ、モチベーションの高いチームのスタッフと共に、プレーする選手たちの最大限を毎日引き出していきます。 我々には活力のあるチーム、若く才能のある選手たち、そして経験値のある選手たちがいます。 我々のサポーターに毎試合成功と喜びを届ける為、共にハードワークしていきます」 また、川井コーチは愛媛FCでプレーした後、引退後には愛媛FCレディースの監督や愛媛FC U-18の監督を務め、2018年5月から間瀬秀一監督の後任として愛媛FCで指揮を執っていた。しかし、2020シーズンは21位に低迷し、シーズン終了後に退任していた。 川井コーチもクラブを通じてコメントしている。 「モンテディオ山形に関わる皆様、川井健太と申します。クラブに提示していただいた『道』『斬新性』『熱意』に共感しました。クラブに関わる皆様に笑顔を届けられるように全力で取り組みます」 山形は22日に、成績不振により石丸清隆監督(47)を解任。佐藤尽コーチが暫定的に指揮を執っている。 2021.04.30 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

山形監督解任の石丸清隆氏がコメント 「こういう形でクラブを離れるのは非常に心残り」

モンテディオ山形は23日、監督解任が発表された石丸清隆氏(47)のコメントを発表した。 石丸氏は昨季から山形の指揮を執り、明治安田生命J2リーグ7位でフィニッシュ。しかし、今季は9試合を消化して、1勝4分け4敗の20位に低迷しており、22日に解任が決定した。 コーチの佐藤尽氏が代理で指揮を執ることが決まったなか、石丸氏はクラブを通じて志半ばの退任を悔やみつつ、チームの巻き返しを願った。 「モンテディオ山形のファン、サポーターのみなさま、そしてスポンサーのみなさま、いつも応援、サポートをいただきありがとうございます」 「今季は思うような結果を出せなかったことに強く責任を感じております。ただ、選手、スタッフとチーム一丸となり戦えたことは本当に誇りに思いますし、みんなには感謝の気持ちでいっぱいです」 「こういう形でクラブを離れるのは非常に心残りですが、モンテディオ山形が発展していくことを願っています。これからもモンテディオ山形をよろしくお願いします」 2021.04.23 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

降格圏の山形が石丸清隆監督の解任を発表、開幕からわずか1勝で現在20位

モンテディオ山形は22日、成績不振により石丸清隆監督(47)の解任を発表した。 クラブの発表によると、「今シーズンの成績などを総合的に判断」と解任理由を説明。後任が決まるまでは、佐藤尽コーチが暫定的に指揮を執ることとなる。 石丸監督は2020シーズンから監督に就任。2020シーズンは17勝11分け14敗の成績で7位でシーズンを終えていた。 J1昇格を目指す今シーズンは、開幕から結果が出ないと、ここまで1勝4分け4敗の20位と降格圏に位置していた。 暫定監督の佐藤コーチは、北海道コンサドーレ札幌の下部組織で監督を務めた他、京都サンガF.C.でもコーチを務めていた。 2021.04.22 10:49 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田退団のルリーニャが山形移籍! 「とても嬉しく思います!」

モンテディオ山形は4日、ブラジル人FWルリーニャ(30)の獲得を発表した。背番号は「20」を着用する。 U-17ブラジル代表歴を持つルリーニャは母国やポルトガル、韓国、UAE、キプロスでのプレーを経て、昨年にジュビロ磐田入り。明治安田生命J2リーグ26試合の出場で5得点を記録したが、1年で磐田を退団した。 昨季に続いて今季もJリーグでプレーすることが決まったルリーニャは山形入りを受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「ジュビロ磐田から来ましたルリーニャです。モンテディオ山形に加入出来て、とても嬉しく思います! チームが全ての目標を達成出来るように頑張ります。よろしくお願いします」 2021.04.04 11:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly