“ベルナベウの奇跡”…!敵地でスタンディングオベーション、ロナウジーニョが伝説となった圧巻ゴール/2005-06【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

2021.03.07 20:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
ロナウジーニョ(当時25歳)
国籍:ブラジル
所属:バルセロナ
ポジション:FW
身長:181cm母国クラブを経て、パリ・サンジェルマン(PSG)に加入し、一躍世界にその名を轟かせたロナウジーニョ氏。2003年夏にバルセロナに移籍すると、“銀河系軍団”の異名を取ったレアル・マドリーの陰に隠れ、低迷していたバルセロナを再び欧州の頂点まで導く活躍を見せた。

【試合詳細】
日程:2005年11月19日
大会:ラ・リーガ第12節
対戦相手:レアル・マドリー
時間:後半14分(1-0)


◆“ベルナベウの奇跡”!敵地でスタンディングオベーション

迎えた後半14分、左サイドのハーフラインからドリブルを開始したロナウジーニョは、簡単に相手DFセルヒオ・ラモスをかわして、そのままペナルティエリアに入り込む。この時、立ちはだかったのはDFイバン・エルゲラ。しかし、ロナウジーニョは全くスピードを落とすことなく、何事もなかったようにエルゲラをかわしてシュート。ロベルト・カルロスが必死にブロックするも、間に合わずにゴール。いとも簡単に得点を決めてみせた。

さらに、後半32分にもロナウジーニョがゴールを決めると、サンティアゴ・ベルナベウに詰め掛けた8万7000人もの観客は、スタンディングオベーションでそのパフォーマンスを称えた。

場所はレアル・マドリーのホーム、サンティアゴ・ベルナベウ。勝ち点1差で迎えたエル・クラシコということを考えると、このスタンディングオベーションは本当に異様な光景であり、ロナウジーニョとバルセロナのプレーがいかに美しいものであったのかを表していた。
関連ニュース
thumb

グラナダ、チーム得点王の36歳FWソルダードと2022年まで契約延長!

グラナダは17日、元スペイン代表FWロベルト・ソルダード(35)との契約延長を発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 レアル・マドリーの下部組織出身で、ヘタフェやバレンシアで活躍したストライカーのソルダードは、トッテナム、ビジャレアル、フェネルバフチェを経て、2019年の夏にフリーでラ・リーガ1部復帰を果たしたグラナダへ加入。 加入初年度となった昨季はラ・リーガ33試合で7ゴール5アシストをマークし、ヨーロッパリーグ(EL)出場権の獲得に貢献。今季もここまでラ・リーガ28試合に出場しチームトップの9ゴールをを記録。クラブ史上初となったELでは8試合に出場。ラウンド16のモルデ戦では1stレグ、2ndレグ共にゴールを記録しチームを準々決勝に導いた。 新契約にサインしたソルダードは、自身のツイッター(@R9Soldado)で「グラナダでもう一年続けることを伝えられて、これほど嬉しいことはないよ。これからも戦い続けるよ」と、喜びを語っている。 2021.05.18 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

逆転優勝目指すマドリーに大きな痛手…自主隔離措置を取っていたクロースがコロナ陽性に

レアル・マドリーは17日、ドイツ代表MFトニ・クロースが新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 クロースは新型コロナウイルスの陽性反応が出た人物との濃厚接触があったとして、14日より隔離措置を取っていたが、クラブの発表によれば17日に実施した新型コロナウイルスの検査で陽性反応が確認されたとのこと。 首位アトレティコ・マドリーと2ポイント差で最終節を迎えるマドリーは、23日にラ・リーガ最終節のビジャレアル戦を控えるが、クロースは欠場する可能性が高いものと思われる。 2021.05.18 03:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン、退任伝達報道を否定 「命がけで戦う最中にどう伝えれば良いのか」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督(48)が今季限りでの退任報道を否定した。 16日に行われたラ・リーガ第37節のアスレティック・ビルバオ戦を制して、同じく勝利した首位アトレティコ・マドリーを引き続き2ポイント差で追うレアル・マドリー。最終節に逆転優勝の望みを繋いだジダン監督だが、その大事な一戦の前にして、第35節のセビージャ戦前に選手たちに今季終了後の監督退任意向を伝達したと報じられた。 しかし、フランス人指揮官はスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスのゴールで勝ち切ったビルバオ戦後、この報道を一蹴した。 「今、我々は命がけで戦っている。そんな最中に私が辞めると言うなら、選手たちにどのように伝えれば良いのか。外で好きなように話してくれて結構だが、私が選手たちに辞めることを伝えるなんて絶対にない」 また、「私の将来について、そう何度も話すことはできない。最も大事なのは最後の試合だ」と続け、逆転優勝がかかる23日に行われる最終節のビジャレアル戦にフォーカスした。 なお、ジダン監督とレアル・マドリーの契約は2022年まで。退任となれば、行き先として古巣のユベントスが候補に挙がっている。 2021.05.17 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

首位と2ポイント差で最終節へ…ビルバオに勝利のレアル指揮官ジダン「まだ生き残っている」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がアスレティック・ビルバオ戦の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ラ・リーガ2位のマドリーは16日、第37節でビルバオと対戦。前半をゴールレスで終えたものの、68分にDFナチョ・フェルナンデスが先制点を挙げた。その後は試合をコントロールし、相手に退場者が出る中で1-0のまま、逃げ切っている。 完封勝利を飾ったマドリーは、オサスナに競り勝った首位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追走。アトレティコの結果次第ではあるものの、ビジャレアルとの最終節に逆転優勝の可能性を残した。 試合後、ジダン監督は「今日の勝ち点3は、我々にとってとても重要だ」とコメント。この一戦の勝利を喜びつつも、逆転優勝に向けて意気込んだ。 「我々はまだ生き残っているし、最後の最後まで全力を尽くすつもりだ」 「多くの困難を抱えながらも、我々は戦い続けている。レアル・マドリーは、過去に2度も最終節で優勝できるチャンスを逃しているが、今回は最後の最後で勝利を掴みたいと思っている。我々は、リーグタイトルを獲得するためにすべてを捧げる」 また、決勝点を挙げると同時に、無失点での勝利に大きく貢献したナチョについても言及。「彼はここでキャリアを終えるべきだということがよくわかった。彼のパフォーマンスは素晴らしく、長い間ピッチ上で全力を尽くしてきた。レアル・マドリーにいる価値がある選手だと思う」と、クラブの生え抜きプレーヤーに賛辞を送った。 2021.05.17 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

劇的逆転勝利で首位死守のアトレティコ、シメオネは値千金弾のスアレスを絶賛「彼以上はいない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がオサスナ戦の勝利を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ラ・リーガで首位に立つアトレティコは16日、第37節でオサスナと対戦。前半をゴールレスで終えると75分に先制を許してしまう。しかし、82分にレナン・ロージのゴールで同点に追いつくと、88分にはルイス・スアレスが待望の逆転弾を決め、2-1で勝利した。 逆転勝利を飾ったアトレティコは、2位レアル・マドリーがアスレティック・ビルバオを破ったことで今節での優勝は逃したものの、勝ち点差2をキープ。レアル・バジャドリーとの最終節で勝利すれば優勝が決定する。 試合後、シメオネ監督は「前節からの努力が実り、チームは素晴らしい戦いをした」と喜びのコメント。しかし、「チャンスはあったが、相手のゴールが決まるまでは得点することができなかった。チャンスが少ないときは決定力があり、チャンスが多いときは決定力がなかった」とも語っており、決定力には不満を感じたようだ。 また、この試合で値千金の逆転ゴールを決めたスアレスについても言及。9戦ぶりのゴールとなったエースを絶賛した。 「彼は並々ならぬ反発心を持って今日の試合に臨んだ。ゴールから遠ざかってはいたが、彼は常にそこにいた。彼は我々の順位を上に押し上げてくれる。ギリギリの試合を決めるのに、彼以上の選手はいない」 「交代するのは彼ではないと思っていた。彼は相手ゴールにとても近いところでプレーし、何かが起こる可能性を持っていた。そして、実際に起きた」 「右サイドでの良い動き、良いクロス、そして良いゴールだった」 さらに、運命の最終節に向けては「ネガティブに考えるのではなく、トレーニングをして、フレッシュな気持ちでバジャドリー戦を迎えたいし、最高の準備をしたいと考えている。勝利が必要だ 」と意気込んだシメオネ監督。8シーズンぶりのリーグ制覇までは、あと一歩と迫っている。 2021.05.17 12:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly