「特別な遺伝子が必要」長谷部誠のライバルはキング・カズ? フランクフルトの同僚MFがコメント

2021.03.05 20:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトのMFセバスティアン・ローデが、自身のキャリア、そして同僚のMF長谷部誠について語った。ローデは、オッフェンバッハの下部組織で育ち、2008年7月に昇格。2010年7月にフランクフルトへと完全移籍した。


2014年7月にはバイエルンへと移籍すると、2016年7月にはドルトムントへと移籍。その後フランクフルトへとレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で復帰していた。

チームの中では年長者の部類に入るローデはドイツ『フランクフルト・ルントシャウ』でのインタビューに応じた。

フランクフルトとは2024年6月まで契約を結んでいるろーで。何もなければ、34歳までフランクフルトでプレーすることとなる。

年長者になった事については「僕は最年長の選手の1人であり、キャリアを通じて多くのことを経験してきた。多くの若い選手がそこにたどり着きたいと思うかもしれない。もちろん、僕の立場は以前よりも大きなものになっているね」と語り、自身の存在はクラブの中でも小さくないと感じているようだ。

そのローデは、引退について問われると「2024年まで契約を結んでいるけど、その先はまだ考えていない。でも、僕の足は無理をしようとしないし、体は多くの経験をしてきた。キャリアを終えて、健康に過ごしたいね」とコメント。現在の契約を全うした後のことは考えていないと語った。

そのローデはボランチでコンビを組むこともある長谷部についても言及。37歳でプレーする長谷部については「そんなに長くはプレーしないよ。それには特別な遺伝子が必要なんだ(笑)」とコメント。自身よりも年上の長谷部のプレーに驚きを隠せないようだ。

さらに「ハセは54歳の日本人選手(三浦知良)と競争するんだろう」と語り、キング・カズとして知られ54歳で現役選手としてプレーする三浦知良を引き合いに出し、長谷部のライバルだと語った。
関連ニュース
thumb

鎌田先発、長谷部途中出場のフランクフルト、ヒュッター監督来季就任のボルシアMGに完敗《ブンデスリーガ》

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第29節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、0-4で完敗した。フランクフルトのMF鎌田大地は84分までプレーし、MF長谷部誠は65分から出場している。 前節ヴォルフスブルクとの上位対決を鎌田の1ゴール1アシストの活躍で制し、初のチャンピオンズリーグ出場が見えてきた4位フランクフルト(勝ち点53)は、ヒュッター監督が来季ボルシアMGの指揮官に就任することが発表された。その8位ボルシアMG(勝ち点40)といきなりの対戦となった中、鎌田が引き続き[3-5-2]のトップ下で先発となり、長谷部はベンチスタートとなった。 慎重な入りとなった中、フランクフルトは10分に先制される。右CKからニアサイドでフリーとなっていたギンターにヘディングシュートを決められた。 失点後、15分にヨビッチのヘディングシュートでゴールに迫ったフランクフルトは24分、鎌田の右CKからイルザンカーのヘディングシュートがバーに直撃した。 ハーフタイムにかけては互いにチャンスなく、フランクフルトは1点ビハインドで後半へ折り返した。 迎えた後半、フランクフルトが押し込む展開としていたが、60分に追加点を許す。CKの流れからボックス右のホフマンにボレーでGKトラップを破られた。 2点を追う展開となったフランクフルトは長谷部ら3選手を投入。長谷部は3バックの中央に入った。しかし2分後、致命的な3失点目を喫する。ホフマンの左CKからギンターのヘディングシュートはバーに直撃するも、ルーズボールをベンセバイニにヘッドで押し込まれた。 結局、試合終了間際にヴォルフにもゴールを許したフランクフルトは4失点惨敗。ヒュッター監督が来季就任するボルシアMGの前に成す術なく完敗となってしまった。 2021.04.18 00:29 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト退団のボビッチ氏、古巣ヘルタのマネージングディレクター就任

ヘルタ・ベルリンは14日、フランクフルトの取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)を務めているフレディ・ボビッチ氏(49)が、来季からヘルタのマネージングディレクターに就任することを発表した。 ボビッチ氏は同日、フランクフルトの取締役兼SDを今季限りで退任することが発表されていた。 現役時代の2003~05シーズンの2季過ごしたクラブに帰還する形となるボビッチ氏はマネージングディレクター就任について、「新たな挑戦をしたいと思っていた矢先、ヘルタの社長と説得力ある議論ができた。再びヘルタのファミリーになることを楽しみにしている」とコメントした。 フランクフルトではMF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力を補強し、今季はチャンピオンズリーグ出場権獲得が濃厚となっている。 2021.04.15 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト躍進の立役者ボビッチ氏が今季終了後に退団

MF鎌田大地、MF長谷部誠の所属するフランクフルトは14日、取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)のフレディ・ボビッチ氏が今季終了後に退団することを発表した。 2023年6月30日までフランクフルトと契約していたものの、退団を希望していたボビッチ氏は先月、取締役会によって早期契約解消を認めないことが決定されていた。 しかし今回、ボビッチ氏の意向が通り、退団が決まったとのことだ。なお、新天地は現役時代を過ごしたヘルタ・ベルリンが濃厚なようだ。 2016年にフランクフルトのSDに就任したボビッチ氏は、MF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力や、FWアンテ・レビッチ(現ミラン)、MFケビン=プリンス・ボアテング(現モンツァ)、FWセバスティアン・アラー(現アヤックス)といった選手の獲得に尽力。 2017-18シーズンにはニコ・コバチ前監督の下でDFBポカールを制覇。そして今季はここまで4位に付け、チャンピオンズリーグ出場権獲得が濃厚となっている。 2021.04.15 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGの新指揮官はフランクフルトのヒュッター監督に決定、3年契約を締結

ボルシアMGは13日、今シーズン限りでフランクフルトを退団するアディ・ヒュッター監督(51/写真右)が来シーズンから指揮官に就任することを発表した。 なお、契約期間は2021-22シーズンから3年間となる。 ボルシアMGのマックス・エーベル氏は「アディ・ヒュッターを迎えられてとても満足している」とコメント。「我々のチーム、クラブにとて、彼は夏から我々の目の前にある課題と目標にとって、最高の監督だ」と歓迎した。 ボルシアMGは今シーズンのチャンピオンズリーグに出場したものの、リーグ戦では振るわずに現在8位に位置。さらに、マルコ・ローゼ監督(写真左)が来シーズンからドルトムントの監督に就任することがすでに発表されており、後任を探している状況となっていた。 ヒュッター監督が最有力候補として浮上していた中、予想通りの結果に。来シーズンはどんなチームを作るのか注目を集めることとなる。 オーストリア人指揮官のヒュッター氏は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任。2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも、今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはCLに出場する可能性残している状況だ。 2021.04.13 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部のフランクフルトがヒュッター監督の今季限りでの退任を発表「CL出場が目標」

フランクフルトは13日、アディ・ヒュッター監督(51)が今シーズン限りで退団することを発表した。契約条項により、2023年6月30日までの契約を破棄することが可能だったとのことだ。 クラブの発表によると、ヒュッター監督は12日の夜遅くにクラブ幹部へ、13日の朝にチームへと報告を済ませたとのことだ。 今回の決定についてヒュッター監督はクラブを通じてコメント。「簡単な決断ではない」とし、チャンピオンズリーグ出場が目標だと語った。 「新しいシーズンに向けて新しい章に進むという決断は、私にとっては簡単なことではなかった。ここで3年間、信じられないほどに成功を収め、激しさを経験した」 「私とチームは、今シーズンの終わりに素晴らしい結果を残して締めくくりたいと思う。歴史的なチャンスがある。今重要なことは、フランクフルトの成功だ」 「我々はリードを守り、チャンピオンズリーグに出場したいと思っている。我々は全てをこの目標に捧げる」 また、スポーツ・ディレクター(SD)のフレディ・ボビッチ氏もヒュッター監督の退任にコメント。残りシーズンを全力で戦うと意気込んだ。 「アディ・ヒュッターは、フランクフルトのために並外れたことをし、チャンピオンズリーグに出場することでシーズンを締めくくることができる」 「これは今シーズンが終わるまでの5週間で我々が全力で取り組むべき目標だ」 オーストリア人指揮官のヒュッター監督は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任した。 2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場する可能性残している状況だ。 2021.04.13 17:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly