原口元気と衝突のハノーファーDFが謹慎処分から復帰へ「全関係者の中で完結」

2021.03.04 17:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハノーファーは3日、ギニア代表DFシモン・ファレットの練習復帰を発表した。ファレットは2月24日の練習中に、日本代表MF原口元気と口論になった後、原口を突き飛ばすと、なだめに入ったチームメイトやスタッフに対しても攻撃的な行為を取ったとして、チーム練習から外れるように命じられていた。


その後、原口を含むチームメイトに謝罪し、受け入れられたものの、27日に行われたグロイター・フェルト戦では招集外となり、個別でのトレーニングが続いていた。

その後、ファレットはマーティン・キント会長とも面談を行い、その場で謝罪したとのこと。キント会長も「ファレットは彼の視点から状況を正確に説明し、彼が間違いを犯したことを認識した」とその謝罪を受け入れたようだ。

一方のファレットも、チームに復帰できたことへ喜びを語っている。

「今日チームに戻ってこられてうれしい。チームで成功するために自分の役割を果たしたいと。僕の家族はハノーファーにあり、それは僕にとって大きな1つのモチベーションだ」

クラブはファレットに罰金処分と警告を与えたことを明かしたとともに、「この一件に関し、全関係者の中で完結した」と伝えている。

◆原口に激高するファレット
関連ニュース
thumb

ハノーファーMF原口元気の陽性判定は「誤り」、PCR検査でミスが見つかる

ハノーファーは19日、日本代表MF原口元気の新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が誤りであったことを発表した。 13日、ハノーファーでは新型コロナウイルスのPCR検査を実施。原口元気が陽性判定を示したことで、ブンデスリーガ2部のヴュルツブルク戦が急遽中止となっていた。 その後クラブは全体が隔離状態となり、20日に開催予定だったホルシュタイン・キール戦も中止になっていたが、チームは20日から活動を再開することとなった。 ハノーファーによると、「保健当局による徹底的な調査の結果、先週のコロナ検査の原口元気に対する陽性判定が不正確であり、隔離の理由がなくなった」とのこと。「全ての選手、コーチングスタッフのPCR検査は全て陰性だった」としている。 思わぬ形で被害を受けることとなってしまったハノーファー。原口も踏んだり蹴ったりだろうが、ハノーファーは「このような欠陥がある検査は非常にまれですが、起こる可能性はあります」としている。 なお、チームは20日の13時からトレーニングを再開される。 2021.03.20 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

室屋成が巻き込まれた「寿司の国」発言のコメンテーター、『スカイ』が事態を重く見て即時解雇を発表

「寿司の国」という発言でドイツで物議を醸していたヨルグ・ダールマン氏だが、『スカイ・スポーツ』が解雇したことを発表した。 事件は6日に行われたブンデスリーガ2部第24節のエルツゲビルゲ・アウエとハノーファーの試合で起こった。 この試合も右サイドバックでフル出場を果たしていた日本代表DF室屋成。試合は1-1の引き分けに終わったが、試合中に決定機を逸していた。 ダールマン氏は室屋の決定機逸に対し、「それはハノーファーでの初ゴールになっていただろう。彼は最後のゴールを寿司の国で挙げていた」とコメントしていた。 日本を指すために「寿司の国」と発言していたのは、長年コメンテーターとして活躍していたダールマン氏。しかし、この発言が差別ではないかということが大きな問題となり、ドイツで騒動になった。 さらに、ダールマン氏はSNS上の反応に対して自身のインスタグラムで「日本を寿司の国と呼んだら、それは本当に人種差別なのだろうか?真面目に捉えていないよな?」と投稿。これが火に油をそそぐことになると、『スカイ』はシーズン終了をもって契約を切ることを発表していた。 ドイツ『キッカー』によると、「スカイはヨルグ・ダールマン氏と長年に渡って、良好な関係を築いてまいりました。しかしながら、彼の発言の中で幾度となく、無神経で不適切なものが見受けられており、スカイはメディア企業としての責任から、彼との契約を即時に解消する決断を下しました」と声明を発表。即時解雇となった。 なお、ダールマン氏はこの決定についても自身のインスタグラムで反応。「残念だが解雇通告を受け入れる」としながらも、今回の「寿司の国」発言による騒動については「一部の人間が人種差別というレッテルを貼った。ヘイトスピーチに屈することは、私にとってあまりにも悲しい」と綴っている。 2021.03.14 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

原口元気がハノーファー退団か? 今季で契約満了「優れた選手を留まらせるのは難しい」と監督が語る

ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気(29)だが、チームからの退団が近づいているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 浦和レッズから2014年7月にヘルタ・ベルリンへと完全移籍した原口は、デュッセルドルフへのレンタル移籍を経験。2018年7月にハノーファーへと完全移籍した。 加入1年目はブンデスリーガで戦っていたハノーファー。原口もブンデスリーガで28試合に出場し4アシストを記録。しかし、チームは2部に降格していた。 ハノーファーに残った原口は、2019-20シーズンのドイツ2部で32試合に出場し6ゴール5アシストを記録。しかし、チームは昇格を逃すと、今シーズンも2部で戦いここまで24試合に出場し5ゴール6アシストを記録し、チームを牽引している。 ハノーファーとの契約は今シーズン限りで切れる原口だが、チームを指揮するケナン・コカック監督が契約について言及。交渉をしているとしながらも、1部でプレーしたいと考えている原口を留めるのは難しいと考えているようだ。 「マネージャーであるジェリー・ズーバーがゲンキと交渉中だ。しかし、このような優れた選手をチームに留まらせることが難しいことは誰もが知っている」 「我々はできることを行い、ベストを尽くしているが、選手側の事情もある。待つしかない」 今シーズンはFC東京から日本代表DF室屋成も加わり、ともにレギュラーとしてチームを牽引しているが、現在は8位に位置。自動昇格圏の2位とは11ポイント離れており、今季の昇格もなかなか難しい状況となっている。 2021.03.12 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「寿司の国」解説者の発言が炎上し降板、ハノーファーDF室屋成が人種差別騒動に巻き込まれる

ハノーファーに所属する日本代表DF室屋成が思わぬトラブルに巻き込まれることとなってしまった。ドイツ『ビルト』が伝えた。 FC東京からハノーファーへと今シーズン移籍した室屋。ここまでドイツ2部で右サイドを主戦場に23試合に出場し2アシストを記録。DFBポカールでも2試合に出場していた。 その室屋はレギュラーポジションを獲得しているが、6日に行われたブンデスリーガ2部第24節のエルツゲビルゲ・アウエ戦で思わぬ騒動に巻き込まれた。 この試合も右サイドバックでフル出場を果たした室屋。試合は1-1の引き分けに終わったが、試合中に決定機を逸していた。 そのこと自体が大きな問題にはならなかったが、この試合をレポートしていたドイツ『スカイ』のヨルグ・ダールマン氏(62)の発言が物議を醸した。 ダールマン氏は室屋の決定機逸に対し、「それはハノーファーでの初ゴールになっていただろう。彼は最後のゴールを寿司の国で挙げていた」とコメントしていた。 問題となったのは日本のことを「寿司の国」と発言したこと。この発言がSNS上で問題となり「人種差別は耐えられない」、「嫌なやつ」、「スカイ、あなたたちは動かなければいけない」などと、人種差別に当たる発言だとして大きな反発を受けていた。 この反応を受けたダールマン氏はインスタグラムで反撃。「日本を寿司の国と呼んだら、それは本当に人種差別なのだろうか?真面目に捉えていないよな?」と投稿。しかし、この反応がより多くの反感を買うこととなってしまった。 ハノーファーはこの発言に対し「ヨルグ・ダールマンが人種差別的な態度をとっていると仮定するのはバカげた話だ」とし、問題視していないと発表していた。 クラブは問題視していなかったが、中継を担当する局としてはやはり無視することはできないファンの反発。ダールマン氏はシーズン終了後に降板することが決定してしまった。 2021.03.08 20:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「まさにフラッシュバックした」2年前のベルギー戦がよぎったMF原口元気「自分たちが求めていることをやられた」

日本代表のMF原口元気(ハノーファー)が、メキシコ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 17日、日本代表は国際親善試合でメキシコ代表と対戦。前半は良い形で連携を見せ決定機を作るも生かせず。後半メキシコがペースを上げるとラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング・ロサーノがショートカウンターからゴールを奪い、0-2でメキシコが勝利を収めた。 この試合2列目の左サイドで先発出場した原口。12分にはカットインから強烈なミドルシュートを放つもGKギジェルモ・オチョアにセーブされてしまった。前半については「前半立ち上がりから僕たちのペースでやれていましたし、僕のシュートや(鈴木)武蔵が2回ぐらいチャンスあったり、良い時間帯でした」と、良い形で攻撃ができていたと語った。 しかし、その時間帯での決定機を決められず。その要因は「そこは僕らのクオリティの部分」と、チームとしてではなく個人だと語る原口。「チームとしての素晴らしい入りをして、良い形でチャンスを作れていたので、前の選手が仕留めきれなかったという部分です。チームどうこうではなく、前の選手のクオリティです」と決め切れなかったことを反省した。 一方でメキシコ代表は少ないチャンスをしっかりと決め切ってきたが、その差については「したたかさというか、修正力というか、自分たちが求めていることをやられました」と日本代表が目指すプレーをされたとコメント。「前半からうまくいってなく、行けると思ったら良い修正をしてきた。したたかで強いチーム」とし、「僕たちは苦しい時間帯になった時に修正できなかったので、そこは差を感じます」と、自分たちができないことを痛感したと感じた。 この試合展開は2018年のロシア・ワールドカップのラウンド16・ベルギー代表戦で2点リードを逆転されたものに似ていたが、「まさにフラッシュバックしました」と原口の頭にもベルギー戦が思い浮かんだとコメント。「実力がすごくある相手に対して、なんで毎回こうなるんだという感情になりました」と、悔しさがこみ上げてきたとし、「2年前のベルギー戦も、勝てたんじゃないかという感情がきます。簡単には勝たせてもらえないレベルの相手だったので、正直またかという感じです」と本音を吐露した。 それでも、「今日がワールドカップじゃなくてよかったというか、この2年間を無駄にせずに、まずワールドカップに行ってベスト16に行ってというのはありますが、そこで同じ思いをしないようにしたいです」と、2年後のカタール・ワールドカップで同じ思いをしないように努力すると語った。 自身のミドルシュート、そして鈴木の決定機を止めたGKオチョアについては「僕らの流れの時に決定的な仕事をしたのが彼で、できなかったのが僕ら。その差は小さいようですごく大きいような気がします」とし、相手守護神を称賛した。 メキシコの修正点については「鎌田選手のところにエドソン・アルバレスを入れてマンマークとなって、起点となっていた選手が消されました」とし、「クリアや繋ぐところでミスが出て押し込まれたという時間帯でした。その間に1失点をして、彼らは余裕を持って繋ぎ始めたので、そこから僕らの展開に持っていくことは難しいものになりました」と、良さを消され、相手に一気に仕留められたと振り返った。 また、自身の対応をしたルイス・ロドリゲスについても「アルバレスもですが、僕のサイドに入ったサイドバックの選手(ロドリゲス)が落ち着きを持ってビルドアップして、プレスをかけてもかわされてプレッシャーに行けなかったです」とコメント。「前半ぐらいCBやSBにもっとプレシャーをかけていくことが大事だった」とし、「悪い時間帯なので引いてもよかったですが、引くなら取られては行けなかったです。そのあたりの判断は難しかったです」とチームとして守備の対応に迷いがあったとも語った。 2020.11.18 08:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly