「彼らは皆ウソつき」活動停止発表の江蘇に所属する元イタリア代表FWエデルが不満爆発「移籍を妨げた」

2021.03.01 22:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
江蘇に所属していた元イタリア代表FWエデルが、突然のクラブの活動停止を受けて怒りをぶちまけた。エデルは、エンポリやフロジノーネでプレーしたあと、サンプドリアで飛躍。2016年1月にインテルへとレンタル移籍を経験すると、同年7月には完全移籍。2018年7月から江蘇でプレーしていた。


イタリア代表にまで上り詰めたエデルは、インテルも保有する蘇寧グループの江蘇へと移籍。2020シーズンはクラブ史上初となる中国スーパーリーグ優勝を果たしていた。

しかし、クラブは2月28日に突如活動停止を発表。中国スーパーリーグの新シーズン開幕直前の発表は、大きな話題となった。

そのエデルは、今回の騒動に対してイタリア『スポーツ・イタリア』で内情を激白。クラブに騙されていたと怒りを露わにし、不満を打ち明けていた。

「蘇寧はサッカーへの投資を続けない。彼らは全てのスタッフと選手を軽蔑し、給与なしで我々を切り捨て、他のクラブでプレーすることを妨げた」

「彼らは皆ウソつきだった。僕たちは蘇寧グループのために素晴らしいことをし、中国のリーグ戦を制したけど、僕たちにふさわしい待遇とリスペクトを得ることはできなかった」

「蘇寧グループが破産した場合、僕はそれを理解する。でも彼らが僕たちに対する扱いは理解できない」

「僕たちはホテルに数カ月間閉じ込められた状態で、蘇寧の名前を世界中に広めた。でも、このような扱いを受けたんだ」

「スポーツ・ディレクターは常にウソつきであることを証明した。彼が僕たちに約束したことなど、決して尊重されない」
関連ニュース
thumb

活動停止の江蘇FCが中国スーパーリーグから追放…昨季初優勝も負債引き受ける救世主現れず…

中国サッカー協会(CFA)は29日、財政難で活動停止を発表していた江蘇FC(元江蘇蘇寧)を中国スーパーリーグの出場クラブリストから除外した。 江蘇は2020シーズンの中国スーパーリーグで待望の初優勝を遂げ、今シーズンはディフェンディングチャンピオンとして連覇を目指す予定だった。 しかし、セリエAのインテルのオーナーも務めている親会社の蘇寧電器が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて業績が悪化。インテルも身売りしようと画策していることが何度も報じられて来た中、先月末に財政難を理由に江蘇への資金投下を打ち切り、クラブの活動停止が発表された。 その後、江蘇にはクラブの負債を引き受ける新たなオーナーへの売却によって生き残る道が残されていたが、CFAが定めた期日までに救世主は現れず。今回のタイミングで中国スーパーリーグからの追放が決定した。 なお、同クラブは今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する予定だったが、すでに大会参加を辞退していた。 また、江蘇の追放を受け、昨シーズンに降格となった石家荘永昌(現在は沧州雄狮に名称変更)が新シーズンも中国スーパーリーグでプレーすることになった。 元チェルシーのMFラミレスや元シャフタール・ドネツクのMFアレックス・テイシェイラ、元名古屋グランパスのFWジョーを始め、一時はヨーロッパのトップクラブでプレーした選手たちを高額な移籍金で獲得する“爆買い”で大きな話題を呼んだ江蘇。 爆買いをスタートさせた2015年に国内カップで優勝。昨季には中国スーパーリーグで初優勝を遂げたが、その輝かしい歴史は脆くも崩れ去ることになった。 2021.03.29 22:59 Mon
twitterfacebook
thumb

突如活動停止の江蘇から脱出! 元アトレティコのDFミランダがサンパウロに10年ぶり復帰

エルナン・クレスポ監督が率いるサンパウロは17日、ブラジル代表DFミランダ(36)の加入を発表した。契約期間は2022年12月31日までとなる。 ミランダはコリチーバでキャリアをスタート。フランスのソショーへの移籍を経て、2007年3月にサンパウロへと完全移籍で加入した。 その後、2011年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍。2015年7月にインテルへとレンタル移籍すると、2016年7月に完全移籍。2019年7月から中国スーパーリーグの江蘇蘇寧(江蘇足球倶楽部)へと完全移籍していた。 中国スーパーリーグでも22試合に出場し2ゴール1アシストを記録していたが、2月28日に江蘇足球倶楽部が活動停止を突如発表。選手たちの移籍も凍結されるなど大きな問題が生まれていた。 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで118試合に出場し4ゴール3アシストを記録。ブラジル代表としても58試合に出場し3ゴールを記録していた。 所属先がなくなり、およそ10年ぶりにサンパウロへと復帰することとなったミランダは、加入に対してコメントした。 「僕は自分の家に戻ります。ここで僕は成長し、多くのことを成し遂げた。僕を世界の舞台に送り出したのはクラブだったので、このチャンスを与えてくれて感謝する。僕はタイトルとサンパウロを再び勝利に導きたいという願望に飢えている」 「僕は野心的で、全てに勝ちたいと思っている。サンパウロで達成したのは歴史であり、今は新しいページを書きたいと思っている。タイトルを獲得したいし、クラブの歴史に自分の名前を残したいと思う。だから戻った」 「ムリシ(スポーツ・コーディネーター)は、僕の状況を知るために何度か電話をかけてきた。サンパウロに戻るかどうか明確な質問をしていた。彼は僕が勝ちたいという願いを持っているサンパウロに出会えるといった。そうでなければ、僕はここにいない。それがあった」 「クレスポと一緒に戦えて光栄だ。彼は若い監督だけど、サンパウロが軌道に乗るのに十分なカリキュラムや経験を持っている。私は自分の価値を示すことができるクラブにいることに、とても意欲的だ」 2021.03.18 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

中国激震!かつて“爆買い”で話題をさらった中国王者の江蘇が活動停止、ACLでは名古屋と同居

かつては“爆買い”によりサッカー界でも大きな注目を集めた中国スーパーリーグの江蘇(元江蘇蘇寧)が、活動停止を発表した。 元チェルシーのMFラミレスや元シャフタール・ドネツクのMFアレックス・テイシェイラ、元名古屋グランパスのFWジョーを始め、一時はヨーロッパのトップクラブでプレーした選手たちを高額な移籍金で獲得する“爆買い”で大きな話題を呼んだ江蘇蘇寧。中国の大手家電グループである蘇寧電器が親会社となっていた。 蘇寧電器はセリエAのインテルのオーナーも務めている有力企業だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて業績が悪化。インテルも身売りしようと画策していることが何度も報じられて来た。 そんな中、中国スーパーリーグの開幕を目前に控えた2月28日に江蘇がWeibo(中国版ツイッター)の公式アカウントで声明を発表。活動停止の理由を説明した。 「2015年12月以来、江蘇足球倶楽部はプロサッカー部門で積極的に投資し、中国サッカーの発展を強力にサポートして来ました」 「国際基準を備えたプロのサッカートレーニング施設を迅速に構築し、世界の高度なサッカークラブの管理システムを立ち上げました」 「ワールドクラスのコーチングチームとプロ選手のグループを作り、クラブのマネジメントクオリティと競争力を大幅に向上。同時に、ヨーロッパサッカーのユーストレーニング指導者の紹介や、国内のクオリティの高い文化的、教育的リソーの移植、サッカースキル、健康面やメンタリティなどのユーストレーニングシステムを構築しました」 「過去5年間、クラブのすべての監督、選手、スタッフのプロフェッショナルかつ献身的な努力とファンの熱心なサポートにより、江蘇足球倶楽部は目覚しい成果をあげました」 江蘇は爆買いをスタートさせた2015年に国内カップで優勝。2020シーズンの中国スーパーリーグでは初優勝を遂げ、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する予定。名古屋グランパスと同じグループに入っていた。 しかし、財政面での大きな問題があり、今後の活動が保証できないため、シーズン前のこの段階で活動停止を発表したという。 「制御できないさまざまな要素が重なっているため、江蘇足球倶楽部はスーパーリーグとAFC(アジアサッカー連盟)での継続的な戦いを効果的に保証することはできません。過去6カ月間、クラブは後継者を求めて全力を尽くし、クラブの株式を誠意を持って譲渡し、江蘇足球倶楽部の相続のチャンスをあきらめませんでした」 「2021年シーズンを戦う上で、クラブの最高の栄誉を勝ち取った選手やクラブをクラブと共有するファンをあきらめることには消極的ですが、残念な発表をしなればなりません。今後、江蘇足球倶楽部は停止します」 現在のチームにはアトレティコ・マドリーやインテルでプレーした元ブラジル代表DFミランダやサンプドリアやインテルでプレーした元イタリア代表FWエデルらが在籍していた。 2021.03.01 13:06 Mon
twitterfacebook
thumb

エデル&A・テシェイラ弾で広州恒大を下した江蘇蘇寧がクラブ史上初のリーグ制覇!《中国スーパーリーグ》

中国スーパーリーグ決勝戦2ndレグの広州恒大vs江蘇蘇寧が12日に行われ、1-2で江蘇蘇寧が勝利。この結果、2戦合計スコア1-2で江蘇蘇寧が中国スーパーリーグ初優勝を飾った。 今シーズンの中国スーパーリーグは新型コロナウイルスの影響でレギュレーションが通常の16チームによるホーム&アウェイ制から、蘇州と大連の2都市で8チームずつ2グループに分けてのグループステージ方式に変更。各グループ上位4チームが決勝トーナメントに進む形で開催された。 決勝戦は、大連で開催されたグループAを首位で通過し準々決勝で河北華夏を、準優勝で北京国安を撃破した広州恒大と、同じくグループAを2位で通過し準々決勝で重慶力帆を、準決勝で上海上港を撃破した江蘇蘇寧によって行われた。 4日前に江蘇蘇寧のホームで行われた1stレグでは、互いに一歩も譲らずゴールレスドローで終えていた優勝が決まる一戦。広州恒大はタリスカが、江蘇蘇寧はエデルとアレックス・テシェイラが最前線に構えた中、ホームチームの広州恒大が押し込む展開で立ち上がっていく。 膠着状態が続く中、先にスコアを動かしたのはアウェイの江蘇蘇寧。43分、相手CKのこぼれ球を自陣で拾ったA・テシェイラがドリブルで持ち上がると、後方から追ってきたヒー・チャオにボックス付近で倒される。主審は1度PKを宣告がVARによる検証の結果、倒れた場所はわずかにボックスの手前だったためPKは取り消された。 しかし、このプレーでヒー・チャオにはレッドカードが提示され退場に。さらに数的有利となった江蘇蘇寧は、獲得したFKからエデルがゴールを狙うと壁に当たったボールが直接ゴール左に突き刺さった。 先制した江蘇蘇寧は、後半開始早々に追加点を奪う。47分、自陣中盤でボールをカットしたウー・シイが素早く前線にロングボールを供給。ブラウニングのクリアミスをボックス右手前で奪ったA・テシェイラがカットインからコントロールショットをゴール左隅に流し込んだ。 リードを広げられた広州恒大は、61分にチョン・イーハオの左クロスをゴール前に抜け出したウェイ・シーハオがヘディングで流し込み、1点を返したが反撃はここまで。 2戦合計スコア2-1で逃げ切った江蘇蘇寧が、創設26年目にして初の中国スーパーリーグ制覇を成し遂げた。 2020.11.13 00:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイルの中国行きは90%決まっていた? 江蘇蘇寧監督がマドリーの態度急変を告白

レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイル(30)が中国行きが間近に迫っていたようだ。 かねてから移籍の噂が絶えないベイル。その行き先は様々なものが挙げられる中、中国スーパーリーグ行きも浮上していた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBbU80MG9pcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そんな中、江蘇蘇寧がベイル獲得でマドリーと合意していたとのことしかし、マドリーが条件を変えたために破談に終わったようだ。 江蘇蘇寧のコスミン・オラロイ監督が、UAE『The National』のインタビューに応え、マドリーの態度急変について語った。 「契約は合意にとても近づいていた」 「クラブはマドリッドで代理人と会い、合意していた。しかし、最後の最後でレアル・マドリーが考え方を変えた」 「最初は移籍金無しで、彼のサラリーを払うだけとなり喜んでいたが、それが変わった」 「移籍金と彼のサラリーでは予算を超えていたため、他の選手を探すことにした」 「取引は90%完了していたが、レアル・マドリーがその後に変わったんだ」 中国スーパーリーグでは、“爆買い”として高額な資金を生かした補強が相次いだ一方で、選手への賃金不払い問題なども一部で浮上。そのため、2018年からルールが改正され、移籍金を支払った場合は中国当局に多額の税金を支払う必要があった。 今シーズンのベイルは、ここまで公式戦17試合の出場にとどまっている。ケガなどもあり、2020年に入ってからは3試合にしか出場していない苦しい状況。移籍の噂は今後も絶えないだろう。 2020.02.24 12:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly