甲府が後半ATのPK失敗でプロデビューのブワニカ啓太ゴールの千葉とドロー 磐田は開始1分被弾で琉球に敗戦【明治安田J2第1節】

2021.02.28 17:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
2021シーズンの明治安田生命J2リーグ開幕節の9試合が28日に各地で行われた。

昨季4位のヴァンフォーレ甲府は14位のジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦。立ち上がりは両チームともロングボールで糸口を探る中、13分に甲府が決定機を迎える。千葉がGKへバックパスしたところを有田が猛然と追いかけボールを奪取。しかし、肝心のシュートはGKに触られてしまい、ゴールとはならなかった。

続く17分にも金井のシュートでゴールに迫った甲府は前半アディショナルタイムにこじ開ける。有田の左サイドへの大きな展開から荒木にボールが渡ると、早いタイミングでクロスを供給。これをボックス内で上手く収めた中村が2タッチでDF2人を躱して右足一閃。鋭いシュートがネットに突き刺さった。

千葉は後半から福満と船山を下げて末吉とブワニカ啓太を投入すると、これが見事に的中する。57分、左サイドの安田からクロスがあがると、これに合わせたのがブワニカ啓太。打点の高いヘディングシュートで流し込み、プロ初出場にして初ゴールを挙げた。

その後は膠着状態に陥る中、試合終了間際にドラマが起こる。甲府のCKのシーンで、こぼれ球を狙った小柳のシュートが岡野の手に当たりPKを獲得。勝ち越しへの千載一遇のチャンスだったが、野津田のシュートはGK鈴木に完璧に止められ試合終了。甲府にとっては悔しい痛み分けとなった。

昨季6位のジュビロ磐田は16位のFC琉球とのアウェイ戦に臨んだが、開始56秒で右サイドの田中が上げたクロスを池田に合わせられ失点。ビハインドを背負って試合をスタートさせることになった。

磐田は一刻も早く試合を振り出しに戻そうと、5分に小川航基、6分、11分と大森がシュートを狙っていくが、いずれも枠を捉えることができない。17分にはボックス右から小川航基がシュートも、ここはGK田口に止められる。

さらに前半終了間際には遠藤のシュートがクロスバーを直撃するなど、終始攻勢もネットを揺らすことができなかった。

後半も引き続き磐田ペース。48分にカウンターから松本がシュートを放てば、62分には遠藤がFKを枠に飛ばすもGK田口が立ちはだかる。遠藤は69分にもボックス手前左の絶好の位置からFKを試みるが、今度は右ポストに嫌われてしまった。

一方、水際で守る琉球は88分にピッチ中央で遠藤からボールを奪い、清水が一気にドリブルで前進。そのままDFも躱してGKと一対一になるが、ここはGK八田に軍配。試合を決めることはできなかった。

それでも最後まで守備の集中を切らさなかった琉球が開始1分のゴールを守り切り、磐田から勝ち点3を奪った。

その他、東京ヴェルディは小池の2ゴールなどで愛媛FCに3発快勝。昨季8位の京都サンガS.C.は、J2初挑戦のSC相模原を終盤の2ゴールで下し白星スタートを切った。相模原同様、J2初昇格のブラウブリッツ秋田はザスパクサツ群馬に2-1で敗れた。

◆明治安田生命J2リーグ開幕節
▽2月28日(日)
SC相模原 0-2 京都サンガF.C.
水戸ホーリーホック 1-2 大宮アルディージャ
栃木SC 0-2 ファジアーノ岡山
ザスパクサツ群馬 2-1 ブラウブリッツ秋田
ジェフユナイテッド千葉 1-1 ヴァンフォーレ甲府
FC町田ゼルビア 1-1 モンテディオ山形
東京ヴェルディ 3-0 愛媛FC
FC琉球 1-0 ジュビロ磐田
レノファ山口FC 0-0 松本山雅FC

▽2月27日(土)
ギラヴァンツ北九州 1-4 アルビレックス新潟
V・ファーレン長崎 2-1 ツエーゲン金沢

関連ニュース
thumb

首位京都と2位磐田がともに2発完勝、優勝を争うデッドヒートは続く…【明治安田J2第31節】

明治安田生命J2リーグ第31節の7試合が、18日に各地で行われた。 首位京都(勝ち点64)はホームで14位栃木(勝ち点33)と対戦。 試合は京都が幸先よく先制に成功する。28分にボックス左手前でパスを受けたウタカがボックス内へとドリブルで侵入。そこからマイナスの折り返しを受けた萩原が左足でシュートを狙うと、ボールは右ポストに当たってネットを揺らした。 その後もチャンスを作り続けた京都は65分にも決定機。福岡のスルーパスからボックス左に抜け出した松田が中央へとクロスを上げ、中央にいた宮吉が頭で合わせる。これが相手GKを破り、追加点を挙げた。 2点のリードを得た京都は終盤、ボールを相手に支配されるも、決定的なチャンスは作らせず。試合は2-0のまま終了し、首位をしっかりとキープした。 ヤマハスタジアムで行われた、2位の磐田(勝ち点63)と7位琉球(勝ち点51)の上位対決ではホームの磐田が強さを見せつけた。 試合はゴールレスで折り返すと、49分に磐田に決定機。ボックス右手前でFKを獲得し、キッカーの遠藤が浮き球のボールをボックス内に入れる。ルキアンの折り返しをゴール前の鈴木が左足で押し込み、先制に成功する。 77分にも磐田に大きなチャンス巡ってくる。ボックス左で松本からのパスを受けた金子が中央へ右足のクロス。走り込んだルキアンがダイレクトで合わせ、エースが待望の追加点を挙げた。 その後、ボールを支配し続けた磐田が上手く時計の張りを進めながら試合をクローズ。J2トップスコアラーであるルキアンの今季17ゴール目も飛び出した磐田が完封勝利を挙げ、首位京都を追走している。 ▽9/25(土) ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-0 FC琉球 レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 モンテディオ山形</span> ▽9/26(日) ファジアーノ岡山 vs ブラウブリッツ秋田 松本山雅FC vs ギラヴァンツ北九州 水戸ホーリーホック vs ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ vs FC町田ゼルビア 2021.09.25 22:13 Sat
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF細貝萌が地元・群馬に加入「いつかは群馬のためにプレーしたいと考えていた」

ザスパクサツ群馬は23日、元日本代表MF細貝萌(35)の加入を発表した。背番号は「33」となる。 群馬県前橋市出身の細貝は、前橋育英高校から2005年に浦和レッズに入団。プロキャリアをスタートさせた細貝は、2011年1月にレバークーゼンに完全移籍。その後は、アウグスブルクやヘルタ・ベルリン、シュツットガルトでプレー。また、トルコのブルサスポルでもプレーした。 2017年3月にシュツットガルトから柏レイソルへと加入し6年ぶりにJリーグへと復帰するが、2019年2月にタイリーグ1のブリーラム・ユナイテッドへと完全移籍を果たしていた。 バンコク・ユナイテッドには2019年12月にレンタル移籍。その後完全移籍に切り替わったが、今年5月に退団していた。 これまでJ1で通算120試合に出場し5ゴール5アシスト、ブンデスリーガで102試合に出場し3ゴール3アシストを記録。タイ・リーグでは47試合で1ゴールを記録していた。 また、日本代表としても30試合に出場し1ゴールを記録。世代別の代表では2008年の北京オリンピックに出場していた。 群馬は細貝について「どのポジションでも高い水準でこなすユーティリティ性とハードワークを武器に相手のチャンスの芽を摘むボランチ。日本代表や海外でのプレー経験をピッチ内外でチームへ還元、そして地元出身選手としてクラブを大きく飛躍させることに期待」とプレースタイルを紹介している。 細貝はクラブを通じてコメントしている。 「群馬の皆さん、こんにちは。この度、ザスパクサツ群馬に加入した細貝萌です。2005年に前橋育英高校を卒業してから日本だけでなくドイツ、トルコ、タイと多くの地でさまざまな経験をさせていただきました」 「多くの出会いの中で選手としても一人の人間としても大きく成長できたと思っています」 「まだまだ選手として旅を続けていたいという気持ちもありましたが、前々からいつかは自分が生まれ育ち、自分を成長させてくれた故郷のクラブであるザスパクサツ群馬で、群馬のためにプレーしたいと考えていたこともあり、この度いただいたオファーを受けることを決めました」 「ザスパは自分がプロサッカー選手として歩み始めた2005年にJリーグに参入したクラブということもあって、故郷を離れてからもいつも気になる存在でした」 「群馬出身の選手として自分が地元のクラブの歴史に加わることができるのを非常に光栄に思いますし、これまでにさまざまなクラブで自分を成長させてくれた出会いがあったように、特に若い選手たちに良い影響を感じてもらえるような存在になれるよう努力していきたいと思います。そして何より、クラブにとって良い存在でいたいと思っています」 「自分もベテランと呼ばれる年齢にはなりましたが、まだまだ成長できると考えています」 「一つでも多くのチームの勝利に貢献できるよう、一人でも多くの地元の皆さんに正田醤油スタジアム群馬に足を運んでいただけるよう、地元出身の選手としてベストを尽くしていきたいと思います」 「そのためにも、まずは数ヶ月サッカーから離れたコンディションをベストの状態まで持っていくため全力を尽くしていきたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします」 2021.09.23 14:21 Thu
twitterfacebook
thumb

秋田のDF山田尚幸がトレーニング中に負傷、右ヒザ前十字じん帯断裂で手術

ブラウブリッツ秋田は23日、DF山田尚幸の負傷を発表した。 クラブの発表によると、山田は5日のトレーニング中に負傷していたとのこと。右ヒザ前十字じん帯断裂と診断されていた。 その山田は手術を行い、無事に終了したとのこと。復帰に向けてリハビリを行っているとのことだ。 山田は今シーズンの明治安田生命J2リーグで8試合に出場していた。 2021.09.23 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

愛媛DF前野貴徳が右ヒザ手術、全治4週間

愛媛FCは22日、DF前野貴徳の負傷を発表した。 クラブの発表によると、前野は検査の結果右ヒザ骨軟骨損傷、外側半月板損傷と診断されたとのこと。18日に手術を受けていた。 なお、全治は手術後4週間の見込みとのことだ。 前野は今シーズンの明治安田生命J2リーグで18試合に出場していた。 2021.09.22 15:12 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛FCが東海学園大学MF小原基樹の来季加入内定を発表「ドリブルやボールタッチには自信があります」

愛媛FCは22日、東海学園大学MF小原基樹(21)の来季加入内定を発表した。 小原は愛知県出身で、今シーズンの東海大学サッカーリーグ1部では2アシストを記録している。 また、2021年のデンソーカップチャレンジサッカーの東海選抜に選ばれている。 小原はクラブを通じてコメントしている。 「この度、愛媛FCに加入することになりました東海学園大学の小原 基樹です。プロのキャリアをこの愛媛FCという素晴らしいクラブでスタートできて大変嬉しく思います」 「愛媛FC関係者の皆様や今まで関わってくれた全ての方に感謝し、プレーで恩返しできたらなと思います」 「高校、大学で培ったドリブルやボールタッチには自信があります。愛媛の攻撃に新たな風を吹かせられるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします! 2021.09.22 13:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly