武藤途中出場のエイバルvsウエスカの下位対決は痛み分け…乾と岡崎はベンチ入りも出番なし《ラ・リーガ》

2021.02.28 00:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第25節、エイバルvsウエスカが27日にエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われ、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのFW武藤嘉紀は70分からプレーもMF乾貴士はベンチ入りも出場機会なし。ウエスカのFW岡崎慎司も出場機会なしに終わった。17位のエイバル(勝ち点21)と最下位のウエスカ(勝ち点19)による残留争い直接対決。

7戦未勝利と苦しい状況が続くエイバルは0-1で競り負けた前節のエルチェ戦に続き乾と武藤がベンチスタートとなった。

一方、前節グラナダ相手に今季3勝目を手にしたウエスカは岡崎が2戦連続でベンチスタートとなった。

開始2分にラファ・ミルがボックス内でファーストシュートを放つと、エイバルも13分にペドロ・レオンのグラウンダークロスに反応したキケ・ガルシアに決定機が訪れるが、ここはボールタッチがうまくいかずシュートを枠に飛ばせない。

互いに決定機を作り合った中、エイバルはショートカウンターから右サイドのポソを起点に幾度か惜しい場面を作り出す。これに対してウエスカはエスクリチェとラファ・ミルをハイラインの背後に走らせる形でこちらも際どい場面を創出。

前半終盤にかけてはホームのエイバルが優勢に試合を進めてハーフタイム直前にはペドロ・レオンのクロスバー直撃のシュートなど、よりゴールに迫ったが、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。

後半も拮抗した展開が続く中、互いに決定機まで持ち込む場面はあるものの、最後のところで精度を欠いてゴールをこじ開けられない。その後、後半半ばを過ぎると、試合は完全に膠着状態に陥った。

流れを変えたいエイバルは70分、セルジ・エンリクを下げて武藤、さらに79分には3枚替えを敢行も乾に出番は訪れず。一方、ウエスカは73分にエスクリチェに代えて岡崎ではなくサンドロ・ラミレスを投入した。

すると、この交代をキッカケにようやく試合が動く。まずは81分、相手陣内右サイドでのスローインの流れからボックス右のゴールラインギリギリでマフェオが上げたクロスをゴール前のサンドロ・ラミレスがワントラップから豪快な右足ボレーで蹴り込んだ。

一方、エイバルも失点直後の83分に左CKの場面で途中出場のアレイシ・ガルシアが入れたクロスをニアに飛び込んだパペ・ディオプが頭で合わせ、すぐさま同点に追いついた。

その後も両者は試合終了まで勝ち点3を目指して白熱の攻防を繰り広げたが、試合はこのまま1-1でタイムアップ。残念ながら日本人対決実現ならずの下位対決は痛み分けの結果に終わった。
関連ニュース
thumb

2部降格のエイバル、ヘタフェを退団したベテランDFエチェイタを獲得

ラ・リーガ2部に降格したエイバルは15日、ヘタフェを退団した元スペイン代表DFシャビエル・エチェイタ(33)の獲得を発表した。契約期間は1年間となる。 ビルバオやエルチェ、ウエスカ、ヘタフェなどでプレーした経験を持つエチェイタは、これまでラ・リーガで通算148試合に出場したベテランDF。2019年に加入したヘタフェでは、準主力として2シーズンで公式戦34試合に出場していた。 昨季のラ・リーガを最下位で終え、2部に降格したエイバルでは、守備ラインを担っていたDFパウロ・オリベイラ(29)やDFホセ・アンヘル(31)、DFペドロ・ビガス(30)が退団しており、守備陣の補強が急務となっていた。 2021.07.16 08:02 Fri
twitterfacebook
thumb

エルチェ、2部降格のエイバルからDFペドロ・ビガスを完全移籍で獲得

エルチェは7日、エイバルからスペイン人DFペドロ・ビガス(30)を完全移籍で獲得した。 マジョルカの下部組織出身のビガスは2011-12シーズンにそのマジョルカで台頭。クラブが1部と2部を行き来する中で主力センターバックとして活躍。その後、ラス・パルマスでのプレーを経て、2018年の夏にエイバルへ買取オプション付きのレンタル移籍で加入。 加入初年度はケガの影響でラ・リーガ10試合の出場にとどまったが、翌年に完全移籍を果たすと、在籍3シーズンで公式58試合に出場し3ゴールを記録。昨季はラ・リーガ21試合に出場したが、3月以降はわずか1試合の出場にとどまっていた。 エルチェはビガスについて「プロ選手として250試合の経験を持つペドロ・ビガスが、エルチェのプロジェクトに参加することとなった。彼のリーダーシップ、守備力、情熱、そして献身的な姿勢はエルチェのバックラインに影響を与えるだろう」と紹介している。 2021.07.08 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ、エイバル退団のセルビア代表GKドミトロビッチを獲得!

セビージャは4日、エイバルを退団したセルビア代表GKマルコ・ドミトロビッチ(29)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号は「1」を着用する。 レッドスター・ベオグラードの下部組織出身のドミトロビッチは、チャールトンやアルコルコンでのプレーを経て、2017年にエイバルに加入。エイバルでは加入初年度から守護神に定着すると、これまで在籍4シーズンで通算131試合に出場。 2020-21シーズンもラ・リーガ35試合に出場すると、今年1月に行われたラ・リーガ第19節のアトレティコ・マドリー戦で8分に獲得したPKを成功させ、ラ・リーガでは通算7人目となるGKによるゴールを記録していた。 セルビア代表で通算18試合に出場しているドミトロビッチだが、エイバルの2部降格に伴い、6月末に同クラブが退団を発表していた。 2021.07.05 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2部降格エイバル、乾ら主力7選手の退団を発表

ラ・リーガ2部に降格したエイバルは28日、MF乾貴士(33)ら主力7選手の退団を発表した。乾は2022年6月までエイバルと契約していた。 その他、退団するのはGKマルコ・ドミトロビッチ(29)、DFパウロ・オリベイラ(29)、DFホセ・アンヘル(31)、MFパペ・ディオプ(35)、MFペドロ・レオン(34)、FWセルジ・エンリク(31)の6選手。 エイバルによれば上記の7選手は2部降格によって契約を解除できる条項が付いていたとのことだ。 乾は2015年夏にエイバルに加入。2018-19シーズンこそベティスとアラベスでプレーしたものの、ラ・リーガのキャリア6シーズンのうち5シーズンをエイバルで過ごした。そのエイバルでは公式戦153試合に出場して14ゴール16アシストを記録。 2020-21シーズンはラ・リーガ28試合に出場して1ゴールに終わり、チームは最下位となって降格していた。 2021.06.28 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士所属のエイバル、昇格目指しかつて3部から1部に引き上げたガリターノ氏を招へい

エイバルは7日、新指揮官にガイスカ・ガリターノ氏(45)を招へいしたことを発表した。契約期間は2年間となる。 ガリターノ氏は、現役時代にはアスレティック・ビルバオやエイバル、レアル・ソシエダ、アラベスでプレー。引退後はエイバルで指導者のキャリアをスタートさせた。 2009年7月にアシスタントコーチに就任すると、2010年7月にはBチームの監督に就任。2012年6月にファーストチームの監督に就任すると、2015年6月まで指揮。その後、レアル・バジャドリー、デポルティボ・ラ・コルーニャ、アスレティックのBチームで監督を務め、2018年12月にアスレティックのファーストチームの監督に就任した。 2021年1月までアスレティックで指揮を執ったが解任されていた。 エイバルに戻るのは6年ぶり。かつて指揮した時は135試合で57勝37分け41敗。当時セグンダB(スペイン3部)に所属していたエイバルを、2年で1部にまで昇格させた手腕を見せていた。 2021.06.08 20:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly