【J1注目プレビュー|開幕節:川崎Fvs横浜FM】連覇orリベンジ、シーズン開幕を告げる新旧王者による“神奈川ダービー”

2021.02.26 14:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ開幕節】
2021年2月26日(金)
18:00キックオフ
川崎フロンターレ(昨季1位・83pt) vs 横浜F・マリノス(昨季9位・47pt)
[等々力陸上競技場]2021シーズンの明治安田生命Jリーグがいよいよ開幕する。2020シーズンは記録づくめの圧倒的な強さで独走し優勝を果たした川崎フロンターレが、2019シーズンのJ1王者である横浜F・マリノスをホームに迎えて幕を開ける。


◆王者として迎える開幕戦で勝利を【川崎フロンターレ】

昨シーズンは最多勝ち点、最速優勝、最多得点など記録づくめの強さを見せつけた川崎F。若干のメンバー入れ替えはあったものの、継続路線で連覇を目指すシーズンとなる。

すでに富士ゼロックス・スーパーカップを1週間前に行い、ガンバ大阪相手に終盤の小林悠のゴールで3-2と勝利。まだまだコンディション含めて良い状態ではなかったものの、しっかりと勝ち切るあたりはさすがと言える。

今シーズンも[4-3-3]のシステムを採用。サイドを起点にゴールに迫っていく攻撃的なサッカーを継続。鬼木達監督も「自分たちのスタイルで戦うということしかない」と意気込みを語っていた。

昨季王者が迎えるオープニングゲーム。ゼロックス杯からの変化があるのか。「見ている人に喜んでもらえるような試合をしたい」と監督が語るように、まずは1勝を挙げたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:チョン・ソンリョン
DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、旗手怜央
MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗
FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫
監督:鬼木達

◆悔しさを味わった昨季を払拭へ【横浜F・マリノス】

2019シーズンのJ1王者として臨んだ2020シーズンは、超過密日程によるターンオーバーの影響、そしてケガ人が出たことでチームとしての上積みがし辛い状況が続き、9位に終わっていた。

その横浜FMは、昨シーズンはホームでもアウェイでも1-3で敗れた川崎Fとの開幕戦を迎え、早速リベンジを果たす機会を得た。

今シーズンは新たな戦力を手にし、昨シーズンもトライしていた3バックを採用。中盤をダイヤモンドにした[3-4-3]システムで臨むとみられている。

チームとしては、FWジュニオール・サントス、FWエリキとともに13得点を記録した助っ人が抜け、新たな得点源を探さなくてはいけないところ。しかし、ポゼッションサッカーと攻撃力では川崎Fに引けを取らないはずだ。

アンジェ・ポステコグルー監督も「自分たちのサッカーを貫いていきたい」と語り、王者相手に真っ向勝負を挑み、勝利を掴みたいと語っていた。

優勝候補にも挙げられる中で、開幕戦でいきなり王者を叩けるか。神奈川のライバル同士の対決は注目だ。

★予想スタメン[3-4-3]
GK:オビ・パウエル・オビンナ
DF:岩田智輝、畠中槙之輔、チアゴ・マルチンス
MF:和田拓也、扇原貴宏、ティーラトン
MF:マルコス・ジュニオール
FW:仲川輝人、オナイウ阿道、樺山諒乃介
監督:アンジェ・ポステコグルー
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:名古屋vs広島】J1記録樹立の名古屋は9試合に伸ばすか? 連敗避けたい広島は風穴開けるか

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年4月14日(水) 19:30キックオフ 名古屋グランパス(23pt/2位) vs サンフレッチェ広島(16pt/6位) [豊田スタジアム] J1記録の8試合連続無失点を達成した名古屋が、前節初黒星を喫した広島を迎えての一戦。名古屋の記録は継続するか? ◆堅守でついにJ1記録達成なるか【名古屋グランパス】 前節はアウェイでの大分トリニータ戦となったが、結果は0-3で快勝。堅守を誇るチームは7試合連続無失点でこの試合に臨んだが、見事クリーンシートを達成。J1記録の8試合連続無失点を樹立した。 なお、今季唯一の失点は開幕戦のアビスパ福岡戦でDF吉田豊が記録したオウンゴールであり、相手チームにゴールを決められたことはまだない状況。その堅守で今節も勝利を目指す。 さらに、FW柿谷曜一朗にも移籍後初ゴールが生まれるなど、チームとしては明るい材料が多い。その中で、曲者である広島をホームに迎える。 チームとしてはこれまでと変わらない戦いを見せるだけ。その中でのキーマンになりそうなのは、攻守でチームを支えているMF稲垣祥だろう。日本代表にも選ばれた稲垣は、2、3月のJ1月間MVPも受賞。ノリに乗っている男が古巣相手にどんなパフォーマンスを見せるか楽しみだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、柿谷曜一朗、マテウス FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆堅守の名古屋をどうこじ開ける【サンフレッチェ広島】 前節はホームに湘南ベルマーレを迎えた一戦。拮抗した試合となったが、56分にMF田中聡にプロ初ゴールを許し、今季初黒星を喫した。 これまでの広島は4勝4分け1敗と五分の成績を残しているが、安定感がないのが気になるところだ。特に攻撃陣の調子によって結果が変わる中、チャンスメイクまではできるもののフィニッシュの精度が安定しないことが気になる。 今節の相手は名古屋だけに、完璧に封じられてしまう可能性もある中、強力なアタッカー陣がこじ開けることもある状況。どちらの広島が顔を出すのかに注目が集まる。 次節は週末には川崎フロンターレとの一戦も控えており、難敵との連戦。勢いづけるためにも、名古屋の堅守をこじ開けてゴールを奪いきれるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、井林章、荒木隼人、東俊希 MF:川辺駿、青山敏弘、森島司 FW:浅野雄也、ドウグラス・ヴィエイラ、エゼキエウ 監督:城福浩 <span class="paragraph-title">【動画】古巣戦を迎える名古屋MF稲垣祥のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1r84ixgikbqq81jghunm1299r3" async></script> 2021.04.14 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:川崎Fvs福岡】4連勝中の首位・川崎F、福岡は強豪とアウェイ3連戦のラスト

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年4月14日(水) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(28pt/1位) vs アビスパ福岡(10pt/11位) [等々力陸上競技場] “多摩川クラシコ”でもしっかりと勝利を収めて連勝を「4」と伸ばした川崎F。アウェイでの3連戦となる福岡が王者に挑む。 ◆圧倒的強さで5連勝なるか【川崎フロンターレ】 11日に行われたFC東京との“多摩川クラシコ”では、前半から圧力をかけるとMF家長昭博の2ゴールを含めて圧倒。FC東京のミスにも漬け込み、2-4で勝利。連勝を「4」に伸ばした。 安定した戦いぶりは昨シーズン以上にも感じられ、圧倒的な強さを見せて首位を独走中。選手をうまく入れ替えても勝ち続けていることはチームとして大きくプラスだろう。 現在はGKチョン・ソンリョンを始め、MF大島僚太、MF山村和也、FW旗手怜央らが負傷で欠場中。それでもチーム力が低下することなく、しっかりと戦えている。 今節の相手は昇格組の福岡。オーガナイズされた守備を敷いており、川崎Fの攻撃力への対応策を準備するはず。その中でどうやって崩していくのかが注目ポイントだ。 また、昨シーズンは期限付き移籍で福岡に期限付き移籍していたFW遠野大弥も古巣対決。Jリーグでの経験を積み、成長したクラブ。古巣相手にさらに成長した姿を見せられるのか注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:丹野研太 DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:小林悠、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也 監督:鬼木達 ◆強豪とのアウェイ3連戦【アビスパ福岡】 前節はセレッソ大阪に対してアウェイで2-2のドロー。ガンバ大阪とのアウェイゲームに続き、アウェイで2つの引き分けとなった。 アウェイでの3連戦で、首位の川崎Fが相手と苦しい状況は続く。最後に勝利したのは5試合前。勝てていないとも言えるが、昇格組ということも含めれば11位とまずまずの成績を収めている。 そのベースとなっているのは堅い守備だろう。これまでの戦いでも大崩れすることはあまりないが、もう少し勝ち点を積み上げていきたいところだろう。となると、課題はフィニッシュの精度。無得点試合は2試合しかないが、効率的にゴールが奪えているわけではない。 今回は川崎Fに押し込まれる時間帯が長くなることが予想されるが、しっかりと守備を固め、勝ち点3を奪いに行けるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、カルロス・グティエレス、宮大樹、輪湖直樹 MF:金森健志、カウエ、前寛之、石津大介 FW:フアンマ・デルガド、渡大生 監督:長谷部茂利 出場停止:志知孝明 <span class="paragraph-title">【動画】多摩川クラシコで家長昭博が走り込みながらヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=n04cm7i3k4y31hx733yw8qaxr" async></script> 2021.04.14 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:鳥栖vsG大阪】ホームで連勝目指す鳥栖、G大阪は初ゴール&初白星を目指す

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2021年4月14日(水) 19:00キックオフ サガン鳥栖(17pt/4位) vs ガンバ大阪(2pt/18位) [駅前不動産スタジアム] ウノゼロでの連敗を止めた鳥栖はホームで連勝を。対するG大阪はアウェイ連戦で、初ゴールを奪えるか。 ◆連敗ストップ、連勝へ【サガン鳥栖】 前節はホームで新体制となった横浜FCを相手に3-0で快勝。アウェイでの連敗を止め、再び無失点で勝利を収めた。 セレッソ大阪、川崎フロンターレと連続して1-0で敗れ、気落ちしかねない状況だったが、チームとしての可能性どの違いを遺憾なく発揮し3ゴールを奪い切ることに成功した。 中2日で行われる今節。ホームでの連戦となるため、移動の負担はない。金明輝監督がどのようなメンバーを並べるのかは注目。ホームでの連勝を飾理、上位争いを続けたいところだ。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、本田風智 監督:金明輝 ◆今季初ゴールを奪い初勝利なるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイで柏レイソルと対戦。ともに結果が出ていない中での対決となったが、柏が1-0で勝利し、またしても今期初勝利はお預けとなった。 チームとしてのパフォーマンスが極端に悪いわけではない。柏戦ではFWパトリック、FWチアゴ・アウベス、FWレアンドロ・ペレイラのブラジル人トリオを同時起用。ゴールへ迫るシーンはあったが、結局ネットは揺れなかった。 活動を再開して迎える4戦目。中2日でのアウェイ連戦となり、チームとしてもコンディション面が気になるところだ。 さらに4試合連続無得点というのも気になるところ。あと一歩まで迫っているものの、決め切れていないという事実は選手にも見えないプレッシャーとなっていることだろう。開幕から無失点を続けるなど堅い守備を見せている鳥栖相手に今季初ゴールを奪えるかにも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:小野瀬康介、井手口陽介、チュ・セジョン、倉田秋 FW:宇佐美貴史、パトリック 監督:宮本恒靖 <span class="paragraph-title">【動画】鳥栖の山下が横浜FC相手に4試合ぶりゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1qb8judy9xo151mr2e8m5607p0" async></script> 2021.04.14 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:浦和vs徳島】リカルド監督初の古巣対決、連勝を伸ばして勢い付くのはどちらか?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月11日(日) 16:00キックオフ 浦和レッズ(11pt/10位) vs 徳島ヴォルティス(11pt/9位) [埼玉スタジアム2002] 勝ち点で並ぶ両者の対決。リカルド・ロドリゲス監督としては4シーズン率いた古巣との初対決でどんな結果を残すのか。徳島は“恩師”を相手にどう戦う。 ◆指揮官が初の古巣対決で何を見せる【浦和レッズ】 開幕から調子が一向に上がらずわずか1勝しかできていなかった浦和。復権を目指してチームを構築している中とはいえ、危機感を持って臨まなければいけない状況となっていた。 しかし、この2試合はついにゴールを奪えるようになり連勝。復調の兆しを見せはじめている状況だ。 リカルド・ロドリゲス監督が掲げるスタイルを継続して来たことが結果につながっとも言えるが、それでもまだまだ課題は山積。ポゼッションはどの試合でも相手を上回っている一方で、とにかく決定機が作れないという攻撃の迫力を欠いている。 アタッキングサードの精度は極端に低く、ポゼッションしているだけの状態が続いて結果が出ていなかった。その中でゴールを奪えるようになったことは明るい材料だが、まだまだスムーズな展開は作れていない。その精度を上げる必要はあるが、同じ戦い方をしてくる相手にどう準備するかは注目が集まる。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:西川周作 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:柴戸海 MF:明本考浩、武田英寿、小泉佳穂、汰木康也 FW:武藤雄樹 監督:リカルド・ロドリゲス ◆勢いに乗り恩師を下し4連勝へ【徳島ヴォルティス】 前節はホームにベガルタ仙台を迎え、1-0で勝利を収めた徳島。J1で3連勝を達成するとともに、前回J1に在籍していた2014年の勝利数「3」に並んでしまったというから驚きだ。 チームとしては戦い方が安定し、しっかりと得点を奪えるようになっている。その中で白星が3つ続いたことは選手たちにとっても大きな自信となっているはずだ。 一方で不安材料も。DF石井秀典がその仙台戦のウォーミングアップ中に負傷。守備陣が入れ替わる可能性がある状況となっている。 今節の相手は今のチームの形を作ったリカルド・ロドリゲス監督率いる浦和。甲本偉嗣ヘッドコーチとしても楽しみにしていた一戦となるだろう。戦い方で言えば完全に浦和よりも精度が高い徳島だが、どこまで優位を保って試合を進められるか。指揮官に土をつけ、4連勝を目指したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、福岡将太、安部崇士、田向泰輝 MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲 MF:浜下瑛、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 ヘッドコーチ:甲本偉嗣 <span class="paragraph-title">【動画】徳島MF岸本武流がCKから今季2点目をマーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1v7x6seddipan1cf1xug111gwi" async></script> 2021.04.11 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:大分vs名古屋】名古屋がJ1記録の8戦連続クリーンシートに挑戦、大分は5連敗阻止なるか

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月11日(日) 15:00キックオフ 大分トリニータ(5pt/16位) vs 名古屋グランパス(20pt/2位) [昭和電工ドーム大分] 現在7試合連続クリーンシート中の名古屋。今節クリーンシートを達成すればJ1最多記録の8試合連続となるが、ここまでわずか5得点の大分は穴を開けられるか。 ◆攻撃陣が不発、連敗ストップなるか【大分トリニータ】 前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦し、1-0で敗戦。これで4連敗、5戦未勝利となってしまった大分が3試合ぶりにホームに戻ってくる。 過密日程が続く中でのアウェイ連戦は響いたが、4つに伸びた連敗はそろそろ止めていかなければいけない。 しかし、深刻な得点力不足は目下の悩みのタネ。第2節の横浜FC戦では2得点を奪ったが、その試合以外は1得点以下。この4連敗中は無得点が3試合となっており、事態は深刻だ。 大分が毎シーズンのように抱えている問題ではあるが、やはり戦力の大幅な入れ替えにより、シーズン序盤は全くと言っていいほど成績が振るわなくなることは恒例でもある。 今シーズンは攻守の要を失っただけに、事態は深刻。守備陣はなんとか奮闘しているがクリーンシートはなし。一方げ攻撃陣は鳴かず飛ばずの状況だけに、なんとか立て直したいが、堅守の名古屋を相手にどうゴールを奪うのか注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:羽田健人、刀根亮輔、三竿雄斗 MF:松本怜、小林裕紀、下田北斗、福森健太 MF:町田也真人、渡邉新太 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 ◆堅守でついにJ1記録達成なるか【名古屋グランパス】 サガン鳥栖の開幕6戦無失点に注目が集まっていた中、第2節から気がつけば7戦無失点。J1タイ記録に並んだ名古屋。新記録樹立に注目が集まる。2014年に浦和レッズが達成した7試合連続には並んだだけに、あと一歩踏み出したいところだ。 とはいえ、その記録達成よりも欲しいのは勝利だろう。2試合連続ドロー。開幕からの無敗は「8」に伸ばしたが、この2試合で川崎Fとの差を開けられることとなった。 さらに2試合連続でゴールレスドロー。特に、前節は湘南ベルマーレに退場者が出たにも関わらず、ゴールを奪えないまま引き分けることとなった。 この課題は昨シーズンから継続されるもの。堅守が注目される名古屋だが、深刻なのは攻撃陣の得点力不足だ。 もちろん、無失点に抑えているからこそ最少の1ゴールでも勝利が掴めるというもの。一方で、無失点に抑えても得点が奪えなければ勝てないため、勝ち点を取りこぼす可能性も同じだけあるということだ。 首位を追いかける上ではやはり勝利が必要。無失点を目指すことはもちろんだが、勝利のために攻撃陣がどこまで奮闘できるのかも見ものだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 MF:前田直輝、ガブリエル・シャビエル、マテウス FW:柿谷曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ <span class="paragraph-title">【動画】J1月間MVPに輝いた日本代表MF稲垣祥のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1r84ixgikbqq81jghunm1299r3" async></script> 2021.04.11 11:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly