アタランタ戦控えるジダン、勝利への強い意欲を見せる「いつも勝ちたいと思っている」

2021.02.24 18:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、アタランタ戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。マドリーは24日、アウェイで行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでアタランタと対戦。直近のラ・リーガでは今季2度目の4連勝を収め、一時の不況から脱却し、首位のアトレティコ・マドリーに手が届くところまできている。


ジダン監督はこの勢いをアタランタ戦にぶつけたいとし、決勝進出へ高い意欲を見せた。

「自分たちが次に戦う試合がどんなものなのか、自分たちがどこに来ているのかはわかっている。今は調子がいいし、この調子を維持してまた良いパフォーマンスをしたいと思っている」

「CLは他とは異なる類の試合となるが、我々の中で変わることは何もない。厳しい試合になることはわかっているが、我々は集中して取り組んでいる」

「我々はベストを尽くすし、決勝にたどり着くことを熱望している。レアル・マドリーがピッチに立っているときは、いつも勝ちたいと思っている」

「トニ(・クロース)の言うように、どの試合もカップ戦の決勝のように重要だし、ノックアウトステージならなおさらだ。アタランタとの試合は2ndレグもあるが、今はこの1試合に集中している」

また、対戦相手となるアタランタについても言及。その高い攻撃力を評価しつつも、両チームを比較する必要はないと語った。

「非常に攻撃的なチームだ。 彼らの良さ、そして非常に良い選手がいることも知っている。彼らはとてもチームにフィットしている」

「私はチームを比較するのが好きではない。アタランタはアタランタであり、それぞれの強みを持っている。私が言いたいのはレアル・マドリーもアタランタも、両チームとも良いサッカーをするということだ」
関連ニュース
thumb

ルカ・モドリッチが1年延長へ! 年俸ダウンもレアル残留希望叶う

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(35)が契約延長に至った模様だ。 2012年にトッテナムから加わり、公式戦通算383試合の出場で26試合61アシストの数字を誇るモドリッチ。数々のチームタイトルとともに、個人としてもバロンドールに輝いた中盤の顔だ。 今季も公式戦40試合に出場して、先日にチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも寄与したが、今季が契約最終年。移籍も取り沙汰されたが、本人の希望に沿う形で残留が決まったようだ。 スペイン『アス』によれば、両者は1年間の新契約締結で合意。35歳ながら、中盤の軸として輝き続ける今季のパフォーマンスぶりがレアル・マドリーに契約延長を決断させた格好だという。 常々レアル・マドリーでのキャリア続行を希望するモドリッチはまた、クラブが新型コロナウイルスの感染拡大による苦しい財政事情も配慮して、減俸を承諾しての新契約締結になるようだ。 なお、モドリッチは契約延長が正式化すれば、来季でレアル・マドリー在籍10年目。今後は同じく契約が今季限りのDFセルヒオ・ラモスとMFルーカス・バスケスの動向に注目が集まりそうだ。 2021.04.16 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バルベルデがリバプールサポーターによるバス襲撃に言及 「より大きなモチベーションを与えてくれた」

レアル・マドリーに所属するウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが、リバプール戦前に起きた一部リバプールサポーターによるバス襲撃事件について言及した。『ESPN』が伝えている。 マドリーは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでリバプールと対戦し、0-0のドローで試合を終えた。この結果、2戦合計3-1で準決勝進出を果たした。 ただ、イギリス『BBC』が伝えるところによれば、同試合の試合前には一部リバプールサポーターによる愚行があったという。 報道によると、試合に先駆けてアンフィールドにマドリーのバスが到着。しかし、この際にリバプールのサポーターが集まっており、マドリーのバスが通過する際にブーイングを浴びせたとのこと。さらに、ここでバスに向かって投擲が行われたとのことだ。 この投擲により、マドリーのバスの窓ガラス1枚が破損。リバプールのスタッフが片付けをしていたようだが、二重になった窓の1つが割れてしまったという。 幸い、負傷者などの大きな問題には発展しなかったものの、せっかくのビッグマッチを台無しにしかねない相手サポーターによる愚行について、試合後のインタビューの際に感想を求められたバルベルデは、自身の過去の経験を基に全くプレッシャーを感じることはなかったと主張している。 なお、バルベルデはキャリア初期のペニャロール時代に、よりサポーターの過激さで知られるウルグアイリーグでプレーしており、こういった対戦相手からの妨害行為には慣れっこだった。 「僕はそこ(ウルグアイ)から来ているんだ。だから、ああいったことは普通なことだし、何の問題もなかったよ」 「逆に、そういった出来事は僕自身により大きなモチベーションを与えてくれるんだ。対戦相手への情け容赦のなさと共に自分の全力を出し切るという気持ちと共にピッチに出ることができる」 なお、同試合では不慣れな右サイドバックに加え、足を痛めた状態でのフル出場となったバルベルデだが、リバプールサポーターが余計に与えたモチベーションが90分間を戦い抜く上で助けになったようだ。 2021.04.15 22:36 Thu
twitterfacebook
thumb

足を痛めながらのプレーだった? リバプール戦フル出場のレアルMFバルベルデのパートナーが明かす

レアル・マドリーのウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデは、どうやら足を痛めながらプレーしていたようだ。 マドリーは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでリバプールとアウェイで対戦。1stレグで3-1とリードしていたマドリーは、立ち上がりからリバプールに押し込まれる展開となったが、最後までゴールを許さずに試合終了。2戦合計3-1でベスト4進出を決めた。 この試合では、人材難の右サイドバックにバルベルデが起用。本職ではないポジションでも奮闘しフル出場を果たし、チームの勝ち抜けに貢献していた。 しかし試合後、バルベルデのパートナーであり、スポーツジャーナリストでもあるミナ・ボニーノさんが自身のツイッターに画像を投稿。そこにはアザになっている足が映されていた。 これはバルベルデとのビデオ通話のスクリーンショットとのことで、リバプール戦前に撮られたもの。バルベルでは、10日に行われたバルセロナとのエル・クラシコで、足を打撲しアザになっていたとのことだ。 ボニーノさんは画像とともに、ケガをしながらも奮闘したバルベルデへのメッセージを投稿。試合前に投稿することでケガがバレる可能性がったために、試合後に投稿し、バルベルデの奮闘を称えた。 「今日の午後のことです。試合が終わるまでは何も投稿したくなかったけど、そうすると投稿したことに異議を唱えられるかもしれません」 「あなたの努力の賜物であり、誰もあなたに無償で何かを与えたわけではないので、とにかく投稿しなければなりません」 「毎日、毎日、自分を奮い立たせてきたあなたは、今日はこれまで以上に頑張りました。あなたは私たちの誇りです」 リバプール戦では奮闘しながらも、あまりフィットしていなかったバルベルデ。不慣れなポジションだけでなく、足を痛めていながらのプレーと考えれば、致し方なかったかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】パートナーが公開したバルベルデの青アザ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Esto fue hoy a la tarde. No quería poner nada hasta que terminase el partido y seguro después me retes por publicarla, pero debo hacerlo igual porque es tu esfuerzo y nadie te regalo nada. Día y día pinchándote para estar firme y hoy cumpliste más que nunca<br>Sos nuestro orgullo <a href="https://t.co/PnZjOpx3jJ">pic.twitter.com/PnZjOpx3jJ</a></p>&mdash; Mina Bonino (@Minabonino) <a href="https://twitter.com/Minabonino/status/1382438703923101701?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】バルベルデとボニーノさん、そして息子の3ショット</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CLSVlzyjpz9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CLSVlzyjpz9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CLSVlzyjpz9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mina Bonino(@minabonino)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.04.15 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

CL準決勝の試合日程が決定! マドリーvsチェルシーが初戦

チャンピオンズリーグ(CL)の準決勝の試合日程が確定した。 13日、14日にかけて行われたCL準々決勝の2ndレグ。この結果、パリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシー、レアル・マドリー、マンチェスター・シティの4クラブの勝ち上がりが決定した。 すでに組み合わせ抽選は行われており、レアル・マドリーvsチェルシー、PSGvsマンチェスター・シティのカードは決定していたが、日程とキックオフ時間も確定した。 準決勝で最初に試合が行われるのはレアル・マドリーvsチェルシー。4月27日にマドリーのホームであるアルフレッド・ディ・ステファノで28時にキックオフを迎える。翌28日にはPSGvsマンチェスター・シティの一戦がPSGのホームであるパルク・デ・プランスで行われ、同じく28時にキックオフとなる。 2ndレグは5月4日にマンチェスター・シティvsPSGがシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われ、5日にチェルシーvsレアル・マドリーがスタンフォード・ブリッジで行われる。なお、こちらもキックオフはともに28時となる。 決勝はトルコのイスタンブールで開催。果たして、決勝に駒を進めるのはどのクラブなのか注目だ。 ◆チャンピオンズリーグ準決勝 【1stレグ】 ▽4月27日(火) 《28:00》 レアル・マドリー vs チェルシー ▽4月28日(水) 《28:00》 パリ・サンジェルマン vs マンチェスター・シティ 【2ndレグ】 ▽5月4日(火) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs パリ・サンジェルマン ▽5月5日(水) 《28:00》 チェルシー vs レアル・マドリー 2021.04.15 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

CL準々決勝敗退のリバプール、ミルナーは「僕たちは十分ではなかった」と悔やむ

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、チャンピオンズリーグ(CL)敗退の悔しさを語っている。UEFAがコメントを伝えた。 14日にCL準々決勝のレアル・マドリー戦2ndレグに臨んだリバプール。アウェイでの1stレグを3-1で落としているため、立ち上がりから攻勢を仕掛けた。しかし、好セーブ連発の相手GKティボー・クルトワの牙城を最後まで崩せず、0-0で試合終了。ベスト8での敗退が決まった。 ユルゲン・クロップ監督が「良い試合をした」と振り返ったように、60分までの出場だったミルナーも内容はポジティブなものだったと回想。だが、チャンスをものにできず「十分ではなかった」と、敗戦を悔やんだ。 「僕たちは良いプレーをしたけど、チャンスをものにできないと罰を受けることになる。激しさと意欲はあったが、最終的には十分ではなかった」 「相手は明らかに経験豊富なトップチームだけど、今日の僕たちには激しさとテンポがあった。ただ、チャンスをものにすることができなかったんだ」 「僕たちはこの大会に長く参加している。今日のような試合でファンの存在が何をもたらしてくれるかはわかっているけど、ファンの不在が敗因だとは思わない。僕たちはよくやった。でも十分ではなかったんだ」 2021.04.15 17:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly