連続鋭角ターンでアンクルブレイク!リベリがキレッキレのドリブルで相手DFを翻弄【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

2021.02.24 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
フランク・リベリ(当時26歳)
国籍:フランス
所属:バイエルン
ポジション:FW
身長:170cm2000年にプロデビューを果たしたリベリは、2005年に加入したマルセイユでブレイク。2007年にバイエルンに加入すると、長年同クラブの両ウィングの一角を担い、攻撃の主力として活躍した。


【試合詳細】
日程:2016年9月21日
大会:ブンデスリーガ第4節
対戦相手:ヘルタ・ベルリン
時間:前半16分(0-0)

◆リベリが鋭角ターン連発で相手DFを翻弄!

0-0で迎えた16分、サイドアタックからバイエルンが決定機を作り出す。ボックス内でボールを持ったDFダビド・アラバは自らのクロスがブロックされると、こぼれ球をフリーになっていたリベリへ送る。ボールを受けたリベリは、プレッシャーに来た相手を鋭いキックフェイントでかわすと、さらにコースを切りに来た相手も左右への鋭いターンで翻弄。GKと1vs1の場面を作ると、股抜きシュートを決め、見事な先制ゴールを決めた。

幸先の良いスタートを切ったバイエルンは、その後も追加点を奪い、3-0で勝利している。
関連ニュース
thumb

チュポ=モティング、バイエルンとの契約を1年延長へ!

バイエルンの元カメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(32)が新契約を結ぶようだ。 チュポ=モティングは昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)に別れを告げ、昨年10月にバイエルンに1年契約で加入。ドイツ『ビルト』によると、両者の話し合いは進み、新たに1年契約が結ばれるという。その他の詳細は明らかになっていないが、契約延長の見通しとみられる。 チュポ=モティングはポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのバックアッパーとしての役割ながら、ここまで公式戦30試合の出場で9得点1アシスト。レヴァンドフスキの欠場が続くここ公式戦5試合は4ゴールの活躍を披露している。 なお、チュポ=モティングがドレッシングルーム内でも良い影響をチームに与えている様子。プロ意識が高く、コーチングスタッフからも高く評価されているようだ。 2021.04.23 16:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ブンデスリーガが5月の残り3節で全クラブに隔離措置を決定、ユーロを考慮し日程遵守が目的

ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は22日、ブンデスリーガ、ブンデスリーガ2(ドイツ2部)に関して、今シーズンの残り3試合で隔離措置をとることを発表した。 DFLによると、残り3節に関しては2段階の隔離措置を採用することに決定。ティム・マイヤー教授が率いる「スポーツ医学/特別試合運営タスクフォース」が「サッカー委員会」と連携して行った勧告に従ったものとのことだ。 今回の隔離措置は2つのステップが計画されており、まずは定期的なPCR検査プログラムに含まれる、プロのチーム、コーチングチーム、チーム関係者からなるグループが、5月3日(月)以降、自宅またはトレーニング施設やスタジアム内のみに隔離されるというものだ。 これは、接触を減らし、感染リスクを最小限に抑えることを目的としており、昨シーズンの最終盤でも同様の措置を行って成功したとしている。 また、2番目のステップとして、5月12日(水)からは全36クラブ(1部と2部の前クラブ)の該当者が、24時間以内にPCR検査を受け、陰性となった後に「隔離合宿」に入るというものだ。 「隔離合宿」は、第34節(5月22日、23日)の各クラブの最終節が終了するまで義務付けられるもの。従って、ブンデスリーガとブンデスリーガ2の最終節は、この期間に行われるということになる。 「隔離合宿」の目的は、レギュラーシーズンの後に行われるユーロ2020による時間的なプレッシャーを考慮し、試合の開催にさらなる安全策を講じるというもの。日程を後ろ倒せないという状況に対応するということだ。 なお、クラブの責任下において、選手、監督、トレーニングスタッフが接触しないことが求められる。なお、チームドクターなどが、特定の職業上の任務のために例外的に「隔離合宿」を離れる場合は、直前の抗原検査が陰性である必要など、感染予防対策はより強められるという。 ドイツでは、各クラブで新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が出ている状況。ヘルタ・ベルリンはクラスターにより試合が中止に追い込まれるなどしていた。 2021.04.22 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン退団表明のアラバ、近くレアル・マドリーとサインか

オーストリア代表DFダビド・アラバ(28)のレアル・マドリー移籍決定が差し迫っているようだ。 バイエルンと続いた今季最終年の契約を巡る延長交渉が破談に終わり、今年2月の会見で今夏の退団を表明したアラバ。その意思を公にして以降もブンデスリーガ9連覇にまい進するチームの主力として活躍を続けるが、豊富な実績だけでなく、複数ポジションを高いレベルでこなせる実力者とだけあって、行き先に熱い視線が注がれている。 そんなアラバはスペイン行きを目指しているとされるなか、バルセロナのほかにチェルシーとパリ・サンジェルマン(PSG)も行き先候補に挙がっている状況だが、以前に口頭合意も指摘されたレアル・マドリーが新たな活躍先になる模様。ドイツ『スカイ』によれば、近日中にもレアル・マドリーと2026年までの5年契約を結ぶという。 今夏のレアル・マドリーは今季契約切れのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが去就不透明で、フランス代表DFラファエル・ヴァランも移籍の憶測が浮上中。ブラジル代表DFマルセロの去就も定かでなく、そうしたポジションをカバーできるアラバを打ってつけの存在として獲得を狙っているものとみられる。 2021.04.21 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

9連覇王手のバイエルン、指揮官も「土曜日に優勝を決める」と意気込む

バイエルンのハンジ・フリック監督が、チームのパフォーマンスに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは20日に行われたブンデスリーガ第30節で、レバークーゼンと対戦。今週に入り、フリック監督が今季限りでの退任希望を表明するなどクラブ内は混乱しているが、ピッチ上では盤石さをアピール。完全に主導権を握り先制点を奪うと、最後まで相手にペースを掴ませず2-0で勝利した。 この結果、2位RBライプツィヒとの勝ち点差は10ポイントまで広がっており、次節のマインツ戦で勝利を収めれば9連覇が決定する状況となっている。フリック監督は試合を振り返り、チームの卓越したパフォーマンスを称賛した。 「チームが今日の前半のようなプレーを見せてくれたときは楽しくなる。後半はクリーンシートを維持したいと思って臨んだ。そしてそれが達成できたことに対して、満足している」 「我々は非常に冷静だったと思う。試合前、今日は正しい方向に向かって大きな一歩を踏み出すことができるとチームに話したんだ。そして、その通りになった」 「今、我々は2位に10ポイント差をつけてリードを保っている。だからこそ、土曜日は決着をつけられるチャンスだ。そして、そこで決めたいと思っている」 2021.04.21 11:11 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンが逸材カマヴィンガに急接近! リクルート部門はノイハウスより高評価?

バイエルンがスタッド・レンヌに所属するフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(18)の獲得に本腰を入れ始めたようだ。フランス『フランス・フットボール』が報じている。 レンヌの下部組織出身のカマヴィンガは本格デビューとなった昨シーズンに大ブレイク。リーグ・アンでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュを果たしたチームの絶対的な主力に君臨した。 また、背番号を「10」に変更した今シーズンもここまで公式戦35試合に出場しており、昨年には待望のレ・ブルーデビューも飾っている。 同胞のエンゴロ・カンテ、ポール・ポグバのハイブリッド型とも評される逸材に関してはレアル・マドリーが長らく補強候補の1人としてリストアップしてきたが、財政的な制限のある中で前線の補強を最優先とするエル・ブランコの獲得に向けた動きは鈍くなっている。 そういった中、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの退団以降、中盤の選手層に問題を抱えるバイエルンが、今夏のトップターゲットとしてカマヴィンガをリストアップしている模様だ。 マルコ・ネッペ氏とローラン・ブッセ氏が主導するバイエルンのリクルートチームは、ボルシアMGのドイツ代表MFフロリアン・ノイハウス(24)と共にカマヴィンガの動向を注視しているが、より獲得を望んでいるのは後者だという。 4500万ユーロ(約58億5000万円)で獲得可能と言われるノイハウスに対して、カマヴィンガの移籍金は6000万ユーロ(約78億円)程度に見積もられているが、その将来性やプレースタイルをより買っているとのことだ。 バイエルンでは将来のキャプテン候補であるMFヨシュア・キミッヒと、2026年までの新契約締結に近づいているMFレオン・ゴレツカのドイツ代表コンビが不動の地位を築いているが、ここに18歳の逸材が新たに加わることになるのか…。 2021.04.21 07:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly